2016/5/29

「ソレダケ」「ネコライオン」ふたたび  Bloodthirsty Butchers(ブッチャ―ズ)

金曜日はbloodthirsty butchers吉村秀樹さんの3回目の命日。
去年公開された映画「ソレダケ」がこの日だけ新宿シネマートで復活上映。当然行きます。
朝、嫁@パンダを誘ったら「どんな映画?」と聴くので
「拷問シーンがイッパイあってギターがギャンギャン鳴る映画」
と言ったら嫁は「・・・やめとく」とのこと(^_^;

ブッチャーズの音楽にインスパイアされて奇才石井岳龍監督が撮ったこの映画。
昨年の吉村さんの2回目の命日に公開された。本上映のとき、ボクは2回観に行った。
今回で3回目。同じ映画を映画館で3回観るなんて今まで無かった。
bluelayも発売されているけど、この映画は絶対映画館で見たかった。
映画館に入ると「ポスター」の横に「覚えてますか 5月27日」とある。勿論覚えてますよ。
クリックすると元のサイズで表示します
吉村さんが好きだったという「いいちこのウーロンハイ」は振る舞われる。

映画は当然サイコー。吉村さんの歌とギターが爆音で響く中、音楽と同じ位爆発した物語が進む。
過去2回観たときはバックで掛かるブッチャーズの曲で知らないのが沢山あった。
でも、この1年でブッチャーズのアルバムを集めて、曲はバッチリ自分の中に入ってる。
「10月」「アンニュイ」「襟がゆれてる」・・名曲が実に良いシーンで鳴り響く。
中でも「イッポ」が鳴る中で繰り広げられる戦闘シーンは鳥肌モノだった。
大黒と阿弥が銃で敵を撃ち殺すシーンにテンションがアガる。拳を突き上げ叫びたくなる。
ラスト主人公が生き残ったのか死んだのか、よくワカンナイ終わり方も吉村さんらしくてイイ。
上映の後、客席から拍手が起こる。オレも拍手した。サイコーのLIVEだった。
クリックすると元のサイズで表示します
映画上映の後、ブッチャーズの秘蔵LIVE映像の上映。
そして最後は何と石井監督とブッチャーズ射守矢さんと小松さんが登壇!
劇場スタッフに石井監督が「来年もこの日復活上映やるよね?まだ死んでない!」と迫り(笑)
射守矢さんと小松さんも「吉村はしつこいんですよ。粘り強い」と煽る。
スタッフ少し困った様子で「来年も上映します」と約束。でもスタッフさん嬉しそう。
また場内は拍手に包まれる。愛に溢れた瞬間だった。

そう、来年も此処でまた会いたい。大黒たちに。そして、吉村さんに。
オレはブッチャーズは最後の2年間チラと聴いただけ。
本格的に聴き出したのは吉村さんが逝ってから、だ。
この映画を通じて、オレは吉村さんと逢えたのだ。

吉村さんも、この映画も死んでない。まだ、つづいているんだ。
世間的には終わっても、オレが「つづいてる・」と思えば終わらない。
神様とか世の中のルールなんて関係ない。思うのは自由だ。
オマエらに、オレのアタマの中はいじらせない。ざまぁ見ろV(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は午前中はゴミ拾い。ウォークマンでブッチャーズの曲を大音量で流しながらゴミ退治。
午後から嫁@パンダと日本橋岩合光昭さんの「ネコライオン」写真展を観に行く。
この写真展、3年前恵比寿に見に行った。
http://blue.ap.teacup.com/nagawa/809.html
日本橋まで歩いて行く。風が涼しくてキモチよく歩ける。道中、色んな猫さんに遭遇。
会場は三越。本館・新館のあちこちに猫のオブジェがある。何となく岩合さんに似てる(T▽T)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
写真展は盛況。前回と違う写真もあって楽しめた。
ネコとライオン。同じ「ネコ科」だけど並べて観ると全然違う。
ライオンの眼つきの獰猛さ、筋肉のつき方は猫とは全く違う。

展覧会の後は、旨い餃子を食す。嗚呼、楽しい1日だった。
嫁@パンダも「今日は楽しかったな」と満足そう。
ウン、こういう「良い1日」があるから生きていける♪
クリックすると元のサイズで表示します

今日は1日、家でノンビリ過ごしてます。明日からゴタゴタのバーゲンセール。
休んで備えよう。

我が家のヨモちゃん。このコは・・ライオン?猫?
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ライオンは大変そう。甘えっ子のにゃにゃんでイイさ。な、ヨモちゃん☆
0

2016/5/23

森林浴2016  日々の泡(日記)

週末は仕事でバタバタ。結論が出ないまま翌週に。
精神的な疲れだのモヤモヤが色々残る。ま、仕事なんざ、そんなモンだけど。

土曜日は嫁@パンダと小石川植物園まで散歩。
暑いけど、適度に風が吹いてキモチいい。
近くの神社に猫さんがたむろしている。
クリックすると元のサイズで表示します

植物園の中は緑で溢れていた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
表情豊かな樹々。特にこいつは中々イイ面構えをしている。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
なんかジブリ作品に出てきそうな面持ち(^_^;

歩いているうちにココロが鎮まるのを感じる。森林浴効果って奴か?
そういえば2年前の夏、此処に来た時もココロがざわめいてた。
溢れる、暴力的な迄にキレイな緑の中を歩いてたらココロが鎮まってた。
http://blue.ap.teacup.com/nagawa/866.html
今回も此処に来て落ち着いた。大体、たかが仕事のゴタゴタだ。どうでもイイ。

たっぷり歩いてウチに帰って酒盛り。旨い!V(^^)

今日は定期検査でお休み。週末たっぷり歩いたおかげで合格V(^^)
帰宅して録画していた「海街Daiary」を観た。是枝監督作品。
静かな映画だった。
映画の中で食堂のおばさんが主人公の少女に言うセリフが響いた。
「あなたは宝物よ」って。

我が家の宝物。ヨモちゃん。今日は仲良しだったね☆
クリックすると元のサイズで表示します
明日から来月までゴタゴタの本格活動開始。ホント、面倒くさい邪魔者たち。
ま、しゃーねぇな。これがオレの仕事だ。
一匹、一匹、確実に仕留めていこう。な、ヨモちゃん☆
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/5/15

南相馬ボランティア〜あれから、はじめたこと  東北のためできること

週末、会社である部長に対して提案をしたら相手が激昂。
曰く「自分の仕事じゃない」「指示じゃないならやらない」「何をやるか、そっちで決めろ」。
そこからは延々口論、不毛な議論が続く。有意義な意見交換なんて皆無。(T▽T)
彼の言い分も分かる。唯でさえ忙しいのに、仕事を増やしたくないんだろう。
オレも間違ってないが、彼も間違ってない。冷静に話し合えば、落とし所はある筈だ。
でも、そうはならなかった。疲れたぜ(^_^;

金曜日の深夜から福島南相馬にボランティアに向かう。チーム福幸藤桜さんに参加。
今年2回目。10人程度でワゴン車に乗って向かう。
途中6号線を通って原発周辺を通過。そのとき・・線量計の数値が一気に上がった。
そのとき感じたことは・・・決して、忘れまい。
クリックすると元のサイズで表示します

今回のミッションは或るお宅の裏山の竹の伐採。
崖に生えている竹を伐り出し、枝打ちして丸切りしトン袋に積める。
午前中、ボクは竹の伐り出し、枝打ちを中心に作業。
暑くて汗が出てくる。息が出来ず、マスクを外す。午前の作業で既にバテる(^_^;
おまけにオヤツ用に置いておいた飴の袋がいつの間にか、カラスに盗られていた。
恐るべし、福島。ナメたら、いかんぜよ。
クリックすると元のサイズで表示します

お昼休みにこのお宅の御主人一家が差入れに来てくれた。地元のシュークリームを食べて元気が出る。
午後はひたすら枝打ち。パールを上手く扱えず軽く怪我をする。反省。
それからも竹とひたすら格闘。切った竹をどんどんトン袋に詰める。
夕方、ある程度作業が段落した処で終了。終わった後はメンバーで記念写真。
作業中は苦しかったり疲れるが、終わった後は「やった!感」がある。だから、またやれる。
クリックすると元のサイズで表示します
ボラセンに戻って報告してさぁ帰ろうと言う時に一寸したハプニングが。
今日の1日の終わりがこれですかい?恐るべし南相馬(T▽T)

帰りは温泉に漬かって御飯を食べて東京に向かう。
チームメンバーがボランティアや南相馬に係わった経緯を伺う。
「そうした、そうせざるを得なかった」ひとたちのお話。学ぶことが多かった。

窓の外を通り過ぎる空を視ながらリクオの「あれから」を聴く。
「あれから何を終わらせたんだ 僕らは始めたいんだろう」の一節が響いた。
クリックすると元のサイズで表示します

リクオのこの歌を聴きながら、週末の仕事でのいざこざを思い出してた。
「何もしない」のも選択の1つ。決して間違ってない。
オレだって「しないこと」「やりたくないこと」山ほど・・或る。
でも、この日視たもの。6号線、高い線量、人が住まない家、御礼を言ってくれた一家。
これらの事には、311の後、動いたから逢えたのだ。あのまま何もしなかったら絶対、逢えなかった。

何もしなくちゃ、何も動かない、何も変わらない。腐って死んでいくだけだ。
それがたまらなくイヤだった。だから、とりあえず走り出したんだ。
この日、それを改めて確かめる事ができた。行って良かった。

今年は諸事情でボランティア開始が遅れた。
でも、2月の元春仙台ライブ、先月のアラバキと東北にはイッパイ愉しい想いをさせていただいた。
このお礼参りは絶対します。こう見えてもオレは義理堅いんでね。(゚゜)\バキ☆

さ、次回は山元町か、荒浜か。南相馬もまた必ず行くぜ。
な、ヨモちゃん。やるしかないよ、な☆
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/5/8

「写真と音楽で伝えたいこと」そして「キヨシローからの伝言」  Art・本・映画

週末の土曜日は2つのイベントに行きました。
1つは日比谷図書文化館で開催された安田菜津紀とタテタカコ「写真と音楽で伝えたいこと」。
シリアと東北の現在についてのトーク&音楽イベント。
もう1つは音楽ライター萩原健太さんによるキヨシローについてのトークイベント。
「キヨシローからの伝言」。

〇「写真と音楽で伝えたいこと」
先ずは安田さんのイベントに参加。この日のイベントは3部構成。
安田さんが撮った写真を映しながら、東北、シリアについて話す。
その後は安田さんとタテさんのトークイベント。
最後はタテさんの弾語りに安田さんが写真を付ける。
http://www.jps.gr.jp/20160507/
クリックすると元のサイズで表示します

東北についての話は陸前高田を中心に311から現在までの話を。
安田さん自身が被災の当事者であること、また安田さんの父上と漁師さんの熱い交流
の話に胸が衝かれる。
「復興が進むことと心が前に進む事と必ずしもイコールじゃない」の話は印象に残った。
また、シリア、ヨルダンの難民キャンプの話は・・・凄まじ過ぎて書き様が無い。
そんな酷い状況で、イスラム国により後藤さんや川栄さんが処刑されたときに
ヨルダンの方やシリアからの難民の方が示した優しさ。
・・・これには声が出なかった。同じことが日本人、オレに出来るだろうか?

タテさんと安田さんのトークは何とも不思議な女子会トーク(^_^;
同じテーマについて話してるのに、それぞれ勝手な方向に走るが着地点は同じ(T▽T)
写真、音楽がこういった大災害の際に果たす役割について、
安田さんが「写真や音楽ではお腹は満たせないし、瓦礫も取り除けない。でも、
表現者はこのモヤモヤした感情とつきあっていかねばならない」と語っていたのが
印象に残った。
最後はタテさんの弾語りに安田さんが様々な写真を付けていく。いわばVJ。
シリア、カンボジア、東北の子供たちがタテさんの曲に重なる。何か胸が熱くなる。
最後は「しあわせのうた」。・・・・来てよかった。

会場を出ると横の日比谷野音から大きな音が聴こえる。今日はキヨシロートリビュート。
当日券があるらしい。一瞬「行こうか」と迷ったが・・・やめた。
今日は、別の形でキヨシローに会うから。ということで青山に向かう。



〇「キヨシローからの伝言」
音楽ライターの萩原健太さんと川崎徹さん(!)がキヨシローの曲を掛けながら、
キヨシローとの想い出、様々なエピソードを語るイベント。
健太さんはキヨシローとはインタビューで数度会った程度でありリスナー目線で語るスタンス。
川崎さんはご自分が書いた小説のキヨシローに関する部分を幾つか朗読していた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

語りの合間に都度RCやソロ、HISの曲が掛かる。「500マイル」が掛かったのは嬉しかった。
色んなレア話や宝物の様なエピソードが聴けた。
ここには書ききれない。いや、書けない。うん、書けないな。
代わりに、健太さんと川崎さんの印象に残ったコメントを幾つか書きます。
2人とも「気を遣う人だ」との印象は共通していた。
〇川崎
「どんなイヤな仕事でもキヨシローは逃げない。チャボとリンコは逃げる。」
 「キヨシローは『自由と愛』を恥かしげも無く言える」
〇健太さん
 「キヨシローはいつも真っ当なことを言っていた」
「キヨシローの根本はずっと変わらなかった」
〇川崎さん
 「キヨシローは死んでいない」
クリックすると元のサイズで表示します
最後は「愛と平和」と「アイ・シャル・ビー・リリースド」が掛けられた。
「愛と平和」は初めて聴く。ストレートなラブソングが真っすぐ胸に刺さる。
そして「アイ・・」は大好きな曲。オリジナルのディランを遙かに超えている。凄すぎる。

貴重な話が色々聴けた。キヨシローが益々好きになった。
今年もトリビュートライブは行けなかった。行かなかった。
でも、アラバキ、このイベントと別の形でキヨシローに触れることができた。
それで十分。それで満足だ。オレは十分「しあわせハッピー」だ。

帰宅して「愛と平和」を早速ダウンロードした。
「愛しているってボクはまだ、まだ言い足りないのさ」って歌詞にグッと来た。
おじちゃんは何度も何度も「愛してマス!」って言ってたのに、まだ足りなかったんだ。
・・・・凄いな・・・。

ヨモちゃん。おじちゃんはやっぱサイコーだねV(^^)
クリックすると元のサイズで表示します

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ