2014/3/3

リクオとコレクターズLIVEと「猫侍」  オトの記憶(CD、ライブ)

リクオのニューアルバム「HOBO HOUSE」は素晴らしい。
開放的な雰囲気に溢れ風通しが良いが一方で311以降の世界に対する違和感も歌っている。
でも決してへヴィじゃない。優しく柔らか。聴いてると何かほっこりとする。

そんなリクオのインストアライブが先週土曜日、新宿タワレコであった。
「光」(名曲!)に始まって「ステキなバカンス」「夜明け前」「Happy Day」
を演奏。どれも穏やかな演奏。聴いていると・・何だかウルウルしてきた(^^:
最後は「アイノウタ」でみんな一緒に歌う。リクオは前に出てきて客を煽る。
最後は盛り上がって笑顔で終了。サイン会では緊張してチャンと話せず(゚゜)\バキ☆

折角なので初期のベスト盤を購入。10年位前のイベントで祥子さんと一緒に歌った
「時代を変えよう」と「もう帰らない」が収録されている。
「もう帰らない」はずっと聴きたかった歌、やっと聴けた。

実は「HOBO HOUSE」はリクオ作品で初めてチャンと買ったアルバム。
ライブ行きだして10数年。やっとアルバムを買った(゚゜)\バキ☆
時間が掛かった分、これからはジックリと向き合いたいと思う。ヨロシク頼むゼ☆
クリックすると元のサイズで表示します

夜は渋谷クアトロでコレのライブがる。それまで渋谷を徘徊。
裏通りの壁はリキテンシュタインのパロディや下駄を象ったオブジェで彩られている。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
特に行きたい場所も無く本屋とCDショップで時間つぶし。行動範囲狭いな、オレ(笑
繁華街をぶらぶら歩く。人。。。多いなぁ。なんかこの雰囲気、馴染めないなぁ。
・・・嫁@パンダが一緒じゃないとツマンナイな。

嫁と落ち合って入場。コレは3月毎週土曜日にライブを行う。今日はその初日。
演奏はいつもどおりサイコーだが加藤クンが某定番曲で歌詞がとんだのは笑った。
後半ある曲のグルーヴが凄すぎて、思わず泣きそうになる。
コレのライブでは珍しい。いつも笑って踊って「泣く」なんて滅多に無いのに。
でも、それだけ演奏が凄かったんだろう。ホントこの日のライブは凄かった。
来週が楽しみだ☆
クリックすると元のサイズで表示します
昨日は新宿に嫁と映画「猫侍」を見に行く。
http://nekozamurai.info/
剣の道に生きる無骨な浪人と猫さんの交流を描く時代劇。
主役の猫「玉之丞」を演じる「あなごちゃん」がとってもキュート♪
一癖も二癖もある俳優陣も良い。
特に主役の北村一輝の演技には笑った。チョイ役だけど戸次重幸も良い♪
上映中、猫さんの可愛さに癒されたり俳優さんの演技に笑ったり
最後まで楽しく見れました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

こちらは我が家の王子「ヨモ之丞(じょう)」。(゚゜)\バキ☆
土曜日はお留守番が寂しかったのか、帰宅すると「あぁ〜ん゛」と鳴きました。
この甘えっこ。そんなことじゃ「侍」にはなれないぞ☆\(T▽T)/
クリックすると元のサイズで表示します
ステキなオンガクと映画で楽しい週末でした。

さて今週は面倒な仕事続き。「一刀両断」でバッサリ行きたいものです♪
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ