2017/9/10

ハンバートハンバート@日比谷野音と藝祭2017  オトの記憶(CD、ライブ)

土曜日は日比谷野音でハンバートハンバートのライブ。
15年位前にあった、どんとイベントで知った夫婦フォーク(?)デュオ。
以来、ファンだったけどソロフルLIVEを見るのは初めて。チョー楽しみだった。
クリックすると元のサイズで表示します
ライブは「雨の街」から開始。Newアルバム「家族行進曲」の曲を中心に展開。
7人編成の大所帯にビックリ。
前半は遊穂嬢と良成クンの2人だけの演奏メインに進む。
噛み合わない2人のMCには大爆笑。(T▽T)
「ただいま」「ぼくのお日さま」「横顔しか知らない」にはグッと来た。
「横顔しか知らない」の彼は下手したらストーカーもどき。ヤバい奴かも知れない。
でも、こいつの彼女を想う気持ちは純粋だ。ホンモノだ。聴いてて何か切なかった。

バンドを加えての第二部。「真夜中」「ひかり」「虎」の流れは・・・参った。
こいつらを、この歌を聴きたかった。 だから、ここに来た。
「真夜中」。これを歌にするか!私は誰?貴方は誰だ?私が最後に言うコトバが優しすぎる。
「ひかり」・・消え損ねた命、その果てにたどりついた「生きててよかった」のコトバ。
「虎」。創る苦しみに酒に溺れた男。素晴らしくロックなアレンジ。
2人は小さな隅っこに息づく奴等を歌う。優しく残酷に朗らかに。
寄り添わず、でも突き放さないで。手はつながない。「わかるよ」なんて言わない。
でも同じ方向に顔を向けてる。並んで立ってる。
知らず知らずに心が温かいモノに満たされている。涙がこぼれそう。
クリックすると元のサイズで表示します
後半はロックンロール大会。ウルフルズの「Sun Sun Sun」のcoverにはやられた!
「国語」「ホンマツテントウむし」「おいらの船」。
遊穂嬢は踊りハープを鳴らしモニターに足を掛けて客を煽る!良成クンもノリノリ。
オレは我慢できずスタンディング(^^; 周囲のお客さんも立って踊ってる。
ハンバートってこんなロックな演奏を聴かせるんだ!嬉しい驚き。

アンコールラストは2人で「おなじ話」。ハンバートで初めて聴いた曲。
「今、君は何処にいる?何をしてる?そばにいるよ」と語り合う歌。
でも・・多分「君」は此処に居ない。見えない人。
それが、どうした?だから、なんだ?
ハンバートの歌はあっちでもこっちでも自由に駆ける。うつつも夢もつなげる。
境界なんて意味を成さない。語り手が人で在る必要も無い。
色んなイキモノの言葉にならない想いを掬い上げ歌い上げる。ステキじゃないか♪

行ってよかったな。来年もツアーあったらまた行きたい。
写真は「ハンバート手ぬぐい」。何故か中華料理がモチーフ。
なんで中華?このワケのわからなさがハンバートの魅力です☆
ヨモちゃんは興味津々(^_^;
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

日曜日は恒例・東京藝大の「藝祭」に行ってきました。
学生制作の神輿が相変わらず凄すぎる。ベラボーで出鱈目で笑える。
ここにも楽しいイキモノが居るぜ。サイコーだ!
他の展示もオモシロかったが時間が無くて幾つかは見れなかった。
次回は2日掛けてみよう♪
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

充実した2日間でした。家に帰るとオモシロいイキモノが待っていました(^_^;
ヨモちゃん、キミが一番オモシロいよ☆
クリックすると元のサイズで表示します
 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ