2019/4/6

佐野元春&ザ・ホーボーキング・バンド『Smoke & Blue』@ビルボード東京  佐野元春

金曜日の夜は六本木に元春&ホボキンのLIVEを観に行ってきました。
ビルボード東京のLIVEは最初の3年位は行ってたけど、その後はトンと御無沙汰。
このライブのチケットは平日発売。会社員が仕事中に私用で席を外して電話はできない。
今回も行きたいと思いつつチケット取るのはムリと諦めてた。
でもTwitterのフォロワーさんがぴあでも取れると教えてくれたので何とかゲット。
元春@ビルボード東京に行くのは実に5年ぶり。ホボキンライブを見るのも同じく5年ぶり。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ボク等は第2部に参加。嫁と落ち合って入場。
ボク等の席は1階でシータカ側。丁度ステージを真横から見る位置。
この位置ではKyOnさんは全く見えない。でもステージの様子は十分分かるので贅沢言うまい(^_^;
時間になってメンバー入場。全員黒スーツ。LIVE開始。


(セットリスト)
1.ジュジュ、2.月と専制君主、3.日曜日の朝の憂鬱、4.君がいなければ、5.トーキョーシック、
6.クエスチョンズ、7.C´mon、8.コンプリケーションシェイクダウン、9.愛のシステム、
10.ハッピーエンド、11.僕にできることは、12.夜に揺れて、13.最新マシンを手にした子供達、
14.ナポレオンフィッシュと泳ぐ日

クリックすると元のサイズで表示します
演奏が始まった瞬間、自分が笑顔になっているのに気付いた。
元春、ホボキンが繰出すオトの豊かさ・・粋?洒脱?遊び心溢れたオトのダンスに酔う。
前半はセルフカバーアルバム「月と専制君主」の収録曲を中心に。
このアルバムをメインとしたツアーは結局開かれなかった。
今回このアルバムから沢山聴けたのは嬉しかった。特に「君がいなければ」にはグッと来た。
「トーキョーシック」。311の後に一番最初に発売された元春の新曲。
世間には元春に「原発を歌え、311について歌え」を煽る向きが居たが、
元春は「落込んでないで街に出かけよう 世の中いやな事ばかりじゃない」と軽やかに歌った。
勿論、元春がこの歌にどんな意味を込めてるかなんてワカンナイが、
あの暗く沈んだムードの世の中に、
こんなにも明るく楽しいポップソングを投げかけるスタンスは素敵だと思った。

演奏はアルバム通りでなく、新しいフレーズを入れてたりリピートがあったり。
元春とKyOnさんのWキーボードなんて普段のライブで見れないシーンにテンションが上がる。
シータカがコーラスを沢山歌ってるのも初めて知る(いつも元春の後ろで見えないので(笑))
そして長田さんのブルージーに唸るギターに聴き惚れた。やっぱこの人凄い。

中盤の「コンプリ」。結構久しぶりに聴いた気がする。COYOTEではあまり演奏して無い様な?
ブレークの箇所、KyOnさんとトミーのソロ。見せ場が沢山!
後半は「自由の岸辺」から。「ハッピーエンド」も「僕にできることは」も好きな曲。
それが新たな装いで演奏される。
「POP CHILDREN」ではKyOnさん、長田さんのツィンギター!此処はやっぱり盛上る。
大人のロックだけど、こういう弾けたシーンもチャンとある。
最後は「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」。ホボキン仕様のロングヴァージョン。
長田さんのギターがCDのサハシ君ギターをチャンと再現してるのが嬉しい。
オリジナルVerより演奏部分が増えて長くアレンジされたこの曲。
最初にこのVerに触れたのは確か2001年のロックンソウルツアー。以来色んな場所で聴いた。
激しく叩きつけるオリジナルも好きだが、穏やかだけど徐々にテンションを上げる
ホボキンヴァージョンもオレは好きだな。

演奏はここで終わり。1時間半。でも充実した内容で全然短いとは思わなかった。
最後に元春が「来年はデビューから40周年。沢山ライブをしたい」と言ったのも嬉しかった。
そう!ホボキンで是非全国ツアーをしてほしい!できれば大きいホールかライブハウスで。

最後は元春とメンバーが並んで挨拶・・・大団円のはずが・・・元春、なんとバンドを

「コヨーテ バ〜〜〜〜ンド⤴」と紹介。\(T▽T)/\(T▽T)/

一瞬、場内はシーン。そのうち客席からツッコミの声が(T▽T)。
佐野クン、自分のマチガイに「これはわざとじゃありません」「ホントにボケました」と釈明(^^;。
この日のライブの素晴らしい演奏も、最後のこの佐野クンの一言で全部吹っ飛んだ。
佐野クン・・・ホント・・・飽きさせないヒトだ(^_^;
クリックすると元のサイズで表示します

終演後、嫁と「ホント楽しかった。オモシロかった」と話しながら帰途についた。
ホボキン、やっぱ・・・イイな。
COYOTEの剛速球を投げ込んでくるようなライブも大好きだけど
ホボキンの変化球あり、佐野クンの暴投ありのライブもやっぱ好き。
今年・来年と元春&ホボキンのライブをもっと見たいなぁ。
(できればこの前の日に飛び入り参加した特別ゲストもメンバーに加えて)
クリックすると元のサイズで表示します

土曜日は日暮里周辺を散歩。とあるお店で探してた「TOKYO VOICE」をゲットできた!
写真も良いがインタビューの内容がまた素晴らしい。
「感情的にならず観察者に徹して描写」の姿勢はホント一貫してるな。
元春のそういうとこが好きだ。

ヨモちゃん、佐野クンはホント楽しいな☆
今年も色々オモシロがらせてくれそう。ワクワクするぜ☆
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

5

2019/4/3

山元町ボラと花見  東北のためできること

先週末は宮城県山元町にボランティアに行ってきました。
昨年秋から何度かツアーに申し込んでいたけど人が集まらず中止が続いてた。
やっと行けた。

到着後、先ずは中浜小学校を見学。
バスで向かう途中、新たに出来た避難道路や様々な設備を見た。
6年前に来た時は震災や津波の傷痕が残っていたこの街もすっかり復旧が進んだ。
中浜小学校で語り部さんの話を伺う。津波に耐えて死者が出なかったこの場所。
災害に備えた事前の綿密な準備には唯々感銘を受ける。
クリックすると元のサイズで表示します
一方で・・・この町でも矢張り多くの犠牲者が出ている。
無事だった人も色々抱えてる。8年経って出てきたココロの傷・悲しみ。
家族を喪ったのに他人に云えず酒に溺れた人。親を喪った悲しみをずっと我慢してた子供。
親が亡くなり学費をバイトで稼ぐ学生。中には不登校になった子も居る。
それを聞いてコトバが出なかった。
ココロの復興はそんな簡単に進まない。いや、何を以て復興と言うのか。言えるのか。
残念ながら、外から来たオレにココロの問題のお手伝いは出来ない。
クリックすると元のサイズで表示します

この日の作業はある農家さんのお宅の畑に生えた樹木の撤去。
数十本ある樹を20人掛かりで引っこ抜いて片づける。
この日のメンバーは大学生が多い。東北ボランティアに初参加の人も居る。
大学生になって、ようやくボラに来たとの話。
決して忘れてない、こういう若者が居るのは心強い。

ボクは年長と言う事もあって指示したり仕切った。何リーダーやってんだ?オレ(^_^;
沢山有った木も大勢で作業したら全部片付いた。
クリックすると元のサイズで表示します

ボラが終ったあとは農家さんの好意でイチゴ狩り。そう山元町はイチゴが名物♪
このイチゴが甘くて美味い!折角なので詰め合わせをお土産に購入した。
クリックすると元のサイズで表示します

前回の福島ボラは反省だらけだったが今回はそこそこ出来たかな?
5月は荒浜でお芋プロジェクトが始まるだろう。日程が合えば行こう。

オレに出来る事は・・多寡が知れている。ホント限られたことしかできない。
現地の傷ついた方のココロを癒すなんてできない。オレと話しても愉しくないだろう。
自分が出来る事は・・ごく限られている。ホント僅かのことしかできない。
せいぜい樹を抜いたり草を刈ったりお芋を植えたり・・・そんな作業しかできない。
それでも・・それが東北の役に立つのなら・・続けていくしかないだろう。

翌日は嫁@パンダとお花見。地元の自然公園や山谷堀公園や隅田公園。
川辺で、桜を見ながら嫁お手製のお弁当と途中で調達した酒とツマミを堪能。
昼から呑む酒はなんで、こんなに旨いんだろう(゚゜)\バキ☆
嗚呼、ホント楽しかった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

写真は山元町行った際に嫁@パンダが送ってくれたヨモちゃん写真。
うーん、男前。お目目がキラキラしてます(T▽T)
ヨモちゃんのアタマの中はきっとお花がイッパイ咲いてるんだね☆
クリックすると元のサイズで表示します

今週から新年度。仕事は年度末対応で面倒事が山ほど待ってる。
あたらしいウスノロ共も手ぐすね引いて待ってる。
笑いとばしながら1匹1匹ずつ、やっつけていこうV(^^)

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ