2015/4/26

府中市美術館「動物絵画の250年」  Art・本・映画

今週も仕事でバタバタ。かなり疲労が溜まってる。
週末の土曜日。午前中は恒例近所のゴミ拾い。音楽を聴きながらゴミ共を抹殺。
ゴミ拾い中、色んな猫さんに遭遇。あるお宅の窓辺でお昼寝してる猫さんが何ともカワイイ♪

午後からは嫁@パンダと府中市美術館に「動物絵画の250年」展を見に行く。
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kikakuten/kikakuitiran/dobutu250.html
主に江戸時代の可愛らしい動物の絵を集めた展覧会。
チラシの虎さんのニヤリと笑う顔に惹かれて行ってきました(笑)

東府中駅で降りて少し歩いて美術館に到着。
クリックすると元のサイズで表示します
中に入ると早速、件の虎が笑顔で迎えてくれました。(T▽T)
クリックすると元のサイズで表示します

中に入ると古今東西の可愛い動物の絵が所狭しと溢れてる。
円山応挙、司馬江漢、歌川国芳、伊藤若沖、錚々たるメンバーの作品が並ぶ。
どれも可愛らしくてユーモラス。観てるお客さんも皆笑顔。ボクも嫁も笑顔。

虎コーナー。どれも虎というより大きな猫。眉毛が太くて勇ましくて。
なんかウルフルズのトータス松本っぽい(^_^;
嫁@パンダは片山楊谷「竹虎図屏風」の虎がヨモちゃんぽいと笑う。
ボクは某俳人が描いた白い虎の絵がお気に入り。テキトーな線、笑った笑った。

他にも伊藤若沖の河豚と蛙の相撲の絵には爆笑。
更には三浦樗良(ちょら)の「双鹿図」のテキトーすぎる線には大爆笑
嫁@パンダ曰くSMAPの仲居クンが描いたみたいな絵だとの事。確かに!(T▽T)
最後は円山応挙の描く可愛い子犬の絵に癒されました。
クリックすると元のサイズで表示します
あ〜楽しかった。「笑えるアート」ってホントいいな♪
アートなんてムツカシイ顔して考えて見るモンじゃない。笑って楽しめばそれでイイ。

美術館を後にして公園内を散歩してると味のある猫さんに遭遇。
新緑の中に佇む猫さんの姿が何とも美しい。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

帰宅して酒を呑みながら寿司を堪能。
我が家のヨモちゃんが何ともカワイイ顔で嫁@パンダに甘えまくり。
ボク?簡単に籠絡されました。(T▽T)
今日は色んな猫さんに会ったけどこのコが一番の傑作です!。(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示します
明日からの仕事をがんばったら、その後はいよいよ待望のGW!
イッパイ休める!ヨモちゃん、たっぷり遊ぼうな☆
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ