2011/8/23

夏まつりと初ナナオ  七尾旅人

先週週末は涼しくてお散歩日和。
土曜日は近場の商店街から浅草周辺を猫めぐり。
馴染みの猫さんから初顔まで色んな猫さんと遭遇。
中でもこのコは傑作。見かけゴツイので人は苦手?と思ったらトンでもない(^^:
「にゃあ」と甘えた声でスリスリ甘えてくる。カワイイ奴だ。(^_^
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
あるお宅の前では車の上に何ともキレイなお嬢さんが。
足元を見るとこれまた猫さんの団体がうずくまってる。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
その後もカワイイ親子連れとも会いボクは大満足。大漁♪大漁♪

日曜日の午後、ボクは御徒町の佐竹商店街に向かう。小雨で矢張り涼しい。
この商店街の夏祭りに七尾旅人クンが出演しフリーライブをするとの情報。
実は最近思うところあってこの夏はライブイベントの参加は自粛。
でも、七尾クンはソングライターズ以来、気になるアーティスト。
ライブは見たいぞ!ということで急遽参加。一貫性の無い奴(゚゜)\バキ☆

嫁はライブは見ないけど散歩は付合ってくれた。上野で美味しいウドンを堪能。
その後は御徒町周辺を散策。旧い佇まいの家が結構残っている。
御徒町周辺はよく歩いてるけど佐竹商店街ははじめてかも?
こじんまりとした商店街で夏祭り自体もこじんまりとしている。

ライブ会場を確認できたところで嫁は帰る。
フと見ると七尾クンがフツーに露店の前に座ってる。意外とゴツイな。
でやっぱり麦藁帽子と下駄なのね(T▽T)

七尾クンのライブまで夏祭りを楽しむ。お酒を呑んだりお好み焼きを食べたり。
通りのあちこちに露店が出て射的やゲーム、お酒や食べ物を売ってる。
子供たちは駆け回りお年寄りも若者も楽しそう。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ボクがお酒を呑んでると若いカップルがイカのツマミをご馳走してくれた。Thanks☆
人付合いが苦手なボクは自分から他人に話しかけるは無いけど祭りのムードは満喫。
一方で嫁が横にいたらもっと楽しいだろうな、とも思う(子供か?(^^;)ゞ)

ステージでは若いミュージシャンがテクノっぽい音楽を鳴らしてる。
商店街の夏祭りでこんな音楽鳴らすんだ。新鮮。続いて音楽のワークショップ。
子供も参加してギター鳴らしたり風呂桶を叩いたり楽しそう。
そのうち七尾クンやスティーブエトウ、青葉市子さんも参加して即興のセッション。
七尾クン、「佐竹町は元気な商店街〜!」みたいにテキトーな歌詞で歌う。
凄くイイ声。そして自由で勝手気まま。CDの自由で奇才溢れる作風そのまま。
七尾クンもスティーブも楽しそう。街の皆さんも何より子供が楽しそう。
七尾クンのライブ開始時間が近付いてるがセッションが終らない。
七尾クン目当てのお客さんも集まって手拍子&歓声。

ホールやライブハウスでのカッチリ決まったライブも楽しいけど、
こういう街中でのその場での気ままなセッションも凄く楽しい。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

そのまま七尾クンのライブ開始。お客はそのまま地べたに座る。
をいをい整理番号の意味ないじゃん!(T▽T)
七尾クン先ずは「シャッター商店街のマイルス・ディビス」を歌いだす。
でも「こんな賑やかな商店街でシャッター商店街も無いだろう」で取りやめ。
好きな曲だけに残念。でもこの曲「オ××コ野郎」って歌詞あるし止めて正解かも(笑。
「おじいさん・おばあさんも喜ぶ曲」と言うことで「知床旅情」「星に願いを」のカバー。
でも歌謡曲やスタンダードの匂いは全くしない。七尾クン独自の世界に変っている。

オリジナルも沢山演奏。未発表曲「七夕の唄」はキレイ。
ともかく声とギター。不思議なメロディと不思議な音色に惹きこまれる。
それを商店街の地べたに座って聴くと言うミョーな環境。サイコー!
オンガクはホールやライブハウスだけで鳴ったり聴くもんじゃない。
そういう場所でも楽しいけど、別の場でも楽しめるはずだ。自分しだいで。

七尾クンは楽しいのかよく喋る。「ここは活気溢れてて楽しい商店街だ」
「そこでババシャツもらったよ」「そこの料理屋でバイトしようかな?」

後半は「どんどん季節は流れて」「Rollin' Rollin'」で一気に盛上がる。
七尾クンに煽られて客席大合唱。ラップの部分も簡単に歌う。凄いぞ、客V(^_^)
一旦ここで七尾クンはトイレ休憩。で戻ってきてアンコール。
「圏内の歌」を優しく歌う。でも・・必要以上の感情移入は無い。
そう七尾クンの歌はあまり感情移入が無い。だから感動とか熱さとか痛みは無い。
キレイなオトがキレイなまま鳴る。声もサウンドの一部。それ自体ひとつの世界だ。
七尾旅人という「音世界」が目の前で繰り広げられてそれにオレの脳が反応する。
これは今まであまり味わったことがない体験だ。刺激ある。

最後は「オーヴァー・ザ・レインボウ」に日本語歌詞をつけて朗々と歌う。
ここでライブは終わり。初ナナオ。凄く楽しかったな。
今回夏祭りのライブということで激しい曲は演奏されなかった。
次はライブハウスでソロライブを見てみたい。ぜひ見たい。

明日からボクと嫁は山形に旅行。ヨモギは独りでお留守番。
ボク等が旅行の間は馴染みのペットシッターさんにお世話を頼みます。
土曜日の夜シッターのお姉さんが打合せに登場。
ヨモギはこのお姉さんが大好き。でも1年ぶりに会うので覚えてないみたい。
お姉さんが家にいるのが落着かないのかミョーにオタオタドキドキ。

にゃにゃん、留守番は任せたぞ。お姉さんにたっぷり遊んでもらいな☆
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ