2016/2/28

Yamaguchi Hiroshi (HEATWAVE) 2016@横浜サムズアップ  山口洋(HEATWAVE)/仲井戸Chabo麗市/RIKUO

先週の金曜日はセキュリティの定期審査。毎年恒例の行事。
ボクの担当部分は特に指摘は無く無事終了。
審査官の方は凄く褒めてくださったが、一点アドバイスをいただく。自分の一番苦手な事。
数年前に取り組んで大失態。それがトラウマになって以来二度と取り組んでない。
でも、自分の年齢とキャリアからいけば当然やるべき仕事。うーん、でもなぁ(-_-;

重い気分を引きずって横浜に向かう。横浜サムズアップで山口洋のソロLIVE。
海外旅行から帰ってきたヒロシの今年初のLIVE。
クリックすると元のサイズで表示します


(セットリスト)(友人がSNSに挙げたものをいただきました<(_ _)>)
1.HAPPINESS、2.トーキョーシティヒエラルキー、3.ガールフレンド、4.雨の後 路は輝く、
5.Don't look back、6.Life goes on、7.Hotel Existence、8.オリオンへの道、
9.(新曲)ティンブクトゥ、10.(新曲)BLIND PILOT、11.(新曲)それだけでいい、
12.(新曲)ジギーと星屑、13.冬の朝、14.ボヘミアンブルー
(アンコール)15.裏腹、16.STILL BURNING、17.満月の夕

ヒロシは何とサングラスをつけて登場!久しぶりのLIVE
が嬉しいのか、ともかく喋る。ギターソロも延々演奏(^_^;
今日は「歌いたい歌を歌う」ということで最近のLIVEで演奏されていない曲を演奏。
「ハピネス」「トーキョーシティヒエラルキー」なんて久しぶりにライブで聴いたな。
この日の「Life goes on」は「松ヴァージョン」で超高速の演奏。
ライブで何度も聴いた曲だけど、今まで聴いた中で一番良かったかも。
でも曲の最後に「にゃー」とか「ワンワン」とか言ったり妙なポーズをして
曲の良さをぶっ壊すヒロシ(T▽T)

「Hotel Existance」をやる前にヒロシは「オレの歌に救いを求めるなよ。大体、
オレの歌って出口が無いだろ?」と笑う。
確かに「たどり着いた先は墓場だった」みたいな歌詞が多いよな。
でも、歌に夢や希望を求めてる人ばかりじゃない。
「救いが無い、出口が無い」と言い切って貰った方が救われる事だってあるんだ。
オレはこの日のヒロシの歌、ギター、失笑トーク(笑)に十分「救われた」よ。

後半は新曲が続く。歌のモチーフはアフリカ、離れた人への想い、盲目の人のスキー、
そして・・D.ボウイ。
ボクが好きになったのは片足や盲目でスキーをする人にインスパイアされて書かれた
という「Blind Pilot」。「できないことなんて無いんだよ!」って言うヒロシのコトバ
が印象的だった。

新曲、どの曲もポップで聴き易い。ヒロシの描くメロディの良さを改めて認識した。

アンコール最初はリクエストコーナー。ボクがリクエストした「Alone Together」は却下(T▽T)
でも友人リクエストの「裏腹」が聴けたのは嬉しかった。まさか、ソロでこれが聴けるとは!
最後は「満月の夕」。
ヒロシは「以前はあまり歌わなかったけどこれからはどんどん歌う」と言っていた。
来週、福島に行くのでその前にこの曲を聴いて気合いが入った。ウン、聴けて良かった。

そして・・思った。苦手な仕事にも挑戦してみようか?と。
いきなり100%はムリ。でも、少しづつ出来るように準備をしていこう。
同年代のヒロシが色々挑戦してる。
なのに、オレは何もせず白旗挙げて逃げるのは・・癪だしなV(^^)

楽しいライブだった。ヒロシのLIVEでこんなに笑ったのは初めて。
新曲も素晴らしかったしアラバキも楽しみだ。
ただ、一言苦言を・・ヒロシ、キミのギャグ・・旧くないか?
(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆

クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/2/13

村上隆「五百羅漢図」と「HAPPYな日本美術」  Art・本・映画

2/11の休日は嫁@パンダと六本木森美術館に行く。
村上隆「五百羅漢図」展を観るため。
http://www.mori.art.museum/contents/tm500/
村上さんのアニメ萌えキャラをモチーフとした作風はあまり好きじゃないんだけど
日曜美術館で特集を組んでいて、これはかなり気になっていた。
入るまではかなり待たされたけど、入ってからはゆったり見れました。

なお、今回展覧会は作品の撮影・SNSへの投稿は自由との事。
広い会場なのにデカい作品が所狭しと並ぶ。どいつも強烈なインパクト。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
過去の作家、アニメ、漫画のオマージュ、影響をを隠さないのは現代作家ならでは。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
「五百羅漢図」・・壮大にして過剰で出鱈目。太郎さんの「明日の神話」を思い出した。
村上さんは311を切っ掛けにこの作品の創作を思い立ったそう。
さも、ありなん。漫画っぽいキャラだけど、これは明らかに「宗教画」だ。
漫画デビルマンのラスト、人類が滅びた世界に神や天使が舞い降りるシーンがある。
こいつ等がそのイメージに重なった。人間が消えた世界に蠢くのはこんな奴等だろう。

最初は写真を撮るのに一生懸命だったが、そのうちひたすら視てた。
「撮る」よりも「視る」方が大事。こんなべらぼーな奴、チャンと見ないと勿体ない。
五百羅漢以外にも、カワイイ動物、繰り返される髑髏。多面的に楽しめた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
帰り、嫁@パンダとひたすら「凄かったね」と話す。
まさに「体験するアート」、視て良かった。

今日は恵比寿の山種美術館に「ゆかいな若冲・めでたい大観 HAPPYな日本美術」を観に行く。
http://www.yamatane-museum.jp/
ここには2年前に来た。
今回は伊藤若冲や横山大観、奥村土牛、歌川国芳の愉快で目出度い作品が並ぶ。
印象に残ったのは若冲の「群鶏図」。鶏のフォルムが美しい。
国芳の猫の絵は何度見てもオモシロい。笑えるアートってホントいいな。
大好きな川合玉堂の「猫」の展示が無かったのは残念だけど十分楽しめた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
その後は嫁と美味しい餃子をたらふく喰って満足。

我が家の王子ヨモちゃん。今日はひたすらイケメンです。
キミはカワイイね。そして、おめでたいね☆
クリックすると元のサイズで表示します

(おめでたいのはオマエのアタマの中にゃ)
0

2016/2/8

佐野元春「35周年アニバーサリーツアー」@仙台電力ホール  佐野元春

週末は仙台に元春ライブを観に行った。アニバーサリーツアー初参加。
大好きな仙台で元春を見るのは勿論、「東北の姉」(笑)と久しぶりに会うのもこの旅の大切な目的だ。

深夜バスで仙台着。先ずは海岸部へ。と思ったら直通バスが無くなってる!
新しく出来た東西線と別系統のバスを使って行ってきました。
もうすぐ、あれから5年。海岸部もすっかり、キレイになった。新しい設備も出来ている。
でも、見てると矢張り涙が止まらない。「満月の夕」を聴きながら情けない涙を流して歩いた。
慰霊碑にお参りし、墓碑銘に刻まれた名前を1つ1つ読み上げた。
此処には色んな人が住んでいた。それを「死者・被災者」の一言で片付けたくはない。
個人(ひと)が此処に確かに居て、そして現在(いま)でも居るのだ。
それを「見なかった」「無かった」事には絶対出来ない。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

街に戻って市内を散策。思い出のフォーラス(笑)や電力ビルも行って見た。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
その後は友人と落ち合って遅いランチ。会うのは実に7年ぶり。
この人とは15年前、ZEPP仙台で元春を一緒に見た。
あのときは嫁(未だ嫁じゃなかった(笑))と初めて元春のライブを見た。
ランチをしながら、色んな話をした。ホントに話した。元気そうで安心☆
彼女の同行者が急遽不参加になり、チケットが余ってしまい一緒に見ることになった。
ボクが元々取っていた席は25列目、友人から貰った席はなんと3列目!
ステージが滅茶苦茶近い!更にウレシイ驚きが。
もう1人、仙台在住の別の友人とも一緒に見ることになった。

セットリストはツアー中なので伏せますが35年のキャリアの中から満遍なく選曲されていた。
ただ、定番曲で今回外されているのも多く「ベスト・オブ・ベスト」という訳でも無い。
レア曲もかなり演奏された。ライブで初めて聴いた曲がかなりあった。
元春はブルーのシャツで声もよく出ていて動き回る。
何となく「シーファーマイルズ2ツアー」の映像を想い出した。
KyOnさん、拓ちゃん、長田さん、スパムさんを加えたバンド構成。サウンドが分厚い。
でも、音全体をコントロールしてるのは深沼クンみたい。
ゲストメンバーはあくまでサポートに徹する。メインはあくまでCOYOTEBAND。
そんな中、KyOnさんがユーモラスなアクションをするのに笑った。

前半は楽しく聴いていたが中盤のある曲から一気に涙が出てきた。
16年前のこと、そこから流れた月日。手に入れた物、逢った人、失くした物。
ボクも友人も元春も・・あの頃とは違う。すべては変わってしまった。

後半、元春がファンに投げかけたメッセージ。ここでガマン出来ず涙腺崩壊(^_^;
そして、その後続いた旧い曲たち。
普段、声を出して歌わない歌・・・でも今回は声を出して歌った。

10代で元春を聴いてない自分。初期の名曲にそれ程の思い入れは無い。
曲にまつわる「青春時代」の想い出も無い。そもそもオレに「青春」なんぞ無かったし^^;
でも、MOTOクラシックスはライブで聴くと、やっぱりグッと来る。
若い頃、聴いてはいなかったがライブで何度も聴いた。嫁、友人と一緒に。色んな場面で。
この旧い曲たちが、いつの間にか自分の中に根付いていたのだ。
今回、それを思い知った。

アンコールでは会場全体で「さ〜の、ちゃちゃちゃ」をやる。ボクもやる。楽しい!
元春は鳴り響く拍手にホント嬉しそうだった。
ラストはお茶目な一言を残し、再び「さ〜の、ちゃちゃちゃ」で終了。
あ〜楽しかった。大好きな仙台で大好きな元春を大切な友人と見た。
まさに特別な夜だった。この夜のことは一生忘れない。
また・・・忘れちゃいけないことが出来た・・・・な。
クリックすると元のサイズで表示します
終演後、友人2人と呑んで楽しく話した。
再会を誓って握手して別れた。また逢おう。仙台また来るよ。

深夜バスで日曜日早朝に帰宅。筋肉痛で一日寝てました(^_^;
今日から仕事。でも仙台の事を想い出してはグジグジしてる。
元春ツアーは最終日にも行くのに、既に燃えつきた感じ(笑)

でも、いつまでも感傷にひたっていられない。
仕事はこれからどんどん面倒が増える。休んでた東北ボランティアも再開しよう。
4月にはアラバキも行く。東北、仙台・・今年もどんどん係るぜ。
ステキなことはこれからも、待ってるんだぜ、な、ヨモちゃん☆

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/2/1

GLIM SPANKYインストアライブ@新宿タワレコ  オトの記憶(CD、ライブ)

昨年、あるドラマの主題歌で知ったGLIM SPANKY。
女性VO、男性ギターのユニット。
70年代ロックをベースとしたサウンド、歌詞、何よりVOレミ嬢の声に惹かれて聴き出した。
今月ミニアルバム「ワイルドサイドを行け」を発売。発売に伴うインストアライブが新宿タワレコで開催。
嫁は彼らのLIVEをイベントで見てるけどボクは未見。良い機会なので2人で行ってきました。
ライブは夜9時スタート。晩御飯の後、電車で新宿に向かう。

会場は、注目を浴びているバンドらしく大勢の観客が来てる。
嫁@パンダは整理券を持ってるので観覧エリアに。整理券が無いボクはエリア外で見る。
2人が登場すると歓声。辛うじてレミ嬢と亀本クンの顔が見える(^_^;
普段のライブはリズム隊のサポートを入れるけど、今回は2人だけのアコースティックLIVE。
でも亀本クン、思い切りエレキ弾きまくってたけど(T▽T)
ニューアルバムから2曲、1STアルバムから2曲。
ボクが好きな「大人になったら」を塩素してくれたのは嬉しかった。

レミ嬢のVOの迫力はCD以上。エレキと重なると声が映える。
亀本クンのギターのオトもイイ。70年代ロックをベースにしてるんだろうが、
何かのマネという感じはしない。将来凄いギタリストになる予感。
途中であったレミ嬢のロック談義も良かった。ロックの自由さ、素晴らしさを
信じている姿勢に好感を持った。
クリックすると元のサイズで表示します
嫁がサイン会に並んでいる間に持ってなかったインディーズ時代のアルバム
「MUSIC FREAK」をゲット。これが素晴らしい。
未だ20代前半の若さなのにコトバやオトに独特の疲れや湿り気、暗さがある。
歌詞も「外れた者、弾かれた者」の視点で描いていて、これが凄く良い。
次回は是非バンドで見てみたい。彼らはアラバキにも出演する。楽しみ♪

昨日は浅草橋のギャラリーに「ねこ休み展」を観に行く。
http://www.tgs.jp.net/neko-break.html
可愛らしく且つ少し残念な猫さんの写真でイッパイ♪
猫はイイなぁ。観てるとホントに愉しい。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

今日は定期検診で会社は休み。年末あった問題の経過も良好。
よし、これで週末の元春の仙台ライブも無事行ける。早速、高速バスを手配しました。
今年のオレの東北めぐりは元春から始めます☆

我が家のヨモちゃん。カワイイけど、少し残念(^_^;
そのうちヨモちゃんの写真展でも開こうかな?大勢の人が来るかも(←アホ)
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ