2011/11/27

刻みつけて焼きつける〜仙台ボランティアツアーレポ2  東北のためできること

午後からまた作業開始。ひたすら草を抜く。
おじさんは都度顔を出し「助かる助かる」と喜んでくれ途中でコーヒーを差入れ。

空にトンビが飛んでる。畑に烏が下りてくる。
草を抜いているうちに地面から虫が出てくる。団子虫、ミミズ。
そういえば9月に海岸付近の農地の泥出しをしたとき虫が全然いなかったな。
地震、津波の異常気象が原因なのか、あそこには「命の息吹」が全く感じられなかった。
でも、ここには生命(いのち)がある。ここの地面は確かに生きてる。
そう思ったら・・・急に泣きたくなった。うれしくなった。
普段「生命の尊さ」なんて丸で考えない冷血漢の癖に、そんなことを感じた。

今日のクライマックス。ホウレン草刈り取り。リーダーと協力してどんどん刈り取る。
雑草の中にホウレン草が生ってる。ひたすら必死になって根から抜いていく。
工夫も作戦もない。ひたすら真っ白になってた。
ホウレン草の束がどんどん出来てくる。まだ少し残ってたけど時間が来て終了。
畑から見える夕焼け空がキレイだった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
バスが迎えに来たので農家さんにお別れの挨拶。大根やホウレン草をお土産にいただく。
おまけにおばさんが「帰りに食べなさい」と特大のオニギリまで握っていただく。
いえいえ、こんなに沢山のお土産をいただいちゃバチが当たります。
おじさんはまた「ありがとう。貴方達のおかげで助かりました。」と深々とお辞儀。

お2人ともホントに喜んでくれた。オレでも少しは役に立てたのかな?
もしも、もしも少しでも皆さんが前に進む役に立てたのなら
地震野郎・津波野郎にパンチを喰らわせることが出来たってこと。そうならウ・レ・シ・イ♪
帰り道、また空を見た。夕焼けがキレイだった。目に焼きつけた。ウン忘れない。
クリックすると元のサイズで表示します

バスに乗ってスーパー温泉に入る。カラダ中が痛い。筋肉痛。
でも、この痛みも「リアル」だ。痛い思いもしないで他人様の役に立てるか。
自分も痛い思いして手を汚して、ようやく「支援」と云えるんだ。
痛みが自分のカラダに刻み付けられたこと。。ミョーに嬉しかった。

その後はメンバーと呑み会。前回は一人で寂しく食事だったので今回は話したかった。
皆さん、色んな思いをかかえてこのツアーに参加してる。
NPOのリーダはみな20代前半、他の仕事をしながらボランティアをしてる。
下手するとオレの息子・娘の世代。でもえらそうにアドバイスすることなんてない。
みんな、それぞれ素晴らしい。オレなんかより余程おとなだ。

沖縄から来た若者と色々話す。沖縄の基地問題。実際は新聞報道とかなり違う。
そうTV、ニュースはある一面を要約して伝えるだけ。真実はそこにはない。
真実はそこで生きる人それぞれに或る。簡単に「要約・情報化」なんて出来ない。
その若者が「戦時中の散骨が色んな処にあって、それを集めるボランティアもある」
と云う話を聞いた。それを聞いて思った。いつか・・・いつか行ってみようか。

勿論、先ずは仙台ボランティアを継続すること。そんなにアレコレ出来ないし。
このボランティアも先は長い。ずっと続けなくちゃイケナイ。
でも、いつの日か・・終わったら・・・その後は・・・。

その後は王将で二次会。あれだけ呑んで喰って中華料理食べれるの?皆さん若い!
ある若い女性に
「今回還暦のおばさんが参加したけど、ながわさんは60でボランティアに参加します?」
と聞かれた。迷わず「参加する」と答えた。当然です。オレのケンカは一生続きます。

酔っ払い状態で帰りのバスに乗る。咳が止まらない。狭い空間に居て苦しくなる。
でも何とか無事に東京着。原宿では夜遊び帰りの若者が沢山。
仙台で見た光景とのギャップに唖然。でも・・・これが「東京」なんだよ、な。
遊んでる奴もいれば被災地のため頑張る若者もいる。バラバラでイイ。

帰宅。
嫁に「オレが居なくてヨモギは寂しがらなかった?」と聞くと「いたってフツー」
との回答(T〇T)
でも、ちょっと甘えてくれて嬉しかった(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示します

ボランティアツアー、主催NPOはやり方や場所を変えるかも知れないとの事。
12月にまだツアーあるけどボクは今回で今年分は終了。
次回は年明けで考えます。先ず仕事をチャンとやって体調を整えなくちゃ。

今回のツアー、本当に実り多かった。行ってよかった。だから当然また行く。
次回ラウンドは地震野郎・津波野郎からダウンを奪えるようにがんばらなくっちゃ☆

0

2011/11/27

瓦礫の中に咲く花〜仙台ボランティアツアーレポ1  東北のためできること

金曜日から被災地ボランティアツアーに行き本日帰着。
そのレポを。今回は前回と違って被災地で撮った写真も載せます。

仕事の後、一旦帰宅して集合場所の原宿に向かう。咳が続いて体調はかなり悪い。
山手線は会社から帰宅するサラリーマンでイッパイ。
前回はボランティアらしい人も数人いたけど今回は全く見かけない。
偶々そうだっただけかも知れないけど、「ボランティアが減ってる」を実感する。

メンバーと無事落ち合いバスに。参加者は全部で30人。
今回はお年を召した参加者が結構居る。でも中心は矢張り20〜30代。女性が多い。
バスの中で班分けと仕事の発表。ボクの今回の仕事は「農地の除草」。
仕事疲れかバスの中でもゆっくり寝れた。夜明けの瞬間を見逃したのは残念。

仙台に入って先ずは荒浜に。ある地点までは震災の影響は丸で見当たらない。
でもあるラインを超えると大地の傷つきようがハッキリと分かる。
9月に来たときよりは瓦礫が減ってる。でも破壊された家々はそのまま。
ここは津波が再来する危険があるから誰も住んでない。ゴーストタウンと化してる。

バスを停めて荒浜海岸を見学。やっぱり瓦礫が減ってるけど、まだ荒れ果ててる。
前回来た時から2ヶ月過ぎてるけど「復旧が進んだ」とは思えない。
それは自治体の動きが遅いとかじゃなくて・・・それだけ大変な被害だったってこと。
海岸沿いの破壊された住宅。参加者皆さん思い思いに見る。
ここに棲んでた皆さんは3.11迄はまさか家を棄て避難してボランティアに見学される、
そんなこと、露とも考えていなかっただろう。そう思うと胸が痛んだ。

海岸沿いに更に歩く。沢山あった筈の松林も木が折れてる。その中に花が咲いてた。
基本、被災地の写真は撮らないことにしてたけど、思わずパチリ。
瓦礫の中に咲いた花、あたらしい生命が確かに息吹いてる。なにかジンとした。
クリックすると元のサイズで表示します

見学の後は参加者の自己紹介。東京だけでなく静岡、岡山、沖縄からの遠隔地から来てる。
学生さん、還暦のおばさん、親子連れ、阪神大震災の経験者の方も参加。
9月参加者の人もいて少し話す。その後はバスに乗り込んでいよいよボランティア開始。

今回のボクの仕事は「農地除草」。東北の大農場「舞台ファーム」が関わってる農家さん
の畑で冬から秋にレタスを植えたいけど雑草が生えて人手がいなくて困っているとのこと。
チームは5名。男子はリーダーとボクだけ。後はすべて女性。岡山から来てるコもいた。

先ずは農家さんに挨拶。気の良さそうな夫婦。広瀬川沿いにある畑に連れて行ってもらう。
鎌を手にして早速作業開始。ひたすら除草に励みました。
で今回のツアーで心がけたことが「地震野郎・津波野郎にパンチを喰らわせる」。
具体的には「喜んで貰える結果を出す」「自分なりに工夫する」「人と話す」の3点。

天気は程よく温かくて涼しい。除草なんてやった事ないけど思ったよりスムーズに進む。
リーダーの人もサッサと作業を進めていく。岡山から来た女性が少し疲れ気味。
ムリしないようにアドバイスする。自分だってまだ2回目の癖に、えらそうに(^^;)ゞ

こういう作業は単調&ワンパターンになりがち。途中で作業を停めて全体を見回す。
進んでいない箇所を除草する。こうして作業に変化を入れてメリハリをつける。
最終的な目標「畑の草を取り除く」が出来れば途中経過はどうやってもOK。
それは普段の仕事と同じ。自分なりに工夫して結果を出せばイイ。

リーダーの方の頑張りもあって午前中でかなり進んだ。で農家さんのお宅でランチ。
舞台ファームさんで弁当を手配。でも農家のおばさんが更におかずを用意。
ほうれん草、蕪のお漬物、豚汁、すいとん(?)、蜜柑、林檎。どれも美味い。
でも多過ぎて食べきれない。「もっと食べたら」といわれたが既に満腹。
午前中の作業で無くて食べすぎで苦しいとはどういうことだ?(゚゜)\バキ☆

食事しながらメンバーやおじさんとお話。おじさんは話好きらしく色々話してくれた。
津波の影響で野菜の味が落ちてしまったこと、人手がともかく足らないこと。
自宅の屋根の瓦が壊れたけど業者さんが忙しくて中々手がつけられないこと。
雨漏れや次地震が来たら不安なこと等々話してくれた。

この辺りは海岸から遠いのにそれでも津波が襲ってきたのか!とゾッとした。
おじさんは「皆さん東京とか岡山からわざわざ来てくださって頭が下がります」と云う。
いえいえ、大変なのは皆さんですから。
東京で安穏と平和な生活を貪ってるオレに頭なんて下げないでくださいよ〜!
かえって申し訳ないキモチになりました。

こうして実際に来て自分の目で見て話して感じること。作業して疲れて痛くなって分かること。
TVやネットじゃ手に入らない。情報や知識じゃない。ヴァーチャルじゃワカンナイ。
東京に居て「他人事」じゃ見えない。此処に来て「当事者」になって初めて知る。
リアルは現実の場にしかない。そして此処にいるオレはやっぱり「当事者」だ。

あらためてその感を強くしました。ウン、来てよかった。リアルにそう感じた。

0

2011/11/25

再び北の空へ  東北のためできること

今夜、仙台に2回目のボランティアに行って来ます。
場所は前回と同じ仙台市若林区。同じNPOの日帰りボランティアツアー。
http://www.greenbird.jp/news/news.php?ID=2117

実は体調・・かなり悪い(^_^; 咳は止まらないし疲れも溜まっている。
嫁が心配して「今回は止めた方がイイよ、もう少し体調整えて行ったら?」
と忠告してくれたけど強行することに。(^^;)ゞ
仙台ボランティアは続けると決めたので、休んだらなし崩し的に止めちゃいそう。
ハイ、オレはその程度の意志力しか持ってません。だから決めたら続けないと。

それに「仙台行く!」と決めたらミョーにハイテンションになって戦闘意欲増加。
もし止めたら感情の行き場失くして人を殴って事件起こしそう(゚゜)\バキ☆

そう勘違いしないように。オレは人助けに行くんじゃない。
地震野郎・津波野郎に喧嘩を売りに行くんだ。パンチを浴びせるために行くんだ。
これは自分のためだ。オレ自身のためにやるんだ。
9月に行ったときは何も出来なかった。参加するだけでイッパイイッパイだった。
ボランティアに行ったということで満足感もあったけど一方で己の非力を思い知った。
それが悔しかった。だから続けようと思った。

あれから毎日仙台のことを考えてた。あの日見た朝焼けを思い出してる。
荒れ果てた海岸を、崩れ落ちた廃墟の様な街を思い浮かべる。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
あの光景を忘れたことはない。目に焼き付けて絶対忘れることはない。

今回同じ若林区に行く。
あの荒れた海岸は現在(いま)どうなってるんだろうか?
そして仮設住宅の皆さんの傷みは・・・少しは癒えたんだろうか?
オレは当事者だ。それをもう1度見届ける義務がある。責任がある。
そのためにも今回は結果を出さなくちゃ。地震野郎にパンチを喰らわせなくっちゃ。

会社の帰りHEATWAVEを聴いた。タテタカコを聴いた。元春を聴いた。気合が入った。
咳?疲れ?かまわない。そんなモン。ちょうど善いハンディだ。負けないぜ☆

にゃにゃん、行ってくるよ。もう1度あの北の空に逢ってくるよ。
オレの勝利を祈っていてくれ。がんばるからね♪
クリックすると元のサイズで表示します
さぁ、いよいよ第2ラウンド開始だ。はじまるぜ☆
0

2011/11/23

加藤クンとイケハタ君とヨモギ  オトの記憶(CD、ライブ)

今月は繁忙期。週初めからバタバタパニック(^_^;
今週は3件の監査ある上にライブ&ボランティア出発を入れて残業が出来ない状態。
仕事で上手く行かず色々凹む。ま、こんなことよくあることさ。

昨日はコレクターズ加藤ひさし君51回目バースデイ記念ライブ。場所は鶯谷キネマ倶楽部。
残業を早々に切上げて向かいました(^^;)ゞ
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
バルコニーから颯爽と現れる加藤クン。いつも通りのイカしたライブを見せてくれる。
「今日はオレが主役だ!」「51なんて昔だったら隠居だよ」
「バンドの中で誕生日祝うなんてキモチわるい」いつも通りの悪がきトークも絶好調。

ボク等の後ろに居た若い女子が加藤クンのアクションに一々反応して黄色い声を上げる。
凄いなぁ。51歳のオトコがこんな若いコをうっとりとさせてるんだ。
途中で加藤クンが敬愛するWhoのカバーを歌った。でも完全にコレの歌になってる。
「タフ〜ニックニックニック」の流れは凄かった!客が前に押し寄せる!スゲエ!
イギリスに行ってWhoやポール・ウェラーを見なくても
日本でこんなカッコいいモッズサウンドを味わえるんだ。ザマァみろ。

ライブの後、爽快な気分。会社のヤなことなんて吹っ飛んでた。
コレクターズのライブはいつもそう。
イカしてないモノをイカした歌で吹き飛ばしてくれる。今回もそうだった。

今日はお休み。尾久あたりを猫めぐり。田端付近のある通りで「イケハタ君」に会う。
1年位前にあった強烈な猫さん。強面、存在感たっぷり。豪傑、勇猛。
ヒートウェイヴの池畑潤二さんを思わせるので勝手に「イケハタ君」と名付けてた(^^;
嫁が発見。あれ以来会ってなかったのでボクは狂喜。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
あのときと同じ。媚びも愛想も無く「何用か!」という風に睨まれる。
嫁は「ワタシと一緒にいるとイイことあるだろ?」と鼻高々。ハイ、おっしゃるとおり。
これからもついていきます。お願いさ〜(゚゜)\バキ☆

その後も色々な猫と会う。このコはあるアパートの前で遊んでました。
クリックすると元のサイズで表示します
他にも甘えっこの黒猫さんも居た。ボクはすっかり満足。

帰宅するとヨモギがチンマリ待ってる。「なぁに?」という風に愛嬌たっぷり。
キミは「イケハタ君」みたいには成れないねぇ。ま、成らなくてもイイけど。
クリックすると元のサイズで表示します

コレ、猫さん、楽しく過ごせた2日間。さ、明日からまたガンバロウ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ