2010/10/24

元春「ソウルボーイへの伝言」初日ライブレポ  佐野元春

昨日は元春ツアー初日。
残業疲れで午前中は死んでました(^_^;
午後近所の商店街を猫めぐり。
馴染みのチャトラ君、黒猫さんに挨拶。チャトラは撫でると「に゛ゃぁ」と鳴く。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
夕方からライブに向かう。表参道から歩いていく。少し肌寒い。夕暮れがキレイ。
渋谷駅前でアタマの悪そうな男の子が歩道で浮かれてる。
クリックすると元のサイズで表示します
今回のハコは「Shibuya O-EAST」。最近のツアー関東圏では一番小さなハコでは?
入場するとひたすら階段を登る。途中で友人夫婦と会い一緒に見ることに。
1階ステージの真正面。後方に陣取る。どんどん人が増えて身動き出来ない。
クリックすると元のサイズで表示します
以下ライブの感想。ツアー中なのでセットリストは書きません(笑


 ・意表を付くオープニング。ボクはこの感じ好きだな。「見れないが」期待大。
 ・元春は終始ニコニコ上機嫌だった。
 ・1曲目、嫁の隣の男性が大声で歌う。元春の声よりデカイ。後は気にならず。
 ・ある曲で元春が決めのポーズを取ると周囲はクスクス笑う。何故笑う?(^_^;
 ・中盤結構レアな曲を3曲演奏。2曲目は最近のお気に入り。感動。
 ・上記の3曲目、前の女性は感動したのか?涙ぐんでた。
 ・前回ツアーで演奏された曲もかなりアレンジが変わってた。
 ・初期のビートナンバーが高速パンク化。元春はチャンと歌い切った。
 ・メンバーは大人しい。シュンスケのキーボード乗りも無し。(まぁ初日だし)
 ・深沼、結構コーラスを取る。イイ声だ。1曲だけ前に出てくる。
 ・アンコールでは思わぬ構成、思わぬ選曲。ちょっと早すぎないか?(謎)
 ・その曲のエンディング。元春がささやく様に歌うと前の女性卒倒寸前。
 ・オーラスの曲はいつもは感動するが、今回は終始笑って聴いた。


全部で2時間無かった。でも満足。楽しいというよりはオモシロかった〜。
佐野クンの一挙一動にワクワク爆笑。佐野クン、ホントに飽きない人だ。
そしてファンのノリがイイ。みんな歌う歌う。アレンジ変わってるのに付いていく。
この一体感は他のアーティストのライブでは無い。
男のファンの元春への愛情が凄く感じられた。かつ女性ファンのウットリ具合も。

最近好きでよく聴く「ある曲」がアレンジを大幅に変えて演奏。これはグッと来た。
この曲には色々と刺激をもらってる。それをこのツアーで聴けるとは!
何か元春に「そのままいけばいい」と励まされたように思った。(勝手な思い込み^^;)

後、「コヨーテ」の幾つかの曲にグッと来た。発売当時はリアルすぎて痛すぎた。
でも、現在(いま)は大丈夫。聴いてるとくだらない世界を笑い飛ばせる気になる。
元春のライブは祥子さんやカネのライブとは違って「ゆれない」。
でも「ゆれ」とは違う何かを感じる。安心感?安定感?いや、違う。
「核心・確信」そういうものを感じる、確かめられる。

ライブの後はMOTO友さんと呑み会。元春について話し激論し笑う。楽しい〜!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
最後は思わぬオチも付きましたし。
今日はWOWWOWドラマ「コヨーテ、海へ」の試写会。行かれた方楽しめましたか?

このツアー。次の参加は横浜ブリッツ。ウィークデー。12月は仕事ピーク。遅刻確実。
でも、絶対見てやる。それまで何匹ウスノロを退治できるか?がんばるぜ☆

ヨモギは昨日・今日は少し大人しい。甘えっ子モード。
今日も近場を散歩して大勢の猫さんと遭遇。どの子も人懐っこい。
でもオモシロさではウチのヨモギが一番。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
キミはモトハルと同じくらい「オモシロい」よ♪♪
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2010/10/25  1:15

 


佐野元春30周年アニバーサリー・ツアー Part2
全国クラブ・サーキット・ツアー『ソウル・ボーイへの伝言』
2010年10月から年末にかけては、コヨーテ・バンドと全国クラブ・サーキット・ツアーに乗り出します。2009年、アルバム『コヨーテ』を見事にライブ 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ