2010/8/29

反戦歌  NO NO NO WAR

今週末、「広島」に行く。「原爆ドーム」をこの目で見るため。
で日本のロックに「反戦歌」ってどれ位あるのか?考えてみた。
歌詞の中で具体的に反戦を歌っていなくても
「戦いから受けた苦しみ・痛み・喪失」を歌った歌=勝手に反戦歌と見なします。

以下がボクが「反戦」を感じる歌。

○佐野元春「光」「愛のシステム」「誰も気にしちゃいない」
○坂本龍一「ZERO LANDMINE」
○Cocco「Heaven`s hell」「ジュゴンの見える丘」「お菓子と娘」「風化風葬」
○ブーム「島唄」「子供らに花束を」「墓標」「いつもと違う場所で」
○元ちとせ「死んだ女の子」
○桑田佳祐「平和の琉歌」(サザン)「ROCK AND ROLL HERO」(ソロ)
○忌野清志郎「明日なき世界」「イマジン」(RC)「JUMP」(ソロ)
○ザ・タイマーズ「偽善者」
○仲井戸Chabo麗市「ガルシアの風」「悲惨な戦争」
○浅井健一「悪いひとたち」(ブランキー)「透明の戦場」(JUDE)
○Heatwave「満月の夕」「棘-the song of HIROSHIMA-」

作品によっては「反戦歌じゃない!」って異論ある人もいるでしょうが、
「ながわセレクション」ということで御勘弁を(^_^;

書いてて思ったのは沖縄について歌ったシンガーは結構居るけど
「ヒロシマナガサキ」について歌っている人って極く僅かだ。
ボクの知ってる範囲ではHeatwaveだけだった。
浜省・さださんあたりは歌っていそうだけど・・・・。

ちなみにブームの「島唄」はラブソングではありません。
「恋人の別れの歌」って・・誤解してる人多いけど。
この歌はひめゆり学徒隊の女性の別れ(死別)を描いたものです。
このエピソードを知ったとき作者のMIYAの真面目さにうたれた。
そういう想いの強さがあるからこの歌は世界中で愛されているんだと思う。

昔はメッセージソングって苦手だった。斜に構えて避けてた。
でも最近は「衒いなくまっすぐと語る」って大切じゃないか?と思う。

逃げたら、そこで終わりだ。まずはチャンと見て聴く。すべては、それから、だ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ