2012/5/31

お眼治し  

下のトピックで殺伐としたことばかり書いたのでお眼治しに
カワイイ猫と犬の写真を。(^^;)ゞ

近場の公園にいる野良さんたち。近所の人に面倒みてもらっているみたいだけど
人に媚を売らない中々のツワモノさんたちです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
これはお散歩中に会った三毛さん。撫で撫ですると「にゃぁ」と甘えた声で鳴く。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

このコは以前良く会ったワンちゃん。ここ暫くご無沙汰。
しばらく会わない間に毛が矢鱈伸びてクマみたいになったな。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ちなみにこのコ、あるお宅の番犬らしいんですが矢鱈人懐っこくて
撫でると嬉しそうにゴロゴロ甘えてくる。ワシは密かに「番犬失格」と呼んでます(笑)

このコも散歩中に見たネコさん。ゴロゴロのびのび。キモチよさそう。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

我が家の王子様。嫁に抱っこされてキモチよさそう。
いつまで経っても甘えっこです♪
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2012/5/31

日々の泡〜サリエリとして生きる  日々の泡(日記)

先週末から盛り沢山。カットバック風に書き並べていきます。

○日曜日はMOTO友さんのお誘いで日の出桟橋から水上バスに乗って浅草に。
 丁度1年前も同様の集まりがあってボクはヘベレケに酔っ払い記憶喪失。
 翌日は仕事になりませんでした。酒呑み失格の轍は踏むまいと気合を入れて望む(^_^:

馴染みの友人が集合。会うのは結構久しぶり。皆さん待合場所で酒盛り開始。
 嫁も参戦(笑)後を考えてワシは酒は止めておきウーロン茶で迎撃(゚゜)\バキ☆
 天気は快晴。お客さんはイッパイ。竜馬号が来て乗船。
  クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 みんなデッキに座る。海風がキモチいい。スカイツリーも見える。
 因みに下に映ってるのは嫁のアタマと友人の手です(^^;)ゞ
 クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 浅草到着。例の雲みたいなオブジェとスカイツリーの共演をパチリ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 友人の案内でなんとも雰囲気の良いレトロなバーに入る。まだ昼間3時。
 いよいよ飲み会スタート。ここでワシも酒を解禁。美味い!\(T▽T)/
 色んな世代の友人が集合。共通するのは元春のファンということだけ。
 
 元春についていろいろ話す。ボクは元春活動基本なんでもOKだけど。
 そうでない意見もある。ボクは「トーキョーシック」は大讃美。
 でも「何故今、雪村いづみと共演?」という意見もある。
 同じ元春でも色んな見方、意見があって当然。
 他にもザ・ソングライターズ出演のミュージシャン、スカイツリーと東京タワー、
 都市の似たような造り、東北支援、瓦礫受入れと拒絶。
 ネットのコミュニケーション色んなテーマを話す。

 ここでも色んな意見が出る。ボクとは違う見方もある。でも気にならない。
 というか寧ろ楽しい。人間違って当然。トークは色の違いがあるほど楽しめる。
 特に年下のある女性は明晰な意見を提示し感銘を受けた。刺激を受けた。

 そのうち酔っ払ってどんどん楽しくなる。みんな個性的で愉快。素晴らしい。
 オレには皆さんに対抗できる個性もオモシロさも無い。
 でも皆さんのオモシロさや愉快さを理解できる。ホント楽しいぞ。
 もっと呑みたかったけどヨモギが留守番してるので一次会で辞退。

○仕事はJ-SOXプロジェクトが大詰め。最後の部門の監査が来月ある。
 昨年度はミス連発で指摘をした。今年度の資料を見ると良くなってる。
 気になる箇所もあるがまぁ安心できるかな。
 コンプライアンスのプロジェクトも開始。こちらもガンバロう。

 仕事は順調♪とノリノリだったらいきなりキツネさんに因縁をつけられる。
 いってることのワケがわからない。「貴方は逃げてる」とか「無責任」とか
 「チャンと仕事しろ」とか何言ってるんだ?オマエ?
 基本感情的な非難は相手しない。冷静に対処するが原則だが
 あまりの言い草にオレはキレた。大声で怒鳴り返した。相手は目を白くしてた。
 帰り大人気無かったか?と反省したが今では怒って良かったと思う。
 だって理不尽な事には怒って当然。我慢したら、このミジンコ野郎はつけ上がるだけだ。
 
 ハッキリ言ってキツネは仕事が出来ない。自分より下の人間に「仕事しろ」なんて
 言われてたまるか。どっちが上とか下とか、くだらないことだ。
 でもレベルの低い相手に非難される謂われはない。オレはやるべきことはやってる。
 で公的な会議で結論をハッキリ出した。個人攻撃とかイジメなんてしない。
 そんな低レベルの仕事はオレはしない。
 チャンと筋道を立て然るべき手続きを取って結論をハッキリ出した。
 わかったか?ミジンコ野郎。仕事ってのはこういう風にやるんだよ。ザマァみろ。V(^^)

 我ながら性格が悪いな。でも仕事だからね。手段は選ばないのさ。

○最近、小路幸也さんの「オール・マイ・ラビング」を読んでる。
 東京下町の古本屋「東京バンドワゴン」を舞台としたシリーズの5作目。
 向田邦子の群像劇や昭和のホームドラマを彷彿させる良作。
 中でも伝説のロックンローラー「我南人(がなと)」の存在感が抜群。
 モデルは永ちゃん?内田裕也?数年前旅立ったあの人?嫁曰く元春も入ってるとか。
 今回も決めゼリフ「LOVEだねぇ」と呟きながら大活躍。

 その我南人に今回思わぬできごとが起きた。読んだときツーンと来た。胸が疼いた。
 数年前のあの悲しいできごとを思い出したから。
 小路さんはロック大好きな作家さん。
 このエピソードはLOVEから書かざるを得なかったのだろう。

 そして、もう1つ胸が疼いたツーンと来たセリフがあった。我南人が言った以下のコトバ。

「天才との距離をぉ、肌で感じ取れるというのもぉ、天分だね。
  普通の人間にはそこがわからないんだぁ。だから君もまたぁ、才能を持ってるのさ、
  そんなことで卑下することはないねぇ」



  これ読んだとき、なんか泣きそうになった。参った。
  オレは自分には取り得がない。才能のカケラもない、と思ってる。
  何かを創りだすとか、人を楽しませるとか、喜ばせるとか出来ない男だ。
  自由な発想力も無い。唯々ルールを守りモラルを守り決めたとおりにしか出来ない。
  でも、そんなオレにも自信があることが1つだけある。
  それは人の魅力や楽しさや素晴らしさを見つけ出す力だ。「視る力」には自信がある。
  元春、祥子さん、直枝さん、佐藤クン、嫁・友人・ヨモギの魅力をオレは感じれる。
  オレはモーツアルト(創造者)にはなれない。
  だけど、モーツアルトの才能を知るサリエリ(観察者)にはなれるかもしれない。

  我南人のコトバはオレに「そういうテメェもありなんじゃないの?」と
  言ってくれたような、後押ししてくれたような、認めてくれたような・・
  そんな気がして・・・・・・・・・・・・・・・・・うれしかった。

  一方で他人の魅力を分かるってことが他人のダメなところも見抜けるってこと。
  仕事ではこの眼力を発揮してます。ダメ社員、仕事を出来ない人、大体分かる。
  他人の嫌な処や悪意・憎悪に敏感。これって結構精神的にはキツイ。
  でも、これがオレの才能だ。文句あっか?(゚゜)\バキ☆
  
  創れないけど視る・分かることは出来る。ならば、それを武器に生きていくしかない。
  オモシロくもないし愉快でもないが「視る眼」をひたすら磨いて行動しよう。
  そう思ったらミジンコ野郎のことも笑い飛ばせた。
  気にしたって仕方ない。そういう場所で生きてるんだ、オレは。
  またくだらないこと言いやがったら、迎え撃つだけだ。

にゃにゃん、この1週間いろいろあったよ。明日はカネのライブだ。思い切り燃えるぜ☆
クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/5/20

薔薇と猫  

月曜日は定期検査でお休み。運動して脂を落としておきたい。
ということで昨日は猫めぐりを兼ねてお散歩。田端経由で古河公園に向かいました。
丁度バラの見頃。天気は暑いくらい。

道中、あるお宅の門にアメショーがチンマリ座ってる。ボク等が近付くと

「に゛ゃ〜〜ん」「ふにゃ〜〜ん」
と甘えた声で鳴いてゴロゴロ転がる。遊びたいのかい?
残念ながら格子戸が閉まってて遊んであげられませんでしたがボクと嫁は大満足。

古河庭園は観光客で混んでました。色とりどりのバラがホントに綺麗。
花の名前は知りませんが「ダイアナ」とか「マサコ」とか点いてました(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
この庭園は洋風庭園と和風庭園がミックスされてる珍しい造り。
ボクは華やかなバラ園よりもこっちの和風庭園の方が好き。
新緑が映えている。鴨が水辺に来て観光客が写真を撮ってる。
鴨といえばあの曲!HISの「渡り鳥」を嫁と口ずさむ(^^;)ゞ

「わたりど〜り〜カモ、カモ」(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

この公園で「逢いたい木」があった。
昨年ここに来たとき逞しく堂々と立つ大木があった。
それを見て伊坂さんの小説「魔王」の一節
「俺は洪水に流されず立ち尽くす一本の木になりたい」を思い出した。
まさにそういう木だった。もう1度会いたかった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
たぶん、この木だと思うけど・・少し枝ぶりが違うかな?自信ないな(゚゜)\バキ☆

あれから1年。オレは流されてないか?折れてないか?・・これも自信ないな(^_^;
でも、いつかそういう木になりたい。流されない、折れない、しぶとい木に。

公園の中の新緑はホントに美しい。葉の間から陽光が透ける様を見てると心が落着く。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
庭園散策してお腹がペコペコ。近くのしもふり商店街でランチすることに。
ここの公園には野良猫たちが棲んでいる。サンドイッチを買って訪問すると。
いるわ、いるわ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ボク等が広場に座って食べているといつの間にか包囲されている。
撫でようとすると怖いのか「にゃーん」といって指に噛み付きました。

近所の人が面倒見てるのか野良だけどキレイ。人がいても逃げない。
そのうちゴロゴロ遊びだす。凄くピースフルな光景♪
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
他にも公園に来た人は猫を見て嬌声をあげる。中には餌をあげるカップルも。
野良猫に餌をあげちゃいけないんだよ。そう思いつつ口に出して云えないへタレなオレ(^_^;

沢山の猫に会えて満腹。帰りもう1度アメショーを見に行ったけど居なかった。
また、そのうち会おうね。

夜は酒盛り。ヨモギは絶好調。矢鱈キラキラした眼で嫁@パンダを見てる。
キミは何がそんなに楽しいんだい?アタマの中はどうなってるんだい?
人懐っこさと可愛さではあのアメショーにも負けません(親バカ(^^;)ゞ)
クリックすると元のサイズで表示します
今日も良い天気。久しぶりに近所のゴミ拾いして浅草にでもくり出すか♪
0

2012/5/13

福島いわきボランティアツアーレポ  東北のためできること

昨日は福島県いわき市にボランティアに行ってきました。
主宰はお馴染み「greenbird」。今年の東北支援ツアー第一弾。首を長くして待ってました(笑)
早朝代々木公園に集合。既に集まってる。今回の参加者は40人。女性が多い。
参加者の中に顔見知りが居る。心強い。
バスに乗り込んでいよいよ出発。リーダーから今年度活動の趣旨説明。

 ○昨年は仙台荒浜中心の支援だったが今年は福島いわきの支援も始める。
 ○いわき市は耕作地放棄率が高い。被害を受けた人が仕事が無く義捐金で
  パチンコで遊んでる状況。そういった状況に危機感を抱いた若者達が
  使用していない農地に綿や放射能に強い農作物を植えようとしてる。
 ○ともかく人手が足らない。ボランティアの支援が必要。
OK。横浜で山口洋に「福島に行く」と約束した。
ヒロシが支援してる南相馬では無いけど福島の現在(いま)をしっかりと見て来よう。

バスは順調に進む。外には新緑が広がってる。とても美しい。
greenbirdの事務局の人と東北やヒロシの活動について話す。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
3時間程度走っていわきに到着。緑が広がり海もキレイ。とても美しい街。
幾つかの家が破壊されている。でも仙台荒浜や石巻よりは少ないかな?って感じ。
ただ久ノ浜は荒れ果ててる。一寸来て見ただけで「被害が少ない」なんて思っちゃダメだ。
時間が無くて浜をゆっくり見れなくて残念。でも瓦礫の中に花が咲いてるのが印象的だった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

作業場所の耕地は雑草が茫々と生えている。これを1日で除草する。大変そう。
現地のNPO「PEOPLE」のリーダーから活動内容の説明を受ける。
http://iwaki-j.com/people/
また、いわき市役所の方からこの1年の復興活動の冊子もいただく。

 ○1年経って復興も進んだ。仮設住宅や仮設商店街も出来た。
 ○山2つ向こうに原発があるが風の影響で放射能数値は標準。
 ○とても住みやすい街。ぜひ遊びに来て欲しい。
「福島=放射能が高い」わけじゃない。分かってる積りが「全部高い」
みたいなイメージを持ってた。恥ずかしいことだ。
一方で2つ山の向こうに原発がある。南相馬や浪江町では放射能に苦しむ。
そのことも忘れちゃイケナイし、放射能が高くない此処いわきは風評被害で苦しんだりしてる。
街は1つ1つ違う。そしてリスクも支援方法も違う。それをチャンと考えよう。
十羽ひとからげに安易に一括りにしちゃイカン。絶対イカン。

チームに分かれ作業開始。
顔見知りの20代男性、彼の知人、今回ボランティア初体験の大学生と一緒に作業。
他のチームではカップルで来てる人も居る。
ひたすら雑草を抜く。毛虫や団子虫がゴロゴロ出てくる。
仙台荒浜の農地は土がヘドロで汚れ虫はいなかった。ここには生命(いのち)がある。
午前中1時間程度作業しただけで結構進んだ。

お昼ごはんを食べながらボランティアに参加した動機を話す。
そのうち映画や好きな作家、漫画の話をしたりする。世代の違いがオモシロい。
別のチームの若い女性と伊坂さんや重松さん話で盛上がる。何か楽しいぞ。

午後もひたすら作業。徐々にペースが落ちてくる。足腰が痛い。
少しサボるか?でも、頑張ればその分復興は早まる筈だ。チャンとやろう。
別のチームの若い衆は音楽を鳴らし歌いながら作業してる。BGMはミスチル。
そうかぁ、ミスチルってこういう場所で頑張るとき聴きたい歌なんだ。
オレ?オレだと何だろう?元春?カーネーション?ヒロシ?Coccoかな?

16時終了したとき雑草は粗取り除かれていた。最初見たときはムリと思ったのに凄い!
でも雑草を抜いただけ。これからも色んな工程が必要だしボランティア支援も当然必要。
若し将来農作物が収穫された際、このボランティア参加者が直接購入して支援。
そんなことが出来たらステキだと思う。
そう話したらPEOPLEリーダーは「まだ実験段階。色々考える必要がある」と仰ってた。
東京のオレが想像してるより遥かに現地の人は意識が高く現実的で前に進んでる。
今回は「前に進もう」としてる人たちのお手伝いを少しでも出来たかな?そうだとウ・レ・シ・イ♪

記念写真を撮って解散。「かんぽの宿」に向かう。窓の外には海岸。
一部の樹々は倒れたり大量の廃棄物が置かれている。
「かんぽの宿」で温泉に浸かる。腕、足、背中が痛い。
でも「痛い」というのは此処にいたという確かな証だ。
「福島いわきにオレがいた」という事実はオレのカラダに刻まれた。だから忘れない。

湯に浸かってると現地のおじさんが「ボランティアで来たの?」と話しかけてくる。
震災当初は「かんぽの宿」も閉鎖されていた。今は再開されている。
おじさん「今度は是非遊びに来てよ」と笑ってた。ウン、ぜひ来よう。

温泉の後、バスに乗って打上げ会の会場に。外にはキレイな夕空が広がってた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
市内の焼き鳥屋を貸し切りでお疲れ会。同じ席の皆さんと盛上がる。
ある女性はアートワークショップで東北を支援してたり、ある若者は
湘南でコミュニティ作りを進めてるNPOの活動に参加。
皆さん「今のままじゃダメだ。かえよう」という意識が高い。
ボクも今回のボランティアで感じたことを素直に話せた。
クリックすると元のサイズで表示します
そう、以前からこういう話をしたかった。東北支援、原発、これからのこの国。
フランクに穏やかにユーモアを交えて。
お酒を呑み笑いながら色んな話をする。
アート、音楽、支援、普段できない濃い話ができた。刺激があった。
話は尽きず皆「また会って話したいですね」と云った。そう、また会いたいな。

帰りのバスは疲れと酔いでグッスリ寝た。代々木公園で解散。
何人かと一緒の電車で帰る。電車は遊び帰り?の人たちで満員。
毎回のボランティアでは東北から東京に帰る度にそのギャップを感じた。
でも、今回はそれは無かった。皆さんと話しながら帰ったおかげかな?

無事到着。嫁は待っててくれた。ヨモギは少し甘えてきた。疲れで熟睡。
疲れてるのに早く目覚める。嫁の寝顔を見て何か安心した。ウチはやっぱりイイ。
昨日もらった冊子を読む。この1年間の復興活動の記録が載ってた。
「他に比べて被害が少ない」なんてとんでもない。震災・津波の被害、放射能と必死に格闘して来た。
現地の必死の踏ん張りと頑張りであそこまで復興したのだ。
1日行って見ただけで「分かったようなこと」を言った自分が恥ずかしい。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
同時に、今回のボランティア、ホントに楽しかった。楽しめた。
大惨事を前に何も出来ない自分を呪い地震・津波への怒りから始めた活動だった。
でも、今回はボランティアの度に感じる「無力感、怒り、違和感」が無かった。
ただただ楽しかった。それは一緒に参加した皆さんのおかげだろう。たくさん話せたからだろう。

絆だの繋がりなんぞ信じないオレに若しかしたら新しい「繋がり」が出来たのかも。
もし、そうならそれは「行動した」結果だろう。やっぱり行動は必要だ。絶対。
そして、行動は当然続ける。来月・再来月は仙台荒浜にまた行く。
福島にも当然また行く積り。今回は行かなかったが南相馬にもいつか行く。

動かしてるのはもう怒りじゃない。罪悪感でもない。ただただ変えたい。だから行く。

にゃにゃん、オレはヒロシとの男の約束を果たしたぞ。エライだろ☆
クリックすると元のサイズで表示します
因みに嫁に「今回カップルで参加してた。次回は嫁も一緒に行かないか?」と誘うと
「キミとは行きたくない」とアッサリ拒否。やっぱこのヒトには敵いません\(T▽T)/
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ