2017/10/22

荒浜ボランティアと衆院選選挙  東北のためできること


土曜日は仙台荒浜でボランティア。
お馴染学生ボランティアReroots主催サツマイモ収穫イベント。
持病の喘息&花粉症が悪化して体調はサイアク。欠席も考えた。
ただ、今年ボラは2回体調不良で休んだ。しかも今回は荒浜。欠席は有り得ない。
現地に行ったら何とかなると深夜バスに乗り込む。
幸い、行き帰りとも多少の咳は出たが酷くはならず一安心。

海岸を見学した後、Rerootsに向かう。過去蔓返しは参加したけど収穫は初体験。
各所から大勢集まり参加者は20人以上。旧知のボランティアさんも居る。
前回知りあいになった人も居る。親子連れも多い。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ここ最近のRerootsのボラはイベント参加が多かったが今回はもろ作業。
畑で久しぶりの泥まみれの作業。涼しくて気持ちよく作業。
無農薬栽培という事で畑からは虫や蛙の団体が登場(T▽T)
お子さん達は収穫より虫・蛙採取に熱中(笑)
サツマイモ・・オバケみたいにデカいのが沢山ある。
深夜バスで帰るのでフツーサイズのを御裾分けして貰った(^_^;
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

午後は公民館で昼食&農家さんの講話を聞く。
農家さんの講話。津浪で荒れた海岸地区の植樹やメダカの保護に努める60代の農家さん。
今日のお芋収穫を指導してくれた90代の農家さん。どちらのお話も胸に響いた。
今回、感心したのは、世代が遥かに上の大人と交流しチャンとコミュニケートする
Rerootsのメンバーの姿勢。
オレ、大学生の時、お年寄りとコミュニケーションできたっけ?
司会進行は幼く拙かったけれど、彼等の姿勢と行動力はホント素晴らしい。

今年の荒浜ボラはこれで終わり。次回は来年春。
当然また来ます。学生皆さんとまた逢うために。

今日は衆院選挙。誰に投票するか散々悩んだ。
安倍ちゃん倒せ!も憲法守る!も大事なポイントだけど、オレ的にはピンと来ない。
個人的にこれだ!という視点を中々見いだせなかった。解散が切っ掛けの急な選挙だし。

でも、仙台からの道中ここ最近で見たものを考えた。
先週のりんりんふぇすで話題になった老いの問題。
最後、みんなでステージに上がって踊った光景。
そして、昨日の東北復興に頑張る学生、農家さん。
彼等と笑顔で話し、彼らの話にキチンと耳を傾ける政治家。そういう人にオレは投票したい。
自分の演説だけしてサッサと帰る、聞いたふりだけして笑って誤魔化して逃げる、
カッコいい小理屈をこねて結局は何もしない。そういう人は絶対選びたくない。

悩んだ挙句、小選挙区・比例区、別の野党に投票した。
この2つの党の議員なら一緒に踊り笑って話せる気がする。
あくまでイメージだが。そういうイメージは大切だ。

その政治家や党が勝てなくても構わない。 大切なのはオレがそこを選んだって事だ。
選挙だからって、顰っ面でケンカ腰になるのは御免だ。
折角の国民行事。笑って楽しんで面白がろう。
ヨモちゃん、トンデモない奴が当選するとイイな。
結果も酒呑んで笑いながら見物しようぜ☆
クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ