2008/7/13

カーネーション「都まつり」  カーネーション

昨夜は嫁と鶯谷にカネのライブを見に行ってきました。
自宅から会場の「東京キネマ倶楽部」まで歩いて向う。
30分ほどの散歩ですが、暑くて・・結構汗が出ました。
会場前に着くと、既に入場待ちのファンが沢山並んでる。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

この会場は4年前の祥子さんライブで訪れて以来。
鶯駅前の繁華街のど真ん中に立っていて同じビル内にはダンスホールがある。
このダンスホールは映画「Shall We ダンス?」のロケに使われたらしい。

嫁は入場してステージを見て笑う。ステージの左上に階段がありバルコニーを設置。
天井も高くて壁には花があしらっていたりしてなんとも「昭和な佇まい」。

ライブは少し遅れて開始。メンバー3人はバルコニーから登場!
しかも、やんべさん大田さんの手を引いてエスコートしてるし\(T▽T)/

ナオエさんはお花をあしらった帽子を被ってる。大田さんは派手な柄シャツ。
やんべさんはいつものとおり(^_^;)

ライブは「獣たち」で開始。はじまった瞬間、3人の出すオトで空間が震える。
ナオエさんがエレキを弾きまくる。ウン、今日はイイライブになる。

続けて「SuperZOO!」「ハイウェイバス」次から次へと曲を繰り出す。
スカスカのサウンドだけど重くしなやかな演奏。3人顔を見合わせて笑う。

「LemonCream」の重いドラムに客席が沸く。この曲は起爆剤の役割になってる。
続く「NewMorning」の歌詞にはグッと来る。
その後は「オフィーリア」でナオエさんのシャウト。
もう何も云うことありません。


中盤はゲストコーナー。今回のゲストはムーンライダーズ鈴木慶一さん。
いきなりバルコニーにフラリと現れてキーボードを弾き出す。
美しいピアノのオトが天井から振り落ちてくる。

2曲、バルコニーで演奏した後、慶一さんステージに降りてくる。
髪の毛は真っ白、まるで仙人か老犬みたい。
続いて2曲は慶一さんがエレキ弾きまくり、対してナオエさんも
「二ール・ヤンギッシュ」な激しいリフを鳴らす。カッコいい!
慶一さんは「カネ25周年おめでとう!」とだけ行って去って行く。

続いてはやんべさんがバルコニーでピアノを弾く。
ナオエさんが珍しく曲入りを間違えて照れ笑い。でもその後はバッチリ決める。

後半は怒涛のロックンロール大会。
「十字路」をやってくれたのは嬉しかった。この曲も歌詞にグッと来る。
「RealMan」の歌詞に思わず泣きそうになる。
「クエスチョンズ・ゴングショー・ダイナマイトボイン」。
メンバー3人ひたすらオト鳴らす。ナオエさんのコエとギターに聞惚れる。

アンコールでは再び慶一さん登場。名曲「塀の上で」をカネと演奏。
そしてナオエさんがスタンドマイクでやんべさんのピアノで
ポール・マッカートニーの「MyLove」を朗々と歌う。

最後の最後は「ANGEL」で締め。いや〜楽しかった。

今回も「夜の煙突」はしなかったんだ。
しかもヒットチューンはほとんどセットリストから外してた。でも満足。

前回のカネのライブでは勇気をもらえた。今回のライブもそう。
カッコいい大人の男3人に勇気をもらえた。
同時に、カネのオトに包まれてこわばってたココロがほどけた気がする。

次回のライブは9月恵比寿リキッドルーム。それを楽しみに頑張りますか。

(SET LIST)
01.獣たち
02.Super Zoo!
03.ハイウェイ・バス
04.ハッピー☆アンラッキー
05.Lemon Creme
06.New Morning
07.オフィーリア
08.Love&Hate(鈴木慶一)W/鈴木慶一 *鈴木P
09.Sukanpin Again(鈴木慶一)W/鈴木慶一 *鈴木P
10.煙草路地(はちみつぱい)W/鈴木慶一 *鈴木EG
11.よいどれダンスミュージック(はちみつぱい)W/鈴木慶一 *鈴木EG
12.ローラの方法序説 *直枝VOのみ・矢部P
13.恋するためにぼくは生まれてきたんだ *直枝AG・矢部P
14.十字路
15.REALMAN
16.はだかにはさせない・はだかにはならない
17.モーレツな人・モーレツな恋
18.クエスチョンズ
19.ゴング・ショウ
20.摩天楼に雪が降る
21.ダイナマイト・ボイン

<アンコール1>
22.やるせなく果てしなく
23.塀の上で(はちみつぱい)W/鈴木慶一 *鈴木P
24.ロック・ゾンビ

<アンコール2>
25.My Love(Paul McCartney & wings)
26.Angel

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ