2018/9/12

藝祭2018とハンバートハンバートLIVE@日比谷野音  オトの記憶(CD、ライブ)

毎年行っている東京藝大の藝祭、今年は2日行くことにした。
毎回1日では回り切れないため2日間、使って行くことに。
土曜日、藝大に向かう途中で嫁@パンダがボクの失言にツッコむ。
嫁は「言葉の卍固め」とのたまう。(^_^;。
「言葉の卍固め=相手の言葉尻を捉え締め上げる」意味だそう。
嫁、オモシロいな\(T▽T)/

藝大到着。先ずは藝祭名物学生制作の神輿を見る。
烏天狗、ガネーシャ、ワケの分らんモンスター。どれも素晴らしい。
ボクはモンスターの脇にチョコンと座ってるピンクのパンダが気に入った。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

その後はデザイン棟を中心に見る。色んな作品を楽しむ。
オモシロい!と思える物、ウーーンって感じの物。それも含めてそれぞれの個性を感じる。
ただ、階段の上がり降りが続いてボクはバテ気味(^_^;
途中でサンバ祭りが始まったので棟外に出る。
リズムと狂騒、そして熱。サンバ久し振りに見て愉しかった。
クリックすると元のサイズで表示します

藝祭はここで中座して、日比谷野音に。今日はハンバートハンバートのライブ。
デビュー20周年記念Newアルバム「Folk2」発売に伴うツアー。
1年前の同じ時期に矢張りハンバート@野音を視て愉しかったので今年も行くことに。
ナイツ、エゴラッピン、ハンバートがCMソングを歌ってるパリミキから花が届いてる。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ボク等の席は後方だけどステージ全体を見渡せる。場内は満員。開演と共に2人登場。
昨年はバックバンドを率いてのライブだったけど今回は2人。
野音を2人だけ。潔い。でも、2人だけのLIVEはハンバートにとっては日常なんだろう。
前半は「Folk2」からの選曲中心に。遊穂嬢の声が心地いい。
ユーミンの「ひこうき雲」は好きな曲なので演奏してくれたのは嬉しい。
途中でMCも。良成クンの投げやりレスポンスに笑う。
唯、前半、暑気あたりや仕事疲れと気持ちよさでウトウト(^_^;
気づいたら前半最後の曲陽水coverでした。(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示します

第2部は旧い曲も織り交ぜての展開。「おなじ話」を早い段階で演奏したのはビックリ。
良成クンがピアノで弾く「虎」は矢張り・・・グッとくる。
後半「がんばれ兄ちゃん」からは一気に盛り上がる。
メドレーをはさんで「国語」「おいらの船」と遊穂嬢はステージ上を駆け巡る。
歌って走ってハープ吹いてステップ踏んで、何気にこの人アクションが凄い。
最後は「ホンマツテントウ虫」。毎回ここは色んな曲coverをはさむのが楽しい。
今回はニルヴァーナ「Smells Like A Teens Sprit」の日本語cover!
でも原曲歌詞を全く無視したあんまりな歌詞。ボクも嫁も爆笑(T▽T)
そのまま「アルプス一万尺」に突入!去年は「1週間」で今年はコレかい!
遊穂嬢、客席に降りて中央にあるサブステージに行く!
そして事務所社長、友人の漫画家を呼び入れダンス共演、最後は又吉直樹!
場内はヒートアップ!「アルプス一万尺」で日比谷野音が盛り上がってる!
サイコーに愉快な眺めだった。

アンコール最後は「ぼくのお日さま」。
「音楽の様に現実は上手くいかない」の歌詞が胸にズンと来た。
そう、現実は歌みたいにキレイに行かない。それは自分自身もそう。
慌てふためき、みっともなく這いずり回り・・・美しく生きるなんてムリ。
でもハンバートの歌はそんなサイテーの屑みたいな奴の傍にも居てくれる。
寄り添うんじゃない。励ますんじゃない。
唯、並んで立ってる。遊穂嬢と良成クンが奏でるのはそんな歌たちだ。
LIVEはこれで終わり。でも最後の最後には何と撮影タイムが!
ボクの携帯ではピンボケ。ほとんど幽霊状態。でも嬉しかったな。
2人は満面の笑顔で去っていった。
ボクと嫁もお土産のハンバート手拭と一緒に意気揚々と帰りました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

翌日の日曜日も藝祭に行く。今度は絵画中心に見る。
次から次に広がる作品の熱に圧倒される。
8階まで階段を上がってボクはバテバテ。途中で休憩(^_^;
でもカワイイ猫さんのオブジェも見れて満足。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

嗚呼、愉しい週末だったな。仕事は早速ゴタゴタ続き。
しゃーないよ。世の中、歌みたいにキレイに出来てないんだから。
くだらないこと、失笑すること、ウンザリすることとも付き合わなくっちゃ。
でも、ちょっと脇道に入れば、オモシロいイモノとイッパイ出逢える。

ハンバートの二人、藝祭で逢った色んな奴ら、嫁、そしてヨモちゃん☆
みんなサイコーに愉快で楽しいぜ♪
ヨモちゃん。ウチは愉しいな♪キミも嫁@パンダも素晴らしく愉快だよ☆
クリックすると元のサイズで表示します

(オマエは笑えないニャ)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ