2012/12/31

長い12月に  日々の泡(日記)

年末恒例。この1年をウダウダ振返ります(^_^;

29日の仕事納めの日にこの1年間の「良かったこと、ダメなこと」を書き出しました。
去年1年の感想は「届かなかった、つかめなかった」でした。
仕事、ボランティア、その他。自分なりに頑張ったけど成果は僅かだった。
今年も・・ウーン、同じかな?やっぱり届かなかったし、つかめなかった。

ただ、いつもは1年間を凄く長く感じたんですが、今年は何かあっという間に
過ぎた感じです。今年もイヤなこと、ウンザリすること山ほどあったのに
ミョーに明るい気分です。それは多少でも未来に「明るい展望」を持てているから?

仕事は相変わらずドタバタ続き。方法を変えたり、人を使ったりそれなりに頑張ったが
矢張り社内のウスノロ退治は出来なかった。
ただ、新しく入ったエライさんが優秀な方で色々と前に進めていただいた。
オレ独りじゃ何も変わらなかったけど、エライさんの力で「良くなるかも」という
期待を持つことが出来た。(結局は「人が変わらなければ良くならない」ということだが^^;)
年明け後、難敵との試合が続く。気合いを入れ直してウスノロ退治がんばろう。

プライベートはかなり楽しく過ごせました。嫁と色んな場所に行き色んなライブに行きました。
元春は色んな形のライブを見せてくれました。コヨーテバンドとの夏ツアーで演奏された
「警告どおり、計画どおり」には衝撃を受けたけど、あれを聴いたお陰で「原発」に
ついて真剣に考える様になった。新曲「La Vita e Bella」には後押しして貰った。
何より苦手だった「約束の橋」とやっと仲良くなれた。
元春のオンガクは自分が生きていく上での道標となる。来年も追い続けよう。
七尾旅人の「リトルメロディ」は傷ついた人たち(東北)にとても優しい作品だった。
「100人組手」も凄かった。新年初っ端に見るソロライブ、ホントに楽しみだ。
祥子さんは。。暫く離れよう。ズレを感じたまま聴いても仕方ない。

そして、311後を考える上で色んなミュージシャンの活動に刺激を受けた。
カーネーション「Sweet Romance」とそれに伴うLIVEはホントに素晴らしかった。
「遠くへ」を聴くと仙台の空を想い出す。この曲はこれからもずっと聴いていこう。
大友良英、アジカンゴッチ、くるり、みんな自分なりの方法で東北を支援してる。
凄く刺激を貰ってる。貰うだけじゃなく自分のエネルギー、勇気に変えていこう。
山口洋・・・彼と直接話せたことで「オレのやってることはマチガイじゃない」と思えた。
彼のおかげで相馬に行くことも出来た。そこで、色んな出逢いがあった。
ヒロシには、ただただ感謝のキモチしかない。
彼がオレにくれた宿題「人を信じよう」は・・全然出来てませんが(゚゜)\バキ☆
ヒロシが闘ってる間はオレもあきらめない。違う場所で同じ処を目指してガンバロうぜ。

文学。今年最大の出会いは藤原新也さん。彼の書いていることは、今までボクが社会や
世界に感じていた違和感を明確にまとめてくれていて凄く刺激があった。
文章のパワーがあまりに強すぎて愛読者までには行ってないけど時間をかけて付き合っていこう。
伊坂さんは新機軸に少しついていけないかも。でも、この人も注目していきたい。

被災地ボランティア。東北とのかかわり。今年はボランティアに5回行った。
そして相馬でヒロシとChaboさんのライブを見た。去年より沢山動いた。
その中で実感したのは「復興は全然進んでいない」ということ。
荒浜、瓦礫は除去したけど生活は取り戻せてない。相馬の皆さんは放射能の不安の中、生きてる。
現地で色んな人と話して感じたこと。決して忘れまい。いや忘れないだけじゃなく行動しよう。
正直、一時期ボランティアに飽きやマンネリ化、苦痛さえ感じることもあった。
NPOや旅行会社のボランティアツアーは人が集まらずツアー中止があった。
進まない復興や風化に苛立ち、無力感を感じた。「やめようか」とも思った。
でも、東北の皆さんは歯を食いしばって頑張ってる。それを知ってて逃げるのは卑怯だ。
オレにはこれしか出来ない。現地に行って手を使って泥や瓦礫を取り除くしか出来ない。
ならば、来年もボランティアに行こう。東北に行って自分のやれることをしよう。
同時に新政府がチャンと東北支援を進めるか見ていこう。
ホンキでやれよ。テキトーなことしたら許さないからな。

仕事、遊ぶ、東北支援も大事だけど目の前の生活もチャンとしなくちゃ。
嫁によく言われます「大きな話を語る前に、目の前のことをチャンとしなさい」と(^_^:
流石我が嫁。的を得た指摘です。
50を前にして体力、気力衰えてる。突っ走るだけじゃなく立ち止まることも覚えなくちゃ。
こんな奴ですが嫁@パンダ、ヨモギともども今後もヨロシクお願いします<(_ _)>

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

皆さんにとって今年はどんな年でしたか?
シアワセでしたか?楽しかったですか?それとも苦しい1年でしたか?

皆さんにとって来年が今年よりイイ年でありますように。
ハッピーなこと、楽しいことがイッパイあって
イヤなことツライことがなるべく少なくなるように

ココロからそう願います。そう祈ります。

オレもがんばります。ウスノロどもが押し寄せたって負けねーぞ、負けてたまるか☆

来年、また逢いましょう。その時は笑顔で逢いたいね。
では、みなさん、どうぞ、よいお年を!V(^^)



↓嫁が撮った我が家のステキ王子、カワイイでしょ?(笑
クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/12/29

ヘビーローテーション(今年よく聴いた唄)  オトの記憶(CD、ライブ)

昨日で仕事納め。今日から冬休み♪
で今年も色んなオンガクを聴きました。
音楽は基本CDで買いますがウチでステレオで鳴らす、は殆どありません。
ウォークマンにダウンロードして外出のとき聴くか、お風呂で鳴らすか、のどっちか。
ウォークマンではシャッフルして聴くのでアルバム単位というより曲単位で聴きます。
で今年よく聴いたアーティスト、曲をつらつら並べてみます。

○宇多田ヒカル
 「BLUE」「FINAL DISTANCE」「誰かの願いが叶うころ」「虹色バス」「桜流し」
 
○アジアンカンフージェネレーション、後藤正文
 「新世紀のラブソング」「さよならロストジェネレーション」「LOST」(ゴッチソロ)

○クラムボン
 「Long Song」「コントラスト」「メロウトロン」「カルアミルク」「ナイトクルージング」
 「おだやかな暮らし」

○FISHMANS
 「ナイトクルージング」「新しい人」「ゆらめき IN THE AIR」「LONG SEASON」

○佐野元春
 「約束の橋」「愛のシステム」「警告どおり計画どおり」「誰も気にしちゃいない」
 「コヨーテ、海へ」「黄金色の天使」「欲望(LIVE)」「太陽」「La Vita e Bella」

○HEATWAVE、山口洋
 「STILL BURNING(SPEECHLESS)」「夜の果てへの旅」「フールとクール」「棘」

○向井秀徳
 「SAPPUKEI」「INUZINI」(ナンバーガール)
 「自問自答」(映画「カナリア」サントラ。向井ソロ)「SABAKU」(ZAZENBOYS)

○サカナクション
 「ネプトゥーヌス」

○七尾旅人
 「圏内の歌」「湘南の恋人たち」「Memory Lane」「リトルメロディ」

○仲井戸麗市
 「MY R&R」「ガルシアの風」「R&R TONIGHT」「遥かな手紙(ニジェールから)」

○忌野清志郎
 「空がまた暗くなる」「I SHALL BE REREASED」「約束」「偽善者」「イマジン」

○斉藤和義
 「ジレンマ」「ウサギとカメ」「オオカミ中年」「アゲハ」
 「ベリー ベリー ストロング〜アイネクライネ〜」

○くるり
 「SOMA」「のぞみ1号」「glory days」

○鈴木祥子
 「忘却」「A LONG DECEMBER」

○直枝政広
 「墨堤にて」「アルバトロス(DEMO)」

○カーネーション
 「New Morning」「十字路」「へヴン」「さみだれ(LIVE)」「遠くへ」

こうして並べると、パーティソングや楽しいポップソングは皆無。
マジメっていうか自問自答系というか「闘う」系の曲が多いですね(^^;)ゞ
あと、「漂う系」の長い曲が。会社の行き帰りに聴くから、こういう選択になるな。

元春は何度も聴いてカラダに染み付いてるので今更サムデイやアンジェリーナは聴かない。
でも「約束の橋」はずっと苦手だったけどライブを通じて少しづつ仲良くなれたので
今年はよく聴いたな。
そして「誰も気にしちゃいない」、此処で描かれた世界のどうしようの無さは今も変わらない。

いろんなオンガクに触れたけど、今年のこの曲というとカネの「遠くへ」かな?
喪失、別れ、再会への誓いを真っ直ぐ歌い上げた歌。
この歌を聴くと仙台の空を想い出して知らず知らずに涙が溢れて拳を握りしめてる。
直枝さんはいつだって「怖いけど混乱してるけど逃げないで立ち向かう」歌を歌う。
だから好きだし信用できる。それは元春も同じだけど。

七尾クン、くるりのニューアルバムはホントにはまった。
キヨシロー、チャボさんの素晴らしさは改めて認識した。
FISHMANSはこれからも聴くだろう。佐藤クンの歌は生きていくうえで絶対必要。
ここには書いてないが大友良英、コレクターズ、大切なアーティストはイッパイいる。

来年のライブ1弾は1月5日七尾旅人@渋公。ソロライブは初めてなので楽しみ♪
その後はPatti Smith、コレクターズ&ブラフマン。2月は元春ライブもある。
来年もオンガクとのステキな出逢いがあるとイイな。
0

2012/12/25

クリスマス  

クリスマス連休。我が家は特別なイベントも無く買い物程度。
土曜日は雨。嫁が掃除で忙しいのを尻目にボクはダラダラ(^^;)ゞ
夜は銀座で嫁と餃子を食しイルミネーションを楽しむ。

ちょうどフジTVでフィギュア日本選手権を放送中。男女それぞれの素晴らしい技を堪能。
それにしても女子フィギュアの塩原アナの実況は強烈。実況と云うより殆どポエトリーリーディング(笑)
「真央暦」「ドン・コルオーネが微笑んでいる」
中でも笑ったのはある女性選手について語った「ティンカー・ベルが降りてきた!」のフレーズ。
なんじゃ、そりゃ?\(T▽T)/

我が家のティンカー・ベル、ヨモちゃん。(^_^;嫁がウチに居てウレシイのか絶好調。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
日曜日は相馬で開催された「福島っ子音楽祭」のネット中継を見る。
HEATWAVEのチカラの入った演奏に感動。子供たちも喜んだ様子。
ただ相馬の子供を囲む環境(放射能その他・・F××K!)を考えると
「イベント、楽しかった。感動した」だけで終わらせちイケナイ。
まだ何も変わっちゃいないのだ。何をしたらイイのか?何ができるか?考えなくちゃ。

夜は風呂に入りながら色んなクリスマスソングを聴き比べ。
坂本龍一「戦場のメリークリスマス」、山下達郎「クリスマスイブ」
うーん、やっぱり元春の「クリスマス・タイム・イン・ブルー」が一番好きだな♪

昨日は上野周辺で買い物。上野駅にキレイなクリスマスツリーが飾ってある。
よく見るとオーナメントは東北の被災した女性が造っているとのこと。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
「被災地の皆さんに仕事をして貰う」という支援のカタチはステキだと思う。

夜は嫁が焼いてくれたグラタン、ローストビーフに舌鼓を打つ。旨い!
デザートは上野で買ったケーキ。ヨモちゃんは当然の様にチョッカイを出してきました(^_^;
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリスマス休み、楽しかったな。今週末で仕事納め。あと、もう少しガンバりますか。

0

2012/12/22

『L'ULTIMO BACIO Anno 12』 佐野元春 and THE COYOTE BAND - Rockin' Christmas 2012  佐野元春

先週の日曜日は衆院選。どこを選ぶか悩む。
ボクは色々考えて共産党に投票した。ここのHPが一番東北についての情報を掲載してた。
ボクが優先して欲しいのは「東北復興・脱原発」。その考えに一番合ったのは共産党だった。
結果は惨敗だったけど、自分の選択に後悔はない。

ただ、自民党圧勝の結果にはガッカリ。安倍さんは一体「いつの日本」に戻す気だ?
国防軍、憲法改悪(あれは改正じゃない)、彼はこの国をどうしたいんだ?
決まったからには仕方ない。任せるが信用はしない。見てるからな。
先ずは「東北復興」チャンとやってくれ。いい加減なことしたら許さないから、な。

選挙の結果にモヤモヤした週初め。恵比寿に元春&コヨーテバンドのライブを見に行く。
昨年同様恵比寿ガーデンホール企画のクリスマスイベント。
体調は激ワル。喘息が悪化して咳がヒドいが医者に行ってクスリを貰ったら効いた。

恵比寿ガーデンはイルミネーションで煌びやか。大勢の人が集まってる。
クリックすると元のサイズで表示します
嫁とも落ち合って席につく。ボクの席は左端で出口の傍。
若し体調が悪くなったらスンナリ出れそう。安心。ステージも見やすい位置。
元春のライブは衝撃(笑)のアーリーサマーツアー@横浜以来。
今回ウィンターツアーは未だ見てない。コヨーテバンドのオトがどうなってるか楽しみ。
クリックすると元のサイズで表示します


元春はお洒落な格好でギターを持って登場。
最初から「アンジェリーナ」「スターダストキッズ」「ダウンタウンボーイ」の3連発!
いきなり、これか!一気にヒートアップ!でも喉が痛いので声は出さず拍手で応える。
演奏がシャープ、疾走感に溢れてる。
サマーツアーでは聴こえづらかった藤田顕クンのギターがバッチリ聴こえる。
アッキー、イイね!深沼クンも結構派手なアクションを決める。ホント、バンドになってる。

ホント楽しいライブ。元春のトークも含めて笑って感動。以下ボクの「燃え(笑)」ポイント。

 ・昨年に引続いて元春しゃべる、しゃべる。
  フードメニューについてアンケートをとったり、「酒呑んで皆イイきもちだろ?」
  「○○と○○が同じ値段なのは納得行かない。文句言ってやる」には受けた(T▽T)
 ・レコーディング中のアルバムから新曲2曲を演奏
  「La Vita e Bella」は東北ボランティアの際は必ずお供にしてたのでライブで
   改めて聴くとグッと来た。「ポーラスター」は尖っている感じ。
 ・「ハートビート」をオリジナルどおりに演奏。毎回アレンジが変わるこの曲。
  オリジナルアレンジをライブで聴いたのは初めて。
  元春は演奏の前「この曲をみんな10代で初めて聴いたかもしれない」
  ボクが元春をチャンと聴きだしたのは20代半ば。10代では聴いてない。
  「ハートビート」や「サムデイ」に「青春の想い出(そんなモンあったか?)」
  は重ならない。でも、この曲はライブで何度も聴いた。嫁や友人と一緒に。
  だからいつまで経っても「想い出」にならない。現在(いま)でもリアルだ。
 ・「今回の選挙の結果にはガッカリ。でも楽しい夜だから野暮は言わない」
  と言って演奏された「国のための準備」。コヨーテと元春は荒々しく吼えた。
  そう、今回の結果に誰が納得してるのか?でも世の中、思い通り変わらない。
  「オレたち」はマイナーなのか?何か「変える」のを阻止するチカラがあるのか?
  元春の歌は旧い曲でも「現在(いま)の世界」にリンクする。この曲もそう。
  コヨーテの「現在(いま)の雄たけび」たしかに受け取った。

第二部は元春クラシックのオンパレード。
ホボキンで聴きなれた「コンプリ」「99ブルース」の演奏はカッコいい!
でも、ホボキン大好きなボクには正直複雑なキモチもある。
コヨーテメンバーはホボキンアレンジをなぞる様でオリジナルな味を加える。
そこにはリスペクトがあった。同時にミュージシャンとしてのプライドもある。

同じ曲だけどホボキンは横ノリ。コヨーテは前ノリで速い。ビミョーに違う。
考えてみれば2つのバンドを持ち同じ曲を違うアレンジで演奏できる。
そんなアーティストは滅多にいない。そこが元春の凄さ。

後半「約束の橋」。明らかにホボキンとは違う姿。前のめりに走る。
ずーっと苦手だった曲。サビの「今までのキミはマチガイじゃない」を
歌うことに躊躇いと気後れを感じてた。でも今回は素直に一緒に歌えることができた。

なぜだろう?ワカンナイ。
でも、それはきっと4月横浜でヒロシと話せたこと、東北にボランティアに行ったこと、
相馬に行ったこと、いろんなことが関係してる、と思う。
やっとオレは「今までのキミはマチガイじゃない」と真っ直ぐと歌えるようになれた。
「ヤングブラッズ」元春が跳ねるようにステップを踏む。
もう我慢できなくなって声を上げ手を叩き踊る。
ライブスタート時は調子が悪かったのにすっかり元気になってた。(^^;)ゞ

「悲しきレイディオ」。あ〜これもやるんだ!でも、もうひたすら楽しい。
元春は魔法にかかったように光り輝いてる。客席との熱いコール&レスポンス。
ホーンが無い分、コヨーテメンバーの持ち味を活かしたアレンジに変わってた。
最後のキメで演奏が終わるか、と思うと元春ジャンプを繰返す。
まるで歌舞伎みたい。「型」と「変化」。何れも楽しい。

アンコール。ステージ上のクリスマスツリーを指差し元春は歌いだす。
そう、当然この曲「クリスマス・タイム・イン・ブルー」!
客席にサンタが登場して踊りお客さんとハイタッチ。客席にもサンタ帽をかぶってる人がいる。

世の中には数多くのクリスマスソングがある。でもボクはこれが一番好き。
スタンダード、ジョン・レノン、山下達郎、この季節になるとTVやラジオから流れる。
一斉にヤになるほどに。どれも今では作者の意図とは別にイベントソングと化してしまってる。
どれも良い曲だけど、正直もうお腹イッパイ。今更イイよ、と思う。

でも、元春のこの歌はそこまでメジャーになってない。だからイイ。
そして、他のクリスマスソングと一線を画して「シリアスな世界」を歌っている。
貧困、戦争、憂鬱。それをチャンと取上げて、それでも「メリークリスマス」と歌う。
光と影。陽と陰があるクリスマスソング。だから好きだし、これからも聴いていきたい。

客席は大合唱。ボクも出ない声を振り絞って歌う。
元春はお客さんに歌わせたりサンタをステージに歌わせる。ステージも客席も輝いてる。
ああ、楽しいな。ただただ楽しい。
最後、元春は「CDが売れない時代にこうして皆さんがライブに来てくれることが
励ましになってます。ありがとう」と話してた。
いえいえ、こちらこそ。毎回ステキなプレゼントをいただいてます。<(_ _)>
更に元春はこう云った。

「来年はやるんだ!何をやるか、は各自で考えてください」
これにはホントに励まされた。元春はいつだって「○○をしろ!」「一緒に○○しよう!」
は云わない。ただ「前に行こう!」「ボクはこう思う。キミはどうする?」を投げかけるだけ。
そこから先は自分たちの問題。自分たちで考えて行動するしかない。当然だ。おとななんだから。


ライブ後、嫁が「今年最後のライブがこれでよかったな」と呟いてたのが印象的だった。
そう、今年はこれで我が家のライブ〆。最後に素晴らしい夜を過ごせた。
いつの間にか、咳もとまってたし(^_^;

翌日、会社でゴタゴタがあった。楽しいことの後には必ずイヤなことが起こる。
週末Sクンと現状について意見交換。失望と落胆のフルコース。笑うしかない。

来年・・・何をしようか?やりたいことをやる。やりたいことは何だ?
東北、仙台・相馬の復興のお手伝い。嫁・ヨモギと楽しく愉快に暮らすこと。
仕事は・・・まぁ、そこそこテキトーに。(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆

今日からクリスマス休み。ゆっくり休んで遊ぼう。
にゃにゃん、クリスマスプレゼントは何がイイ?チキンでも食うか?(ダメ)
雨は上がったみたい。今夜は嫁と銀座で餃子パーティといくか♪
クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ