2016/10/31

GLIMSPANKY@新木場コースト  オトの記憶(CD、ライブ)

先週土曜日は、永青文庫に「仙ガイワールド」展を見に行く。
作品の展示が僅かだったけど、「龍虎図」が見れて満足。全く怖さ無し(^^;
作品の展示替えが今後もあるので、また行こう。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
因みに会場では細川家にある美術品の展示も行っていた。建物自体瀟洒で展示品も凄い。
こういう名家がコレクションをチャンと保在していることが文化の伝承に繋がってるんだな。
周囲の街並も旧くて落ち着いた感じで好感が持てた。

日曜日は新木場コーストにGLIMSPANKYのライブを観に行く。
今年出た2ndアルバム「NEXT ONE」発売に伴うツアーファイナル。
意外にもGLIMはワンマンツアーは今回が初めてとのこと。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
場内は超満員。色んな世代のお客さんが居る。
「NEXT ONE」からスタート。その次の「焦燥〜褒めろよ」のメドレーはカッコ良すぎ!
レミ嬢の声も亀本クンのギターも唯々素晴らしかった。
照明に浮かび上がるギターを弾く亀本クンの姿が丸で若き日のジミー・ペイジみたい!
2人とも事あるたびに満員の場内を見渡して「イイ眺めだ」「丸でウッドストックみたい」
と嬉しそうにしてたのが印象的だった。

中盤は「闇に眼を凝らせば」「grand port」「NIGHT LAN DOT」の内省的な曲を歌う。
どの曲も仄暗さがあってイイ。ロックンロールだけでないGLIMのもう1つの魅力。
また「話をしようよ」「風に唄えば」の解放感もキモチいい。

後半はロックンロール大会!レミ嬢がシャウトし亀本クンのギターソロに場内湧く。
「大人になったら」「ワイルドサイドを行け」「リアル鬼ごっこ」も唯々カッコよかった。
どの歌もレミ嬢の「世界をオモシロく書き換えてやる」意志が強く込められている。
そのポジティブさがひたすらキモチいい。

最後は客席と記念撮影をして終了。
亀本クン、ギター弾いてるときはカッコいいのにトークは残念(T▽T)
レミ嬢がホント嬉しそうな笑顔で去って行ったのが印象的った。
クリックすると元のサイズで表示します
いやぁ凄かった。イイもん見せて貰った。大満足。
2人とも未だ20台なのに既に大物感を醸し出している。末恐ろしい。
レミ嬢、途中で「世界に行ってやる!」と言ってたけど、ホント行けると思う。
このバンド、まだまだデカくなる。次は野音かZEPPで観たい。
数年後は・・・武道館でやってほしい。
普段、好きなバンドが演奏するハコの大きさとか気にしないけど・・
このバンドは・・デカい場所で観たい。何処までデカくなるか見届けたい。


今日は祝日。千葉までミニ旅行してツグジの展覧会に行く予定。
ヨモちゃん、お留守番ヨロシク、ね♪
クリックすると元のサイズで表示します
(オマエら、オレを置いてまた出かけるニャ)
0

2016/10/17

「大仙ガイ展」@出光美術館  Art・本・映画

先週の土曜日は嫁と出光美術館に「大仙ガイ展」に行った。
今回は出光美術館の所蔵品だけでなく九州の美術館の所蔵品も展示。
開館50周年記念の展覧会ということで宣伝も大々的にしていて結構混んでた。
クリックすると元のサイズで表示します
相変わらずのユルい絵。来てるお客さん皆さん笑ってた(^_^;
今回初めて見る「虎の絵」(どう見ても猫にしか見えん(笑))、
「トド」(いがらしみきおの「ぼのぼの」(笑))にボクも嫁@パンダも爆笑。
日本画、しかも禅画の展覧会でこんなに笑ってイイんだろうか?

お馴染「○△□」「骸骨」「きゃんきゃん」「猫に似たモノ」も展示。
嫁@パンダは「きゃふんきゃふん」と描いた犬の絵が気に入ったのかグッズも購入。
帰ってからも「きゃふんきゃふん」と言ってます(^_^;
嗚呼、楽しかったな。「笑えるアート」ってサイコーだ。

ヨモちゃんも「きゃふんきゃふん」が気になる様子。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
今日は定期検査でお休み。週末たっぷり歩いたおかげか数値は良好V(^^)
帰宅してからヨモちゃんと遊ぶ。ヨモちゃんはゴロゴロ甘えてくる。
こいつぅ〜。いつもは嫁に甘えているくせになんだよ?(゚゜)\バキ☆

我が家の「きゃふんきゃふん」は愉快なイイ子です♪
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
仙ガイの展覧会は永青文庫でも開催中。そちらも、そのうち行こうっと♪

0

2016/10/17

アートとロックの秋〜藤田嗣治・一陽展・麗蘭  山口洋(HEATWAVE)/仲井戸Chabo麗市/RIKUO

先々週、色んな展覧会とLIVEに行ったのでその感想と先週行った麗蘭25周年LIVEの雑感を。
(1回UPしたのに間違えて削除してしもた)(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆

○府中市美術館「藤田嗣治展 −東と西を結ぶ絵画−」
藤田嗣治は前から興味ある画家だったけど作品を実際に見た事が無かった。
府中市美術館で展覧会があるので3連休の初日、嫁@パンダと行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
時代順に作品を展示してあったので分かり易い。矢張り目を惹くのはパリ時代の美人と猫を描いた作品。
独特の「乳白色」。女性の身体の筋肉・肉感を事細かに描写。猫の仕草を実に巧く捉えている。
でも、ボクの心を捉えたのはその後の時代。中南米・中国・日本を旅して描いた作品たち。
パリ時代と作風が全く変わっている。更には戦争絵画。戦争を美化する事なくその惨さを炙りだす。
唯の「美女と猫の画家」ではない事を思い知った。
晩年のパリ時代の絵も様々な挑戦をしてる。決して成熟や老獪に落ち着いてない。見てて感銘を受けた。
同時に彼を揶揄し非難した日本画壇の古臭さ。新しいモノを否定するこの国の風潮。
変わんねーな。ウンザリするぜ(-_-;

展覧会の後は府中の森公園を散策。夕暮れ時で樹々が美しく浮かぶ。岩井俊二の映画みたい。
「なんか極楽浄土を歩いてるみたいだ」と嫁に言うと「さっさと行ってくれ」と言われた。
このコはホントに愉快だ。\(T▽T)/
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ウン、楽しかったな。ツグジの展覧会は千葉でもやってるので、そっちも行こう。


○一陽展
毎年行ってる「一陽展」。
http://www2.ucatv.ne.jp/~itiyokai.snow/exhibit/index.htm
先週日曜日に嫁と行ってきました。場所も恒例六本木国立新美術館。
今回はいつもより作品の展示が少なかったような。
毎年見てるので既にお馴染の作家さんも居る。と言っても作品を勝手に知ってるだけですが^^;
モチーフは基本毎年同じ。そこでの変化・或いは変わらない部分を見るのが楽しい。
政治的メッセージを込めた作品より日常的な風景や食べ物・猫を描いた作品の方が好きかな。
ボクは夕方麗蘭のLIVEがあるので此処で嫁と別れて赤坂に向かう。


○麗蘭 25th Anniversary Year「愛があれば歳の差なんて」@赤坂BRITZ
今年は麗蘭結成25年目。その記念LIVEがあるので行ってきました。
今回はチャボさんLIVE初体験のMOTO友さんを誘って。
席は1階立ち見。かなり後ろだけど何とかステージは見えた。(^_^;
クリックすると元のサイズで表示します
ライブは「マニフェスト」で始まる。「ミッドナイトブギ」のアレンジがアルバムと全然違う!
1stアルバムから沢山演奏。「待ちわびるサンセット」「真夜中のカウボーイ」が聴けるとは!
1stアルバムはボクがチャボさんと出会ったアルバム。思い入れが深い。この選曲は嬉しい。
中盤はニューアルバム「25」から。ブルースっぽい曲が多い。
「今、Yes We Can」が少しヒップホップ風味があって楽しい。唯個人的ヤマはこの後にあった。
チャボさん「久しぶりにやる」と言って始まったのが「がらがらヘビ」!!!!
チャボさんの咽び泣くようなギター、蘭丸の吼えてのたうち回るギターに撃たれる。
30代のある時期、チャボさんの暗い歌に救われた。それを想い出した。
更に「今夜R&Bを...」。チャボさんは歌の中で敬愛する、その殆どは亡くなった・・
アーティストの名前を呼ぶ。最後はキヨシロー、シーナについて笑顔で語る。ジンと来た。
チャボさんはライブの中で亡くなったアーティストを悼む。
LIVEを単に音楽を楽しむだけの場で無く、悼みと祈りの場とする。
LIVEの中に生と死が共存する。それが、仲井戸chabo麗市という男の姿勢なんだろう。
本編ラストは「ミュージック」!客席も一緒になって盛り上がる。オレも一緒に叫ぶ。
高らかに鳴る蘭丸のエレキ。チャボさんの笑顔。此処に来て良かった。
クリックすると元のサイズで表示します
クライマックスだらけのこのLIVE。真のクライマックスはアンコールにあった。
まさか「ココナッツバター」が聴けるとは!これも一緒になって叫んだ。
そしてホントのラスト「ミステリー」!!!!
チャボさんは笑顔でメンバーを紹介。そして最後に此処に居ない鈴木裕文さんを紹介。
鈴木さん、ポール鈴木は初期の麗蘭のLIVEに参加したパーカッショニスト。
ボクは1回しか見た事無いけど、あのパワフルなプレイは記憶に焼き付いている。
残念なことに鈴木さんは数年前に・・・。チャボさんの紹介に涙腺は崩壊した(^_^;
素晴らしい忘れられないliveだった。

因みにこの日はチャボさん66歳のバースデイ。でもお祝いの行事は丸で無かった。
ライブ中、誕生日について触れることも無かった。それは、おそらくチャボさんの意志だろう。
会場で言えなかったので此処で言います。チャボさん、お誕生日おめでとうございます☆
クリックすると元のサイズで表示します
帰宅するとニューアルバム「25」が届いてた。色んな心遣いに感謝。今ひたすら聴いてます。
クリックすると元のサイズで表示します


アートにロックと、素晴らしい体験をした週末でした♪
↓我が家の傑作ヨモちゃん(゚゜)\バキ☆☆(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/10/7

Baby#1 8さい〜おたんじょうび  

なんてきれいなお星様 まるで夢見てるみたい
あぁ この胸に 君を抱いてるからさ ぼくの Baby ナンバーワン

たとえ夜空が 引き裂かれても 怖くないさ  気にしないさ
だって ぼくを 悩ませるのは いつも 君ひとりさ

あぁ この胸に 今 抱きしめてる
ぼくの Baby ナンバーワン
(忌野清志郎「Baby#1」)

今日はヨモちゃんの8歳のお誕生日♪
定時で退社して早めに帰宅。こんなお目出度い日に仕事なんてやってられません(゚゜)\バキ☆

8歳・・立派な「おとな」だね。甘えっこは相変わらずだけど(^_^;
でもウチにお客さんが来ても矢鱈はしゃぐ事が無くなって、少し大人の落ち着きが出てきたかな?

と思ったら、嫁@パンダが晩御飯にスペシャルメニューを出したら慌てて食べて〇〇しました。
ヨモちゃん、キミはホントに愉しいコだねぇ\(T▽T)/

このコと一緒に居ると、自然に笑顔になる自分がいる。
ウチの外で、どんなヤな事があっても、
朝起きて嫁とヨモちゃんが仲良く寝てる姿を見たら、外のことなんてどーでも良くなる。
ヨモちゃん、ウチに来てくれてありがとね。キミはウチに来た「天使」だよ♪(バカ^^;)

オレたちは「最強の家族」だ。いつまでも楽しく過ごそう、な☆
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

(おめでたい「オトナのオトコ」です☆)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ