2011/11/20

カネインストアライブレポ@新宿タワレコ  カーネーション

今月出たカーネーションミニアルバム「UTOPIA」。
活動25年を超えたベテランバンドとは思えない瑞々しさに溢れた力作。
発売以来繰り返し聴いてます。
いつも通り軽快なポップチューンもあるけどどこか「遠くを見てるような」メロディや歌詞。
それは3.11の影響だろうか?

ヨモギは朝ご飯を食べて眠そう。嫁にいじられてます(笑
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
カネは現在全国ツアー中。そんな中新宿タワレコでインストアライブがある。
新ドラマー張替さんも参加。これは行くでしょう!嫁は試験勉強あるので、お留守番。

少し早目に着く。パフュームやYUIの新譜が発売されてて賑わっている。
ここのインストアライブはいつも店舗スペースの一角に仮設ステージを設けて行う。
当然カネ以外のお客にもライブが見える。このオープンな感じは好きだな。

時間になってメンバー登場。ドラマーの張替クン、若い!
直枝さんがエレキを手にしたのはビックリ。
店舗スペースのライブなのでアコースティックライブになると思ってた。

ニューアルバムのノリノリロック「Electrick Company」で開始。
張替クンのドラム、音がデカイ!直枝さんのエレキ唸る。客席もうノリノリ。
「君の親父さんに会いに行かなくちゃ」の歌詞が楽しい。
続いて、ゆるずさんボーカル、長谷川きよしカバー「もうあきてしまった」。
ここでもエレキ&ドラムの絡みが凄い。まるでライブハウスで見てるみたい。

3曲目「Turn」。ニューアルバム唯一のバラード。
アルバムではムーンライダーズの武川さんのバイオリンが活躍してるけど
ここでは直枝さんのエレキを大フューチャー。その音が、響いてくる。
キレイだけど破壊的。美しいけど暴力的。世界がゆれる、ゆがむ。
この感じは他のオンガクでは絶対ない。直枝政広だから描ける世界。

最後は「Garden City Life」(ひさしぶり!)「UTOPIA」で締め。
「UTOPIA」はホントに素晴らしい。狭いスペースに夢のようなオトが鳴り響く。
この曲は発売以来何度も聴いている。歌詞、オト、声がズドーンと胸に入ってくる。
あまりに素晴らしいので「MotoharuRadioShow」にリクエストしちゃった(^_^;
モトハル、掛けてくれるとイイな。

最後はサイン会。直枝さんを目の前にすると相変わらず緊張して話せないワシ(^_^;
「キネマ倶楽部のライブ行きます!楽しみにしてます」というと直枝さん二カーと笑った。

ライブ会場を出ると外は豪雨。ひさしぶりなので新宿の繁華街を散策。
騒々しい街、はしゃいでる人たち。カネの音を聴いた後だとミョーな違和感がある。
オンガクに生々しさやリアルを感じて、現実の風景に馴染めないオレってどうなんだ?
仙台を歩いていたときはこんな感じは無かった。でもTOKYOでは「違う感じ」が凄くある。
これってなんだろう?

それはカネのオトのチカラなんだろう。現実を呑み込んで位相を変えて揺らす。
そんなオト。それにオレがひきずりこまれたってことなんだろう。
現実に寄り添うオンガクなんてツマンナイ。日常をなぞっただけのアートなんて要らない。
欲しいのは現実を凌駕して食い散らすようなオンガクだ。カネは正にそういうオンガクだ。

12月3日鶯谷キネマ倶楽部でカネのライブ。今回ツアーのファイナル。
キネマ倶楽部は元キャバレーホール。昭和の匂いがプンプンする異空間。
あそこでカネがどんな世界を魅せてくれるか、今から楽しみだ♪
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ