2015/2/22

ボランティア初め〜福島会津に行く  東北のためできること

今週は仕事でバタバタ。強敵2部門の監査。
1つは相変わらず強い批判を浴びた。もう1つはいつもと違ってにこやかに話せた。
まぁ2連敗じゃなかったのでヨシとしよう。

去年は東北ボランティアは1月から始めた。今年もそろそろスタートしたい。
宮城県山元町、福島南相馬、幾つかツアーを申し込んだが人が集まらず中止。残念(-_-
で、昨年末参加したNPOのツアーに参加することに。今回の場所は福島県会津。ボクは初めて行く。

浦和からワゴンバスに乗って会津を目指す。若い人が多い。
常連さんのおばさんとお喋りしながら道中楽しく過ごす。
猫好きのこの方、ヨモちゃんの写真を見せると目を細めてらした(^_^:

今回の活動内容は除雪。つまり雪かき。目的地に着くと町中、雪だらけ。
屋根の上に雪が積もり道も家の壁も雪に埋まってる。
とある幼稚園の建物の周囲、入口の雪を20名程度で除雪。
シャベルで雪を掘り出し、ネコで運びだし水路に流し。
雪の無い地方で生きてきたボク。齢50にして生まれて初めての雪かき。
30分作業しただけで既に腰が痛い。肩が痛い(^_^; 今日1日ダイジョウブか?
クリックすると元のサイズで表示します

辺り一面真っ白。掘っても掘っても雪が落ちてくる。雪、結構重いぞ。
あまりの大量の雪に「これ全部はムリ」と思ってた。
でも大勢で1日作業したら、終わったときはすっかりキレイに。
雪に埋もれていた道も家の壁も顔を出しました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

1日汗を流してキモチよく動けた。
でも、此処に住んでる人は普段これだけ大量の雪の中で生きている。
会津は目立った震災の痕は見られなかったけど、仮設住宅に住んでいる方もいる。
自分が係るのはホンの1日。その他にも見えない見ていない景色があるのだ。
それを絶対忘れまい。

帰りのバスの中、参加者の人と楽しくお喋りして過ごしました。
参加者の皆さんは気さくでリーダーもキャラがオモシロい。ウン、また参加しよう。
帰宅したら筋肉痛で寝込みました。今朝も腰が痛い(^^:

次回は南相馬、閖上、山元町でツアーがあれば参加しよう。

前の日記でも書いたけど最近ボラツアーの中止をよく見る。
山元町、南相馬・・申し込んだツアーがいずれも人が集まらず中止。
来月予定の南相馬ツアーも人が集まらず早々に中止。

もうすぐ。。。4年。忘却と風化が始まってるのか。
でも、昨日参加したNPOの様に継続して福島をサポートしてる方たちもいる。
細かく探して行けば東北に行く機会は幾らでもある筈だ。

風化?忘却?そんなの世間の阿呆やメディアが勝手にほざいてるだけだ。
オレの中では「風化」は有り得ない。オレには関係ない。
だから、今年も東北に行くぜ。何度でも。


クリックすると元のサイズで表示します
(嫁@パンダがアプリで加工したヨモちゃんの写真。表紙モデルデビュー(゚゜)\バキ☆)
0

2015/2/19

さよなら、シ―ナさん  オトの記憶(CD、ライブ)

昨日は下北沢でシ―ナさんのお通夜があった。
当初、親族だけで行う予定が鮎川さんの好意で一般のファンも参加可能に。
その優しさに感激した。

シ―ナさんのラストステージ是非見届けたい。行って直接御礼を伝えたい。
そう思う一方で「俄かファンのオレがそんな大切な場に行っていいのか?」
というキモチもあった。でも、ある方の後押しがあって行くことにしました。
行かないと一生後悔することになる。それは絶対イヤだ。

仕事を定時で終え会社を飛び出し下北沢に向かう。天気は生憎の雨。
「ロック葬」の形はとるけど、「葬儀」なので一応ダークな色のスーツ、
黒ネクタイを着用した。御香典は迷った挙句やめておいた。

道中、シナロケのアルバムをずっと聴いていた。カッコいいな、いかしてるな。
もっと聴いておくんだった。もっとライブに行くんだった。
いつだってオレは間に合わない。残るのは後悔ばかりだ。

下北沢に着。道のあちこちに案内の方が立っている。丁寧な対応に感謝。
会場には雨にも係わらず多くの方が集まった。老若男女、子連れの女性も多い。

ネット上のオープンな場所に告別式の様子を詳細に書くのは控えます。
仮にも「法事」だし、既に色んなところでニュースが流れてるし。
簡単な様子と自分の感慨のみ書いておきます。

会場のあちこちに飾られているシ―ナさんの写真がステキだった。
場内にはシナロケの曲が鳴り響く。華やかで明るい空間。
ステージ(祭壇)には色んなアルバム、想い出の品、写真が飾られていた。
そして・・・シ―ナさんは眠っていた。メイクバッチリで・・・・キレイだった。

一般のボク等がシ―ナさんに逢わせて・・・逢わせていただけるんだ
鮎川さんの優しさ・・開けっぴろげさ・・凄すぎる・・思わず涙が出てきた。
お焼香し、お祈りし・・・
御礼を伝えた。何度も何度も・・・・。
此処に来れなかった友人の分も含めて(おこがましいけど)

鮎川さんにお悔やみを伝えると笑顔で握手をしてくれた。また涙が出そうだった。

その後は町内の別ホールで開催のシナロケの写真展とライブ映像を見た。
大勢のファンが集まって記帳したりメッセージを書き込んでた。
泣いてる女性、ぼんやりと所在無げな人、笑顔の人。みんな優しい表情をしてる。
シ―ナさん・・・愛されていたんだな。改めてそう想った。


帰宅した。嫁に「シ―ナさんのお通夜に行った」というと「そうか」と一言。
なぜかヨモちゃんがキスしてくれた(^_^;

悩んだけど・・・行ってよかった。
シ―ナさん、貴女は最後の瞬間までステキでした。カッコ良かったです。
そして、シ―ナさん、鮎川さん、サイコーのライブをありがとうございました。

昨日、行ってようやく踏ん切りがついた。
言えなかった追悼のコトバがやっと・・・やっと・・言える。
シ―ナさん、心よりご冥福をお祈りします。どうぞ、安らかに。
ただただ・・・ありがとうございました<(_ _)>
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

0

2015/2/15

悲しきバレンタイン  日々の泡(日記)

週末、昨日は亀有周辺をお散歩。風が強く寒かったけどキモチよく歩けました。
途中でお昼寝中の三毛さんと遭遇。中々の器量よし(^_^
クリックすると元のサイズで表示します
この日はバレンタインデー。嫁が予め買ってくれていたチョコを食す。
このチョコ、甘すぎなくて好きだな。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

そんなときに飛び込んできた悲報。
シーナ&ロケッツのシーナさんが亡くなった!

シナロケは決して熱心なファンじゃなかった。音源は嫁が持ってたCDを何枚か聴いただけ。
ライブに行ったのは過去3回。
大学時代の学園祭、数年前のコレクターズや麗蘭とのジョイントのみ。
でも、鮎川さんとシーナさんお二人の佇まいは好きだった。
2人ともステキでカッコよくて・・・お似合いの「ロック夫婦」だった。

信じられないし信じたくない。追悼なんて云いたくない。
でも今朝の新聞のおくやみ欄にシーナさんの写真が載っていて、各所に寄せられる
追悼コメントを読んで・・ようやく「ホントなんだ」と分かった。

。。。なんで神様はオレが好きな人ばかり、向うに連れて行くんだ!ふざけんな、許せない。


ビクターの発表コメントと鮎川さんのコメントを読んで泣いた。
奥様が亡くなった日にすぐファン向けのコメントを出したうえ、取材も受けている。
なんて気丈な・・・カッコいいヒトだろう。
でも、その心中の痛み、如何ほどのモノだろう。想像つかない。
ともかく・・・今は・・ゆっくりと、ゆっくりと休んでください。
https://www.facebook.com/jvcmusic/photos/a.124082151004423.30737.108654495880522/783560938389871/?type=1&fref=nf

今朝、シーナさんの自伝を読んだ。あとがきの文章が・・ステキで・・また泣いた。

「振り返っても、未来を見ても、いつも最高。ロックは愛よ!
愛がなければ何も生まれない。また何度も何度もライブで逢いましょう」

クリックすると元のサイズで表示します

最後まで貴方はカッコよかった。ただただ・・・ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します

ヨモちゃん・・・さみしいね。
今夜は「シナロケ祭り」をしよう。・・・な。
0

2015/2/11

ここより北へ 石川直樹+奈良美智  Art・本・映画

休日。今日は嫁と青山ワタリウム美術館に展覧会を観に行きました。

「ここより北へ 石川直樹+奈良美智」
http://www.watarium.co.jp/exhibition/1501ishikawa_nara/

昨年の夏、奈良さんと石川さんが北海道やサハリンを訪ねて撮影した写真展。
ワタリウム美術館は10年以上前に何度か来たことがある。
独自の企画で様々な展覧会を催している。
今回は奈良さんは写真の提供のみ。絵画もオブジェも展示はなし。勘違いしてた(^_^;
クリックすると元のサイズで表示します
先ずはアイヌと関連する土地の訪問記録。残ったアイヌ族、その独特の生活スタイル。
狩られたシカの死体。途中に挿入される北海道の美しい景色。

続いては奈良さん、石川さんの私物。本、レコード、様々な写真集。
奈良さんの持ってるレコードが洋楽プログレとか結構マニアックな内容が多いのに笑った。

最後はサハリンで撮影した写真。ロシア系、アジア系様々な国の血をひいた人々。
美しい景色。民族衣装。女性の素朴な笑顔。

最後は2人の撮影したスライドを見た。展示されていないけどステキな写真も多い。
1回チケットを購入すれば期間中、何度も入れるみたい。また来よう。
嫁も楽しんだ様子。

その後は青山周辺を散策。ステキな手作り家具屋さんをウォッチしたり。
さすが青山、オシャレなお店が多い。こんな素敵な看板のお店もありました。
クリックすると元のサイズで表示します
あちこち歩いているうちに、いつの間にか「岡本太郎記念館」に着いていた。
TAROに呼ばれたか?(゚゜)\バキ☆。。(゚゜)\バキ☆。

入ろうか?とも思ったが混雑してるので断念。真っ直ぐ帰宅。

ここ最近深夜残業続きで疲れ気味。あと申し込んだ東北ボランティアツアーが立続けに中止。
ちょっと悪い気の流れを感じてた。
けど、青山でステキなアートに触れて気が晴れました。
ウン、良いアートは「邪気払い」にうってつけだ。

仕事も今んとこ大きなトラブルも無く順調。このまま安穏無事に行ってほしいな。
陽気も良くなってきた。ヨモちゃん、早く春が来るとイイね。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ