2019/12/23

ハンバートハンバート 「ハンバート家の平日 2019 Final」@中野サンプラザ  オトの記憶(CD、ライブ)

金曜日は中野サンプラザでハンバートハンバートのLIVE。
ボクが行く今年最後のLIVE。会社を出るのが遅れて開演ギリギリで会場に到着。

ハンバートは今年のLIVEは平日のみ開催で土日休日は行わない方針。
でも、その分普段行かない様々な土地にLIVEに行けたそう。
この日のLIVEはその1年間の集大成。是非見たかった。
クリックすると元のサイズで表示します

LIVEはディズニーの「Hi-Ho」のBGMが鳴ってスタート。遊穂と良成の2人が入場。
今回は「ミサワホーム」で無くコレかい\(T▽T)/
先ずは「がんばれお兄ちゃん」からスタート。以降バンドスタイルで演奏。
選曲は主に「Folk」「Folk2」「WORK」の収録曲を中心に展開。
そんな中「バビロン」が歌われたのはホントに嬉しかった。
傑作「まっくらやみのにらめっこ」1曲目のロックナンバー。
ハンバートは度々LIVEで歌ってるみたいだけどボクが行くライブでは演奏されず。
大好きな曲でずっと生で聴きたかったので嬉しかった。
「信じ込む 裏切る」「手をつなぐ 殴り合う」「愛し合う 殺し合う」
優しいコトバと残酷なコトバが互いに突き放し睦み合い絡み合う。
優しいけど毒満載。これぞハンバートの真骨頂。
この1曲だけで此処に来た甲斐があった。
クリックすると元のサイズで表示します

後半は大好きな歌が並ぶ。
「小さい声」「邂逅」「ぼくのお日さま」「虎」。
痛みで大きな声を出せない。遠く離れて永い間、逢えない。巧く話せない。敗けてばかり。
そんな奴等の側にハンバートの歌は居る。
励まさないし力づけない慰めもしない。まして代弁もしない。
ただ横にチョコンと座って一緒に前向てるだけ。だからこそ泣ける笑える。
クリックすると元のサイズで表示します

後半は「おいらの船」「ホンマツテントウ虫」で盛上る。
最後はメンバー全員ステージを練り歩き「Hi-Ho」を奏でる。(T▽T)
もう笑った笑った。楽しすぎる〜♪

アンコールは「Farewell Song」そして「喪に服するとき」。
ツアーのFinal、クリスマスムードたっぷりの中に歌うのは「喪」。
でも歌の内容は「生きていこう」というメッセージ。温かいキモチで終われた。
最後は撮影タイム。唯ワシの携帯ではキレイに撮れずユーレイ状態(^_^;
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
この1年の締めくくりに2人のウタを聴けてホントに良かった。


この週は元春LIVE2本にハンバートと平日に3つものLIVEを入れた。
どれも愉しく充実した内容だった。
12月は他にCocco、高野寛、寺尾紗穂・・ヒロシ、そして祥子さんと魅力的な面々のLIVEがあった。
どのアーティストのLIVEも行ったら絶対楽しめた。悩んだが行くのはやめた。
仕事でバタバタしてる中、そんなにあれこれLIVEを詰め込んだら後に響く。
そして何より、そんなに沢山のLIVEを楽しむココロのキャパは現在の自分には無い。

時間もお金も限られている。その中で誰を視るか、視ないか。よく考えて選ばないと。
惰性で聴いたり見るのはアーティストに失礼だ。そうなったら離れる。
それは自分にとって「リアル」じゃないから。

今年LIVEを視たアーティストは自分にとってすべてリアルだった。
ステキなオンガクに逢えたことに感謝。
来年もリアルなオンガクに出逢えることを期待☆

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ