2010/2/22

The Pianist & me」祥子さんライブ@南青山曼荼羅  鈴木祥子

昨夜は南青山曼荼羅で祥子さんのライブ。
今年初のライブ、当然行ってきました。

昨日はポカポカと温かい。ソファの上でヨモギが丸くなって寝てる。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

今回のライブはシリーズ物、ゲストピアニストを向かえて今週・来週とあります。
今回は2年前の渋公ライブでサポートをした山本隆二さん。

早目に表参道に出て少しお散歩。ちょっと洒落た本屋さんで立読み。
カフェで温かい柚子茶を呑む。
色々歩きすぎて開場時間を過ぎる。既に大勢の人が開場待ち。
クリックすると元のサイズで表示します

入場して真ん中よりの席に陣取る。かろうじてステージ見えるかな?
時間になり黒ジャケットに身を包んだ祥子さん登場。
紅いジャガーで「スィートセレ二ティ&ミルクティー」を歌う。
途中で「弦が切れた!」と大騒ぎ、と思ったら「上の弦にひっついてた」そう。
をいをい(^_^;)

セットリストは祥子さん公式HPに掲載済。
http://syokosuzuki.sakura.ne.jp/20th/staff-blog/
「愛は甘くない」なんて久しぶりの曲も演奏。
今回は比較的新しいアルバムの曲が多かったかな?
「臨時雇いのフィッツジェラルド」はゲストの山本さんとの連弾で。
しかも連弾しながら途中でマイクで歌ったり・・・このヒト相変わらず凄い。
声も伸び伸びとして絶好調。ホントにこの声とピアノはおとろえない。

今回古い日本の歌曲を歌うということでカラオケBOXに練習に行ったら
「愛の名前」が入っていて思わず歌ってしまったということで
第2部のオープニングは「愛の名前」。
ちなみに「忘却」「RiversEnd」「ぼくたちの旅」もカラオケのリスト
に入ってます。祥子さんファンはカラオケBOXに急げ!(゚゜)\バキ☆

ゲストの山本隆二さんとは「昭和の歌謡曲」のカバー。
祥子さんは李香蘭みたいなチャイナドレスで熱唱。
正直この辺りは「?????」って感じも。
歌の世界に入り込めないって云うか・・その分気楽に楽しめたけど。
ただ・・あれだけの有名曲をサラリと歌いこなす祥子さんの唄力は凄い。

最近桑田佳祐さんや遊佐未森さんも古い日本の歌のカバーをしてるけど・・
ミュージシャンの皆さんに「いいものが消えていく」危機感みたいな物があるのかな?

本編ラストは新曲「名前を呼んで〜when you call my name」。
ピアノ弾語りの何とも優しい曲。
途中で「名前を呼んで」とリフレインがあるけど・・・
祥子さん客席と一緒に歌いたかったような・・・。
ボクは思わず「しょうこ〜!」と合いの手を入れようか?と思ったけど
それじゃアイドルのコンサートですよね(゚゜)\バキ☆

アンコールでは最近逝去した浅川マキさんの曲をカバー。
途中でドラム叩きながらの熱唱。これは素晴らしかった。
ラストも新曲「Sentimental Loveletter」。
「あなたのよいところ何百でもいえる」みたいな励まし?の唄。

最後のこの曲が一番・・来た。

遠来のお知り合いが来ていて一緒に呑みたいところだったけど
翌日検査なのでガマン。来週はぜひ。

今日は昨日会場で販売されていた12月渋谷AXのライブ盤を聴いてます。
決して音質はよくないけど・・・祥子さんのパワー、エネルギーにあふれてる。
聴いてて爽快なキモチになった。

一方でまたダーク&へヴィーな曲を聴いてみたい気もする。
基本「暗い歌が好き」なので(笑)贅沢な奴ですね。

来週のライブも楽しみです。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ