2014/2/23

写真展「SOMA DAYS」とHEATWAVE SESSION@千葉ANGA  山口洋(HEATWAVE)/仲井戸Chabo麗市/RIKUO

山口洋が展開している福島支援活動「MY LIFE IS MY MESSAGE」。
その活動をまとめた写真展「SOMA DAYS」が代官山で開かれている。初日、仕事の後に行って来た。
http://wildft.in.coocan.jp/pickup953.html
開催場所はジュエリーショップ「Knife*accoustic groove」。
こちらのオーナーさんはヒロシと一緒に福島相馬、南相馬の支援を進められている。
311以来ヒロシが展開してきた支援イベントの写真、相馬、南相馬の写真が所狭し
と貼られている。ボクが行ったライブの写真もある。
南相馬、浪江町の荒れ果てた光景の写真には胸が詰まる。
主催者、写真家の方と色々話す。福島の現状、一言で言えない被災者の方の暮らし。
あまりの複雑な状況に声が出ない。3年も経つのにこの「進まなさ」は何だ?
なぜ、こんな「分断」が起きる?誰が仕組んでる?ワケの分からん怒りが込み上げる。
でも、これが「現実」なのだ。聞いて良かった、話して良かった。
この写真展は3月まで開催してる。また行こう。興味ある人は是非☆
クリックすると元のサイズで表示します
昨日は千葉に「HEATWAVE SESSION」を見に行く。昨年から始まった新曲のみ演奏するライブ。
ライブでの演奏がニューアルバムの素材になる可能性もある。ボクは参加するのは初めて。
っつーか、HWのライブ自体3年ぶり。ヒロシのソロばっかり行ってたしな(^_^:

ハコは千葉ANGA。千葉は30代に総武線沿いに住んでてよく遊びに来た。
久しぶりの千葉、「暗黒の30代」を思い出して酸っぱい気分になった(^^:
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
開演時間を少し過ぎてメンバー登場。基本「新曲」ばかり。曲名もワカラン。
前半、演奏された曲はメロディがかなりポップ、思った以上にまとまった演奏。
ボ・ディドリービートの曲、「Dont Look Back」が印象に残った。
どの新曲も歌詞はシリアス。311以降の世界に対する違和感、苛立ちが
反映されている。どこか「君に語りかける」そんな歌詞が多い気がした。
相馬に伝わるあの曲のバンド演奏・・・これはかなり来たな。

後半は激しめの曲も演奏。「Life Goes On」のバンド演奏聴くのは初めてかな?
ヒロシソロだとひらすら長く混沌とする(それはそれで楽しいが)バンドだともっと
かっちりコントロールされているって感じ。オレ思わず立って聴きました。
「Presious」「Alone Together」「Starlight」。ソロで聴いたときはピンと
来なかったけどバンドだとビシビシ来た。まさにバンドマジック?
一方でシャープな演奏とヒロシのオヤジトーク、地獄さんの朴訥MCの落差が笑える。

アンコールの2曲。エレキ炸裂!ビートがガンガン来る。オレは立って踊った。
「Where We are?」と続けるファンクナンバーでメンバー全員のオトが爆発。
最後は「焦燥のブルー」これが一番気に入った。矢張りシリアスな重い歌詞。
でもバンドのパワーが歌詞に負けていない。歌詞に相応しいヘビーなオトを叩き出す。
HEATWAVEのロケンロール。サイコーだった。

新曲ばかりだったけど凄く楽しめた。ヒロシはブログに「HWの演奏でお客さんを
宇宙に連れて行きたい」みたいな事を書いてた。
「宇宙に行けたか?」というと・・・ちょっと違う気がする。
むしろ広い大地に風が吹きすさんでいる、大きくて固い岩が立っているそんな感じ。
ウン、「力強さと風通しの良さ」を感じた。そんなライブだった。

ライブ後は友人と呑み会。ヒロシをネタに盛り上がる。
同時に東北、福島、原発、都知事選、都市と地方、オンガクの聴かれ方。
結構シリアスなテーマについても話す。
「SOMA DAYS」でも色んな人と話した。福島について、現在(いま)について。
話しただけでは何も変わらない。でも意識、見方、感じ方が少しだけ広がる。
この世界の「変わらなさ」に抵抗するには結局、人と話して意識を広げる。
それしか無いんだろう。
決めつけ、対立、罵倒、そういうものと一線を画す別の道を進むためにも。
ウン、ライブ・アフターとも有意義だった。楽しかったな。

今日は嫁と谷中周辺を散歩。朝倉彫塑館を見学。
ここ以前から見たかったけど長年修復活動で中に入れず。
見事な彫刻、モダンな内装、ステキな庭、全部楽しかった。
何より猫の彫刻が可愛らしくて楽しめた。ここもまた来よう。
クリックすると元のサイズで表示します
散歩の道すがらあちこちで猫さんと遭遇。
谷中墓地で何とも人懐こい猫さんに遊んで貰って満足。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
楽しい週末だった。
さ、明日からまた面倒が続く。「話したくない相手」との試合が続く(^^;)ゞ
東北にもまた行かなくっちゃ、っていうか行くし。
面倒だけど、まだまだ抵抗するぜ。「おとしまえ」は未だついてないし、ね。
ね、にゃにゃん☆
クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/2/16

「Kawaii(かわいい) 日本美術」展@山種美術館  Art・本・映画

週末はまたまた大雪。
金曜日は残業で9時まで会社に残る。幸い山手線は少し遅れただけで動いてた。
地元の駅に着くと一面銀世界。何とか無事帰宅。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ちょうどソチオリンピック「男子フィギュアフリー」の日。
ウトウトしながら見る。結果は羽生クン、金メダル。おめでとう!
でもボクは高橋大輔の演技に感動した。ケガしてたのにあそこまで滑り切った。
情感溢れる、且つ鬼気溢れる演技にすっかり見惚れてた。
終わった後の高橋クンの穏やかな笑顔に思わずウルっと来た(^^;)ゞ
チャンさんがニコニコ笑っていたのも良かった。

翌日、雪は止んだ。で嫁と恵比寿の山種美術館に「kawaii日本美術」展を見に行く。
伊藤若冲、竹内栖鳳、奥村土牛ら江戸〜明治の画家が描いた「カワイイ作品」の展示。
http://www.yamatane-museum.jp/exh/current.html
雪のせいか館内はそれ程混んでいなかった。おかげでゆったり見れた。
先ずは若冲の人形から始まり、子供、鳥、犬、猫、虫、カワイイモノのオンパレード!
クリックすると元のサイズで表示します
で今回楽しみにしていたのが伊藤若冲の「樹花鳥獣図屏風」。CMにも使われたあの絵。
凄くデカい!色も華やか。何より絵の中に息づくイキモノがイイ。
江戸時代の作品だから創造で描いた部分もあるんだろう。
造作が実物とビミョーに違う。でも、それがイイ。
ここにしか居ないイキモノたちが我が物顔でひしめいている。活き活きと生きてる。
オレ、ビミョーにエキサイトしてる。興奮してる。熱くなってる。
アートに触れてこんなに興奮するのは太郎さんの「明日の神話」以来。
この絵、サイコーだ!ウン、来て良かった(v_v)”

他にもカワイイ絵が続く。中でもボクが気に入ったのは川合玉堂の「猫」。
悪戯っぽい顔で笑ってる猫さんの絵。この猫、なんかヨモちゃんに似てる!
で一回展示を全部見た後、この絵を見に戻りました。
しかも何度も・・・いや30回位見直したかも。
だってヨモちゃんに似てカワイイんだもん(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆

他にも谷内六郎や熊谷守一の絵もあって凄く楽しめた。
でも、やっぱりボク的には「樹花鳥獣図屏風」と「猫」だな(^_^;
展覧会の後は駅前の餃子屋で晩御飯。美味しい餃子とお酒を堪能。
楽しかったなぁ。雪の中、行った甲斐があった。

帰宅するとヨモちゃんは嫁@パンダにゴロゴロ甘える。抱っこされて嬉しそう。
今日は急にボクにスリスリ甘えてきました。こいつぅ\(T▽T)/
絵の中の猫も良いけどウチのヨモちゃんが一番さ♪(←親バカ^^;)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/2/9

大雪と東京都知事選  日々の泡(日記)

週末の東京は大雪。展覧会行って友人と呑む予定だったが当然中止。
昨日はボクはウチでゴロゴロ(^_^; 嫁は用事でお出掛け。

ボクも昼飯を買うため、外に出ると玄関前に雪が積もってる。
雪が吹き込んで積もったんだろう。
クリックすると元のサイズで表示します
外はもう真っ白。風も強い。近場をうろつこうかと思ったがとてもムリ。
夜は温かくして呑みながらソチオリンピックを鑑賞。
スノーボードとかよく知らないけど見てると楽しい。
何より失敗した選手も笑っている、その明るさがイイ。
ヨモちゃんは嫁@パンダに甘えたり「ねこのきもち」の付録で遊ぶ。
嫁@パンダがウチに居てウレシイのかい?\(T▽T)/
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

今朝も雪は残っている。朝、上村愛子がメダルを取れなかった事を知る。
うーーん、残念。でも負けてもその笑顔は爽やかだった。
「評点がおかしい」とか「メダル」がどうとか、あの笑顔の前では
どうでも良いことだ。本人が全て出し切れたなら、それでイイ。

今日は東京都知事選投票日。誰に投票するか散々悩んだ。
ボク的に大切にしたい政策は「脱原発、貧困対策」。
「脱原発」の政策を挙げる細川さん、宇都宮さんの陣営は相互に対立。
ホントは1つにまとまって欲しい。「脱原発」の票が割れるのはもどかしい。
でも、統一化はムリ。じゃぁ、どっちを選ぶか?

ボク的には宇都宮さんの政策は凄く魅力的。他の候補者より具体的。
実際に現場を歩いて見てるので言うことに説得力がある。
脱原発以外の政策も全て「弱者を守る」視点で貫かれている。
何よりも「若者を守ろう」という姿勢がイイ。
一方で言ってることが理想的過ぎて「当選した後」ホントに実現
できるの?潰されないか?って懸念もある。

一方、細川さん(小泉さん)は政争や反対勢力とのケンカに長けている
気がする。もし細川さんが当選したら小泉さんと一緒に「脱原発」
を実現できるのでないか?何より安倍さんの暴走も抑えられそう。
「脱原発」を実現できるのではないか?そういう期待もある。
ボクの信用しているクリエイター(藤原新也他)も同じ様な理由で
「細川さん」が推しメン(笑)みたいだし。
ただ、一方で青筋立てて絶叫する小泉さんには「昔の政治家と同じ」
「破壊はできるが創造はできるのか?」という懸念を拭えない。

ウーーーーン、どうしようか?(-_-;
「脱原発」の短期目標を実現してくれそうなのは細川さん(小泉さん)。
長期的に「良くしてくれそう」なのは宇都宮さん。
じゃぁオレはどっちを選ぶのか?

昨夜、ネットで宇都宮さんが行った演説を起こした文章を読んだ。
http://utsu-ken.seesaa.net/article/387718302.html
読んでてグッと来た。他候補者への罵倒はない。
あるのは「変えたい」という意志だけ。素晴らしい、と思った。
言ってるのはキレイごとかもしれない。でもキレイごと、いいじゃないか。
これだけ理想を唱える人に賭けてみるのもオモシロいかも。
迷いは消えた。で宇都宮さんに投票した。

宇都宮さんが当選すればいいな、と思う。
でも当選しなくても、自分の選択に後悔はない。散々考えて決めたんだから。
自分が信用する、信じたいと思う候補者に投票する。これは当たり前。
投票した人が当選すれば応援するし、信用できない候補者が当選すれば
・・・逆らってアッカンベーするだけだ。

さ、都民の義務は果たした♪
今夜は鍋♪ゆっくり温まってオリンピック見ながら呑もうっと♪
な、にゃにゃん☆(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ