2013/12/31

長い12月に  日々の泡(日記)

長い12月、ぼくはこう思ってみる。来年はきっと今年よりよくなるはずだと。
(Cownting Clows「A Long December」訳詩:鈴木祥子)

年末恒例。この1年を振返ってのウダウダ話。(^_^;
その前に、今日、大瀧詠一さんが亡くなったのニュースが飛び込んできた。
えーと、「ファンでした」というウソが言いたくないので正直に書きますが、
彼の音楽(特にソロ)は好きじゃなかった。
長年新作を出さないその姿勢には疑問を持ってた。でも「はっぴいえんど」
は矢張り偉大な先駆者だし、大瀧さんは日本の音楽界に必要な存在だった。
ミュージシャンとしてはキライだけど居ないと寂しい。寂しすぎる。残念だ。

で自分自身のこの1年ですが。。「後退と停滞だらけ」でした(^^;)ゞ
仕事の愚痴は別の場所に書いたので控えますが「負けだらけ」だった。
良かれと思ったことが悉く裏目に出た。
昨年末は「明るい展望」を持ってたのに。一重に自分の力不足。反省しよう。
来年は「お人よし」は止めよう。もっと強く、もっと鋭くならなくっちゃ。
幸い仕事の体制が変わって障害は消えた。自由になった。ガンガン行くぜ。

プライベートは楽しく過ごせたな。
アメリカンポップアート、手塚治虫、石ノ森章太郎、植田正治、色んな
アートに触れて刺激を受けた。宮崎駿の映画「風立ちぬ」も素晴らしかった。
音楽、ライブも色々楽しんだな。
元春、カネ、コレ、リクオ、チャボさん、ヒロシ。。
どれも忘れられない瞬間(とき)を過ごせた。
「あまちゃん」で大友良英さんに注目が集まったのも嬉しかった。
その中でも、一番の思い出は3月の福島遠征かな?
嫁と福島いわきに旅行してコレクターズのライブを見たこと、
チャボさんとヒロシのライブを福島相馬で見たこと・・・。
福島に行ったこと、福島で見たこと、感じたことは一生忘れない。
来年も色んな音楽、アート、自分の感性を信じて見に行こう。

東北支援。一時期マンネリやモチベーション低下に陥っていた。
でも、行き続けていくことで少しづつ情熱を取りもどせてきた。
同時に311以来、自分の中にあった後ろめたさや申しわけなさ、
無力感、後悔は薄れていった。
もう、もう・・・いいじゃないか。もっと「東北」を楽しもう。
東北に行くことを、見ることを、支援することを。
これはオレのライフワークだ。オレの「仕事」だ。
一生やるのだ、続けるのだ。だからこそ「楽しもう」。

1月末、早速宮城県にボラに行ってきます。初めて行く場所。「楽しみ」だぜV(^^)

悪いことも多かったが楽しいことも多かった。イーブンイーブンの1年だった。
上にも書いたが仕事はボロボロ、反省だらけだ。
嫁@パンダは「もっと他人と上手く話すことを心がけたほうがイイ」と
言ってくれた。確かに
・・・でも、その前にオレに決定的に欠けてるモノがある。
それは「愛する力が足りない」ってことだ。
他人、仕事、会社・・・自分を囲む日常生活に伴う諸々を愛せない。
(嫁、ヨモギ、友人は除く(^^;)ゞ)
身近にあるものをもっともっと愛せるようになりたい。そんな人間になりたい。
一方で牙やナイフは失いたくない。キライなモン、納得できないことには爪を立てたい。

ま、そうは言っても沢山良いことがあった。嫁とヨモギとの生活は楽しいし♪
ネットを通じて新しい友人が出来たし、大学時代との友人との交流が再開したし。
悪いことは忘れて目を瞑って、良いこと楽しいことだけを見て行こう(゚゜)\バキ☆
葛藤や逡巡を怖れずに、完成にはツバを吐いてゆれていこう。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

皆さんにとって今年はどんな年でしたか?
シアワセでしたか?楽しかったですか?それとも苦しい1年でしたか?

皆さんにとって来年が今年よりイイ年でありますように。
ハッピーなこと、楽しいことがイッパイありますように。
でも、ムリにシアワセになる必要はない。楽しくなることに頑張ることはない。
イヤなことあったら逃げてください。つらいことあったらすっ飛ばしてください。

アナタがアナタのまま、それが一番。それで十分。
アナタがアナタでいられるように。ココロからそう願います。そう祈ります。

オレもがんばります。負けねーぞ、負けてたまるか。来年は「倍返し」だ。(゚゜)\バキ☆

来年、また逢いましょう。その時は笑顔で逢いましょう!
では、みなさん、どうぞ、よいお年を!V(^^)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/12/30

2013ライブ参加記録  オトの記憶(CD、ライブ)

2013年参加したライブをリストアップしました。
なお、ツアータイトルは長くなるので省略(^_^;

1.1月5日 七尾旅人@渋谷公会堂
2.1月20日 コレクターズ×ブラフマン@渋谷クラブクアトロ
3.1月23日 パティ・スミス@渋谷AX
4.2月2日 佐野元春@市川市文化会館
5.2月23日 佐野元春@東京国際フォーラム
6.3月13日 佐野元春@恵比寿リキッドルーム
7.3月16日 コレクターズ@福島いわきClub Sonic
8.3月17日 仲井戸Chabo麗市@福島相馬Club101(ゲスト:山口洋)
9.3月28日 マイクロ集会@高円寺Show-Boat
10.4月13日 カーネーション@渋谷WWW
11.4月20日 コレクターズ@新木場Coast
12. 6月2日 MAGICAL CHAIN CLUB BAND×カーネーション@横浜サムズアップ
13.6月30日 コレクターズ×カジヒデキ@渋谷クラブクアトロ
14. 8月6日 大友良英×テニスコーツ@東京国際フォーラム
15.9月8日 コレクターズ@渋谷クラブクアトロ
16.9月20日 山口洋、仲井戸Chabo麗市@南青山曼荼羅
17.10月1日 コレクターズ@下北沢Club Que
18.10月6日 カーネーション@渋谷ラママ(ゲスト:玉城宏志)
19.10月10日 麗蘭@渋谷マウントレイニーホール
20.10月23日 Soggy Cheerios@渋谷WWW
21.11月10日 リクオ、中川敬、直枝政広@代々木Zher The Zoo
22.11月15日 イノトモ@渋谷タワーレコード
23. 11月16日 佐野元春@Zepp DiverCity
24. 12月14日 カーネーション@渋谷クラブクアトロ
25.12月17日 佐野元春@恵比寿ガーデンホール
26.12月26日 山口洋、矢井田瞳、佐藤タイジ、遠藤ミチロウ、仲井戸麗市@渋谷Duo

全部で26本。1昨年、去年よりライブ行った数増えたかな?
元春、コレクターズ、カーネーション、ヒロシ、チャボさんを複数回。
女性ミュージシャンはイノトモだけ。新規開拓はなし(^^;)ゞ

どれも思い出に残っている。元春のライブはいずれも良かったしカネもコレもそう。
でも、矢張り福島相馬で見たチャボさんとヒロシは深く胸に刻まれた。
そしてパティ・スミスも七尾旅人も1年前のライブだけど未だに深く残っている。
一方で見たかったけど見逃したライブも多い。
HEATWAVEセッションは結局1度も見れなかったし、Blood Thirsty Butchersは興味ありつつも
1度もライブ見ないまま吉村さんが逝ってしまった。
Coccoや斉藤和義みたいな人気あってホール展開してるミュージシャンは
チケット取れない、と最初から諦めてたし(^_^;
ま、でも基本は「ライブハウスで見る」このスタンスは続けていこう。

来年はもっと枠を広げてみたいな。コレ、カネ、ヒロシは勿論行くけど
チャボさんはもっと見たいしリクオはもっとよく知りたい。
細野さんや高野寛、阿部芙蓉美や大森靖子も興味ある。くるりは是非見てみたい。
祥子さんも久しぶりに見てみようかな?
何より元春の「Zooey」ツアーは絶対やってほしい!

ま、基本は「みたいときにみる」これしかない。
今年行ったライブはどれも素晴らしかった。
来年もオンガクとの良い出逢いがありますように。(v_v)”
ね、にゃにゃん
クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/12/24

クリスマス  日々の泡(日記)

クリスマス連休。我が家は特に大きなイベントはなし。
まぁ、その前の週にカネや元春のライブに行ってるしね(^^;

土曜日は上野でカラオケ。カネやキヨシロー、ナンバガ、ミッシェル、吉井和哉他を歌う。
オルタナの殺伐とした歌を歌うとなんでこんなに愉しいんだろう。
普段はカラオケで元春は歌わないけど、せっかくなので
「クリスマスタイム・イン・ブルー」を歌いました。(゚゜)\バキ☆
外に出るとパンダのオブジェがあちこちに。
何か映画「シザーハンズ」で見たような。
クリックすると元のサイズで表示します
土曜日も近場で買い物、夜はフィギュア全日本選手権の放送を楽しむ。
フジTVの塩原アナが村上佳奈子選手について言った
「涙の後の微笑み返し!」の迷言には大爆笑\(T▽T)/

昨日は亀有で来年の手帳を購入。ボクの愛用は高橋の「ニューダイアリー」。
予定が書き込みやすくて使い易い。
http://www.takahashishoten.co.jp/notebook/31131.html
嫁曰く「クリスマスイブは平日なので鳥は今日食おう」ということで
夜はチキン、ワイン、そして行きつけのお店で買ったケーキ。
ケーキ、折角写真撮ったのにうっかり消してしまった(-_-;

クリスマスということでヨモちゃんのご飯もいつもと違う。
ヨモちゃん、それが分かるのか激しく鳴く。しかも「ワン!」と鳴いてるし。
キミは「犬」か?\(T▽T)/\(T▽T)/
クリックすると元のサイズで表示します
ワインでほろ酔い気分、食事も美味しくいただきました。
フィギュアや録画していた「タモリ倶楽部」を見ながらうつらうつら(^_^;

今日はクリスマスイブ。折角なのでケーキを買おうと思ったが何処も行列で断念。
帰宅すると「No Damage DELUXE EDITION」が届いていた。
佐野クン、チャンとクリスマスカードも入れてるし。
「元春からのクリスマスプレゼント」にスッカリ上機嫌なワシ(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示します
クリスマス、昔は独り寂しく過ごしていたので大嫌いだった。
でも、嫁@パンダやヨモちゃんと過ごすようになったら愉しくて好きになった。
一貫性が無くてスミマセン。要は愉しく過ごせりゃ良いんです。

にゃにゃん、クリスマスってイイね。楽しいね♪
今週で仕事も終わり。そうしたら、お待ちかね「冬休み」だ☆
しばらく、会社に行かないで済む。
お休みまで後3日。早く金曜日の夜にならないかな?(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/12/20

元春&コヨーテ・バンド - Rockin' Christmas 2013  佐野元春

12月恒例。元春のクリスマスライブ行ってきました。
『ルルティモバーチョ アンノ』@恵比寿ガーデンホール。
相変わらず華やかなイルミネーション。訪れる人、写真を撮ってる。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
早目に入場して嫁@パンダを待つ。
その間、サンタさん(笑)からプレゼントを貰ったり久しぶりの友人と会う。
ライブ前から既にイイ感じ。
席のマチガイもあったけど、それも含めてワクワク。
クリックすると元のサイズで表示します
今回のコヨーテバンドにはKyOnさんとシータカが参加。
ボクはホボキン大好きなのでこの合体バンドは大歓迎。
勿論小松君、シュンスケも好きだよ。

最初からハートランドクラシックスの応酬。「ナイトライフ」で始まったのはビックリ。
でも今夜は完全にパーティ仕様。大いに楽しもう!
「ポーラスタア」の新しいアレンジ。ボブ・ディランみたいでカッコいい!
新曲「みんなの願いかなう日まで」が早目に演奏されたのにはまたビックリ。
アンコールラストにやるか、と思ってた。
元春の指揮の元、客席がコーラス。元春、完全に「先生」状態。
そのトーク1つ1つに爆笑。嫁もクスクス笑ってた。
佐野クン、キミはなんでこんなにオモシロいんだ\(T▽T)/
この曲からステージがまるで魔法でも降りてきたように輝く。
元春のライブでは或る時点で「魔法が降りてくる」。この日もそうだった。

中盤コンプリや99ブルースでメンバーのソロの応酬。KyOnさんの爆裂プレイが凄い。
「99ブルース」が何となく「特定秘密保護法」に向かって歌われたような
気がするのは・・・多分オレの考えすぎだろう(^^;)ゞ
「クリスマスタイム・イン・ブルー」でまた客席がコーラス。
KyOnさんとスパムが色々振り付け。見ててホント楽しい。

「悲しいレイディオ」ではなんと元春が「写真撮ってイイよ!」と言い出す。
ポール・マッカートニーやU2がライブの写真を客席に撮らせているのに習ったのかな?
でも、日本のアーティストでは中々ムツカシイ。
元春はいつだって過去の慣習を軽やかに飛び越えて新しい楽しみ方をプレゼンする。
素晴らしい!
皆一斉に携帯を取り出し元春を撮影する。でもオレは止めといた。
だって絶対「写真撮ること」に気を取られてステージに集中できなくなるから。
写真は後でプロのカメラマンがネットや雑誌に素晴らしい写真を載せるだろう。
それよりオレは目の前にいるリアル元春の歌やトークやアクションを楽しみたい。

アンコールもパーティ状態。客席の「もう1曲!」のお願いに再度「ナイトライフ」。
元春何だかイッっちゃってた。パーティと云うよりは宴会ノリの様な(^^;)ゞ
此処でライブは終わり。あ〜あ、愉しかった。ホント笑った。サイコーだった。

今回、KyOnさん、シータカが入ってサウンドがホントに凄かった。
元春の声も絶好調で矢鱈シャウトしてたしアッキーや深沼クンのギターもサイコーだった。
この12月は色々あったけど元春&バンドのサイコーの演奏に触れて
オレが抱えていた鬱だの邪気が吹っ飛んだ。

ライブ後、友人と食事。元春を酒のネタに愉しいトーク♪
ちなみに嫁は元春の写真撮影に失敗したそう。動きが早すぎて捉えられなかったそう。
仕方ないね。なんたって「スーパースライディング」だし(゚゜)\バキ☆

で今年のライブ締めは元春の筈だったんだけど・・・
来週渋谷Duoである「マイライフイズマイメッセージ」に急遽行くことに。
だってヒロシの50歳のバースデイ。祝ってあげなくっちゃ。
客席からバースデイソング歌って嫌がらせしてやろう♪グ・フ・フ(゚゜)\バキ☆

さ、ヨモちゃん。3連休だ。クリスマス気分で楽しもうな♪
クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/12/15

CARNATIONライブレポ「きみはいまもぼくよりぼくのことくわしいの?」  カーネーション

仕事は只今ピーク。深夜残業続き。疲れが溜まっている。
土曜日午前中はゴロゴロして過ごす。ヨモちゃんは窓辺で日向ぼっこ。
ヨモちゃんの背中・・・キミは背中で何を語るんだい?(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
夕方から渋谷にカーネーションのライブを見に行く。カネは今年で結成30周年。
スカートの澤部渡が発起人となってトリビュートアルバムが制作されたり
直枝さんのアマチュア時代のデモテープ集が発売されたり
注目の女性シンガー大森靖子を直枝さんがプロデュースする等、話題は豊富。
トリビュートアルバムの発売を受けてのツアー、その最終日。
クリックすると元のサイズで表示します
喧騒の渋谷を抜けて会場クラブクアトロに向かう。ここでのライブは久しぶり。
カネは最近渋谷WWWでのライブが多いけどボク的には「カネ=クアトロ」
のイメージが強い。ここで何度もライブ見たし「ホームタウン」って感じ♪
ライブは30周年ということで「過去を振り返りながら」ということだったが、
デビュー当時の曲の演奏は殆ど無くヒットを飛ばしてた90年半ば「Edo River」
前後の曲も殆ど演奏されず2000年代の曲が沢山演奏された。
そう、このバンド向かっているのはいつも「先」なのだ。

そして、今回は最近のライブで滅多に演奏されない曲が披露された。
前半で演奏された「魚藍坂横断」「からまわる世界」「ONE DAY」「ANGEL」
の流れはもう堪らなかった。
どれも弱い男が必死に歯を食いしばって現在(いま)居る場所に踏みとどまってる
そんな歌。別に自分の現状に歌を重ねたわけじゃない。共感だの感動じゃない。
ただただ・・歌の力が凄くて・・一気に感情がもっていかれた。
中盤の「幻想列車」「New Morning」直枝さんのシャウトがグサグサ刺さる。
直枝さんの歌は下手な励ましや勇気なんぞはくれない。
あくまで、自分が世界とどう向き合ってるか、その揺れを歌う。
だからリアルだし、刺さる。だからこそ、このヒトの歌は信用できる。

今回のライブはサポートメンバーが素晴らしかった。
サポートギターで入ったスカート澤部は曲を演奏している間ホント嬉しそうだった。
ドラムの張替クンは「ジェイソン」の間奏で凄いドラムを叩き、曲を別物にしてた。
キーボード藤井学クンは「Edo River」で演奏が爆発してた。とても嬉しそう。
直枝さんはメンバーのプレイに嬉しそうにニカーッと笑い超絶ギターを鳴らす。
何度も聴いた曲が全く別物に進化している。まるでイキモノの様に。
ライブという名の「実験室」。そこから新たに変身したオンガクと云う怪物。
オレはステージを見ながら何度も「なんじゃ、これ?」と呟き笑ってた。

アンコール。ゲスト大森靖子がいきなり登場し「The End Of Summer」がスタート。
大森嬢は例のトリビュートアルバムでこの曲をカバーしている。
これもオリジナルとは異なる姿に変わっていた。
しかも、大森嬢、演奏中絶叫するわ、飛び回るわ、ステージに座り込むわ。
キミは戸川純か?ケイト・ブッシュか?ニナ・ハーゲンか?\(T▽T)/
嫁は後で「このヒトだいじょうぶか?と思った」と言ってた。確かに(^^;
直枝さん、この怪獣の暴走を気にせず歌いギターを弾きまくる。

「夜の煙突」でもサポートメンバーと大森嬢が暴走。カネの曲で好き勝手遊んでる。
カネのデビュー曲、アンコール最後に鳴らされる定番曲。それをいじりまくる。
直枝さんもゆるずさんもメンバーの暴走を受けて更に暴走する。
オレは爆笑し狂ってた。このバンドすげぇ。壊すことを怖がるどころか楽しんでる。
ワケがわからん。
アンコールラスト。亡くなった島倉千代子さんへの想いを込めた「愛のさざなみ」カバー。
でもシンミリムードは皆無。ステージ上は轟音で溢れ直枝さんのギターはまた暴走。
これもアルバムとは別の曲に変身してた。

ライブはここで終了。満腹、完全燃焼。ライブ前にオレが持ってた邪気が消えていた。
すごいライブを見た。やっぱりカネはすげぇ。最強、最狂だ。

ロビーには森高千里から花が届いてた。森高さんは今回のトリビュートにも参加。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
帰宅後、トリビュートアルバムを聴く。それぞれのアーティストのそれぞれの解釈。
岡村靖幸はカッコいいしブラウンノーズには笑った。大森嬢の歌は衝撃だった。(^^;

翌日になっても昨日のライブを思い出してニヤニヤ。ライブ楽しかったな。
そして・・大森靖子のイメージが未だに残っている。強烈だった。
この衝撃はCocco以来かも。音源聴いてみるかな?
でもCDのジャケットがバリバリアイドルテイスト。
50前のオッサンがあれを買うのは少し恥ずかしいぞ。(^^;
先ずは配信で聴いてみるか(゚゜)\バキ☆

直枝さんは「やりたいことやります!」と言ってた。オレも見習わなくっちゃ。
ガマンや遠慮や人の目や失敗を気にしても何も変わりゃしない。それはツマンナイ。
来年は・・・来年こそは・・もう少しだけ。「ぼくのなにかひとつだけ」信じよう。
ヨモちゃん、オレ来年はがんばるからな。オレを信用しろよ、オレを力づけろよ、な♪
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

(ヨモちゃんの声:こいつは信用できない、にゃ。な、パンダちゃん)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ