2014/3/8

いとうせいこう「想像ラジオ」  Art・本・映画

いとうせいこう「想像ラジオ」を読み終えた。
東日本大震災311をモチーフとした少し不思議な物語、ファンタジーと言っても良い。

あれからもうすぐ3年。この3年間、311関係の本は色々読んだ。
大友良英の対談集、天童荒太、重松清の被災地を巡るドキュメンタリー。
高橋源一郎のエッセイ。
その何れも「東北の外から」「世界に対する向き合い方を変える」
視点で書かれていた。その視点に触れて自分自身も色々考えた。

対して、「想像ラジオ」は少し趣が違う。何より主人公は「当事者」。
そして、ここにあるのはただ・・「想像すること」そして「話すこと」。
誰と?大切な人と、知らない誰かと、そして「いなくなった人」と。

いくつかのシーンが刺さった。感動とかじゃなくて胸をえぐられた。
第二章での「ボランティア」に対する痛烈な批判。これ、まさにオレのことだ。
第三章での「あのこと」があった後、神様を殴りたくなったこと。
オレもそう思った。あんな酷いことを許すなんて何様だ?>神様。
第四章での「不在」についての対話。死んだ父を想い出した。
第五章・・鳴り響く音楽。ボブ・マーリー・・聴いてみたくなった。

311からもう3年、たった3年?山口洋に影響を受けて自分なりに動いた。
でも、この本を読んで自分に決定的に欠けているものが分かった。
。。それは「想像力」だ。「死者との対話」だ。

別にオカルトとか宗教の話をしてるわけじゃない。そんなのキライだし。

自分が東北に行って、目の前にある「人、景色」には想いを寄せていたが、
「いなくなった人、そこにあった景色」について想いをめぐらせていたか?
「あの日」以前にあった筈の「暮らし、景色」について考えたことはあるか?
そこにいた「筈」の人や鳥や虫や花や森や樹と「話そう」としたことはあるか?

オレが見てきたのは「残った」ものだけ。
毎回、東北に行くたびに目の前に広がる荒れ地を「1日のノルマ」のように
片付け少しキレイにしただけ。それだけで終わっていた気がする。
「自己満足と好奇心」を満たし「後ろめたさ」を晴らしただけで済ませていないか?
何より、「死者への敬意、想像力」がそこにあったか?
一番「大切なこと」がすっぽりと抜け落ちていなかったか?

自分では考えていた、想いを寄せていた積りだったが、この本を読んで
「分かっていない」と思い知った。
「ワカラナイ」なら先ずはかんがえる。想像する。そこからはじめよう。
それしかない。

今後も東北に行く。当然。そして、やること自体は変わらない。
東北の復旧、復興の「お手伝い」だ。
でも、ココロの持ちようを少し変えていこう。
わずかながらでも「想像力(ココロ)」を働かせてみよう。

誰かも歌っていたしね。
「必要なものは勇気とイマジネーションとわずかなマネー」って☆
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2014/3/3

リクオとコレクターズLIVEと「猫侍」  オトの記憶(CD、ライブ)

リクオのニューアルバム「HOBO HOUSE」は素晴らしい。
開放的な雰囲気に溢れ風通しが良いが一方で311以降の世界に対する違和感も歌っている。
でも決してへヴィじゃない。優しく柔らか。聴いてると何かほっこりとする。

そんなリクオのインストアライブが先週土曜日、新宿タワレコであった。
「光」(名曲!)に始まって「ステキなバカンス」「夜明け前」「Happy Day」
を演奏。どれも穏やかな演奏。聴いていると・・何だかウルウルしてきた(^^:
最後は「アイノウタ」でみんな一緒に歌う。リクオは前に出てきて客を煽る。
最後は盛り上がって笑顔で終了。サイン会では緊張してチャンと話せず(゚゜)\バキ☆

折角なので初期のベスト盤を購入。10年位前のイベントで祥子さんと一緒に歌った
「時代を変えよう」と「もう帰らない」が収録されている。
「もう帰らない」はずっと聴きたかった歌、やっと聴けた。

実は「HOBO HOUSE」はリクオ作品で初めてチャンと買ったアルバム。
ライブ行きだして10数年。やっとアルバムを買った(゚゜)\バキ☆
時間が掛かった分、これからはジックリと向き合いたいと思う。ヨロシク頼むゼ☆
クリックすると元のサイズで表示します

夜は渋谷クアトロでコレのライブがる。それまで渋谷を徘徊。
裏通りの壁はリキテンシュタインのパロディや下駄を象ったオブジェで彩られている。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
特に行きたい場所も無く本屋とCDショップで時間つぶし。行動範囲狭いな、オレ(笑
繁華街をぶらぶら歩く。人。。。多いなぁ。なんかこの雰囲気、馴染めないなぁ。
・・・嫁@パンダが一緒じゃないとツマンナイな。

嫁と落ち合って入場。コレは3月毎週土曜日にライブを行う。今日はその初日。
演奏はいつもどおりサイコーだが加藤クンが某定番曲で歌詞がとんだのは笑った。
後半ある曲のグルーヴが凄すぎて、思わず泣きそうになる。
コレのライブでは珍しい。いつも笑って踊って「泣く」なんて滅多に無いのに。
でも、それだけ演奏が凄かったんだろう。ホントこの日のライブは凄かった。
来週が楽しみだ☆
クリックすると元のサイズで表示します
昨日は新宿に嫁と映画「猫侍」を見に行く。
http://nekozamurai.info/
剣の道に生きる無骨な浪人と猫さんの交流を描く時代劇。
主役の猫「玉之丞」を演じる「あなごちゃん」がとってもキュート♪
一癖も二癖もある俳優陣も良い。
特に主役の北村一輝の演技には笑った。チョイ役だけど戸次重幸も良い♪
上映中、猫さんの可愛さに癒されたり俳優さんの演技に笑ったり
最後まで楽しく見れました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

こちらは我が家の王子「ヨモ之丞(じょう)」。(゚゜)\バキ☆
土曜日はお留守番が寂しかったのか、帰宅すると「あぁ〜ん゛」と鳴きました。
この甘えっこ。そんなことじゃ「侍」にはなれないぞ☆\(T▽T)/
クリックすると元のサイズで表示します
ステキなオンガクと映画で楽しい週末でした。

さて今週は面倒な仕事続き。「一刀両断」でバッサリ行きたいものです♪
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ