2012/10/28

「日本の70年代 1968-1982」埼玉県立近代美術館  Art・本・映画

昨日は嫁と北浦和の埼玉県立近代美術館に行って来ました。
http://momas.jp/
「日曜美術館」で企画展の紹介があった。70年代当時のサブカルチャーについて
色んな展示がある様子。横尾忠則、寺山修司、はっぴいえんど、惹かれる内容だ(笑)

着いたのはお昼過ぎ。公園の池のオブジェを見ながらランチ。
クリックすると元のサイズで表示します
入り口にポスターが貼ってある。サイケな感じがイイ。
クリックすると元のサイズで表示します
中に入ると、時代は一気に70年代にトリップ。
当時のポスターや雑誌、レコードジャケットが所狭しと並ぶ。

ボクがサブカルに目覚めたのは20代後半。これらの作品にリアルタイムでは触れてない。
だから「懐かしい」は無い。寧ろ知識で知っていたものをリアルに体験できて楽しい。

少年マガジンの表紙を横尾忠則がデザインしていて、凄くカッコいい。
ロックフェス、レズビアンが演じる芝居のポスターがサイケで何かイカしている。
当時の中学生の部屋を再現したスペースが楽しい。
ラジカセ、カセットテープ。そうだ当時は音楽はカセットで聴いてた。
配信なんて無い時代。ラジオを聴いて気に入った曲をエアチェックしてた。

雑誌の表紙に熱いコトバが並ぶ。全共闘、ベトナム戦争、あたらしいカルチャー。
レコードジャケットが並ぶスペースは大興奮。
はっぴいえんど「ゆでめん」、サディスティックミカバンド、カルメン・マキ、
フラワートラベリンバンド、細野晴臣「ホソノハウス」、坂本龍一「B2UNIT」
RCサクセション「シングルマン」、矢野顕子「ジャパニーズガール」、小坂忠。
後追いだけど自分も聴いた作品がある。

建築家黒川紀章がこういったサブカルのアーティストと関わっていたり
四谷シモン、麿赤児みたいな今でも活躍してるアーティストも既に登場してる。

展覧会は80年代の文化も紹介。ここはもうリアルタイムで体験してる。
POPAYE、BRUTUS、GORO、そしてPARCO、コピー。豊かな時代だったな。
一方で70年代の様な熱は消えてる。軽いというか拡散したというか。
でも、それは情報が増えて手に入りやすくなったということ。イイことなんだろう。

そう、70年代、80年代は確かに「良い時代だった」と思う。
TVも音楽も映画もいろんなものが混在していた。いろんな情報に触れられた。
あの時代に育ったからこそ自分の現在(いま)の感性は出来たのだと思う。

嫁も楽しんだ様子。「楽しかったね」と話して外に出る。
公園を出ると、既に夕暮れ。ホントは浦和に寄りたかったが遅いので帰ることに。
クリックすると元のサイズで表示します
帰りの電車の中で、今日見た展覧会を反芻。
昔の方が現在に比べて豊かさに溢れてる様に見えるけど現在(いま)だって悪くない。

あの時代には佐野クンの「ソングライターズ」も無いしFISHMANSもカネもコレも居ない。
ナンバガも七尾旅人も居ない。YMOの再結成も無い。ほら現在だって楽しいことワンサカある♪
不景気だし、震災、原発事故。イヤになることは山ほどある。
でも、あの時代「隠されていた、見ようとしなかったこと」が現在は見える。分かる。
それは決して「悪いこと」では無いだろう。
石原の爺さんの身勝手な都知事引退騒ぎなんてウンザリすることもあるけれど、
それはどんな時代だってあることだ。

「昔はよかった」なんて死んでも云いたくない。
いつだってサイコーなのは「現在(いま)」だ。現在(いま)、この瞬間(とき)だ。

にゃにゃん、楽しい休日だったな。さ、残った休日をたっぷり楽しもうぜ☆
クリックすると元のサイズで表示します

0

2012/10/21

猫神社  

以下、ZAZENBOYSの「The Days Of NEKOMACHI」を聴きながら読んでください(゚゜)\バキ☆

週末恒例のお散歩は駒込から小石川農園辺りを散策することに。
先に駒込で用事を済ませている嫁を追いかけてボクも出発。
途中で番犬に吠えられる。このワンちゃん、どういうわけかサングラスを掛けてる。
クリックすると元のサイズで表示します
嫁と落ち合って近所を散策。ある中学校の構内で猫さんと遭遇
クリックすると元のサイズで表示します
この学校、他にも猫が住んでいてボクと嫁は学校の周りをウロウロ徘徊。
知らない人が見たら相当不審だったかも(^^;)ゞ

小石川に入って嫁の誘いで白山神社に入ってみると猫がゾロゾロ登場(笑)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
どのコも野良っぽい。神社と近所で面倒を見てるのかな?
ボク等が声を掛けても鋭い目つきで睨んで寄ってこない。

神社の境内に入ると社殿のど真ん中に猫さんが居座っている。
ボク等がお参りすると結果、猫さんに向かって拝むことに\(T▽T)/
嫁は「神」と呼んで楽しそう。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
近所の人たちも参詣に来たけど慣れているのか猫に見向きもしない。

全部で10匹以上いたかな?たっぷり目の保養をさせてもらってボクは満足♪
帰宅するとヨモギは嫁@パンダにベッタリ甘えてます。
今日会った猫さんは何れも人になつこうとせず野性味たっぷりでした。

ウチのコに野生は・・・・無いね(^_^;
野性味は無いけどオモシロさでは他の猫には負けてない。だから、イイよね?
(大甘(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/10/8

おたんじょうび:4さいになりました  

昨日は六本木国立新美術館に友人出展の展覧会を見に行く。
ちょうど友人も上京。嫁、別の友人と共にアートを楽しむ。
そのまま2人を我が家に招待してたこ焼パーティ。
ヨモギは初めて来る友人を気に入ったようでジッと視てる(^_^;
たこ焼をつつきながら元春、音楽、ブンガク話に花を咲かす。
友人の鋭く幅の広い視点に刺激を受ける。嫁も楽しそう。また、やりましょう。

ところで昨日10月7日はヨモギのおたんじょうび♪4さいになりました。
プレゼントというわけでは無いでしょうが嫁が買ってきた刷毛で撫でるとヨモギはキモチ良さそう。
というか、デロデロ。もう、どうにでもしてくださいって感じ\(T▽T)/
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
今朝も嫁が刷毛でナデるとヨモギはもう崩壊。
をいをい、イケメンがダメな顔になってるよ〜\(T▽T)/
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
4さいと云うともう立派なおとなのはず。でも今も嫁に撫でられてゴロゴロしてます(^_^;
ヨモギは、いつまで経っても赤ちゃん。あいかわらずの甘えっこ。
でも、別におとなになんかならなくてイイさ。
お坊ちゃんのまま、ずーーーーっとあまあまで生きればイイさ(ダメな飼い主(^^;)ゞ)
クリックすると元のサイズで表示します
あまえんぼうでもアホでも楽しければイイんだよ。これからも愉快に生きようぜ☆
さ、王子。連休も終わりだ。美味いモン喰って酒呑んでワーキャーニャーと騒ごうぜ♪
(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆
0

2012/10/6


前回のトピックスで書いたとおり9月の仙台ボランティアで一旦東北支援活動は一区切り。
いや勿論やめたわけじゃない。今後も「これ!」というアクションがあれば参加する積り。
ただ一息ついて、視点を変えて色んなアクションを考えていこうと思う。

そんな中、飛び込んできたのが11月に福島県相馬であるという山口洋のライブのニュース。
http://mylifeismymessage.info/
ボクの東北支援は仙台が中心だが当然福島も気になってる。
仙台が津浪による被害で傷ついてる。福島は原発事故、放射能というウスノロで傷ついてる。
勿論、東北の被災地すべてを応援はできない。
でも311から2年目。仙台以外にも眼を拡げていくのもアリじゃないか?と思ってる。
何より横浜でヒロシに「相馬にも行く」と約束しながら未だに相馬に行ってない。
ヒロシと約束をして既に半年、未だに約束を果たせてない。男の約束を破る、
それはサイテーなウソつき野郎、卑怯者がやることだ。

そんなときに飛込んできた相馬ライブの知らせ。共演者は仲井戸Chabo麗市。魅力ある組合せだ。
一方で行くからにはその後のことも考える必要がある。
ライブ見て相馬見てハイ終わり。おカネは出すから後はヒロシ、ヨロシク!じゃあね☆
は絶対したくない。行くからには゛傍観者゛じゃ居られなくなる。゛当事者゛になるべきだ。
それは当然、「これからも相馬に自分自身が関わっていく」ということ。
自分(テメェ)にその゛覚悟゛があるのか?無いなら行くな、行っちゃダメだ。

勿論、気軽にライブ行って楽しんで日常に戻る。それもアリだ。いや、寧ろそっちがフツーだ。
でも、オレはそれで終わりたくない。そこで留まりたくない。そこから先に行きたい。
・・・つまりは「行きたい」ってこと。それがオレのホンネ。ならば、それに従おう。
何もしないで後で「やっておけばよかった」と後悔するより、何かして
「しなければ良かった」と後悔するほうがマシだ。
同じ後悔するなら、動いて後悔したい。何も見ないより見たほうが絶対イイ。

主催者のモリタミュージックにメールでチケット申込み。今日チケットが届いた。
チケット以外に「そうまかえる新聞」、ライブパンフレット、福島の現在についての記事、
そして主催者の方の熱いメッセージカードが入っていた。

「そうまかえる新聞」創刊号は読んだけど今はこんな立派になったんだ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
主催者のメッセージを読んで、グッとなる。熱くなる。
ただライブ見に行くならこんな熱くはならない。
オレは「福島県相馬」を見たいのだ。そこでヒロシを見たいのだ。
何のために?福島県で闘う皆さんと同じように「当事者」になるために。
福島のために闘ってるヒロシを彼の地で見て同じようにオレも「闘う資格」を手に入れるために。

何と闘うため?原発事故、放射能に伴うさまざまな何か。どうしようもないなにかと。
福島の方の傷、疵、痛み、悲しみ、哀しみ、苦しみ、怒り、苛立ち、
東京に居る者の無知、無理解、風化、安易な割切り、
第三者の安易な二項対立、割切り、煽り、

そういったもの総てにチャンと向い合い、YES!とNO!とFUCK!とYEAH!
をつきつけたうえで、オレなりのなにかをみつけたい。
(答えや解決なんかじゃない!そんな安易なモンじゃない!もっと別のなにか、だ)

要はオレ(テメェ)自身のため、偽善者、エゴイストの勝手な理由と欲望のため。
現場に行って視て感じて焼きつけて、その上ではじめたい、動きたい。

最近、ネットで福島相馬のボランティアツアーの企画を目にするようになった。
以前は放射能で被害を受けた地区のツアーはなかったのに。良いことだ♪
当然、行きます。いつかはワカランが。絶対行く。何としても行く。必ず行く。

去年311以降「無力感」に襲われていたときヒロシがオレに灯をつけてくれた。
おかげで1年間仙台支援をがんばれた。
今度は仙台に加えて(当然やめない、やめられない)福島もオレのピンポイントにする。
もう1度ヒロシに灯をつけてもらおう。他人(ひと)頼みはいつものこと(゚゜)\バキ☆

相馬からの熱いメッセージ、しかと受止めた。それに対してオレは何がやれるか?できるか?
にゃにゃん、しっかり考えて答えを出すぜ☆オレを力づけてくれよ、な♪
クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ