2012/8/23

文庫本になるのを待てなくて  伊坂幸太郎

今日は他社との交流会。いろいろ有意義な話が出来て刺激的だった。
他の会社の状況を聞いて、やっぱりウチの会社はフツーじゃない、と分かった。
「ここはヘンだ」と感じた自分の感覚は間違ってない。それが分かって良かった。

そのまま直帰。明るいうちに家に帰るのはキモチいい。夕暮れ空がキレイ。
クリックすると元のサイズで表示します
帰りに本屋で伊坂さんの新刊「夜の国のクーパー」を購入。
クリックすると元のサイズで表示します

伊坂さんの本は基本文庫本で買う主義。文庫本なら軽いし持ち運びに便利。
伊坂さんの本は何度も読み返すのでハードカバーよりも文庫本が良い。

でもこの作品は「猫と戦争、そして何より、世界の秘密についてのおはなし」
という内容。猫!ねこ!ネコ!世界の秘密!オレが好きそうな内容。
これは文庫本化まで待ってられない(゚゜)\バキ☆
ということでハードカバーで買っちゃいました(^^;)ゞ

実はこの本を買ったのはもう1つ理由がある。
明日の夜また仙台にボランティアに行く。
ボランティアのときはいつも伊坂さんの「終末のフール」と「仙台ぐらし」を持参する。
この2冊は仙台を描いていてホントに好き。何度読んでもココロに響く。
でも今回は新しい本を持っていきたかった。

ボクがボランティアを開始して1年。いつも必ず伊坂さんの本を持って行ってる。
何度も何度も読んだ「旧い友人」の様な本たち。
でも、今回からはあたらしい友人(本)を連れて心機一転を図りたかった。
「猫、戦争、世界の秘密」・・紹介文を読むだけでワクワクする。
また「世界を変えるステキな物語」が繰り広げられるのだろうか?
「魔王」や「重力ピエロ」「ゴールデンスランバー」「モダンタイムス」みたいな。
それは・・きっとオレに「闘う力」を与えてくれるだろう。

仙台も暑いだろう。ま、気にしない。ちょうどいいハンデだ。
東北の人はいろんなモン背負ってるんだ。暑さなんぞ蹴散らしてやる。

さ、にゃにゃん行ってくるよ。ホントはキミを連れて行きたいけどそれはムリだし。
伊坂さんの本をお供に、がんばってくるからね☆
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ