2022/2/12

売れて何が悪い?〜日常(星野源)  星野源

¨ みんなが嫌うものが好きでも それでいいのよ
みんなが好きなものが好きでも それでいいのよ
共感はいらない 一つだけ大好きなものがあれば それだけで ¨(星野源「日常」より)
¨ 「一部の人だけ聴いてくれればいい」なんてつまらないことは死んでも言わない。
  「どんな方法でもいいから売れたい」なんて恥ずかしいことは死んでも思わない。
  自分が面白いと思ったことを満足いくまで探りながら、できるだけたくさんの人に
  聴いてもらうように努力する。それが我が地獄における、真っ当な生きる道だ。
  (星野源「よみがえる変態」「エピソード」より)

前回の日記で星野源の歌にハマってる事を書いた。そのマイブームは未だ続いてる(^^;

2017年に出たアルバム「Pop Wirus」を購入し、最新文庫本「いのちの車窓から」もゲット。
初期の曲「ばかのうた」「ばらばら」「日常」「予想」や最新曲「cube」も配信で購入。
以前買った「よみがえる変態」も再読し、ひたすら星野源の歌を何度も聴いてる。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

「Pop Wirus」を聴いて、もう爆笑した。何だこのオト?凄すぎる。
このアルバムの感想書き出すとトンデモないことになるので今回は止めとく。
唯、このオトは衝撃だった。毎日聴いても飽きない。ズブズブハマる。
そしてそれがとてつもなくキモチいい🎵

彼の歌を聴いてるうちに、最初に書いた「日常」に出逢った。
この中で彼は「みんなが嫌いなものを好きでも、好きなものを好きでもいい」と歌ってる。
また、エッセイでは自分の歌をオモシロい方法で多くの人に届ける決意を語ってる。

ボクは、マイナーなメジャーヒットがないアーティストを結構聴いてる。
コレもカネも寺尾紗穂も七尾旅人もFISHMANSもbutchersも誰でも知ってるアーティストじゃない。
元春も、ロックファンは知ってるだろうがお茶の間で知ってる人は少ないだろう。
一方でボクは、メジャーなアーティストも結構聴く。
SMAP、サカナクション、アジカン、Cocco、そして星野源。
いわゆるロック、ポップスを聴き出した切っ掛けはサザン、桑田さん。
桑田さんはいつだって、自分の音楽を広く大衆に届けようとしていた。真摯に、ホンキに。
それに触れてたので、メジャーなアーティストに対するアレルギーは自分にはない。
一方で、売れてないアーティストに素晴らしいヒトが沢山いるのも知っている。

だから、星野クンが「メジャーでもオルタナでも好きになるのはステキだよ」と歌うのは
素晴らしいし一方で「売れて多くの人に自分の歌を届けよう」という姿勢もステキだと思う。


ただ、世の中には「売れているモノ、メジャーなモノ」を叩く輩がいる。
星野源のファンのTwitterの過去ログを見たら星野クンが叩かれるのを嘆く書込みを度々みた。
そして、ボクも昔、彼が叩かれているのを実際に観た。
当時、交流してたベテランロックファン(笑)のコミュニティが彼を叩くのを目の当たりにした。
彼等曰く


「何だ?このポット出は?」「男がヘラヘラ笑って踊るんじゃねー?」
更には「逃げ恥」について「あんなの何処がオモシロいか教えてよ。所詮ラブコメでしょ?」

改めて、読むと暗澹とした気持ちになる(-_-。
星野クンの音楽を批判したのは、いずれも中高年のオッサンたち。
彼等は、星野クンのアルバムもチャンと聴いてないし、ドラマも映画も視てない。
ただ、ヒットしてるモノ、売れてるモノを叩いてるだけ。
星野源の作品に向かい合ってないから、何処がダメかも具体的に書けない。
彼等は「自分の好みに合わない・嫌い・理解できない=ダメなモノ」と決めつける。
判らない=自分の感性が足らないとは考えないし嫌いなモノでも認める寛容もない。
だから、彼等のコトバは空っぽで幼稚だ。批判にもなってない唯の悪口誹謗中傷。
善い齢した大人がこんなことしか言えない。見てるこっちが恥ずかしくなる。
彼等は同様に売れているアーティストやJ-POPをしょっちゅう叩いていた。
それを見るのが嫌でオレはそのコミュニティから離れた。

別にみんなが星野源を好きになる必要はないが、先ずチャンと作品を聴こうよ見ようよ。
作品に触れないまま思い込みと偏見で悪口言うのは大人としてスゲェ恥ずかしいよ。
それは「J-POP全部同じオト」と言うシンガーも同じ。
J-POPアーティストみんな必死に真摯に自分のオト創ろうと取組んでるよ。
星野源もそうだし、椎名林檎、宇多田ヒカル、折坂悠太、その他Many。
みんな独自のオトを造ろうと格闘してる。絶対「同じオト」なワケがない!

星野クンはJ-POPが大好きでJ-POPアーティストであることに誇りを持ち、
善い作品を創り多くの人に届けようと格闘してる。
他人を馬鹿にせず、自分が馬鹿になって楽しいことをしてる。
それってとてもステキなことだと想う。

売れて何が悪い?善い作品だから魅力あるから多くの人が聴くんだ支持するんだ。
売れてるからってバカにするのはつまらない。売れてないからって見下すのも恥ずかしい。
どんな音楽も素晴らしいし表現者は誰もが敬意を受けるべきだ。
ヒトを楽しませるモノ、シアワセにするモノに上とか下とかあるか。全部素晴らしいんだ。

オレは売れているモノも売れてないモノも好きなモノはどんどん楽しみたい。
好き!楽しい!オモシロい!をどんどん体験したいし、どんどん広げたい。
元春もコレもカネもオモシロいし、ここ数年聴き出したSMAPも凄く刺激ある。
他にもオモシロい人、愉快な人がきっと居る。
そういうモノをどんどん見つけてオモシロい愉快を広げたい。
星野クンがやってるように、彼を見習って。

そうやって、オレ自身がどんどん楽しくなってオモシロいことをしたい。
ヨモちゃん。どんどんバカになって愉快になろうな☆

クリックすると元のサイズで表示します

(追伸)昨夜から始まった星野クンの音楽番組「おんがくこうろん」滅茶苦茶オモシロい!
    やっぱ、このヒトいいわ。これからも追いかけて行こう💗
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ