2020/8/16

大林宣彦「海辺の映画館-キネマの玉手箱」  Art・本・映画

昨日の終戦記念日。銀座に大林宣彦監督の遺作「海辺の映画館-キネマの玉手箱」を観に行った。
大林監督の映画を見るのは「ふたり」以来、実に20年ぶり。
ただ、事前に監督のインタビューを各所で読んだり観たりしていてこの作品が
反戦へのメッセージを色濃く反映した作品であることは知っていた。
クリックすると元のサイズで表示します

以下、感想を。唯、オレ如きが感想を上手く書ける作品じゃありません。
この映画、トンデモないです(^_^; 未見の人、読んでネタバレになっても何の問題もありません。


(物語)
尾道の海辺の旧い映画館が閉館となるため、最後に戦争映画特集を上映。
多くの映画ファンが集まる。楽団やダンサーも入れてイベントは華やかに進む。
ただし、ダンサーの少女が映画の世界に入り込んでしまう。「助けて」という言葉を残して。
知人の若者3人が彼女を助けようと追っかけて映画の世界に入るが・・・
そこで彼等が見たのは日本の過去の戦争史だった。

クリックすると元のサイズで表示します
映画の色彩は戦争を描いてるのに、ひたすらポップでカラフル。
あれ、大林監督の作品ってもっとセピアでダークじゃなかったっけ?意外だった。
物語はハッキリ言ってハチャメチャ。
イメージが奔放に広がりスピーディーに展開し、時勢も登場人物の感情の流れも滅茶苦茶。
同じ俳優で複数の登場人物を演じて、前半は正直ついていけなかった(笑)
これ、ホントに80過ぎの老人が撮った映画か?
アートでパンクで・・・よーワカラン。なんだ?これ?

後半は前半より戦争をじっくりと描き、落着いて見れた。
沖縄と広島のシーンは痛くて見てて苦しかった。
女性が受ける惨い仕打ちは丸で自分が受けているかの様な痛みを感じた。

戦争を描く中で、主人公たちは平和へのメッセージ、戦争への怒りが何度も叫ぶ。
正直しつこいな、くどいなと感じた。
勿論大切な事だが、だからこそもっと簡潔にまとめた方が良いのではと思った。
しかし、演じる若い役者(特に細田善彦!成海璃子!)が素晴らしく、
彼等の叫び・涙と共にストレートなメッセージも真っ直ぐ届いた。
この映画全編に若者に対する優しい視線が貫かれていた。
それは、そのまま大林監督の若者への視線だと思う。
若者の言葉として平和へのメッセージが叫ばれることで説教臭さが消えてたと思う。

映画を観終わったとき、涙が滂沱と流れていた。自席で小さく拍手をした。
今日という日に、この映画を見れてよかった。
オレ、この映画大好きだ。

映画を観終わって、1日経っても余韻が残ってる。
愉しい映画だったが・・・モヤモヤした感じが残ってる。
大林さんは都度言ってた
「戦争を描く映画は見る人にカタルシスを感じさせてはいけない」と。
この映画、見てカタルシスは無い。映画館を出てスッキリして忘れる。
それを許さない映画だ。

今年、各所で「戦後75年」と言われ同時に「戦争の記憶の風化」も言われている。
今後、戦争が起きないとは言い切れない。
自分たちがいつまでも「戦後」でいられるか。
「戦前」にならないように何をすべきか。
考えつづけよう。自分(テメェ)の流儀で、やり方で。

それにしても・・みずみずしく過激な映画だった。同時に何とも愛すべき映画だった。
これが遺作だって?冗談でしょ?次回作見たい!
それが出来ないのが・・・・唯々・・・悲しい。。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/8/10

パナソニック汐留美術館「和巧絶佳」  日々の泡(日記)

8月3連休。当初は帰省を予定していたけどコロナで断念。
東京圏外への外出も自粛と言う事で近場で遊ぶことに。

土曜日は浅草までお買い物。ROCKSの服屋さんで嫁@パンダにピッタリの服があったので
「買うてやるから着ろ」と嫁に言ったら、嫁「キシャ―!」とボクを威嚇しました\(T▽T)/

昨日の日曜日は新橋パナソニック汐留美術館に「和巧絶佳」展を観に行った。
国内若手工芸作家の作品の展示。コロナ対策で人数制限があって伸び伸びと見れました。
因みに当展覧会は撮影&Web掲載可。
クリックすると元のサイズで表示します

どの作品も作家の手造り。精巧かつ美しく同時に見てて楽しい。
舘鼻則孝の高い靴、深堀隆介のアクリル絵の具・透明樹脂を使った桶。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ボクが気に入ったのは、高橋賢吾のアルミで造ったスカルによる死生の表現。
お洒落で楽しそうなシャレコウベってサイコーじゃないか♬
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


見附正康の九谷焼の皿の細かすぎる文様には驚愕したし佐合道子のオブジェも良かった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ボクはアート作品を見る時に心掛けている事がある。
作家の経歴や作品の背景他、情報を一切遮断する。
作品は真っ新な気持ちで見たい。作家の人物像とか制作の動機とかどうでもイイ。
作品がオモシロいか、見た自分が何を感じるか、大事なのはそれだけ、だ。
ピカソも学生が造った作品も平等に見る。同じ作品だ。どっちが上とか下とかあるか。
(見終わった後、好きな作品の作家はチェックします^^;)
昨日見た作家さんの作品はどれもオモシロくリアルだった。
どの人の作品もまた見たいと思った。

その後は銀座に出てSMAP&新しい地図稲垣吾郎さんプロデュースのカフェでランチ。
ボクは2回目、嫁@パンダは初めて。
和風クリームパン、ポテサラ、ドリンク。どれも丁寧な作りで美味♬
香取慎吾クンの絵も見れて良かった。
缶バッジ買ったけど、勿体なくて使えない(^_^;
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

お休みの間、ボクとヨモちゃんは仲良し。
朝、寝てるとヨモちゃんがベッドに上がってきて添い寝してくれる♪
ヨモちゃんがゴロゴロ喉を鳴らすのを聴きながら寝るのはホントにシアワセ♪
今迄は、こんな事なかったのに。10年経ってオレたち仲良しになったね♪
もっとも、ヨモちゃん直ぐ嫁@パンダの横に行くけど(T▽T)

明日から、また仕事。でも後半は夏休み取るから、またイチャイチャしようね。
な、ヨモちゃん。
クリックすると元のサイズで表示します

(オレはパンダちゃんとイチャイチャするニャ☆)
0

2020/8/2

18ねん  日々の泡(日記)

昨日はボクと嫁@パンダの結婚記念日(嫁は未だに否定しますが(笑))
18年前のこの日(仏滅でした(笑))に2人は籍を入れました(嫁は「偽造」と言いますが^^:)
以来、このコと毎日愉快にアハハと笑って暮らしています(ボクは^^;)
嫁はますますオモシロく愉快になってゆく。

昨日、嫁に「キミは何者だ?」と聞いたら
「そんな簡単にシッポつかませないよ」とのお答え。さすがパンダちゃん\(T▽T)/

昨夜は近所の串焼き屋さんからテイクアウトで晩御飯。美味しかった。
嫁は美味しいのが嬉しいのかニコニコしてビールを煽ってた。
このコは飯も酒もホントに美味しそうにいただく。そこがイイ。

ヨモちゃん、昨日は楽しかったな。
来年も再来年もこれからずっと3人でこの日をお祝いしような☆

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ