2013/10/27

映画「BEATCHILD1987」を観てきた  オトの記憶(CD、ライブ)

今日は嫁と噂の映画「BEATCHILD1987」を見に行ってきました。
熊本県で1987年にあったオールナイトロックフェス。
豪雨の中で豪華ミュージシャンが出演したという伝説のフェス。
雑誌で読んだことあるけど、当然映像は見たことが無い。
http://www.beatchild.jp/

都内でも上映していたけど、何れも上映時間は夕方や夜。
ヨモちゃんがウチに居るのでなるべく早く帰宅したい、ということで
嫁の提案でお昼から上映している千葉中央ニュータウンまで見に行く。
ウチだと千葉、結構近いし。

イオンの中にあるシネコン。客は3割程度の入り。年齢層は高い(^_^;
映画ススタート。先ずは映像の美しさに目を見張る。
南阿蘇の美しい景色、サイコーのシチュエーション。
ここでオンガク聴いたらキモチいいだろう。
リハするアーティストも凄く楽しんでる。
尾崎豊が渡辺美里と談笑してたり、ブルハのメンバーがレッドウォリアーズと
話してる姿が新鮮。
やがて天候は悪化し、豪雨。お客はずぶ濡れ。雷も鳴ってるし。
ボクも数年前、狭山ロックフェスで豪雨の中のライブは見たがあの非じゃない。

主催者は「ライブを決行!」との決断し客席は湧く。
今なら絶対中止だろう。結果として事故が無くても相当非難されるだろうし。
それほど、あの雨は酷い。
ともかく頑張ってライブを見てるお客さんが凄い。若いとはいえ、よく乗り切った。
あの不利な条件でまともに楽器のサウンドを鳴らしたスタッフも凄い。

当時は聴いてないブルーハーツ(でも曲は知ってる)やレッドウォリアーズ
は新鮮に楽しめた。ヒロトもマーシーも今、全然変わってないのが凄い。
岡村靖幸はデビューして直ぐぐらい?凄いダンス。正に和風プリンス。良い意味で笑える。
白井貴子のところで凄い雨で一旦中断。開始してからもギターがイカれるし。
でも、白井貴子は豪雨の中、かえって活き活きとしてパフォーマンスする。
渡辺美里に通じる「元気系女性シンガー」。当時、少し興味あったが結局聴かなかった。
ハウンド・ドッグや渡辺美里もそう。パワフルなR&Rや真っ直ぐの青春ロック。
自分とはかけ離れすぎて聴かなかった。
でも、あの場に居たら、オレもきっと一緒に盛上がっただろうな。

今回見て一番しっくり来たのがストリートスライダーズ。この前、蘭丸を見たから?
昔ベストアルバムを少し聴いただけ。でもノレた。
BOØWYは今、見てもカッコいい。布袋さんはソロよりもBOØWYがイイな。
尾崎豊・・・メロディはサイコー、でも歌詞の世界はやっぱりダメかも(^^;)ゞ
でも、「魂こめて」とはこのことと言うんだろう。その姿には見入ってしまった。

渡辺美里・・うーーーーん、やっぱオレには真っ直ぐ過ぎるわ(゚゜)\バキ☆
もし、こういうオンガクを若い頃に聴いてたら違った人間になってたかな?
そして、最後に・・・元春!
夜明けの雨上がりのサイコーのシチュエーションで登場。
「ストレンジデイズ」「サムデイ」の演奏には鳥肌経った。

野外フェス、オンガクは楽しいけど終演後の帰る作業はまた大変。
お客さん、もうドロドロ。ホント、凄まじいとしか言えない。

とても楽しめた。正直、ナレーションがくどいしエンディング曲も???
また、各ミュージシャンのサウンドや歌詞がやっぱり80年代!って感じで
正直気恥ずかしい部分もある。でも、それも含めて楽しめた。
90年代になると、こういうキラキラした楽観的な感じはオンガクから消えていく。
矢鱈ポジティブで前向きなあの時代だったからこそ出来たイベントだろう。

嫁も楽しんだ様子。帰り見た夕暮れはとてもキレイだった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ヨモちゃん、オンガクって楽しいね、サイコーだね。
クリックすると元のサイズで表示します
さ、また明日から現実との格闘だ。あのお客さんたちを見習って何とか乗り切ろう。
1

2013/10/24

Soggy Cheerios 『1959』発売記念コンサート@渋谷WWW  カーネーション

直枝さんが鈴木惣一郎と組んだユニット「SOGGY CHERIOS(ソギーチェリオス)」。
同い年、共にポール・マッカートニーファンの2人が組んで創ったアルバム「1959」
は何とも不思議な味わいを持った作品だ。
アコギでポップだけど、どこかズレた感じ。カネとも直枝さんのソロとも違う。
歌詞も干支だの御餅だのが登場してユーモラス。
そんなユニットのライブが彼の渋谷WWWであるので行って来た。
クリックすると元のサイズで表示します
先ずは直枝さん、鈴木さんが登場してコントを繰り広げる(T▽T)
直枝さんがギャグを飛ばしてる!これだけで「いつも」と違う!
でゲスト堀込泰行(EX:キリンジ)が登場。共演、と思いきや先ずは堀込選手のソロコーナー。
直枝さんと鈴木さん、引っ込む。え〜!何これ?\(T▽T)/\(T▽T)/

堀込泰行の音楽は初めて聴く。ポップなメロディ。湿り気のある声がいい。
お洒落でスマートだけど・・・どこか「ひねてる、ねじれてる」。
6曲ほど演奏して拍手喝采の中、去っていく。オモシロい。また見てみたい。

いよいよソギーチェリオス登場。直枝さんも鈴木さんも椅子に座って演奏。
「百八つの恋」からスタート。どこか、「はっぴいえんど」の「風をあつめて」
を思わせるメロディ。
「明日も」は実に良い曲。これは鈴木さんが歌う。巧くは無いけど味のある声だ。
以下、直枝さんはずっと座ってアコギ、エレキは最後まで弾かず。
対して鈴木さんはギターだけでなくマンドリン、ドラムと色々弾きこなす。
バックバンドがまた素晴らしい。それこそ「キャラメルママ」が蘇ったような感じ。
そう、どこか「はっぴいえんど」「70年代」に対するオマージュ的な音世界だった。
「ポール・マッカートニー」の「ラム」というか、ポップなのに何かヘン、歪んでる。
その「ねじれ、ゆがみ」が何とも心地いい。

途中で遠藤賢司やキヨシローのカバーをするというサプライズも。
直枝さんはエンケンとの不思議な縁を話して「雨上がりの街を」をカバー。
これも何とも不思議な味わいのある演奏だった。
そして鈴木さんはキヨシローの「君を信じてる」のカバーを。
直枝さんがコーラスをつける。直枝さんがキヨシローを歌ってる!感動(v_v)”

後半は激しい曲が続く。「19時59分」では直枝さんがシャウトする。
「ロックンロールが空から降ってきた日」は激しいビートに乗って「紅白の御餅」を歌う(^^;
そういえば、「はっぴいえんど」も「お雑煮」について歌ってたな。
最後は「曇天 夕闇 フェリー」。曇り空を思わせるような不思議なメロディ。
ボクは何となく東北の空を想い出してた。

アンコール。残った曲は「あれ」のみ。
先ずは堀込選手が呼び込まれ、続いて「細野晴臣、鈴木慶一」の御大二人が登場!
場内、大歓声!&拍手。2人とも凄い存在感。仙人2人が居るみたい\(T▽T)/
「1959」ラストはこの2人が歌う「とんかつの歌」で閉じる。

細野さんと慶一さんがいきなり旧い、はっぴいえんどについて雑談。場内爆笑。
で「とんかつの歌」スタート!


 ♪とんかつが喰えなくなったら死んでしまいたい♪

オリジナルは森繁久弥が歌ってた旧い映画の主題歌。
直枝さんが途中で絶妙のファルセットを聴かす。慶一さん踊ってるし。
細野さん、慶一さん60代、直枝さん、惣一郎さん50代、堀込クン40代。
3世代の「ねじれポップ」アーティストが並んで歌ってる。
直枝さんと細野さんが並ぶ絵なんて、滅多に見れない。ありがたや。

拍手喝采の中、ライブは終了。嫁も楽しんだ様子。
チェギーソリオス、オモシロいな。今後も活動は続くとのこと、また見たいな。
クリックすると元のサイズで表示します
ヨモちゃんは一人でお留守番して寂しかったのか、今日は矢鱈甘えっこ。
ボクにチューしてくれたし\(T▽T)/\(T▽T)/
クリックすると元のサイズで表示します
最近、ツイてないことばかり。ヘンな夢見るし、精神状態もかなり悪い。
でも昨日のライブで少し「邪気払い」が出来たかも。

明日も、来週も面倒は続く。テキトーに「邪気払い」しながら何とか乗り越えよう♪
 

0

2013/10/13

麗蘭と竹内栖鳳展と仙ガイ  山口洋(HEATWAVE)/仲井戸Chabo麗市/RIKUO

アコギであのイントロが奏でられる。曲は「ミュージック」!
麗蘭の曲で一番好きなナンバー。イントロのフレーズを聴いて何かがこみ上げてきた。


先月ヒロシとのジョイントを見て「10月チャボさんツアーを見に行く!」と誓った。
渋谷プレジャープレジャー3Daysのうち初日麗蘭のチケットを何とか確保。
麗蘭を見るのは2005年にインストアライブ、2010年にシナロケとのジョイントを見たが
本格的ライブを見るのは実に20年ぶり!
クリックすると元のサイズで表示します
席は立ち見だけどステージ正面で見晴らしが良い。相馬の知人が来ていたので挨拶。
ライブは「ミッドナイトブギ」からスタート。アコギだけど緩さが無くブルース。
以降、ミニアルバム「1+1」を中心にライブは展開。
前日がチャボさん63歳のバースデイだけど蘭丸が「おめでとう!」と言った以外は
特別なイベントもなし。でも、その素っ気無さがチャボさんらしい。

今回は早川岳晴のベースは無く2本のギターとパーカッションのみ。
チャボさんはソロとは全然違う。ギターはよりロックっぽくブルース度を増す。
派手なアクションで決め動き回る。客席を煽りコーラスを歌わせる。
蘭丸と気さくにトークをする。
ソロのヒリヒリした緊張感と違いリラックスしてる。
横に蘭丸という長年のパートナーが居る安心感からか?

本編ラストは「ミュージック」!大好きな歌。大声を挙げて一緒に歌った。
歌詞に「かすかな呟き」というコトバが何度も出てくる。聴いてるうちに泣きそうになる。
そう、チャボさんは声にならない想いを歌ってる。
荒々しい歌と演奏に込められた・・・優しさ。それが凄くイイ。

アンコールのラストは「ゲットバック」。2rd「SOSが鳴ってる」に入った名曲。
ビートルズの名曲の歌詞があちこちに散りばめれている。
「結局のところ僕等は 与えた愛と同じだけの愛を 与えられることになる」
この歌詞にもグッと来た。そう、愛は与えないと返ってこないんだな。
分かっちゃいるんだけど・・・上手く愛することができないな。
そもそも愛したくない人や物事が沢山あるし・・オレには「愛」が足りないんだろうな。

最後はサッチモの「この素晴らしき世界」が鳴り響く中、チャボさんは笑顔で去って行った。
この曲はズルイ。泣いてしまうじゃないか。(^^;)ゞ

ひさしぶりの麗蘭・・・素晴らしかった。
麗蘭はオレがチャボさんを好きになるきっかけだった。また見たいな。
蘭丸がライブ中「チャボさんが古稀になったらまたライブしたいね。ブギを鳴らしたい。
古稀ブギーを」と言ってた。ウン!イイね!オレも70歳のチャボさん見たい!

昨日から連休。初日の昨日は美術館をハシゴしました。
先ずは東京国立近代美術館の竹内栖鳳展を。
http://www.momat.go.jp/Honkan/takeuchi_seiho/
以前1回見に行ったけど、展示替えがあったので再度行った。
クリックすると元のサイズで表示します
前回とはかなり展示内容が変わっていた。
あの有名な「斑猫」の絵も展示。どの絵も活き活きとしている。
獰猛なライオンの姿、可愛らしい猫、雀。お洒落な風景画。
このヒトは本当に好きなモノを楽しく描いてるんだな。

その後は丸の内まで歩く。秋空が広がっている。ただ、かなり暑かったけど(^_^;
東京の中心地、高層ビルが並ぶ。「エラソーに建ちやがって」と毒づくボクに
嫁@パンダは「エラいんだよ。キミより遥かに」とツッこむ。
どういうわけか嫁@パンダには「あやまれ」と言われる。
このコはホントにオモシロい\(T▽T)/\(T▽T)/
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
続いて出光美術館の「仙ガイ禅画の世界展」を見る。
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html
クリックすると元のサイズで表示します
相変わらずの独特の世界、ヘタウマのマンガみたいな絵に大爆笑。他のお客さんも笑ってる。
絵に添えられた文章も笑える。老人の集まった絵に「死にそこない」とか付けてるし。
イイなぁ「笑えるアート」。
作品の歴史的背景や作者の経歴なんぞ、どーでもイイ。
大事なのはオモシロいか、オモシロくないか、リアルか、リアルでないか、それだけ、だ。

その後は馴染みの餃子屋で晩御飯。帰宅してドラマ「東京バンドワゴン」を見る。
原作ファンとしては、あの世界観を映像化できるか?不安でしたが杞憂でした。
実に丁寧に創っていてスタッフさんの作品に対する愛情を感じた。
亀梨和也が結構ハマっていたけど、やっぱり「我無人」の玉置浩二がイイ!
みごとに「我無人」になっていた。決めゼリフ「LOVEだねぇ」も良かった!

ヨモちゃんは嫁@パンダに撫でられてシアワセそう。
「愛が足りない」ボクだけど、ウチは例外。こんな愉快なパンダとにゃにゃんが居るから。
我南人を見習って、オレもつぶやいてみるか・・
「LOVEだねぇ」(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/10/7

5つになりました  

土曜日深夜にボランティアから帰宅して翌朝は筋肉痛の嵐(^^;)ゞ
日曜日はウチでノンビリしようか、と思ったが夜、渋谷にカネ出演のイベントに行く。
最初は行く気無かったけど、玉城宏志(玉ちゃん)がゲストで参加すると聞いて急遽参加。
ハコは渋谷ラママ。10年位前、マチルダロドリゲス(玉ちゃんの現在のバンド)を
見によく通ってたなぁ。久しぶりだ。懐かしい。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ライブはサイコーに素晴らしかった!玉ちゃんは3曲目からずっと参加。
相変わらずの轟音ギターに直枝さんの声やギターが一瞬消されそうになる。
直枝さんもギターや声のボリュームを上げて対抗。轟音×轟音で爆音。
ま・さ・か、カーネーションと玉城宏志の共演が見れるとは!
生きてて良かった!ロックを好きで良かった!\(T▽T)/
2人の荒々しいギターの音色に包まれてオレはシアワセ。
直枝さんと玉ちゃん、轟音を鳴らしながら「お?そうくるか?」と顔を見合わせてニヤニヤ。

中盤、ローザの「だけどジュリー」が鳴らされて直枝さんがメインボーカルを取るシーン
には涙が零れそうになった。最後の全員の「ぶぃ!」は嬉しかったなぁ。
クライマックスはまだまだ続く!
「ダイナマイトボイン」を玉ちゃんのギターで聴けるとは!〜( ̄∇ ̄〜)(〜 ̄∇ ̄)〜
「遠くへ」での直枝さんの噛みしめるような歌い方に前日見た南相馬の景色を想う。
玉ちゃんは荒々しくも美しいギターを鳴らす。
アンコールは当然「夜の煙突」!踊って跳んで叫んでサイコー!
玉ちゃん「また呼んでくれよ」と言ってた。そう、この組合せ、また見たい!もっと見たい!

今日は定期検査で会社はお休み。ボランティアとライブの効果か、数値は良かった(^_^;

そして、今日はヨモちゃんの、おたんじょうび♪
ヨモちゃん、「5さい」になりました!!
特別サービス、ヨモちゃんの「ラブリーな写真」(親バカ(^^;)ゞ)をたっぷり楽しんでください☆
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
嫁@パンダにだっこされてアマアマ。なんだよ?そのデレデレの顔は?\(T▽T)/
キミはホントに嫁@パンダが大好きなんだねぇ\(T▽T)/
いつまで経っても「あまえっこ」の坊ちゃんだね。

ヨモちゃん、毎日楽しいだろ?ウチに来て良かったね☆
ヨモちゃん、ウチに来てくれてありがとう。キミのおかげで毎日愉快に過ごせてるよ。

「おとな」になんて、ならなくていいさ。いつまでも「こども」でイイよ。
楽しいのがいちばん♪これからも、ハッピーにすごそうな。王子☆
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ