2014/7/10

無力を知るということ:仙台荒浜〜相馬〜福島  東北のためできること

先週末、仙台荒浜にボランティア、福島相馬に「MY LIFE IS MY MESSAGE2014」
の最終公演を見に行ってきました。
また、その帰り福島市にも立ち寄りました。
以下、ざっとレポ。

◎仙台荒浜ボランティア
 おなじみボランティア「Re-Roots」で実施している「ひまわりプロジェクト」に参加。
 津波で荒れた海岸にひまわりを植えて景観を明るくしようという地元学生の試み。
 例によって事前に深沼海岸周辺を散策。
 防災道路を作るため、あちこちで土が高く盛ってある。丸で要塞みたいだ。
 安全のためには仕方ないけど、海が見えなくなるのは何とも複雑な気分。
 ひまわりが彼方此方に咲いてる。慰霊碑にお祈りを捧げる。
 そのとき、ここ数日抱えていた「ある想い」が溶けるのを感じた。
 「消えた」のでなく「溶けた」・・・何とも不思議な感じだった。
 クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
Re-Roots事務所に行く。現地の顔見知りもいる。
 荒浜ボランティアも10度目。何度か行っているうちに顔見知りが出来て
 FB等で繋がる様になった。こうして現地に来ればまた会える。楽しいことだ。
 今回のミッションはひまわりの育成管理のための雑草除去。

 30人程で雑草抜き。午前は暑かったが午後は風が涼しくキモチよく出来た。
 学生さんや顔見知りと和気藹々とお喋りしながら作業する。
 群馬から来たという謎のお婆ちゃん(笑)も登場して楽しく作業が出来た。
 ウン、すっかりキレイになった。ヒマワリ満開になるとイイな。
 クリックすると元のサイズで表示します
 作業後、深沼海岸の裏の地区を案内して貰う。普段行ったことが無い場所。
 ここは未だに手付かずの状態だ。松の木が倒れて荒れ放題。
 遠くには海が広がっている。こんな距離を津波が来たんだな。
 そう思うとゾッとした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 帰りは山形から来た知人に駅まで送って貰う。
 先ほど見た海岸地区の風景について話し合う。色々話し、最後は握手して別れた。
 ありがとうございます。また会いましょう。

 仙台は復旧・復興が進んでいるとか言うけど、まだまだ時間が掛かる。
 もっと頑張らなくっちゃ。一方で重い気分を引きずっている自分がいる。
 仙台市内を見たいところだがバスに乗って一路、福島相馬へ。


◎福島相馬
 1時間半ほどで相馬着。ホテルに入り一休み。体中が痛い(笑
 少し休んで駅周辺を歩く。土曜日の夜ということで酔っ払ったオジサン
 を街中で見かけた。
 駅前の中華料理屋さんで夕食。餃子、チャーハンが旨い!
 ただ食欲が無くて残してしまった。かなり疲れてる。
 東京⇒仙台でボランティア⇒相馬の強行日程・・ムチャがあったか。
 チャボさん、ヒロシがライブをやったBar101で飲もうかとも思ったが
 ひたすら眠くて止めた。次回行く時は是非。
 クリックすると元のサイズで表示します
 翌日は相馬散策。過去2回来た時は駅周辺は歩いたが海岸地区は行かず。
 先ずはヒロシと遠藤ミチロウが「新相馬盆歌」を演奏したという
 蒼龍寺に行く。ここには津波で亡くなった方は祀られている。
 とても静かなお寺。紫陽花が美しい。お祈りして後にする。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 その後は松川浦周辺をタクシーに案内して貰う。
津波被害が大きかった地区。あちこちで修復工事がされている。
 破壊された建物、歯抜け状態の店、更地になった個人宅。
折れ曲がったガードレール。
タクシーの運転手さんは地元の方、色々話してくれた。
 「これでも大分よくなったんですよ」と笑っていた。

 相馬は過去2度来たが、被害を目の当たりにしたのは今回初めて。
ショックを受けた。3年経っても未だ・・この状態なんだ。
昨日見た荒浜の海岸地区を思い出した。
勿論、復旧・復興がそんな簡単に進まないのは分かっている。
それでも色々考えてしまった。
クリックすると元のサイズで表示します
 駅に戻って相馬市内を散策。街中で可愛いワンちゃんを見て気分が晴れる。
 相馬神社や中村神社に行って見る。以前来た時いた猫さんとは会えず。
逞しく聳える木々に見惚れる。神社境内にポニーが居る。撫でるとなついてくる。
  カワイイぞ。まるでヨモちゃんみたいだ(←アホ^^;)
 街中を歩いていると東京から来た友人とバッタリ。夜はライブを一緒に見る。
 (ライブレポは長くなりそうなので別トピで笑)


◎福島
 ライブの翌日は相馬から福島に向かう。バスの窓の外に広がる風景。
 彼方此方で工事をしている。福島着。駅前は賑わっている。
福島市内はチャンと歩いたことが無かったので今回是非行ってみたかった。
 緑が多く歩いていてキモチいい。阿武隈川周辺の景色は美しい。
 一方で街中で除染作業が進められている。その光景に何も言えなくなる。
 今回、是非訪れたい場所があった。「カフェ風と木」
http://www008.upp.so-net.ne.jp/fuutoboku/
 ヒロシやチャボさん、リクオがライブをやってる場所。友人の案内で行く。
 クリックすると元のサイズで表示します
ランチに「玄気膳」をいただく。ボリュームが結構あるけど美味しくて
 完食できた。ここ・・また来たいな。次はライブを見に。
 上野に着いて友人と別れる。帰宅する。
 ヨモちゃんが少し甘えてくれた。嫁も帰ってきて一息。やっぱりウチはイイ。
 夜は疲れがどっと出て早目に寝ました(^_^;
 クリックすると元のサイズで表示します 


以上、ざっと書いたけど東北で感じたこと、全然整理が出来ていない。
ライブ、ボランティア、いずれも楽しかった。行った甲斐があった。
一方で荒浜、相馬、福島で見た光景が未だに頭に残っている。消えない。
あの傷跡を目の当たりにしたときどうしようもない「無力感」を感じた。
それが今でも拭えない。

ヒロシは「自分に力が無いなんて言うのは言い訳だ」と歌っている。
ウン、オレもそう思う。
一方で大きな物の前では自分が無力だ・・というのを認めざるを得ない。
東北で見た光景、いや、それだけじゃないな。
ここ数カ月の仕事、プライベート、最近いろいろなことで「無力感」を感じる。

東北支援ももう3年目になる。ボランティア、旅行、色んな形で続けてきた。
この辺りで・・いったん、小休止しようと思う。
勿論、今後も続けるよ。「休む」たってホンの1、2カ月だし。
オモシロそうな企画があれば乗ると思うし(^_^;
でも、この2年間、ほぼ2カ月に1度は東北に行っている。
自分がしたくてやってることだが、少し錆や綻びも出てきた。
だから、一旦休む。距離を置いてみる。
(勿論、東北への関心は薄れないしヒロシや大友さんの活動は応援する)

今回、仙台・相馬に行ってよかった。
あのまま突っ走ってたら、どっかですっ転んで大ケガをしていただろう。
ヒロシ、チャボさん、友人、関係各位には感謝したい。
おかげで「かんがえる」機会が持てた。自分の「無力さ」を知ることができた。

オレは無力だ。でも「無力」だからこそ、やるのだ。
力のある奴は力を使えばいい。
「無力な奴」こそ何かをやらねばならない。だから、やってきたし今後もやる。
そして、今後もつづけるために一旦ここで留まる。自分の意志として、だ。

力が無いから休み休み留まりながら進んでいこう。
これはオレの「ライフワーク」なんだから。
これがオレの「マイライフ・イズ・マイメッセージ」なんだから。

オレの旅(偽善)はまだ続きます。
東北の皆さん、元春のツアーがはじまった頃(笑)にまた会いましょうね☆
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ