2019/12/9

猫とエレキギターと週末に〜カーネーション "LIFE GOES ON"@東京キネマクラブ  カーネーション

金曜日は休出の代休で会社はお休み。
午後壊れていた腕時計を修理に出して谷中周辺を散策。
保護猫さんが居るレストラン「宿木カフェ」でお茶。
正月1回来たけど以来週末はいつも混んでて入れず。今回は無事は入れましたV(^^)
猫を象ったカプチーノを飲みながら猫さんを眺めてノンビリ♬
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
他のお客さんは玩具を使って猫さんと上手く遊ぶがボクは撫でるだけ。相手にされず(^_^;
この2匹、マサムネとシオンは遊んでくれた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
朝、仕事関係で一寸落ち込むことがあったが(笑)猫と遊んで気が晴れた。
ここ楽しいな。また来よう。今度は嫁@パンダと♬

仕事から帰ってきた嫁と鶯谷に向かう。東京キネマ俱楽部でカーネーションのLIVE。
毎年年末恒例のカネLIVE。これに参加するのが我が家の恒例行事となってしまった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

入場して、この日発売となったSoggy Cheeriosの新譜を買う。
LIVE開始。OPアクトはSoggy Cheerios!本人が出るLIVEの前座を本人がするか!(T▽T)
直枝さんと惣一郎さん2人だけで新譜から4曲演奏。
カネとは異なる幻想的・夢幻な歌世界。あえて心地よい展開からズレたメロディ。
アコースティック演奏だけど癒しなし。これはこれでオモシロい。
何より矢鱈喋る惣一郎さんのトークに爆笑した(笑)

休憩後いよいよカネLIVE。バルコニーから階段を下りてメンバー登場。
今回のメンバーは直枝さん、ゆずるさん、ドラムは張替クン、Keyは伊藤隆博さん。
ここ数年のLIVEは松江潤がサポートギタリストとして参加ツィンギターが定番だった。
今回はギターは直枝さんだけの4ピース。
サポートギターやコーラスが参加した大所帯も良いけど少人数構成も良いな。
何より直枝さんギター大好きのボクには直枝さんのギターがバッチリ聴こえるのは楽しい♬
(複数ギタリスト居るとオトが混ざり合ってワケ分かんないので(笑))

クリックすると元のサイズで表示します

(セットリスト)→曲順大いに不安あり(笑)
1.ハンマーロック、2.New Morning、3.駅(新曲)、4.心はその果てへ(新曲)、
5.いつかここで会いましょう、6.Standin' All Alone、7.Suspicious Mind、
8.Little Jetty(ゆるずさんVO)、9.Baby Baby Baby(新曲)
9.サンセットモンスターズ、11.ハイウェイバス(〃)、12.あの日どこかで、
13ハイ&ローランド(新曲)、14.ANGEL、15.クエスチョンズ、16.FUNNY、
17.未確認の愛情、18.Real Man、19.Edo River、20.アダムスキー、
(アンコール)
21.祭囃子が聞こえる(ゆるずさんVO、ショーケンcover)、22.やめておくれ、
(アンコール2)
23.夜の煙突

LIVEはレア曲、新曲満載。ゆるずさんVOも多し。
ボクは直枝さんの正面に陣取って聴いてたけどギターの音がバッチリV(^^)
この日のライブ全てが素晴らしく最高にロマンチックでせつなくて最狂に狂暴なライブだった!

2曲目に「New Morning」が鳴ったとき泣きそうになった。
「オレは何だか怖くて震えてたのさ」「だから吠えることを覚えたのさ」
この歌詞に・・・何度火を点けて貰ったことか。

ギターは直枝さん1人だけど「Multimodal Sentiment」「Suburban Baroque」の
2人ギターで録音した曲も演奏する。直枝さんのギターソロが炸裂し物足りなさゼロ。
サポート2人も唯々素晴らしい。張替クンのドラムの強靭な音に何度も笑顔になり
Key伊藤さんのクールだけど煽るKeyプレイには見惚れた。
伊藤さんがツアー中酔っぱらって電車チケットを失くしたエピソード、
直枝さんが「ちゃんとしてください!」と怒った話には大爆笑(笑)。

この日は新曲も演奏された。どれも良かった。
草月ホールで演奏された「駅」「心はその果てへ」「BabyBabyBaby」の再演に加えて
この日は出来立ての新曲「ハイ&ローランド」も演奏。
「ハイ&ローランド」のシャープな演奏と何処かネガティブな歌詞が良い感じ。
そして「Baby Baby Baby」・・これ大好き。この曲の早期の音源化熱望!
どの曲も過去曲とは彩合いが全然違う。活動35年を超えるバンドが未だ新しい音世界を産み続ける。
凄すぎる。

中盤の3ピースだけの「サンセットモンスターズ」「ハイウェイバス」にまた泣く(笑)。
後半の「ANGEL」もそう。
歌詞も勿論だが後半延々と続く直枝さんのギターソロに心が揺さぶられる。
そして「Younger Than Today」にはもう参った。
「立ちどまるのも面白いと思うよ」「君は君のままでいい」の歌詞。
若い人に語りかける歌だけど・・それは大人の自分にもそのまま響く。
今年はずっとダメだった。立ち止まってばかりだった。
最後、終わることがない直枝さんのギター優しいけど厳しい。ひたすら泣いてた。
(泣いてばかりだなオレ(゚゜)\バキ☆)
直枝さんの歌とギターは、いつもオレのココロの表と裏に寄り添ってくれる。
楽しい!シアワセ!前に進む!みたいなPOSITIVEな部分だけで無くて
嫌だ!嫌いだ!消えたい!壊したい!みたいな自分の中にある下らない
汚れた感情も受止めてくれる。だから直枝さんの歌とギターを聴くと泣く。狂う。
(元春の歌だと笑いハッピーになりココロが綺麗になる(笑))

後半「クエスチョンズ」「FUNNY」からは直枝さんの轟音ギターが炸裂!
バンドメンバーも凄いオトで直枝さんを煽り倒す。
オトがイキモノの様にうねり渦巻き高笑いしてる。当然妄想だ。
でも、この妄想はカネでしか見れない景色(いろ)。他では絶対見れない。
オレは笑い泣き叫び手を振り踊り狂ってた!
直枝さん「まだ終わらないよ」と此処から「Real Man」「Edo River」と怒涛の展開。
「Edo River」で終わるかと思えば本編最後は「アダムスキー」!
直枝さん、アンタバケモノですか(T▽T)

アンコールでは何と「やめておくれ」を演奏!「Girl Friend Army」収録の屈指の名曲。
大好きな曲だけどLIVEではあまり歌われない。10年位前に1度聴いたきり。
「20年すぎても 僕は子供さ 君のよこで」の歌詞が響いた。
カネは嫁との出逢いが切っ掛けで聴く様になった。ファンになってもうすぐ20年。
それは、そのまま嫁と出逢ってからの年数とほぼ同じ。
20年経ったら・・オレは最早この世にはいないだろう。消えているだろう。
でも、嫁とヨモちゃんは元気で笑って過ごしてほしい。オレの事なんか忘れて。

LIVEはホントはここで終わる筈だったけど客席は収まらずWアンコール。
曲は当然「夜の煙突」。直枝さんは走り回り客を煽る。ウン、いい眺めだ☆
この曲でも踊りまくって終了。オレの中の邪気も穢れもキレイに消えてた。

クリックすると元のサイズで表示します
LIVEが終わってからも「Baby Baby Baby」を思い出してニヤニヤしてる。
最新の曲がサイコーにカッコいいってどうよ?
来年1月のゆるずさん還暦記念ライブも行くことにした。
だって、直枝さんと玉ちゃん(玉城宏志)のオレが大好きなギタリスト2人が
同じステージに上がるんだぜ?行かなくてどーする?

猫とギターのおかげでサイコーに愉しい週末を過ごせました。
だから猫好きはやめられない。だからカネはやめられない。
どっちにも感謝☆
クリックすると元のサイズで表示します

(このコにも感謝、ありがたいコです♪)
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ