2014/11/24

酉の市とコレクターズと猫まみれ  コレクターズ

3連休。
土曜日11月22日は酉の市の二の酉。毎年行ってるので今年も鷲神社に行ってきました。
嫁の勧めで朝早めにお出かけしましたが既に混雑。でも、それ程待たずに熊手を買えました。
今年1年は必ずしも良いことばかりじゃなかったけど、それでも一家3人
大きな災いも無く元気に過ごせました。来年も大過なく過ごせるといいな。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
夜はZEPP DIVER CITYにコレクターズのライブを見に行く。
7月に始まったニューアルバム「鳴り止まないラブソング」レコ発ツアーの最終日。
そして、この日はリーダー加藤クンの54回目のバースデイ。
デカいハコでしたが満員で一安心。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ライブは「愛ある世界」からスタートしニューアルバムの曲を中心に展開。
ともかくオトがイイ!Qちゃんのドラムが腹に響くしコータローのギターの鳴りも良い。
リーダーは活き活きと飛び跳ねるように歌う。
次から次へと繰り出される名曲、名演奏、爆笑トーク。いつもどおりの素晴らしいライブ。
アンコールではバースデイケーキが持ち込まれリーダー自身がバースデイソングを歌う(T▽T)
そしてサポートベースだったジェフのコレ加入が発表された。その瞬間ウルッと来た。
小里クンがこの春脱退した後、ジェフはサポートしてホントに貢献していた。
嬉しいニュースであると同時に小里クンはもう戻らない・・・そう思うと少し寂しい。
仕方ないけどね。

ダブルアンコールでは「がんばれGIジョー」、燃えつきました。
来年は2月からクアトロマンスリーライブがスタート。全部は行けないけど幾つかは行く積り。
クリックすると元のサイズで表示します
昨日は近場を散歩。荒川遊園周辺で猫まみれ。
ボランティアの方が面倒を見ている地域猫さんたちが甘えてくる。
以前は結構用心深くあまり近寄ってこなかったのに。ボラさんの頑張りの効果かな。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
我が家のヨモちゃんの寝顔。少し怖い顔になってイケメンが台無しです(T▽T)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
フツーにしてると王子顔。
クリックすると元のサイズで表示します
3連休。ゆっくり休めました。これから年末に向けて仕事がテンコ盛り。
来月半ばには久しぶりに東北ボランティアに行く。年末の嵐に負けぬようにがんばります。
0

2014/11/18

開放のオト〜HEATWAVE TOUR 2014 "Don't Look Back"@渋谷Duo  山口洋(HEATWAVE)/仲井戸Chabo麗市/RIKUO

月曜日、渋谷にヒートウェイヴのライブを見に行ってきました。
7年ぶりにHWのニューアルバムが出る!しかも、会場で先行発売。これは行かねば!
会場は渋谷Duo Exchange。開場を待つファンが数人いる。皆さんスーツ姿、会社帰りなんだ。
入場して早速ニューアルバムをゲット。「夕陽へのファンファーレ」か。いかしたタイトルだ。
アイルランドのお囃子に合わせてメンバー登場。場内怒号があがる。
セットリストはヒロシのブログをどうぞ。http://no-regrets.jp/wordpress/
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
あと、友人が自分のブログにステキなライブレポを書いているので是非どうぞ。
http://blog.goo.ne.jp/bayasimplesongs/e/a2e1dcf9f187794c851f383ba94ef986

ライブ全体の印象は「開放感」の一言につきる。
ヒロシは終始笑顔でトークも絶好調。地獄さんは「カモン!」とシャウト。
魚さんは決めでジャンプするし池畑さんは寡黙だけど雄弁なビートを叩き出していた。
ヒロシはギターを弾きながら様々なアクション、ポーズをとる。
星を指さしたり宙を殴ったり・・・こんな動く人だったっけ?丸で元春みたい。

HWのライブを見るのは4回目。これまで見たどのライブとも違ってた。
元々パワフルな演奏をするバンドだけど・・今回は「突き抜けた感じ」がした。
2曲目「Life Goes On」。ヒロシのソロとはアレンジが全然違う。前のめりのビート。
イントロ聴いた時「ホーボーマン」?と思ったよ。かっけー!
「DON’T LOOK BACK」は地獄さんのベースで始まりグル―ヴ感たっぷり。
実はオレはヒロシのソロアルバムが大好きだったので、同じ曲をバンドでやったとき
違和感を持たないか不安だったけど、それは杞憂でした。HWスゲぇ!V(^^)


ヒロシは矢鱈饒舌だった。曰く
 ・7年も待たせてゴメンね。
 ・今日は月曜日。お互い若くは無いんだしホドホドにね。
 ・精一杯やるというのは当然だ。オレはチャボさんに丁寧に生きることを学んだ。
  今度のアルバムも丁寧に造ったつもり。
 ・まぁそんな話はどうでもいい。みんな、いつもサポートありがとう!

ヒロシのMCに客も嬉しそうな声をあげる。
新しいアルバムが出来た。。というのはこんなに皆のキモチを明るくするものなんだ。

中盤〜後半のロックンロール大会は凄かった。
地獄さんボーカルの「夢の底」では何と魚さんがベースを弾いた!(T▽T)
「へなちょこベース」だったけどイイ味出してた。客はオオウケ。ヒロシ「学園祭だ」と苦笑。
そのあとのフルノイズの「OK」のカバー(歌詞はフルノイズ、曲はHW)、ルースターズのカバー。
アンコールでの「裏腹」(ライブで初めて聴いた)の轟音サウンド。
ガッツンガッツンのバンドサウンド。何これ?HWってこんなパンクなオトを出すバンドなんだ?
なんだよ、オレ知らなかったよ。ナンバガやブッチャーズに負けてないじゃん。

オレは知らず知らずに笑ってた。この感じ・・カーネーションのライブを見たときと同じ。
バンドの産み出すスゲェ音に笑うしかない感じ。要は「サイコー!」ってことだ。

後半「荒野の風」「ボヘミアンブルー」「No Fear」。客席は大合唱、いや大熱唱。
ヒロシは何度も魚さんの名前を叫ぶ。その度に湧き上がる拍手と嬌声。
スゴイ場だ。オレの横で友人が踊ってる。前の人が首をブンブン振ってる。イイ景色だ。
本編ラストは「STARLIGHT」。ヒロシは何度も「Star Brights」と歌ってた。

アンコール。先ずはヒロシ弾き語りでブームの「中央線」のカバー。
ヒロシは「いい歌だよねぇ」と言ってた。ウン、MIYAが創った名曲だ。ヒロシの声で聴けて良かった。
更にはバンドでルー・リードの「ワイルドサイドを歩け」。
そうルーは去年の今頃亡くなったんだ。客席もあのフレーズを一緒に歌う。
ヒロシがリスペクトする2人のシンガーのカバー。
バンドが解散し歌い手が消えたとしても、「歌」は確実に残り継がれていくんだろう。

オーラスは「FANFARE FOR THE WASTELAND〜それでも世界は美しい」で「美しく」終わった。
ヒロシは「死ぬまでバンドつづけるから、またサポートをヨロシク!」と言ってた。
ハイハイ、ついていきますぜ。V(^^)

ライブ後はヒロシのサイン会。ヒロシ、笑いながらガッチリと握手してくれた。
ありがとう、またライブ行きます!
クリックすると元のサイズで表示します


翌日、仕事をサボらずに会社にチャンと行きました(当然だ^^;)
筋肉痛で仕事の内容はボロボロでしたが(^_^;
「夕陽へのファンファーレ」はすっかりお気に入り。何度もリピートしています。
このアルバムを聴いてたらワケもなくハイになった。(^_^;
実は最近、気が進まずペンディングにしてるプロジェクトが有った。
過去、何度かトライしたが結果が芳しくなく、残ったのは周囲の非難と徒労感だけ。
でも、HWのライブを見てニューアルバムを聴いて「またやってみようか」と思った。
同世代のヒロシやリクオがあんなに頑張ってるんだから。オレもやらなくっちゃな。
逃げてたら、ヒロシやリクオに顔向けが出来ん。

他にも仕事でムカつくことがあった。「ムカつく」。。イイね!
ムカつくってのは「怒るパワー」が自分にあるってことだ。
落込んでウジウジ悩むくらいならムカついて怒って立ち向かうほうが絶対イイ。

ヒロシとヒートウェイヴに色々貰ったな。
オレもあのヒトたちみたいに自分を開放しなくっちゃな。
逃げるのはもう飽きた。この熱が燃えてる間にさっさと始めちまおう。
明日から・・来週から、オレはやるぜ!な、ヨモちゃん☆
クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/11/16

「うたのありか2014」リクオ+中川敬、Guest仲井戸麗市@代々木Zher the ZOO   山口洋(HEATWAVE)/仲井戸Chabo麗市/RIKUO

土曜日は嫁と代々木Zher the ZOOに「うたのありか」を観に行きました。
ライブの前に渋谷パルコで開催の「顔面遊園地 ナンシー関消しゴムの鬼」展を見る。
実はナンシー関のことはそれ程よく知らないけどユーモア溢れた作品、
諧謔性に満ちたエッセイ、ホントに楽しめました。
ただ作品は基本ハンコなので屈んで観るため腰が痛くなった(^_^;
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
展覧会の後、渋谷から歩いて代々木に向かう。

(以下ネタバレあり。まだ沖縄ライブが残ってるので行かれる方はご注意!)
「うたのありか」はリクオと中川敬のジョイントにゲストを迎えるライブ。
昨年のゲストは直枝さん、そして今年のゲストはチャボさん!これは見なければ!
場内は超満員、ギュウギュウ詰めで動きが取れない。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
去年と同じく「男はつらいよ」のテーマに乗ってリクオと中川が登場。
リクオの「明日を行く」SFUの「地下鉄道の少年」の後はそれぞれのソロ。

○中川敬
 まずは中川のソロ。「デビューしたばかりの新人フォーク歌手です!」とジョークを
 言いながらニューアルバムから次々に歌う。旧い曲を一切やらず新曲のみという潔さ。
 ボクはSFUあまり聴かないけど良い声、良いギターだ。
 最後は今日のゲストのチャボさんを迎えて「デイドリームビリーバー」を共演!
 これは嬉しかった!場内大合唱。ウルっときた。
 更には中川が選曲した「月夜のハイウェイドライブ」も演奏。
 チャボさん自身あまりライブでしない曲とのこと。これも良かった!

○仲井戸Chobo麗市
 「オレを知らないSFUファンやリクオのファンに自己紹介を兼ねて」とのことで
 「Born In 新宿」。チャボさんの半生をつづった歌詞をユーモアたっぷりに演奏。
 客席笑いながら盛り上がる。更にこのハコがチャボさんのホームタウン新宿に
 近いということで新宿にちなんだ「エピローグ」を演奏。
 これ!好き!この曲が収録された「絵」は何度も聴いたアルバム。
 アルバムヴァージョンよりはライトな感じでの演奏だったけど独特の暗さが堪らなかった。
 さらにはボビーチャールズのカバーをやってリクオと共演。
 曲はリクオがキヨシローとの共作「胸をいたいよ」。チャボさんは何とも優しいギターを弾く。
 曲の終わり、チャボさんは笑顔で上を指さしてた。これにもジーンときた。
 リクオは「音楽は色んなものとつながれる。ここにいない人とも、ね」と嬉しそうだった。

○リクオ
 まずは「同じ月を見ている」。これは大好きな曲。ピアノのタッチがメロウで優しい。
 続いては「Forever Young」。これもピアノの響きがステキだ。
 この日のリクオは「ミラクルマン」や「マウンテンバイク」といったノリノリの曲は
 演奏せずにメロウな曲の演奏が多かった。
 誰かのカバーに日本語詞をつけた「新しい街」は此処でやったかな?
 東北の復興を明るく力強く歌いつつ「ガイガーカウンターを持って」という歌詞が刺さる。
 そして「パラダイス」。例の語りの部分で笑わせて客席も大合唱。
 なんか・・・この曲、最近来るんだよな。一緒に歌ってて凄くハッピーだった。

○リクオ+中川+Chabo
 さぁいよいよ3人の共演。SFUの「松葉杖の男」やジョン・レノンの「オーマイラブ」など
 色んな曲を3人で演奏。中川やリクオが歌うときはチャボさんがあまり歌わずギターに
 専念している姿にシビれた。
 チャボさんメインの「ハングリーハート」の歌詞「誰もがやりきれない想いを抱えてる」
 にはグッとくる。更には名曲「ガルシアの風」を3人で!
 「ああ、どうしようもないことなどなかったのです」の歌詞がココロにズンと来た。
直枝さんもそうだけどチャボさんも人が抱えてる重い部分、暗い部分に目を向けた
 歌詞を描いてくれる。だから好きだ。
 最後は全員で「アイノウタ」。客席も一緒に歌う。ボクも嫁も。リクオが前に出てくる。
 リクオのライブでは何度も見る風景。とてもイイ風景だ。

○アンコール
 アンコールも凄かった。3人での「満月の夕」にうつみようこが飛び入り!
 客席は大声で歌い踊る。ボクの後ろの男の人も大声で歌ってる。
 をいをいアンタの息がオレの首にかかってるだけど(^_^;
 笑顔と幸福感に満ちた空間。その中にいると・・なんか知らずに涙が出ていた。
更にはリクオ選曲で「いい事ばかりはありゃしない」!これもみんなサビを歌う。
 オレも嫁も歌う。最後チャボさんは「キヨシロー!」と叫んだ。場内拍手喝采。
 そして、ホントの最後は「光」。なんともステキな響きのピアノのイントロで始まる。
 2番目の歌詞をチャボさんが歌う。繰り返される「光は闇の中」のフレーズが響く。
 ステージ上の3人は満面の笑顔。客席も一緒に歌い、拍手し笑顔が広がる。
リクオは最後「うたのありか、此処にあり!」と叫んだ。鳴りやまぬ拍手の中、終了。

クリックすると元のサイズで表示します

実に3時間半に及ぶライブ。すばらしい歌の数々を堪能しました。ホント楽しかった。
嫁はよほど楽しかったのか、帰宅後、ボクが会場で買ったリクオのライブアルバムを聴いてた。
ボクも当然聴いてます。どの曲もゆったりとして且つピアノの響きが素晴らしい。
「はかめき」と「ソウル」聴いてると涙が出てきて困るんだが(゚゜)\バキ☆。(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示します
今日は渋谷でヒートウェイヴのライブ。当然行きます。
7年ぶりのヒートウェイヴのニューアルバムを手に入れるため。
そして最新ヴァージョンのヒロシをしかと見届けるために。
来られる皆さん、大いに楽しみましょうV(^^)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/11/10

Good-Bye 40‘s Hello 50  日々の泡(日記)

週末土曜日は会社の研修会で休日出勤。全く門外漢の内容で疲れた(-_-;
まぁ半分以上の時間は内職して自分の仕事をしてたけど(゚゜)\バキ☆。(゚゜)\バキ☆
研修終了後、嫁@パンダと落ち合って晩御飯。新橋でホルモン祭り。美味しかった〜!

日曜日、昨日と嫁@パンダがケーキを買ってくれました。
特に昨日買ってくれたケーキはネズミの形をしてカワイイ。どちらも美味しくいただきました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ケーキをみると黙っていられないのがこのヒト。クンクン匂って大騒ぎ。
ヨモちゃん、お鼻にクリームが付いてるよ(T▽T)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


昨日で‘50歳‘になりました。お祝いメッセージを下さった皆様ありがとうございます<(_ _)>
50・・・50ね。。。50だってよ?このオレが?をいをいって感じだな(^_^;

40代はそれなりに充実してた。ヨモちゃんが家族になったり家を買ったり。
一方で悲しいことも多かった。オヤジの死、友人との別れ、311、原発事故。
会社では人間関係の破綻だの修羅場だの・・いろいろ見たくないものも経験した。
でも、それでも・・・30代のときよりはマシだった。そう思いたい。

50代はどうなるのかな?40代のときよりマシに生きれるのかな?そうだとイイな。

どちらにせよ「ハッピーなことばかりじゃない」のは分かってる。覚悟してる。
波風、マチガイ、後悔。これからも山ほどあるだろう。
その度に己の無力感を呪い、ゆれてウロウロオロオロして生きていくんだろう。
一方で、どんなイヤなことがあってもイケシャ―シャ―と生きていけるだろう。

何があろうとウチに帰ればOK。ウチは楽しい。嫁とヨモちゃんと居ると笑える。
笑ってりゃ何とかなる。何とかなるんだよ。
それはマチガイない。50年生きていてわかったことだ。

週末は嫁とヨモちゃんのおかげでイッパイ笑った。
友人のメッセージに笑顔になれた。
サイコーのバースデイだった。ホントにありがとう。

50代・・・イッパイ笑って生きていこう☆ な、ヨモちゃんV(^^)
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ