2017/5/21

デモと古河庭園と街猫さんたち  日々の泡(日記)

先週木曜日は久しぶりに国会議事堂前デモに参加。
国会で審議中の「共謀罪」の反対デモ。
集団活動は苦手だしデモ自体の効果も怪しいが元春が発表した「詩」に後押しされ参加した。
リーダーのコールに合わせて声を出す。賛同できないコールはスルーした。
クリックすると元のサイズで表示します
帰宅後、嫁@パンダに「安倍ちゃんに挨拶してきたよ」と言うと
「安倍ちゃんと顔を合わせて話せてねーじゃん」とツッコまれた。確かに・・・・(^^;。
オマケに「ケンカ売ったっつーのは首根っこ捕まえて引きずり出したことを言うんだよ」とも。
嫁@パンダ・・・カッケーな(T▽T)
オレがやったのはピンポンダッシュか?(^_^;

共謀罪はあっさり強行採決。ネット上の色んな意見を読む。
賛成者、反対者、それぞれのコミュニティでお互いに罵り合っている。
「バカな国民」「対案出せよ」「無関心な国民」読んでて失望する。埋めようが無い分断。
意見が違ったらお互いに認めようがないのか?もっと冷静に優しくなれないのか。

昨日は嫁と古河庭園を散策。バラの見頃。美しいバラと溢れる緑にココロが落ち着いた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
その後は色々歩いて、街猫さんと遊ぶ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
帰宅後、高野寛を聴く。穏やかな声に触れて軋んだココロがほどけた。

今日は浅草で三社祭を見物。街の盛上り、人々のパワーに圧倒された。

共謀罪は多分成立するだろう。憲法も多分変わるだろう。
勿論、反対するが一方で想う。
法律が変わったら自分は変わるのか?そんなモンなのか?・・・・変わんねーし(笑)
キレイなモノはキレイと書くし、違うと思ったら言う。
自粛も自己検閲もするが、それを決めるのはオレだ。オレ自身だ。法律じゃない。

世界が変わっても自分は変わらない。
それも、ひとつのやり方だしひとつの抵抗だ。
武器でもなく罵倒でもなく美しい森を選ぶ。
オレはそっちを生きたい。

さ、明日からいよいよ年度末対応の総仕上げだ。
政治も大切だが仕事も大切。チャンとやらなくっちゃ、な。ヨモちゃん♪
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/5/15

南相馬ボランティア  東北のためできること

週末は福島南相馬ボランティアに行く。
南相馬に行くのは実に1年ぶり。サボっててゴメン<(_ _)>
前回お世話になったボラチームのツアーに参加。
2台のワゴンカーを繰り出して福島に向かう。
道中ずっとHEATWAVE「Blind Pilot」を聴いてテンションを上げた(^_^;
途中であるお宅の裏山に咲く藤棚を観る。キレイ。
リーダーの方はこのお宅を個人的に支援してるとの事。頭が下がります。
クリックすると元のサイズで表示します

南相馬到着。現地は大雨。先ずはボラセンターに行く。
ボラセンター長の挨拶。
原発避難地域指定解除になって住人が戻ってきたけど少数、
 指定解除(=除染完了)により住人への公的支援が打ち切られ
 自己負担が増えた事、ボラが圧倒的に不足してる等のお話。

「避難地域指定解除」「帰宅」=問題解決じゃないのだ。
イヤ、むしろ此処から復興はスタートするのだ。お話を聞いてそう思った。
クリックすると元のサイズで表示します

本日の作業はあるお宅の伐り出した竹材の後片付け。
大雨の中での野外の作業・・に一瞬怯んだが、
これも南相馬が前に進むために必要なこと、だ。やるっきゃない!V(^^)

現場は指定解除を機に避難先から帰宅した方のお宅。
普段はご主人1人で片づけをしているらしい。
庭に積んだ竹材を枝打ちし細かく切り分け運んで機械で粉砕。
豪雨の中、ずぶ濡れになりながら竹と格闘。
濡れた竹は結構重い。雨の強さと寒さに途中でココロが折れそうになる。
そのとき、嫁@パンダとヒロシのコトバを思い出した。
 嫁@パンダの「キミは慌てなければ、大抵の事は上手く出来る。」
 ヒロシの「目の前のことを一生懸命やる」。

このコトバを思い出したら途端に力がスコンと抜けて冷静になれた。
その後は作業はスムーズに進む。
以前は苦手だった竹の「枝打ち」のコツも憶えたぜV(^^)

夕方まで作業して終了。庭はかなりキレイになってた。やったねb(^^)
メンバー皆さんはずぶ濡れで疲れてるけど満足そう。快心の笑顔だった。

東京への帰路。或るお店に寄って晩御飯に「浪江焼きそば」をいただいた。
ご主人は浪江からの避難者。避難先で新たにお店を開いた。
濃厚で食べきれるかな?と思ったけど、どんどん食が進む。ソースが甘辛くて美味しい♪
今度来た時は「シャモうどん」を食おう♪
クリックすると元のサイズで表示します

深夜に帰宅して酒を呑みながら1日を振り返る。疲れが出て失神。
翌日は嫁と一緒に日本橋三越で岩合光昭の写真展「ねこの京都」を観に行く。
場内は盛況。四季の京都の風景に映える猫さんのカワイイこと♪
特に芸者さんに遊んでもらう猫さんの甘えっぷりが気に入った。
三越は全店「猫まつり」。
猫を象った可愛らしいサンドセットを購入して晩飯にしました。
クリックすると元のサイズで表示します


南相馬ボランティアへは来月も行く予定。
今迄サボってた部分取り返さなくっちゃ。

東北・・今年は暫く行くのを控えようか、と思ってた。
でも、それは結局、自分の中で「無かったこと」にするのと同じ。
「無かったことにしたくない」から始めたこと。
そして、未だ・・自分の中じゃ終わっていない。
オトシマエはついてない。ならば・・行くしかない。
また行こう。な、ヨモちゃん。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/5/12

HEATWAVE NEW ALBUM「Carpe Diem」発売記念LIVE@渋谷Duo雑想  山口洋(HEATWAVE)/仲井戸Chabo麗市/RIKUO

昨夜は渋谷DuoにHEATWAVEのライブを見に行ってきました。
ニューアルバム「Carpe Diem」発売に伴うツアー最終日。
クリックすると元のサイズで表示します
先ずはセットリスト。新曲が殆ど演奏されてない(笑)


【セットリスト】
No Fear、明日のために靴を磨こう、Power(力)、トーキョーシティヒエラルキー、
Mr.ソングライター、Blind Pilot、Hotel Excistance、ガールフレンド、
出発の歌、ガーディアンエンジェル(ブズ―キ・レゲエ?Ver)、
荒野の風(Slow Ver)、新しい風、馬車は走る、
(アンコール1)
Lost Highway(ハンクウィリアムスCOVER)、オリオンへの道、Still Burning、
(アンコール2)
満月の夕

レア曲満載。定番曲も普段とは違うアレンジ。
ヒロシはオヤジギャグは殆ど話さず丁寧に演奏し歌っていた。バンドの演奏も「大人」だった。
最初、バンドの演奏ぶりや曲の感じを書こうか、とも思ったけど止めた(笑)
カネもそうだけどライブスゲェ!それだけでイイ。
クリックすると元のサイズで表示します
でライブ中、感じた個人的雑想をひたすら並べ立てます。(^_^;

○「POWER」「馬車は走る」はライブで初めて聴いた。
 「馬車は走る」は最近配信でゲットしてお気に入りの曲だったので聴けて嬉しかった。
○「Blind Pilot」の疾走感、空気感。何か解放される。
 「私は自由に死んでいきたい」の一節が刺さった。解放されているのに泣きたい、叫びたい。
 そんな気分だった。
○「Hotel Excistance」から「ガールフレンド」の流れは・・・参った。
 色んな想いが溢れてくる。別れを歌ったこの2つの歌。
 別れは・・・悲しいけど、でも別れだって大切な想い出なのだ。永遠の別れとしても。
 そう想った。
○ヒロシは明るくしゃべった。
 「やりたいことをやれ」「昔とやってることは変わらんけどオレは自由になった」
 「ボクは自由だ。キミは自由だ」「やりなおすのも大変なんだよ」
 「自分の火を絶やすな」

 ・・オレの中に火ってあるのかな?あったのかな?ないよな?
 でもヒロシの歌を聴いてると、無かったはずの火が燃えだす。
 とっくの昔に灰になったはずの燃えカスが集まって「火を点けろ」と騒ぎだす。
 面倒くさい。勘弁してくれよ。もう燃やすモンなんて残っちゃいねーよ。
 でも、何にもしなくて無かったことにするのは・・・腹が立つ。
 見なかったことには絶対したくない。それだけ、だ。

アンコールは2回。
最後の最後は「満月の夕」。
福島の女性が企画した福島でこの歌を歌うというステキなイベントへの参加を
ヒロシは嬉しそうに話していた。
この曲も考えてみれば「マイノリティー」を歌っている。
ポップスが通常扱う幸せや喜びの謳歌では無く傷ついた人と痛みを分ち合おうとする歌。
この歌が向いている方向はThe Boomの「島唄」と同じだ。
そして、ここ数年この歌を歌うときヒロシに笑顔が増えた。
それはきっと何度も歌うことで悲しみだけでなく別の何かを得てきたんだろう。


素晴らしいライブだった。新曲をもっと聴きたい気もしたが・・まぁそれはイイ。
次のツアーで聴けるだろう。
会場でゲットしたニューアルバム、今日会社の行き帰りに何度も聴いた。
「Blind Pilot」がホントに良い。他の曲も素晴らしい。これから何度も聴くだろう。
クリックすると元のサイズで表示します
このアルバムを手に・・・今夜東北に向かう。福島南相馬へ。行くのは実に1年ぶり。
東北・・暫く行くのを休もうか、と思ったけどヒロシの歌聴いたら、やっぱり行く事にした。
なかったことに・・見なかったことには・・したくないよ、やっぱり。
な、ヨモちゃん☆
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/5/9

変容の行き先〜カーネーション「METEO PARKWAY」@下北沢Gardenライブレポ  カーネーション

GW最終日は下北沢でカーネーションのライブ♪
今回はサポートドラムに元メンバー矢部浩志さん(やんべさん)が参加。
過去、ゲストや再現ライブの参加はあったけど、通常ライブ、フル参加は恐らく初めて。
しかも、このライブ後暫くカネのライブは無いとの事。これは期待せずにいられません。
クリックすると元のサイズで表示します
入場すると場内は満員。フロア真ん中、やんべさん・松江クン側に陣取る。
シナトラが流れメンバー登場、やんべさん登場に一際高い歓声が上がる。

ライブは「New Morning」からスタート。いきなり、これか!一気に持っていかれる。
やんべさん在籍時の名曲が散りばめられた内容になるか、と思いきや、
演奏された曲の大半はやんべさん脱退後のアルバムから選曲。しかもレア曲満載。
やんべさんのドラムで初めて聴く曲もある。
「この悲しみ」「Station」「Lost In Stars」改めて曲の良さを思い知る。
そして久しぶりに聴くやんべさんのドラムがヘヴィー。こんな重いドラムを叩く人だったんだ。

中盤、直枝さん、大田さん、やんべさんの3人だけで演奏。
直枝さん、5人組から3人体制になった当時の想い出を語る。
3人で演奏できるように完璧に構築されているカネの曲を解体。
直枝さん笑いながら話してたけど5人で演ってた曲を3人で演奏するなんて正気の沙汰じゃない。
フツー、サポートメンバーを入れるだろ?ハッキリ言ってムチャクチャ。
でもボクがカネを初めて見たのは丁度この時期だった。当時見たライブは凄まじかった。
この日、3人だけで演奏した「ANGEL」「Brack Coffee Crazy」はサイコーにアツかった!

更に嬉しいお知らせ。今年ニューアルバムを出すとの発表が!そして新曲が2曲演奏された。
2曲ともストレートなロックンロール、シャープでメロウなパワーポップ。
変態メロディに溢れた「Multimodal Setiment」の世界とは違うテイスト。
どちらの曲も好きな感じ。アルバムがどうなるか期待大。

後半は狂乱状態。これまた久しぶりの「クエスチョンズ」。
直枝さんと松江クンのギターに狂い手を鳴らし踊り叫んだ。
オ―ラスは「The End of Summer」。これも一緒に歌った!

アンコールは最後の最後は「メテオ定食」が鳴った。
過去の名曲を鳴らすのではなく、最後に最新ナンバーを持ってくる。イカしてるぜ♪
この曲を、やんべさんのドラムで聴けるとは・・・震えた。
最後アウトロはノイズまみれ。直枝さんは終わるのを惜しむ様にギターをずっと弾いてた。
ライブは此処で終了。何と定番の「Edo River」も「夜の煙突」も演奏しなかった。
うーん、直枝さん攻めてるな(^_^;
クリックすると元のサイズで表示します

大満足。翌日は検査で休み。筋肉痛だらけなので休みにして良かった。
前日ライブが終わったばかりなのに、またカネのライブを見たくなってる。
次のライブは9月江の島虎丸座のアコースティックライブ。
毎年パスしてるけど・・やんべさんも参加するし今年は行こうかなぁ。

このライブ、やんべさんの参加・新曲とカネの変化の兆しが見えていた。
カネ、直枝さんはいつだって同じ場所に留まらない。
メンバーが抜けたら曲を解体し、サポートメンバーも定期的に見直す。
やんべさん脱退後のアルバムもライブは基本直枝さん一人でギター弾いてたのに
ここ数年は松江潤という凄腕ギタリストを迎えて自分はサイドギターに徹してる。
そうやってカネは変化・・いや変容し続けてきた。
「Brack Coffee Crazy」の歌詞じゃないが「お前(音楽)を飲み込んで俺は変わる」のだ。

カネはいつだってワクワクドキドキさせてくれる。
カネのオトはオレにとってサイコーのドラッグだ。だから止められない。
これからもやり続けるよ☆

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ