2011/5/29

あらくれて〜カネ『For The Turnstiles Vol.2』ライブレポ  カーネーション

金曜日に下北沢CLUB QUEにカネのライブを見に行った。
今回のサポートドラムは中原由貴さん。久しぶり。

午前中、会社で或る事でお偉いさんと口論。役所対応の仕事について議論。
彼曰くボクのやり方は「お役所仕事で形式的」。
彼の言うのは事実。でもお役所相手の仕事には形式的な対応しか道が無い。
思わず感情的な物言いをしてしまった。そんな自分に自己嫌悪(-_-;
こんなことで熱くなる自分が情けない。もっとビジネスライクにならねば。

定時で会社を出てシモキタに向かう。渋谷で「明日の神話」を見る。
このベラボーな作品も流石に渋谷の雑踏の中に溶け込んでしまったかな?
通行人は先を急いで見ることも無い。
でも、こいつはきっと「みんなが見ない」ことを意にも介さないだろう。
クリックすると元のサイズで表示します

早目にシモキタに着く。折角なので色々歩いてみる。
シモキタに来るのはひさしぶりだけど、結構様子が変ったなぁ。
携帯ショップやドラッグストアのチェーン店が増えている。
あのディープな個性が薄れて何処でもある街になったような。
ま、余所者の勝手な意見だけど。街がずっと昔のままは在り得ないし。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ひととおり歩いてQUEの横のファーストキッチンで嫁を待つ。
隣の席に矢鱈デカイ男の人が。なんと、ベースのゆるずさんが!(T▽T)
デカイから直ぐ分かった。話しかけようか?と思ったが止めておいた(^_^;
クリックすると元のサイズで表示します
先に入って嫁を待ってると程なく嫁到着。会社の話をする。気が晴れる。
場内は満員。シナトラの曲に合わせてメンバー登場。
「ワイルドファンタジー」でライブは開始。ナオエさんのギターがガンガン鳴る。
この猛々しいギターを聴いてると仕事の憂さが消えていく。
2曲目「さみだれ」!!ライブで聴くのはひさしぶり。
ナオエさんのシャウト、唸るギターに熱くなる。最後延々鳴り響くギター。
そのオトを浴びてると、また仕事のことがよみがえる。

お役所仕事?形式的?確かにそのとおりだ。我ながらヌルイ仕事してる。
楽な道選んで逃げてるんじゃねーよ。ホントのこと言われたからカッとしたんだろ?
逃げたなら堂々と胸張って逃げてればイイ。いいわけしてとりつくろってんじゃねーよ。

この歌の主人公は迷い闘ってる。最後に「このままでいいんだ。そう信じて」と叫ぶ。
この歌を聴くと「これでイイのか?オマエはそれでイイのか?」を突きつけられる。
自分の感情がゆれうごく。だから・・・オレはカネを聴くんだ。

前半はひたすらアップテンポの曲が演奏される。
「あらくれ」の「旅に出ていった猫のようにあらくれて」の歌詞にヨモギを想い出す。
あのお坊ちゃんは「あらくれる」のはムリだろうな(^_^;
「For your Love〜獣たち」の流れはカッコよかった!
ゆるずさんボーカルの「何か君の大切なものをくれるかい?」もカッコいい!
最近のライブであまり演ってないレア曲の連発にオレは大興奮!
演奏はカッコいいのにMCはグダグダ。ナオエさんは「毎回ネタに困る」と苦笑。

中盤はゆったり目の曲が並ぶ。「サンセットサンセット」はナオエさんの弾語りの
イメージが強いのでバンドでの演奏は新鮮。
「魚藍坂横断」も久しぶり!「なんとかなるさ うまくゆくはず」の歌詞にグッと来る。
スローテンポだけど演奏は決して緩くない。間奏のギターはひたすらサイケ。
そして中原さんのドラム。パワフルだけど邪魔しない。好きだなぁ。

「Lady Lemonade」から一気に後半を駆け抜ける!でもナオエさん歌詞が飛んで苦笑。
オレはひたすら踊り叫び拳を上げる。カッコつけてもしゃあねぇ。ひたすら狂おう。
「ロックゾンビ」も久しぶり!中原さんでは初めてでは?
「ジェイソン」のギターソロ。ますます破壊力を増してる。場内から歓声と嬌声あがる。
最後はこれまた久しぶり!の「PARADISE EXPRESS」。
「思いどおりに景色変えて見せようか」の歌詞に熱くなる。一緒に歌う。
オレはひたすら笑ってた。おかしくなってた。仕事でのよどみはもうすっかり消えてた。

アンコール。これまた大好きな「ANGEL」と「The End Of Summer」。
「もっとタフになれると思ってたよオレは」「どうにもならないヘナヘナ顔で街に出てみよう」。
コトバがイチイチ刺さる。カネの歌はそうだ。現実と自分の間の裂け目とゆれを歌ってる。
自分と世界がずれるのは仕方ない。でも逃げるわけにもいかない。なら腹をくくって闘うしかない。

ライブはここで終了。あれ?「夜の煙突」ないのかな?アンコールの拍手は止まない。
ナオエさんとゆるずさんが出てきて「この後別のイベントあるのでライブは終わりです」
「でも折角なんで2人で歌います」でアカペラで歌いだす。
曲は「なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?」これを選びますか?(T▽T)
しかも一風変った曲なのに客席も合唱してるし。最後は大笑いして終りました。
クリックすると元のサイズで表示します
ハコを出たときはスッキリ。これだけ狂ったライブはひさしぶりかも。
行って良かったな。このオトがあれば来週からまた闘える。思い切りあらくれてやろう♪

昨夜の晩御飯はたこ焼き。ヨモギは興奮して獲物を狙う。
嫁が酒のツマミにチーズを食べてると、甘えてきておねだりする。
ウーン、君は「あらくれ」にはなれないね(笑
クリックすると元のサイズで表示します





0

2011/5/22

本郷・猫めぐり  

今週は大分暑くなってきました。
昨日午前、嫁は駒込に用事があってお出掛け。ボクとヨモギはお留守番。
ヨモギは嫁@パンダが居なくて寂しいのか?おとなしい。
クリックすると元のサイズで表示します
嫁の用事が終ったら散歩ということでボクも外出。
ただお互いにすれ違いが続き上手く落ち合えず。
暑い中、嫁は何度も行ったり来たりする羽目に。スマン、嫁<(_ _)>

結局先週と同じく本郷周辺を散策する事に(^_^;
本郷通りの商店街を歩く。ここも先週来たところ。
この辺はミステリー浅見光彦ゆかりの地。関連した案内所や地図が置いてある。
ボクたちが興味あるのは街猫さん。先週来たときに目をつけてた公園あり行ってみる。
入り口に何とも愛らしい猫さんがお昼寝してお出迎え。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ボクらが写真撮ってると道行く人も猫さんを見て笑う。

公園の中に入るとまたまた猫さんが登場。
このトラさんは人懐こくて撫でると「に゛ゃあ」と鳴く。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
こちらのコは先週カップルに撫でられてゴロゴロ甘えてました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
お昼寝の邪魔をしちゃ悪いので退散。もう1度入り口の猫さんに挨拶。
結局、また撮影会になりましたが(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
どのコもカワイかった。また来よう。

暑いので早目に帰途につく。でも近所の馴染みの猫さんに会いに行く。
とっても甘えっこのチャトラさんが自宅前に居てボクはすっかりお気に入り。
散歩のつど覗きに行ってます。
嫁は呆れて「怪しまれて通報されるよ」と釘を刺しますが、だって可愛いんだもん。
(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆
行ったら・・・いました。ボクらが近付くとすり寄って甘えてきます。
ゴロゴロ転がったりボクの指を舐めたり甘え放題。ボクはすっかり満足。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ヨモギは毎日絶好調。今日も走り回ってます。
嫁が掃除してるとモップに抱きつく。そんなに遊びたいのかい\(T▽T)/
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
今日もお出掛け。水上バスに乗って浅草に繰り出します。
ヨモギ、イイ子でお留守番頼むよ♪
0

2011/5/15

薔薇と猫  

昨日は晴天。午前中はゴミ拾い。たっぷり汗をかく。
午後はお散歩。古河庭園に行くことに。
ボクの住む荒川区では区の花をバラと指定してる様で各所にバラが咲いてる。
ある学校の前では色んな種類のバラが咲き誇ってました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
古河庭園は過去2度ほど来たことがあります。
いつもは駒込方向から行くんですが今回は田端・本郷から攻める。
いつもと違う風景が新鮮。あるお宅の塀に可愛らしいオブジェを見つける。
クリックすると元のサイズで表示します
古河庭園はお客さんでイッパイ。まぁバラのシーズンだし。
世界各国のバラが集められている。咲き誇るキレイなバラを写真に撮る。
来館者の皆さんも賑やかにバラに群がる。
ある人は洋館をバックに持ってきたフィギュア人形の写真を撮る。楽しそう。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
この古河庭園はオモシロい造りで上層部は洋館とバラ園。
下層部は和風の庭園。折角なので下の庭園も歩きました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
上のバラ園もいいけど、ボクはこっちの庭園の方が好きだな。
人影もまばらで落着ける。そういうと嫁は「どんだけ人間ギライだ」と笑ってました。
逞しく堂々と建つ大木に惹かれる。それを見てると伊坂さんの小説「魔王」の一節
「俺は洪水に流されず立ち尽くす一本の木になりたい」を思い出した。
オレもそういう木になりたい。流されない、折れない、しぶとい木に。

当然、猫めぐりも実施。田端では甘えっこの黒猫、本郷では上品な猫に遭遇。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
全部で5時間くらい歩いたかな?ゴミ拾いも含めると6時間以上歩いた。
汗も流して脂も多少落ちたかな?

今日も良い天気。近場を猫めぐり。暑いけど結構外でお昼寝してる。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
あるお宅の前でいきなりワンちゃんが出てきて懐いてくる。
ボクが撫でるとうれしそう。ゴロゴロ転がる。
カワイイけど一寸間が抜けた残念なワンちゃん。
をいをい、そんなに人懐っこかったら番犬は務まらないぞ。
クリックすると元のサイズで表示します
また、あるお宅のチャトラさんはお昼寝してたけどボク等を見ると寄ってくる。
甘えてきてボクの膝の上に足を掛ける。ボクは狂喜(^_^;
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
強烈なワンちゃんと猫さんにボクは大満足。

ヨモギは週末は絶好調。食欲も旺盛であっと言う間に御飯を平らげる。
晩酌時にツマミを食べてるとチョッカイを出してくる。
遊びつかれたのか、ぐっすり寝てます。
このコも昼見たワンちゃん同様、矢鱈人懐っこい。番猫を務めるのはムリですね(T▽T)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/8

新緑・猫めぐり  

昨日のアド街で「墨田区東あずま」を紹介。我が家から行けそうな距離。
明日はボクは定期検査。GWは呑み喰いが激しかったので脂を落としておきたい。
ということで今日は向島に向けてお散歩。嗚呼、一夜漬け(^_^;

陽気は最高。暑過ぎる位。先ずは泪橋・山谷周辺で猫めぐり。大勢の猫さんと遭遇。
中でもあるお宅の庭でお昼寝のこの猫さんはイイ面構えをしてました。
クリックすると元のサイズで表示します

桜橋経由で東あずまに向かう。道端は色とりどりの花で溢れてる。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
歩いてる内に「東あずま」は結構遠い事に気が付く。出る前に下調べをロクにせず。
スマン、嫁<(_ _)> ランチの後、嫁が地図で調べて白髭橋方向に歩く事に。 

向島二丁目周辺の住宅街を歩く。旧い作りのお家や料亭が並ぶ。
街中からスカイツリーが見える。大き過ぎてカメラに収まらない。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
あるお宅の前で猫さんと遭遇。寝顔がカワイイ♪
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

その後も住宅街をウネウネ歩く。何匹か猫さんと遭遇。
嫁とバカ話をする。ある話題で嫁は「不覚」とのたまう。
一般家庭の会話で「不覚」とはフツー出ないだろ?キミはサムライか?(T▽T)

歩いている内にTVで放映された地区周辺に来るが既に2時間半歩いてて疲れ気味。
白髭橋経由で帰ることに。橋近くにあるフードエリアでは顔見知りのコがお昼寝。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
山谷近くのある公園の草叢に何ともカワイイ猫さんが潜んでた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
この猫、以前見たことがある。おそらく近所の飼い猫。
ヒトには慣れてるみたいで遠目で見てると逃げないが近付くと逃げ出す(^_^;
一定の距離を保って写真をパチリ。

イッパイ猫さんに会ったけど、甘えっ子には会えてないのが少し物足りない。
と思ったら山谷で会えました。お昼寝中の三毛。撫でると「にゃあ」と鳴きました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
このコに会ってボクはもう満足。ウキウキ気分で帰路に着く(アホ^^;)
で帰りに晩飯調達のためスーパーによると、その近くで大物をゲット♪

超大型のシマちゃんが草叢に潜んでるのを嫁が発見。
「にゃあ」と鳴き盛大に甘えてくる。最後の最後に真打ちが居た!\(T▽T)/
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ここ数年、猫めぐりをして来ましたが、このコはその中でもナンバーワンかも。
あまりに強烈すぎて、今日会った猫さんの印象が吹っ飛びました。(゜゜)\バキ☆。(゜゜)\バキ☆

結局、全部で5時間半のお散歩。汗もタップリかきました。
たっぷり猫さんに会えて大満足。嫁も「オモシロい散歩だった」と楽しそう。
帰宅後ゴミ拾いする積りでしたが、最早その余力はなし。来週にしよう(をい)

ヨモギは寂しかったのか、嫁やボクに盛大に甘えてくる。
こいつぅ。やっぱりキミが一番カワイイよ。オモシロさでもナンバーワンさ。(゜゜)\バキ☆。(゜゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/5


昨日はこのGW最大のイベント岡本太郎展と山口洋ライブ。
太郎展は盛況と聞いてたので早目に出ました。
http://www.momat.go.jp/Honkan/okamoto_taro/index.html
会場は竹橋にある東京国立近代美術館。皇居や武道館の側にある。
予想通り大勢の観覧者で溢れてる。入場券は前売りで買ってたのでスンナリ入れた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

今回の展覧会のテーマは「対決」。太郎が今まで対決したものをテーマ別に展覧。
ピカソ・きれいな芸術・わびさび・進歩と調和・消費社会・戦争・自分自身。
社会の中で在り難がってる物・当たり前となってる事に対する闘争の歴史。

入場していきなり「ノン」の彫刻。嫁はこれを見て大喜び。
奇天烈な彫像が並んでいる。みんな禍々しく楽しそう。
その後、延々続く強烈な絵。ヘンなイキモノで溢れてる。
ある子供が「おばけの絵がイッパイ」と喜んでたけど、言い得て妙。

「重工業」という作品が「社会風刺の作品」として高く評価されたことに
太郎さんは腹を立て「もっとワカラナイ作品を作ってやる」と描かれた「森の掟」。
中央を鮫みたいな怪物がのたうちまわっている。鮫の頭にはジッパーが。ワケわからん。
「夜」という初期の作品では若い女性が暗い森と向かい合ってる。
彼女は鋭いナイフを隠し持ってる。ボクが一番好きな作品。胸にズシリときた。

どいつも遠慮なんかしない。誇り高く叫び嗤い生を謳歌している。奴等の声が聞こえてくる。

 ゛オマエはホントウにイキテルノカ?゛
 ゛オマエはイマノママでイイノカ?
 ゛オマエはホンキでタタカッテイルノカ?

胸を張って真っ直ぐと「YES!」と言えない自分がいた。
最後のコーナーは「眼の部屋」。晩年描いた「眼」をテーマとした作品が並ぶ。
どれも熱く燃えたぎって爆発してる。70、80の爺さんが描いたものじゃない。
フツー年老いたら枯れたり成熟したり老成するもんだろ?
こいつら、新鋭の若手が描いた様なパワーに溢れてる。滅茶苦茶パンクじゃん。ズルイ、こんなの。

とても楽しい展覧会だった。でも、いつもどおり打ちのめされて出てきた。
嫁は凄く満足そう。「太郎に勝った?」と聞くと、力強く頷いて拳を上げた。
オレは・・・・敗けたな。完敗だ。
敗けたが、ただ敗けはしない。オレだってココロの中に「あっかんべぇ」と「ナイフ」は持ちつづけよう。

その後は近場を歩いて嫁と別れて横浜に向かう。山口洋のライブを見るために。
ヒロシのライブは2月渋谷以来。その後に地震が起きた。現在(いま)の彼の歌を聴きたかった。
会場はサムズアップ。2年ぶり。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
友人と同じ席で見る。スペシャルメニュー東北バーガーは残念ながら売切れ。
でも美味しいお酒とお料理を堪能。予定より少し遅れてヒロシ登場。

ヒロシは黒シャツ。なぜか胸元を大きくあけている。コレクターズの小里クンみたい。
「Oh Shenandoah」でスタート。空気が柔らかく震えだす。ギターの音が心地いい。
ヒロシの後ろにアメリカの荒野が見えた。幻影。妄想の中のロードムーヴィー。
「トーキョーシティヒエラルキー」。横浜をネタに歌詞を変えてる。客席大笑い。

ライブを見るたびに思うが声が本当にイイ。そしてギターの音色が美しく豊かだ。
ただキレイなだけでなく同時に熱い。熱い波を浴びせかける。

そして「ガールフレンド」。父の顔が不意に蘇える。自分の中で色んな声がざわめく。
「オマエはあのときアレでよかったのか?」
「オマエはあのときなにをしてあげた?なにをできた?なにもしてないだろう?」
声が渦巻き一瞬混乱する。でもヒロシの歌声を聴いているうちに落着く。
同時に、以前は明確に浮かんだ父の面影で薄れてる。ボンヤリとしてる。
少しづつ・・消えてる。・・・それはイイことなんだろうか?

父の命日にこの歌が聴けたこと。それはただただサイコーだった。

第二部はヒロシの友人沖縄のシンガー大島保克さんのコーナー。三線で旧い島唄を奏でる。
ヒロシとは別の意味で場の空気が変る。ゆったりとした時間が流れていく。
ヒロシが波ならこの人は風。南から涼しい風を運んできた。そんな感じだった。

途中でヒロシがギターとして参加。一気に音の幅が広がる。
最後は2人で「Now Here Man」。日常的な風景、その裏に眠る闇と裂け目。
この曲は昔苦手だったけど・・・だんだん好きになった。
そして今自分が想うことをピッタリ言い当ててくれてる、そんな気がする。

アンコール。ヒロシは福島に行って感じたことを話す。
「まだ音楽を届ける段階にない」「一匹狼のオレだがやれることをしたい」
ファッションブランドと組んで震災復興プロジェクトを立ち上げたことを宣言。
個人が出来ることをやる。素晴らしい。
ヒロシのアクション、大いに応援したい。オレも負けない。何かやろう。

2人で月の唄。ヒロシは「満月の夕」を。ギターと三線の音が響く。
「解き放て」の歌詞がスーッと入ってきた。
ライブはここで終わり。ライブの後も席に残って食事&友人と話す。
楽屋から出てきたヒロシと握手してもうた!!キンチョーした!(T▽T)

友人とは別の場所で二次会。ヒロシ話に花が咲く。楽しかった〜!次回もヨロシク。

太郎さん、ヒロシ。自分に正直に生きて闘ってる2人に触れてサイコーの1日でした。
でも、親の命日にこんな楽しく過ごして良かったんだろうか?
4年経った。もう忘れてる。消えかかってる。それって親不孝なんだろうか?
それとも、もう良いんだろうか?もう自分を後悔の呪縛から解き放っても。解放しても。
・・・・ワカンナイ。

ただ「展覧会見て楽しかった」「ライブ行って楽しかった」だけでは終りたくない。
素晴らしいアート・音楽に触れたなら自分の生に、日常に活かしたい。
TAROやヒロシにはなれなくても、何かをしたい。自分にできる闘いをしよう。
それが亡くなった父への供養にもなるはず。そんな気がする。

今日は1日猫めぐり。沢山の猫さんと遭遇。甘えっコも多かった。
GWも今日で終わり。ヨモギ、残ったお休み。イッパイ楽しもうね☆
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ