2015/3/22

器と猫力  

もうすぐ年度末。仕事が極めて順調に進んでいる。
毎年クレームをつけられる部門の監査も揉めることなく終わった。
その他の仕事も多少の波はあるけど、まぁ何とか凌いでいる。
オレのスキルがあがったのか?そんなワケない。
50になって単に「気にしなくなった」んだろう。仕事で落ち込むなんてアホらしいし。

週末の休み、毎月恒例の近所のゴミ拾い。今回は大き目の袋を用意した。
そうすると、いつもよりデカいゴミが出てくるわ出てくるわ。
いつもの小さい袋だと諦めて拾わなかった。でも今日は袋が大きいので余裕で拾ってゆく。
そのときフと思った。「器が大きいと、その器に見合った障害が起きるのでは?」と。

仕事もそう。出来る奴に仕事が集まる。出来る人はどんどん大変になる。
でも出来ない奴、仕事しない奴はいつまで経っても楽、何もしないで遊んでる。
それって不公平、理不尽だと思ってた。
でも、そうじゃないのかも。「器」が大きいから、その分色んな試練が出てくるのかも。
会社の同僚、S君なんて正にそう。大変な仕事を1人でチャンとこなしてるし。

オレ?オレは・・・別に器なんてデカくなくてイイ。
試練は器を大きくするための試練だって?要りません。成長なんて興味ないし。
クリックすると元のサイズで表示します

お昼から嫁と谷中周辺を散歩。そしたら猫さんが出てくる、出てくる。
谷中霊園でお墓の横で白い猫さんがお昼寝。
更にはとある通りで猫だまりに出逢う。この白黒は「にゃぁ」と鳴いて少し遊んでくれた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
今日は青砥〜高砂〜柴又周辺を散歩。
クリックすると元のサイズで表示します
そうするとまたまた猫さんが出てくる、出てくる。全部で20匹くらい会ったかも。

嫁@パンダは「どうだ?ワタシの『猫力』は?」と鼻高々。
ハイ、キミにはとても敵いません。嫁の「器の大きさ」に猫さんが寄ってきたんでしょう(笑)

嫁の「猫力」の集大成=ヨモちゃん。
クリックすると元のサイズで表示します
最高傑作です。(←親バカ^_^;)

さ、明日からまた仕事。今週でいよいよ年度末。
その前に2つ面倒なプレゼンが待ってる。揉めないとイイな。
ともかく穏便に済んでくれればそれでイイ。「そこそこ」でイイんです。

クリックすると元のサイズで表示します
(「パンダちゃん、こいつ、ちっちゃなオトコにゃ」)
0

2015/3/16

ヨモちゃん6年目とコレクターズ  

昨日3月15日はヨモちゃんが我が家に来た日。
6年前のこの日、ヨモちゃんは我が家の一員になりました。
この写真はウチに来た時のヨモちゃん。ちっせぇ〜!
クリックすると元のサイズで表示します
これは現在(いま)のヨモちゃん。6年経って大人の男になりました。(^_^;
クリックすると元のサイズで表示します
でも、相変わらずの甘えっ子ですが。(^^;

昨夜はヨモちゃんがウチに来た記念日ですが、ボクも嫁@パンダもお出かけ。
夜はコレクターズのクアトロマンスリーライブがあるので。
そういえば去年のこの日もボクはカーネーション、嫁はコレクターズのライブに行ってたな。
ゴメンね、ヨモちゃん。(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆

2月から6月まであるコレマンスリー。ボクは2月と6月に参加。
「Power Of Love」から始まりそのまま「3Dメガネ」へ突入。カッケー!
中盤ロックオペラなんてレア曲の演奏があった。
アルバムは数回聴いただけ、ライブで聴いたのは初めてだけどカッコいい。
後半からアンコールは加藤クン、弾けまくってた。嗚呼、楽しかった。
コレワンマンライブ初体験の友人も楽しんだ様子で何より。

帰宅するとヨモちゃんは寂しかったのか、嫁@パンダにスリスリ甘える。
キミはホントに嫁が大好きなんだねぇ。
でも最近はボクの横で眠ったりボクの頭にチュってしてくれたし少し仲良し♪
これからも仲良く暮らそうな。

今日は定期検査で会社はお休み。昨日ライブで暴れたせいか、数値は順調♪
昨日出来なかった分たっぷりお祝いしましょう。
ヨモちゃん、サイコー!ヨモちゃん万歳!ヨモちゃんブラボー!
(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆

クリックすると元のサイズで表示します
(おとなのオトコです♪)
0

2015/3/15

福島南相馬ボランティア記  東北のためできること

昨日は福島県南相馬にボランティアに行ってきました。
先月、とある旅行会社のボランティアツアーに申し込んだけど人が集まらず中止。
別の団体のツアーも同様の理由で中止。
何とか相馬に行きたくて探しているうちにボランティア団体「援人」のツアーを見つける。
金曜日の夜、東京駅前に集合してワゴンカーで福島に向かう。参加人数10名。
常磐道が開通したこともあって思ったより早く到着。

南相馬にボラに行くのは昨年4月以来。すっかりご無沙汰。スマン<(_ _)>

今回の作業場所は小高区。その前に原町区の津波の被害跡や慰霊碑を見学。
いつも参加の旅行会社ツアーだと原町区の様子はあまり見ない。
原町区は被害が少なかったのかな、と思ってたがトンデモナイ勘違いだった。
土地は荒れ、多くの方が亡くなっている。今回、これを視てよかった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
小高区に入ってボランティアセンターでセンターリーダーの講話を聞く。
南相馬の状態も色々変化があったことを知る。そして作業場所に向かう。
今回はある農家さんのお宅で籾殻の撤去作業。
宅地内に山ほど或る籾殻を除去し除染処置をするための準備作業。
((注)籾殻の除去作業のみで「除染」は行ってません))

ここに住んでいた方は原発事故の影響で避難している。小高区は現在誰も住んでいない。
昼間の帰還は許可されているが、夜間は禁止。放射能線量も決して低くは無い。
((注)1日作業したくらいでは影響の無い数値レベルです))

リーダーの指示のもと、籾殻を集めてトン袋に積んでいく。
最初は元気よく作業できたが、後半はかなりバテた(^_^;
トン袋が重くて運んでいるうちに足腰が痛くなりフラフラ、情けない。
でも、力いっぱい作業ができた。
半日作業して30個近くのトン袋が出来たが、全部は終わらなかった。残念。

作業はメンバー間でお話しながら楽しく出来た。
でも・・南相馬の現状・・正直去年4月来たときより復旧が進んでいるとは思えない。
(あくまでボクが「視た部分」では)
放射能の線量、避難者に対するある部分でのケア不足。課題は多い。
その話をしたときリーダーは悔しそうだった。

帰りは二本松で「浪江焼きそば」をいただく。いつもはSAで食事なので地元のお店で食べるのは嬉しい!
大盛りを頼んだけど食べきれず残してしまった。スミマセン、でも美味しかったよ♪
東京駅に到着して解散。再会を約して別れる。

帰宅後、録画していた「東北Z まちのうた」を見る。
相馬をモチーフにしたくるりの歌「SOMA」についてのドキュメンタリー。
知人のレコード屋さんが大々的にフューチャーされていたのが嬉しかった。
フレスコキクチ、蔵菊地蔵、松川浦、自分が行った場所も沢山出てきた。
ウン、相馬もまた行こう。

福島南相馬・・色んな問題がある。前に進めない部分もあろう(勿論、前に進んだところも)
避難している方の苦しみ、残って暮らしている方の逡巡・・・オレなぞには想像つかない。
でも・・それでも福島はステキだ。良い処が沢山あるし楽しい発見が沢山ある。
行くたびに好きになる。
相馬、南相馬は仙台と並んでオレにとって大切なピンポイントだ。

写真は南相馬の空、サイコーにキレイだ。
また行こう。この空に逢いに行こう。☆
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2015/3/13

元春35周年アニバーサリー前夜祭「Tonight Show Featuring Motoharu Sano」  佐野元春

今年は元春デビュー35周年。この前、30周年を迎えたと思ったら、あれから、もう5年経ったのね。
ここ最近、急に元春の活動が活発になってきた。新曲発売、そして35周年キックオフイベント。
ハコはお馴染恵比寿リキッドルーム。会社を定時で脱出して行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
場内はギッシリ満員。1階フロアの後方に嫁と陣取る。
昔はこの規模のハコで元春見れるなんて考えもしなかったなぁ(^_^;
でも、ホールで見るよりライブハウスで見る方が好きだな。

第一部は元春とコヨーテバンドのライブ。「誰かが君のドアを叩いてる」「ポップチルドレン」
というレアな曲でスタート。「ポップチルドレン」はバンドによる演奏は初めてかも!
どっちもコヨーテバンドらしいソリッドな演奏。アッキーが楽しそうにギター弾き倒す。
ここで一息。佐野クン、急に「ご隠居話」を始める。相変わらずの不思議さ。(T▽T)
と思ったら現在の政府のやり方に皮肉を言って「国のための準備」に突入!
ギター2人のワイルドな演奏に血が逆流する。
今、このタイミングでこの歌を歌う。佐野クンなりの「異議申し立て」なんだろう。

そこからは進行がグダグダ。佐野クン、何度も曲順を間違えて確認してた。(T▽T)
新曲「君がいなくちゃ」も当然演奏。瑞々しいメロディ。
これを10代で書けるってスゴすぎ。そして10代で書いた曲を今、何の衒いも無く歌える。
そのことに驚く。

元春は35年を迎えたことに「35年間、ボクを友だちのように扱ってくれてありがとう。
おかげでさみしくなかった」と御礼を言う。いえいえ、こちらこそ助けて貰ってます。
ただ、佐野クンとプライベートで友人になりたいか?はちょっと勘弁(^_^;
ライブは「La Vita e Bella」で終了。この曲を聴いてると知らずに拳を握ってる。
7曲、40分程度。短かったけど充実したライブだった。80年代曲一切なしが何とも潔かった。

第二部は落語家立川志らべさんとのトークイベント。志らべさん自身、ファンだそう。
志らべさんの元春をネタにした小噺に爆笑。細かい処までよく知ってるなぁ。
そして元春が登場。「ソングライターズ」よろしく志らべさんとトーク。
志らべさんの「佐野さんは吉野家に行ったりするんですか?」の質問にウケる。
それからも繰り出す質問が一々ツボをついてくる。ああ、このヒトホントにファンなんだ。
しかも現在の作品もチャンと聴いて自分なりの解釈を持ってる。
落語家だけあって佐野クンの歌詞についての分析も独特。
その辺の音楽評論家のインタビューより余程オモシロい。

印象的だったのは度々「下町気質、江戸っ子気質」が話題になったこと。
特に志らべさんが「佐野さんが言う『Cool』は落語で言う『粋』に通じる」との発言に
元春が「ボクは『正しいか、悪いか』で決めない。『粋か?野暮か?』で決める」
と言ったこと。これは凄く腑に落ちた。
さっきの「国のための準備」もそうだけど元春はクドクドと自己主張しない。
「NO!」も「Why?」も全部歌で語る。そこに何とも「粋」を感じる。

何でもかんでも「正しいか、間違ってるか」で判断してちゃ息がつまる。
「正義」や「Love & Peace」は他人を傷つけて貶めるために使うものじゃない。
「ツマンナイ正義」よりも「オモシロいあやまち」だってあるんだ。
二項対立はツマンナイ。野暮だ。だから、そこには行きたくない。住みたくない。

最後に今後の計画が発表。シングル、アルバム発売、ツアー、詩集その他。
をいをい、元春ダイジョウブか?ま、楽しみが増えて嬉しいけどさ(笑)
ああ、楽しかったな。行って良かった。嫁も堪能した様子。

そして、今日は佐野クン59歳のおたんじょうび!おめでとう!!
来年で還暦かよ?マジですか?
こんな60歳が・・・いるのか?信じられない。まさに「少数民族」。
ファンになって30年。今後もついていきますぜ。

元春の歌をお供に今夜旅に出ます。さぁ始めるぜ。オレの4年目を☆
じゃ、行ってくるね。にゃにゃん☆
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ