2012/1/31

「Syoko. absolutely alone in CAY」ライブレポ  鈴木祥子

この日曜日、祥子さんのライブに行ってきました。
祥子さんのライブは実に1年半ぶり。1昨年秋のカーネーションとのジョイント以来。
去年も祥子さんはカバーアルバム出したりトークイベントやライブを行ってたけど
何か行く気になれず。特にカバーアルバムにはガッカリ。
今更オールディーズだの大瀧詠一みたいな「終わった音楽」を歌ってどうすんの?
視聴しただけで「買わない」と決めた。

今回バラードベストが出たけどこれも買わず。今更過去の編集盤は要らない。
でも去年出たニューシングルがホントに良くて久しぶりにライブに行こうと思った。
祥子さんの歌はもう自分に響かなくなったのか?試してみたかった。
って自分勝手な過剰な思い入れ。迷惑極まりないファンですね(^^;)ゞ

会場は青山CAY。渋谷から歩いて行く。渋谷駅前で「原発廃止国民投票」に記名。
マルイの前でアイドルがイベントしてて男どもが嬌声を上げてる。
僅か数百メートルでこの景色の違い。落差に眩暈がする。

夕暮れの青山通りは賑わっていて美しかった。でもその景色を楽しめない。
3.11以来オレは街の賑わいに矢鱈違和感を感じる。ライブ前だけど高揚感が丸で無い。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
開場時間よりかなり遅れて入る。席は後ろ。でも別に構わなかった。
祥子さんのオトがオレにホントに必要なら遠い距離でも響く筈だ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
祥子さんは紅いドレスで登場。「I’LL BE THERE」から開始。
鳴り響くピアノの音。久しぶりだなぁ。この響き、オトの揺れ。
そして「夏はどこへ行った」・・何か胸がぎゅーっと締め付けられる。

前半はバラードベストに沿って初期の曲中心に。でも相変わらず自由。
「Swallowは今更やらなくてイイでしょ?」とか言うし。
ボクは初期の曲はそれほど思い入れ無いのでゆったり楽しめる。

後半はKYON2のカバーや麻生よう子のカバーを入れて昭和の話を。
「過去を振返るって懐かしむんじゃなくって未来につながる」
「KYON2は昭和の女の匂いがする」には同意。
KYON2を見てると向田邦子さんのドラマのヒロインを思い出す。
芯の強さ、秘密を抱えた一筋縄で行かない感じ。祥子さんも同じ匂いがする。

そしてアコギで奏でられた「忘却」・・・嗚呼、ひさしぶり、ひさしぶりだ。
「そんな必死になっちゃって何がしたいの?」「すべてを忘れることは幸せですか?」
コトバがナイフのように刺さる。引き裂く。何か叫びたくなる。嗚咽したくなる。

この歌を聴くといつもゆれる。聴きながら・・いきなり想った。
「ああ、オレは怖かったんだ。ずーっと怖かったんだ」って。何を?ワカンナイ。
きっとすべてを。生きることを、世界を、社会を、他人を、そして自分自身を。
怖いから色々がんばるんだろう。挑むんだろう。闘うんだろう。
そうやってオレ自身が「意味の無い存在」ではないことを証明したいんだろう。

そして「Sweet Thing」初めて聴いた祥子さんの曲。でも聴いた時のことはもう忘れた。
ビリー・ジョエル「アレンタウン」大学生の時好きだった。でも何も憶えていない。
「帰郷」「逆プロポーズ(仮)」・・いろんな感情がわきあがる。
「逆プロポーズ」を聴いてると自分の中にある「2つの声」について想う。

自分の中にはいつだって「2つの声」が存在する。いや別に分裂症じゃない。
「楽に生きろよ。テキトーにみんなと上手くやれよ。目を塞いで楽しくしろよ」
という声と「それでイイのか?それでオマエはイイのか?満足なのか?」という声。
いつも、その2つの声に挟まれる。でも結局「それでイイのか?」という声に従う。
そうやって色々抱えて疲れてバカだ、ホントにバカだ。でも、そうしか生きれない。

いつだって祥子さんの歌はオレに何かを突きつける。今日もそうだった。

アンコール。新曲「センチメンタルラブレター」は優しく響く。
そして最後「DO YOU STILL REMEMBER ME?」。
「時が過ぎて、あたしを変えてしまうのは哀しくない。アナタを変えるのは哀しくない」

ずいぶん変わっちまったな。遠くに来ちゃったな、オレ。でも別に哀しくはない。
昔のオレよりは現在(いま)のオレの方がマシなはずだ。そのはずだ、そう信じたい。

最後は客席も手拍子を鳴らす。祥子さんは笑顔で去っていった。
この歌を最後に聴いて・・・何かスーッとスーッとキモチが晴れた。

ひさしぶりに聴いたけど見事に変わってないな。相変わらずパワフルで自由。
ホント楽しかったし、やっぱり・・ゆれた。

ということで来月のライブも行きます。節操ないかな?
だって楽しかったんだもん(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆

また、徐々に徐々に向かい合おう。このヒトの歌に。
今回のライブでわかった。やっぱりこのヒトの歌がオレには必要なんだって。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/1/29

七尾旅人「百人組手」@赤坂ブリッツ  七尾旅人

七尾旅人がゲストと即興セッションをするイベント。
ゲストがZAZENBOYS、CHARA、近藤等則、坂田明という曲者ぞろい。
そして、昨年吉祥寺で見た大友良英とオーケストラFUKUSHIMAが参加する。
ということで興味津々。また今までライブで見た七尾クンは何れも弾き語り。
優しくほのぼのムード。これはこれで楽しいけど、アルバムを聴いた感じでは
もっとアートで前衛的。今回のイベントでは「過激な七尾クンが見たくて」行った。

早目についたのでTBS周辺を散策。矢張り人工的でミョーに浮かれた感じが馴染めない。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ただノンビリ歩いて入場したのがかなり遅れて席はずっと後ろ。しまった!(^_^;
客層は若い。ファッションもクラブ系というかボクが普段行くライブとは全く違う。

七尾クン大友さん以外は未体験。向井秀徳はナンバーガールは聴くがZAZENBOYSは未聴。
どのミュージシャンも知らない音世界。ワクワクする。
定刻をかなり遅れて七尾クン登場。いつも通り麦藁帽子と下駄\(T▽T)/
このイベントの趣旨「基本1人が好きで大勢は苦手だけど良いミュージシャンに
負けたくないと思って始めた」らしい。で先ずは弾き語りで「圏内の歌」。
「放射能、子供だけでも逃がしたい、帰れない」福島に住む人の視点で語る歌。
若い客席もじっと聴きこんでいる。で以下ゲストとのセッション
クリックすると元のサイズで表示します

○AFRA+櫻井響
勢いよく登場。威勢のイイRYMEを繰り出す。客席大盛り上がり。
ラップミュージシャンのライブは初体験。でも「人生応援ラップ」でなく
目の前の事をネタにしてひらすら叫びまくる姿勢は好感。
七尾クンと「旅人」をひたすら怒鳴る。七尾クン、ダンス。いやぁオモシロい。

○大友良英&FUKUSHIMAオーケストラ
七尾クンが呼び入れ大友さんとFUKUSHIMAオーケストラがステージに登場。
会場から温かい拍手が飛ぶ。今回は何とお客さんからも演奏の参加を呼びかけ
その方達は1列目で楽器を持って待機。一旦練習で音を出す。
そのままオーケストラの皆さんはステージ後方に座って出番を待つという
何とも珍妙な光景(^^;)ゞ

○近藤等則+坂田明
続いては近藤等則、勿論名前は知ってる。でもナマで見るのは初めて。
地を這うようなトランペットを鳴らす。七尾クンは叫ぶように声を出し応戦。
音がゆがみ広がる。ノイジー、でも、これがずっと続くのは一寸ツラいかも。
と思ったら坂田明が参加。フリーキーなサックスを聴かせる。
3人が次から次と技を繰り出す。音のプロレス、格闘、取っ組み合い。
でも、これって考えてみれば80年代に山下洋輔と坂田さんがやってた世界では?
若い衆は近藤さんなんて知ってるのかな?でも皆楽しそう。
そしてリズム隊が加わり客席絶叫!そう!ZAZENBOYSだ!音が暴走し出す。
そして、暗闇の中、向井秀徳が登場!

○ZAZENBOYS+近藤等則+坂田明
向井、青いシャツ、帽子のカジュアルな装い。
ナンバガがずっと聴いてたけどナマ向井は初めて見る。凄いオーラ、存在感。
ステージのエネルギーが一気にうねり出す。向井「ドッコイショ」とひたすら唄う。
七尾クン、声をモジュレーターで歪ませて応酬。向井エレキかき鳴らす!
やがてエンディングが「ラッセーら、ラッセーら、ええじゃないか」とよさこい風に。
これってナンバガの「INUZINI」でやってた奴だ。オレは狂喜\(T▽T)/
会場は狂ったように踊る。なんだ?これ?この場は?
最後は「赤とんぼ」のカバー。向井、意外と朗々とした声で歌う。
七尾クンがコーラス。当然キレイに終わるわけない。途中で爆音、マツリ状態。
七尾クン「シャッター商店街のマイルス・デイビス」を唄いだす。これ聴きたかった!
でも、歌詞をガラッと変えてる。「セシウム!オレの精神は溶解!」と叫ぶ!
なんか・・・凄いことになってる。向井エレキを鳴らし坂田さんと笑い合ってる。
近藤さんが後ろに控えていたFUKUSHIMAオーケストラのメンバーを引っ張り出し踊る。
他にいたオーケストラメンバーも前に出てきて想い想いに踊る。
自由だ、そして熱い。客席はあおり囃し立て一緒に踊る。
いやー、凄いモン見た。とんでもなかった。ZAZENBOYS、向井スゲえ。

○CHARA
七尾クンとCHARAの弾き語り対決。の筈が七尾クン照れて勝負にならない。
父親が買ったCHARAの1STアルバムを小学生(!)の時聴いてファンになったとの事。
結果、雑談&七尾クンのリクエストに応えてCHARAが歌うコーナーに変更(^_^;
ナマCHARAは初めて。へぇピアノ弾きながら唄うんだ。
意外とシンガーソングライターしてる人なんだ。で声が圧倒的。
「愛の自爆装置」や「あいのうた」を聴かせてくれた。聞惚れてしまった。
七尾クンデレデレで、てんで勝負にならない。
最後はCHARAにハグされてメロメロだったし(T▽T)

○飴屋法水
この人のこと実は知りません。2階から色んな音を出してミョーな
パフォーマンスを繰り出す。柱をハンマーで叩いたりバケツを吊り下げたり。
しまいには上からロープで降りてきて傘を差しながら客席の上を歩く。
結構危ないパフォーマンス。安全性を考えたら普段やらんだろう。
でも、そういうルールを飛び出てこそロックだしアートだと思う。

○大友良英&FUKUSHIMAオーケストラ+ピカ+坂田明
いよいよFUKUSHIMAオーケストラの登場。客席盛大な拍手。
オレも力いっぱい拍手した。何か・・胸が熱くなる。
ピカが、坂田明が、七尾クンが、そして大友さんが指揮して音が鳴り響く。
ロックでもない、アバンギャルドでもない。でも、同時にロックでアート。
オーケストラのメンバー、次第に前に出てくる。自己主張を始める。
七尾クンと坂田さんが向かい合って怒鳴りあってる。

オーケストラの鳴らす音は力強くエネルギーに満ち溢れてた。
それはかって、Coccoが沖縄で学生オーケストラとやったライブを想い出した。
プロの完璧な演奏とは違う。でも一般人の出す力と音。
それはパンクでロックでサイコーにカッコよかった。
今日、この場にいるFUKUSHIMAオーケストラはサイコーだった。
あの場にあがって、この人たちと一緒に音を鳴らしたいと思った。
オレはミュージシャンじゃないし楽器も演奏できない。でも客席で見てるのは歯がゆい。
最初呆気にとられていた客席も大友さんに煽られて拍手鳴らして声を出す。
ステージと客席で音が溢れて鳴り響く。それはかってない体験だった。

最後は七尾クン弾き語りで「帰り道」をしっとり演奏。
これも福島で見た光景を元に出来た歌。じんわりとしみてきた。

○アンコール、全員
鳴り止まぬアンコール拍手に先ずZAZENBOYSが登場!をオリジナルやるのかな?
向井静かにギター鳴らす。近藤さん、坂田明が登場。最後に七尾クン登場。
始まったのは「Rollin' Rollin'」。その瞬間、会場全体が一気に熱を帯びる。
そうか、この曲って皆にとって大切な曲なんだ。元春で言えば「アンジェリーナ」?

客席も一緒にサビを唄う。振り上げるのは拳でなくてピースマーク♪
オリジナルではやけのはらが担当するラップを向井が叫ぶ。
しかも「終わらない諸行無常、六本の狂った鋼の振動」と歌詞をアレンジ。
これナンバガでやった語りじゃん!!オレ再び狂喜〜( ̄∇ ̄〜)(〜 ̄∇ ̄)〜

途中でなんとやけのはら自身も飛び入り。AFRA+櫻井響もRYTHMを繰り出す。
うわぁ、こういうノリは今まで体験なかったなぁ。
七尾クンってこういう熱い場を造れるアーティストなんだ。見直したぜ☆
オレも若い衆に混じって叫ぶ。楽しいな。オモシロいな。で大団円。

七尾クン、最後ホント嬉しそうにゲスト、スタッフ、客席にお礼を言ってた。
「やってよかった」「次回またやる。客席全員楽器持って組手しょう!」と叫ぶ。
そう!次回はオレも何か鳴らしたい。なんか鳴り物を持ち込もう。

会場を出ると季節はずれのツリーがライトアップ。
クリックすると元のサイズで表示します
ホント楽しかった。興味本位で行ったライブなのに暴れまくって筋肉痛の嵐。
どのミュージシャンも良かったけど矢張り向井秀徳とFUKUSHIMAオーケストラ
は素晴らしかった。FUKUSHIMAオーケストラの皆さんはきっと色んなことを
抱えてるんだろうけど、ホントにサイコーの音を聴かせてくれた。
サイコーだよ、FUKUSHIMAカッコいいぜ!ココロからそう思う。

正直ボクは福島に対して自分にどんな支援が出来るか決めかねてる。
でも、昨日のあの音を聴いたからには何かしたい。
まだ、何が出来るかワカンナイが大友さんの活動はフォローし応援したい。

色々実りの多いライブでした。にゃにゃん、行ってよかったよ♪
クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/1/17


17年前の今日、阪神・淡路大震災が起こった。
ボクは京都出身だけどそのときは東京に住んでた。前の年、会社の転勤で東京に移住した。
だから、ボク自身は震災は体験していない。

当時、会社の会議室のニュースで地震の報道を見た。
鉄橋が真っ二つになった映像は衝撃的だった。
周囲に居た人の反応は2つだった、心配する人、面白がる人。
ある女性社員は「映画みたい〜!」とケタケタ笑ってた。

幸い実家の両親も神戸に住む兄も無事だった。大した被害は無かった。
でボクはサッサと被災地の事は忘れた。会社の指示で支援金は少し出したが
以降何もしなかった。オレはさっさと日常に埋没し被災地のことは忘れた。見棄てた。
要は自分と家族に大きな影響を及ぼさなかったから。後は他人事(ひとごと)だ。
知ったこっちゃ無い。こっちは仕事で大変なんだよ。

数年経ってそんな自分を恥ずかしく思った。何もしなかった自分を。
その意味では面白がって笑ってた女性社員と同じだ。
数年前新潟大震災が起きたときも同じ。何もしなかった。募金さえもしなかった。

今日、会社帰りにフと思った。なぜオレは東北にいない?東京にいる?
なぜ東北に行かない?東京でノウノウと平穏を貪ってるんじゃねーよ!

昨年ボランティアツアーに参加したNPOは今年の活動計画をまだ発表してない。
色んな状況を考えて検討して、そのうちしっかりしたプランを発表してくれるだろう。
オレはそれを待てばいい。何も焦ることはない。
それ迄、目の前の仕事を一生懸命やって体調を整えて時が来たら参加すればイイ。

3.11。ずっと何もしていなかったオレが今回初めて行動を起こしたのは・・
若しかしたら過去に対する後悔からなのかもしれない。
東北を応援することで過去何もしなかった自分に対して贖罪したいのかもしれない。

だからこそ、頭を冷やして落ち着いて取り掛からなくちゃ。
東北の復興はまだまだ時間が掛かるんだ。
一部景気が復活したとか言うけど、復興の途につけてない場所だって沢山ある。
まだまだこれから、だ。それを絶対忘れちゃいけない。

現在(いま)のオレは17年前とは違う。守るべき家族も居る。大切な友人も居る。
だから、今度こそ自分で考え自分で動いて何かをしよう。
どうやったって後悔はするんだから、それなら、せめて行動したうえで後悔しよう。
「何もしない」で後悔するのはもう真っ平だ。

もう、同じ轍は踏まない。17年前の情けないオレにはサヨナラ、だ。
1

2012/1/16

コレクターズ@赤坂ブリッツ(ネタばれ有)  コレクターズ

昨年夏に出たコレクターズのアルバム「地球の歩き方」は傑作だ。
幾つかの作品は「震災・原発」というテーマから逃げずに向かっている。


「みんなで分け合えば足りるし、ゆずり合えば余るさ」(「地球の歩き方」)
「放射能バラまく モンスター 宇宙から来たんじゃない 悪魔の手先でもない
 ぼくらが作りだしたモンスター」(「英雄と怪物」)
「何かを奪われたなら きっと何かを得られるだろう」(「遥かなるスタートライン」)

震災・原発を殊更取立ててないがチャンと向い合ってる。
重いテーマを扱いつつも、いつもどおりスマートでポップでイカシテる。
そこに加藤ひさしの真骨頂を感じる。

昨日はニューアルバムに伴うツアー初日。ハコは赤坂ブリッツ。大きめのハコ。
新曲たくさん聴けると良いな〜と胸を躍らせて会場に向かう。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
それにしても赤坂サカス周辺。お洒落なショップが並んで何か人工的。馴染めない。
でも東京は裏に廻ると昔ながらの景色が残ってる。表面だけで判断しちゃイケナイな。

場内は超満員。大きさとしては渋谷AXと同じくらい?
ライブはニューアルバム2曲目「GROOVE GLOBE」から開始。これも良い曲。
セットリストは新旧織交ぜての選曲。「東京虫バグズ」のリフは何度聴いてもカッコいい。
加藤クンはいつも通りノリノリ。コータローのギターも冴える。トークも当然冴える(^_^;
過去のレコーディングの傑作話やメンバーの妙な愛称を披露(T▽T) 
音楽業界の内情にもチクリ。これはボクも共感しきり。(v_v)”

中盤「遥かなるスタートライン」「春鳥の羽ばたく空」が演奏される。
どちらも傷ついた人への優しいコトバがさり気なく織り込まれてる。聴いててグッと来る。
後半はR&R大会。手を叩いて踊って暴れました。楽しい!〜( ̄∇ ̄〜)(〜 ̄∇ ̄)〜

アンコールでは今年の予定を発表。色々楽しめそう。
最後は当然「僕はコレクター」!!手をイッパイ振りました。
更にアンコールがもう1回!「恋はヒートウェイヴ」で楽しく終了。

嗚呼楽しかったな。ホント楽しかった。また見たいな。関東圏のライブもう1度行こうかな?
サカス前はライトアップで華やか。思わずパチリ。さっき文句言ったのに(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示します
今日は定期検診でお休み。昨日のライブで大暴れしたおかげか良好な結果\(^▽^)/

帰宅してウチで借りてきたDVD見たり仕事の勉強したりノンビリ過ごす。
嗚呼、休みってイイな。ヨモギとも遊んで満足。
クリックすると元のサイズで表示します
今週は外部審査やその他面倒な仕事がテンコ盛り。ゆっくり休んだ分がんばろう☆
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ