2015/6/29

ソウルフラワーユニオン&うつみようこ「『アーリー・メスカリン・ドライヴ』発売記念ツアー」  オトの記憶(CD、ライブ)

メスカリンドライブの初期音源を集めたアルバムが出て、ソウルフラワーユニオン(以下SFU)のツアーにうつみようこさんが参加。
ここ最近、色んな所でうつみさんを見る場面が増えてる。
SFUのLIVEはカーネーションとのジョイント位しか見たことが無いのでワンマンLIVE
だとどんな感じになるのか興味があって参加しました。
因みにボク、NEWEST MODELは結構聴きますがSFUもメスカリンも詳しくありません(^_^;
ハコは下北沢Gareden。大森靖子嬢から花が届いていた(奥野が大森さんのサポートをしてる)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

場内は超満員。ボクと嫁@パンダはフロア後ろに陣取る。
メンバーが登場し先ずは「サヴァイヴァーズ・バンケット」からスタート。
その後も「歌は自由をめざす」「風の市」等、知ってる曲が演奏されて安心。
中川の書く曲は知らなくても「正しい大衆音楽」って感じで親しみやすい
メロディで一緒に歌える。ある意味、桑田さんに通じるメロディメーカー。
途中でうつみさんメインの「メスカリンドライブ」コーナー。
うつみさん、堂々と歌う。普段ゲストで見るときの柔らかさとかまた違う感じ。
ジャニス・ジョップリンを彷彿とさせるロック・クィーンぶり。
メスカリンの曲は全然知らないけど70年代ロックの匂いに満ちた熱い感じ。

中川もメンバーも楽しそう。中川がギターソロを弾く前に「俺!」と紹介したのは笑った。
「満月の夕」にまつわる話には色々考えさせられた。この曲が出来て、もう20年・・。
うつみさんがコーラスし中川が歌い客が踊る。横浜で見たヒロシの歌うこの曲を想い出す。
ボクは何となくSFUの「満月の夕」を「陽=人生賛歌」、ヒロシのそれを「影=痛みの歌」
みたいに捉えてたけど中川の想いを聴いて、単純にそう言い切れないと感じた。

それにしても今月2回「満月の夕」をLIVEで聴いた。
横浜でヒロシ、チャボさん、うつみさんで。そして今日、中川、うつみさんで。
これの意味するのは「東北に行け!」って事だ。当然行きますよV(^^)

後半はもう大爆発!客席は飛び跳ね踊る。あの中に飛び込む度胸は無い(^_^;
ニューエストの「ソウルフラワークリーク」が歌われたのは嬉しかった!
バンドでの「ロックンロールニガ―」はサイコーにカッコよかった!
鳴り止まぬ拍手に2度のアンコール。最後はメスカリンの曲で締め。
嗚呼、楽しかった。
メスカリンのファンの嫁@パンダも満足した様子。

物販コーナーでSFUのミニアルバムを買う。
キヨシローやマイケル・ジャクソンのCOVERが収録されていて中々の好盤。
何よりジャケの猫さんがカワイイ♪

凄く楽しいライブだった。曲を知らないけどホントに楽しめた。
お客さんのノリもよかった。東京のライブでここまで盛り上がるお客さんも珍しいのでは。
SFU、想像以上に素晴らしかったな。機会があればまた見たい。
ヒートウェイヴやカネ、コレとジョイントしないかな?

それにしても、昔なら中川・・・絶対聴かなかった。
この数年でヒロシ、リクオ、チャボ、ディープな日本のロックにハマってるな。
7月はリクオ、Leyona、佐藤タイジのジョイントライブに行く。
ここでもまた新しい出会いがあるかも。楽しみだ☆

ヨモちゃん、オンガクってやっぱイイね!ロックンロール万歳!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2015/6/28

カーネーションLIVEとおたんじょうび  カーネーション

金曜日夜は嫁とカーネーションのLIVEを観に行ってきました。
会場は渋谷WWW。カネは今年初めてのワンマンLIVE。ゲストは松江潤とうどん兄弟。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
いきなり「さみだれ」で開始。後半の荒々しいギターソロに熱くなる。
ヒット曲、初期の曲は殆どしないレア曲満載のライブ。
松江潤の轟音ギターを加えて
ひたすらラウドなサウンド。
ポップな「ごきげんいかが工場長」が矢鱈グランジに変身してた。
「やってられない」想いを歌った新曲の「欲しかったのは自由、でも自由って何だ?」
の歌詞が刺さる。「ヘヴン」のイントロが鳴った瞬間、理性が飛んだ。狂った。泣いた。
うどん兄弟も加わっての「Edo River」「ロックゾンビ」「夜の煙突」で踊り狂い笑う。
異物を取り入れ過去に囚われない実験の場。直枝さんはひたすら笑ってた。
サイコーで最強、最狂のバンド、直枝さんの凶暴なギターを浴びてオレの中に巣喰ってた
ゴミや澱、邪気が吹っ飛ぶ。行って良かった。観て良かった。

因みに今回参加のアイドル「うどん兄弟」。生で見るのは2年前のカネトリビュート以来。
普段、アイドルは聴かないし(^_^; でも歌は巧いし踊りも完璧!
何よりチャンとカネの歌を理解し愛情と敬意を持っていることに好感を持った。
直枝さんや佐藤優介が書いたオリジナルも良かったな。聴いて観ようかな?(゚゜)\バキ☆


金曜日は嫁@パンダのおたんじょうびでした。何歳だっけ?(゚゜)\バキ☆
「おめでとう」というと「おめでたくないよ。おめでたいのはキミのアタマの中だ」との事(^^;
いやいや、おめでたいさ。1年間、大きなトラブルも無く元気で居てくれた。それで十分。
ヨモちゃんは嫁のおたんじょうびが分かるのか、矢鱈嫁に甘える。仲良し♪
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

金曜日はライブでお祝い出来なかったので昨日はアキバの居酒屋でお祝い。
美味しい肉と魚を食べて嫁@パンダは楽しそう。ホントに美味しそうに食べる人だな。
見てると楽しい。帰宅すると夕暮れ空が美しい。2人でバースデイケーキを美味しくいただきました♪
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
今夜は下北沢でソウルフラワー(Guest:うつみようこ!)のLIVEを観に行ってきます。
当然、嫁@パンダも一緒に。

嫁と一緒に暮らしていてありがたいのは、こうやってLIVEを一緒に楽しめる事。
カネもコレも嫁の持ってるアルバムを聴いて好きになった。
2人の好みが全く違ってたら、こんな風に一緒に楽しめなかった。
何より2人とも元春のファン♪元春の音楽の楽しさを共有できる。それがウレシイ。

ヨモちゃん、ウチに来てよかったね。
嫁@パンダは最強でサイコーに愉快だもんね。ウチに居て楽しいだろ?
オレたちは最強の家族だ。これからも仲よく暮らそうぜ☆
クリックすると元のサイズで表示します

(オマエら、オレをおいてまた遊びに行くにゃ。中川よりオレの方がオモシロいのに)
0

2015/6/18

『ソレダケ / that's it』  Bloodthirsty Butchers(ブッチャ―ズ)

現在、「ソレダケ」という映画が公開され話題を呼んでいる。
監督は石井岳龍(ex:石井聰互)、染谷将太、水野絵梨奈、渋川清彦、村上淳 / 綾野剛。
そして・・音楽はbloodthirsty butchers、ブッチャ―ズ!
http://soredake.jp/
元々は2年前にブッチャ―ズがアルバム「youth(青春)」を製作している段階で
石井監督にアルバムをモチーフにした映像制作を依頼していたが、吉村さんの急逝で中断。
その後石井監督が当初の企画と内容を変えて映画化にこぎつけたもの。
タイトルはブッチャ―ズの曲(アルバム「未完成」収録)から取られた。
作中の音楽、ノイズは全てブッチャ―ズの手に成るもの。吉村さんも少しだけ映ってる。

ブッチャ―ズの音楽を使用ということでこの映画興味があった。
昨夜仕事の後に行ってきました。会場は新宿シネマート。客層は若い女性が多い。
クリックすると元のサイズで表示します
写真は入口に飾ってあったギターと酒樽。オープニングパーティでギターで酒樽を割ったとか。
イイね!V(^^)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

開始早々、いきなりの爆音。音・・デカイ。デカ過ぎ。スクリーン上に吉村さんの轟音ギターが響く。
音が大きすぎて台詞が聴き取れない。思い切り笑わせてもらった(T▽T)
親に捨てられ戸籍も売り飛ばされ底辺で生きる青年大黒(染谷君)風俗嬢として生きる阿美(水野さん)
大黒がある機密情報を手に入れたことで2人はギャング千手(綾野クン)に狙われる羽目になる。

ストーリーはあって無いようなモン。設定も展開もメチャクチャ。でも、そんなのどうでもイイ。
ブッチャ―ズの爆音に乗って疾走する男たち。繰り返される暴力。流される血。
どいつもこいつも狂ってる。吉村さんの歌とギターに煽られ暴走する映像。カッコいい。
後半、大黒が未来を手に入れるために銃を手にするシーンに「10月」「アンニュイ」が
重なるシーンは戦慄が走った。
銃をぶっ放し闘う大黒の姿に「もっと行け!やれ!」「ナメられてんじゃねーぞ!」
「殺っちまえ!」とココロの中でエールを送ってた。r(^^;

ラスト・・も凄かった。「死んでも生きる」「死んでも負けない」。
大黒の意地、しかと見せて貰った。そして、それはそのまま吉村さんのスピリッツだった。

終わった後、爽快な気分で劇場を出た。凄い映画だった。過剰、激烈、騒々しい。
まるでライブを見たあとみたいにカラダ中が痛い。でも何かニヤニヤしてる。
オレは残念ながらブッチャ―ズのLIVEをナマで見たことは無い。
でも、今日、別の形で体験できた。満足。

帰りはウォークマンでブッチャ―ズを大音量で聴いた。そして考えた。
大黒も阿美も千手もみんな自力で立って生きてた。
運命だの神様だのを当てにせず、諦めずに立ち向かってた。オレはそれに撃たれた。

先日の日記で、悲しみや痛みと共に生きていくことを誓った。それ自体はイイ。
もう会えないのは仕方ない、それは変えようがない。

でも、でもさ、ホントに居なくなったのか?消えたのか?
オヤジも、友人も、キヨシローも、どんとも、佐藤クンも。
そんなの誰が決めた?世間か?神様か?
よせよ。神様なんて唯のペテン師だ。信用できん。
キヨシローやどんとや佐藤クンの歌は色んな場所で聴けるし、
オレはオヤジと友人と毎日話してる。(返事は無いが^^;)

カラダは確かに消えた。でも、オヤジも友人も「居る」のだ。確かに。
「オレのココロの中で生きてる」とかそんなロマンチックな話じゃない。
オレが「居る」と思えば、それが「事実」なんだ。それを決めるのは「オレ」だ。
「消えても無くならない」「喪っても終わらない」。アタマの中では何だって出来るんだ。
神様も世の中の決まりもオレのアタマの中は変えられない。ザマぁ見やがれ。V(^^)
オヤジも友人も何処かに居る。ただ「会えない」だけだ。オレはそう信じてる。

この映画、現在(いま)このタイミングで見れて良かった。
石井監督&カッコイイ役者の皆さん、スタッフ皆さん、活かした映画をありがとう。
そして・・ブッチャ―ズ、吉村さん、サイコーだぜ。これからも、ずっと聴くよ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2015/6/15

オレの友だち  日々の泡(日記)

「君に会えなくなり 前より近くに感じるのは どうしてなんだろう?」(山口洋「Alone Together」)
「この哀しみを忘れたくない この胸の痛みを失いたくない」(リクオ「はかめき」)
「自分より先に死んだ者たちと共に生きてみよう。」(木皿泉「昨夜のカレー、明日のパン」)



今日は友人の・・・命日。1年前の今日、友人との突然の別れが来た。
今日は1日ダメだった。何もしたくない。人と話したくない。機械となって仕事した。

彼女(とも)と知り合ったのは15年前。元春とネットを通じて知り合った。
偶にしか会わないけど、会うと楽しく話せた。頭の良いユーモアに溢れたヒトだった。
ボクが以前やってたHPに書いた文章を褒めてくれたのは嬉しかった。
ボクと嫁@パンダとの結婚を知らせた時に直ぐ返事が来た。
「ながわさんとリラさんからのお知らせメールがほぼ同時に届いたよ!いやぁ目出度い!」
と喜んでくれたっけ。

彼女は絵を描く人だった。ボクも嫁も毎年秋、彼女が出展する展覧会に行くのが楽しみだった。
ボクは彼女が描く強い線が好きだった。絵の感想を送ると、とても嬉しそうだった。
1度だけ我が家に来たことが有ったな。ヨモちゃんと遊んでくれた。ヨモちゃん懐いてたな(^^
オレが作った下手なたこ焼を「それ、食べたくな〜い」と笑ってた。
ずっとこんな風にゆるい付き合いが続くと思ってた。そう思い込んでた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・それがこんな風にいきなり終わるなんて。


あれから1年。1年経った。1年経っても、オレは未だにその不在を受け容れられない。
・・・悲しみも痛みも消えない。夜いきなり叫びたくなる。哭きたくなる。
ココロが落ち着かずいたたまれない。どうしようもない。
1年前のあの日から未だに前に進めてない。オレのココロの何%かは1年前で留まったままだ。

だけど・・それで・・・何がイケナイ?仕方ないだろ?大切な友だちなんだから。
いなくなって悲しいのは当たり前だ。悲しいのは、痛いのは「友だちだった」証だ。
ならば・・・悲しみや痛みと闘うのは、抵抗するのは、もうやめだ。
悲しみや痛みは敵じゃない。大切な「トモダチ」だ。だから消さない、忘れない。
苦しいから、痛いからって邪魔者にしたり除け者にしちゃぁ可哀想だ。

だから・・オレはこの悲しみと痛みと共に生きていこう。一緒に生きていくんだ。そう決めた。

もし、そっちが飽きたらいつでもウチに来いよ。
キミが来たら、嫁@パンダもヨモちゃんも喜ぶだろう。ウチはいつだってウェルカムだ。
今度はオレが作った下手なたこ焼を食べてくれよ(笑)

どこに居ようが、オレたちは友だちだ。オレたちはいつだってキミの味方だ。
これまで、ありがとう。これからもヨロシク頼むぜ。いつか・・また逢おうV(^^)

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ