2016/7/3

たかがしれていることをやる〜宮城県山元町ボランティアレポ  東北のためできること

7月からは新体制で業務が開始。上司も担当役員も交代。
早速、上司に報告会。色々と意見をいただく。
前の上司には10年仕えた。表面的な関係で終始して深い関係を築くことは無かった。
今度はどうかな?上手く行くかな?ま、暫くは様子見だ。

金曜日夜から深夜バスで東北ボランティアに行く。目的地は宮城県亘理郡山元町。
此処に来るのは昨年12月以来。20名ほどで向かう。今回は若い人が多かった。
道中、嫁@パンダからヨモちゃんの写真がメールで送られてきた。
チョー甘えっ子写真。爆笑して一気に緊張が解けた。ヨシ、やるぜV(^^)

現地に着いてからは先ず語り部さんによる案内。港近くの公園に上って震災当時の話。
この公園は津波から逃れるため多くの人が避難した場所。
海は穏やか。そんな光景、想像できないが実際に有ったことなのだ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
この5年間で復興が進んだ部分、進まない部分、5年経ってから露わになった疵。
進みたくないのに進まざるを得ない部分。
復旧・復興と一言でまとめられない様々な様相に・・何も言えなくなる。

その後は津波被害にあった小学校を見学。屋上に多くの人が避難し助かったという話。
それまでに行っていた緻密な準備。全員助かったのは単なる幸運じゃなかったのだ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

今回の作業はビニールハウスの中の掃除。名産品イチゴの育成の前作業。
最初はメンバーがテンでバラバラに動いてムダが見える。
で休憩時間に班長に「もっとやり方を決めて効率化しては?」と提案したら、
「じゃ、貴方仕切ってくださいよ」との事。ひぇえ\(T▽T)/
で全員、集合掛けて恐る恐る提案すると、色んな意見が出てくる。
大学生のアイディアを採用して、やってみたらどんどんスピードアップ、やったねV(^^)

会社で同じ様な提案をしたら「何でオマエが仕切るんだ?」とか「決めてくれたらやりますよ」
とか「やりたくない」とか兎角後ろ向きな論議に終始する。
でも、此処では「やらない理由探し」をする奴なんていない。皆、何ができるかを考えてる。
アイディアを出し合って、行動するだけ。こういうのって、とてもキモチいい♪

掃除の作業自体は単純だけど、ビニールハウスの中は蒸してともかく暑い。
午後からはかなりバテてしまい、終盤は意識朦朧。(^_^;
でも、何とか最後までやり遂げました。
作業終了後、此処のお宅の御主人が獲れたてのイチゴで造ったジャムを塗ったパンを
振る舞ってくれた。美味しい!これ食べて1日の疲れが取れた。
クリックすると元のサイズで表示します
帰りは温泉に浸かってバスで東京に向かう。帰宅するとヨモちゃんは少し甘えてくれた♪

山元町にボランティアに行くのは今回で5回目?
新しい施設が出来たり公営住宅が出来たり集団移転が進んだり復興はかなり進んだ様子だ。
一方で前に進めない、色んな問題もあるようだ。
そんな中でオレが出来ることなんて多寡がしれている。
でも、その「多寡が知れてる事」をやってくしかない。うん、やってくしかないんだ。

8月、9月はお馴染の仙台荒浜に行く予定。現地の大学生と逢えるのが楽しみだ。
そのときは、また嫁@パンダにヨモちゃんのカワイイ写真を送って貰おうっと♪
(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ