2016/5/3

アラバキロックフェス2016最終日レポ後編 3たびの満月の夕  オトの記憶(CD、ライブ)

アラバキ最終日、最後に観るのは「BRAHMAN THE COVER」。
BRAHMANはチャンと聴いてないけど、TOSHI-LOWの東北支援活動は知ってたし
彼のインタビューは色んな処で読んでたし、是非見たかった。
会場は、みちのくステージ。早目に入ってステージ正面が見える場所に陣取る。

〇BRAHMAN「The Cover」
先ずはBack Horn、9o Parabellum Bulletのメンバー
によるBRAHMANのカバー大会。客席の野郎たちが野太い声で歌う。
何か知らん曲ばかり・・あれ?もしかして、これって「BRAHMANトリビュート」?
(゚゜)\バキ☆)(゚゜)\バキ☆)(゚゜)\バキ☆

ここからBRAHMANメンバーが登場。
次から次にゲストが登場して、BRAHMANのナンバーや縁の歌を歌う。
TOSHI-LOWもメンバーもゲストもホント嬉しそう。
自分がBRAHMANのファンだったら、もっと楽しめたんだな、と思うと残念。
ただ、BRAHMANの曲はメロディラインがハッキリしていてサウンドがラウドで
知らなくても充分楽しめる。

このLIVEで今回初めて観るアーティストたち。
エゴラッピン、SION、吉野寿&SAナオキ、チバユウスケ、Back Horn錚々たるメンバー。
エゴラッピンは気になるアーティストだったので、見れて嬉しかった。
そして、馴染みあるエレカシミヤジ、ハナレグミ、民生。
TOSHI-LOWはエレカシの「too fine life」(アルバム「生活」収録)なんて渋い曲を
選んでミヤジと熱唱。民生のゆるい感じ、歌うとさっさと退散する感じがとても良かった。

そして最後に紹介された中川敬、山口洋、うつみようこ。歌うは当然「満月の夕」。
TOSHI-LOWはこの曲を311の直後から歌っていたらしい。
TOSHI-LOWはヒロシと中川に「2人は仲悪いんですよね?」と意地悪な質問(^_^;
中川の三線で始まるTOSHI-LOWメインで歌われる。チャンとヒロシ、中川それぞれの歌詞をミックスして。
多く集まった人も真剣に聴いている。この日、この歌を聴くのは3度目。
HW、ソウルフラワー、そしてこの場。でも聴くたびに湧き上がるものがある。
拍手喝采の中、終了。うつみさんの「満月3兄弟!」の紹介が素晴らしかった。
クリックすると元のサイズで表示します


まだまだ祭りは終わらない。鳴らないアンコールの拍手にバンド登場!
「こっからはフツーのLIVEだ!」ということでBRAHMANのソロライブ。折角なので見る。
激しいサウンド。2曲目からTOSHI-LOWは客席に飛び込み、客の上に立つ。
その周囲でモッシュが起きる。凄い光景だ。
モッシュやダイブはあるけど暴力的なムードは皆無。お客さんのバンドへのLOVEとリスペクトが溢れているから。
あれは彼ら也のコミュニケーションの取り方だと思う。
途中で細見武士が飛び入り!TOSHI-LOW同様、客席に飛び込み客の上に立つ!壮観!
2人はお互いへのリスペクトを交感する。
大宮エリーさんがこれを見て「二艘の船」と表現したが、まさにそんな感じ。

そこからがもう凄かった。TOSHI-LOWが熱く語ったこのイベント、そして東北への想い。
「似合わなねーとか分かってるんだよ!でも『誰かがやらなくちゃいけない』なら、
その『誰か』になるんだ!」の熱いメッセージにはガツンと来た!
しかも、このLIVEの翌日、BRAHMANは水害に合った常総に行って支援LIVEをやるという。
その行動力に唯々アタマが下がる。

大盛り上がりの中、LIVEは終了。何も言えん。素晴らしい物を見せて貰った。
BRAHMAN、機会があれば聴こう。TOSHI-LOWにはまた逢いたい。また見たい。


アラバキもこれで終了。会場を横切ってバス乗り場に向かう。
祭りは終わった。
アーティスト、スタッフ、集まった音楽ファンの皆様ありがとうございました!<(_ _)>
東北への愛と熊本への想いに溢れた素晴らしい2日間でした。
クリックすると元のサイズで表示します

翌日新幹線で東京に戻る。
ヨモちゃんは矢鱈甘えてくる。何だよ?シッターさんにも甘えていたくせに。
しょうがないなぁ。こいつぅ〜!(゚゜)\バキ☆)(゚゜)\バキ☆)(゚゜

アラバキ行って良かったな。ホントに楽しめた。
ヒロシやコレ、中川みたいな馴染のアーティスト以外にもサカナクションや
アジカンみたいな普段あまり触れていないアーティストのLIVEが見れた。
また、Rei、GLIMSPANKY、大森靖子の新しいアーティストにも出逢えた。
一番印象に残ったのは清水ミチコとTOSHI-LOW。この2人は凄すぎた。

野外フェスはこれまで、ずっと行きたかったけど中々踏み出せなかった。
でも嫁@パンダが提案してくれた御蔭で今回素晴らしい体験が出来た。
嫁@パンダが一緒なら翔べるんだ。

今回アラバキに行ったことで、また東北を好きになっちまったな。
東北LOVE!東北サイコー!また、行くぜ!
クリックすると元のサイズで表示します
嫁@パンダにベッタリのヨモちゃん。なんだ?その甘えっ子顔は?(T▽T)
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ