2016/9/1

仙台荒浜ボランティア記〜5年目のリアル  東北のためできること

土曜日のLIVEの後、仙台荒浜にボランティアに行ってきました。
深夜バスで仙台に向かう道中、嫁@パンダからヨモちゃんの男前写真が届く。V(^^)
クリックすると元のサイズで表示します
到着後、先ずは深沼海岸を見学。津浪で甚大な被害を受けた場所。
震災直後は荒れ果てていたが、整地が進んですっかりキレイ。新しい施設も出来ている。
クリックすると元のサイズで表示します
慰霊碑をお参り。慰霊碑には亡くなった方の名が刻んである。1つ1つ読み上げた。
ボクが荒浜に来たのは311の後だが、311以前の暮らしぶりを特集した番組を見た事が有る。
海外沿いには多くの人が住み仲良く暮らしていた。笑顔に溢れたコミュニティだった。
それが震災と津波により多くの人が亡くなり移転し此処には人は住めなくなってしまった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
此処には確かに「生活(くらし)」があり、「個人(ヒト)」が暮らしていたのだ。
それを「被災者、死者」という記号で片付けたくはない。
震災後、此処は何度も来た。来る度に怒りが込み上げる。
穏やかに暮らしていた人々が生命(いのち)や生活(くらし)を奪われる理不尽。
神様だか大自然だか知らんが、その理不尽な力には怒りを覚える。

その後は学生ボランティア「ReRoots」を訪問。
彼らは現在、土地を借りて農業を行っている。
農家の人にノウハウを学び、自ら作物を育て収穫し、収穫した農産物を市場で販売したり、
外出できないお年寄りに訪問販売、県外の希望者に直売したり様々な活動を展開している。

午前中は芋畑で蔓返しの作業。10人程度で絡んだ蔓をキレイにまとめる。
涼しくてキモチよく作業が出来た。
午後は畑で収穫した豆を使って「ずんだ造り」。
ボクはずんだ餅は何度か食べたことが有るが「ずんだ造り」は初。
親子連れと一緒にワイワイと作業。その後は造ったずんだで餅を美味しくいただく。
適度に甘くて美味しい!

ボラ中、チームリーダーの女子と話をする。彼女は中学生のとき津波の被害に合った。
そのときReRootsから支援を受けたとの事。その彼女が現在はReRootsで活躍。素晴らしい。
代が変わっても確実に活動を続けてる若者たち。
こういった活動は続けるのが中々難しい。でもReRootsはチャンと続けてる。マジ尊敬する。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
荒浜は復旧は終わり復興段階。以前の様な瓦礫撤去は無くなった。
今回も作業支援というよりはイベント参加という感じだったし。
でも支援とか関係なしにReRootsの若者たちにはまた会いたい。
「会いたい、行きたい」。・・・・もう、それだけでイイのかもしれない。
それこそがこの5年でオレが手に入れた「リアル」だと思う。大切にしなくちゃ。
クリックすると元のサイズで表示します
ReRootsに別れを告げて、その後は仙台市内で遊ぶ。
牛タンを食ったり漫画喫茶で時間を過ごしたり(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆

日曜日の深夜、仙台を深夜バスで発ち月曜日の朝、東京に着。その日は夏休みを取った。
家でゴロゴロしてます。
世間の人が働いているときに休むって楽しいな〜(゚゜)\バキ☆

荒浜には9月にまた行く予定。ReRootsの皆さんにまた会える。
彼らに恥ずかしくない様にオレもテメェの仕事チャンとやろ。な、ヨモちゃん☆
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ