2014/3/16

カーネーショントリビュートイベント@下北沢Garden  カーネーション

ということで昨夜カネトリビュートイベントに行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
○カーネーション・トリビュート・アルバム
 『なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?』発売記念トリビュート・ライブ
 出演:カーネーション
    森は生きている、大森靖子、スカート、うどん兄弟、ブラウンノーズ、
    Babi、カメラ=万年筆、曽我部恵一
 Specialゲスト:梅津和時、鳥羽修

バンドが入れ替わり演奏。オリジナル+カネカバーの構成。
5時過ぎに開始し終了10時半、実に5時間。病み上がりの身としてはキツかった(^_^;
最後にカネ登場したときに踊り狂いたいので、それまでは体力温存に努めました。
いつものライブなら知らないバンドでも結構ノリノリで楽しむけど今回はひたすら
鑑賞モードで。印象的だったシーンをいくつか書きます。


・大森靖子は直枝さんと「愛のさざなみ」を。
 直枝さんにしなだりかかったりして弄ぶ。直枝さん、とても嬉しそうだった(笑)
・スカート(澤部渡)は何と「へヴン」をカバー!カネライブでは滅多に演奏されない曲!
 これ大好きなので嬉しかった!澤部クンは重いシャウトを聴かせてくれた。
・ブラウンノーズ+梅津さんの「ダイナマイトボイン」はアルバム以上に凄いことになってた。
・カメラ=万年筆の佐藤優介の寡黙さ、朴訥としたMCに場内クスクス笑い(^_^:


一番印象的だったのは「うどん兄弟」。
トリビュートアルバムに参加してるアイドルユニット。
彼女たちが歌いだしたとき、近場に居たおっさん、お兄さんが振り付けし掛け声。
まさかカネのイベントでアイドルを見ることになるとは!\(T▽T)/
でも「Edo River」のカバーはカッコよかった。アイドル侮りがたし。

カネが登場したのは9時半。イベント開始後4時間後。
それまで立ちっ放しでかなりへばってたけどシナトラが鳴った瞬間ぶちキレた。
さぁ踊るぜ、狂うぜ。

(カネセトリ)
1.YOUNG WISE MEN (Tokyo Twilight Shuffle Version)2.学校で何教わってんの?
3.Real Man、4.Superman(W鳥羽修)、5.New Morning(W鳥羽)6.ジェイソン

今日のカネはバラードなし。ひたすらロックで攻めてきた。
「New Morning」の鳥羽さんとのツィンギターは来た。歌詞が刺さる。
「ジェイソン」の間奏部分は最早オリジナルとは全く異なる別モノ。
今日見たミュージシャンはどれも素晴らしかった。でもカネは別格。
30年目の格とパワー。
どのミュージシャンよりも強く凶暴だった。最強で最狂だった。

アンコールは全員で。当然「夜の煙突」!ステージに人が溢れてる。
澤部とブラウンノーズ2号の巨漢2人が嬉しそうに一つのマイクで歌う。
うどん兄弟は少し戸惑ってる。大森さん女性陣もホント楽しそう。
こういう景色って何か見たことあるなぁ。大勢のアーティストが1つの曲
を嬉しそうに歌う光景。

そうだ!キヨシローイベントでRCの「雨あがりの夜空に」を全員で歌うのを
見たときの感じだ!!
そのアーティストを大好きで代表曲を一緒に歌うのが楽しくて仕方ないって感じ。
カネ、愛されてるな。なんか、嬉しくなってきた。

「夜の煙突」は決してヒットしたナンバーじゃない。
でも、ある層のミュージシャンには大切な曲になってるんだ。勿論ファンにもね☆
客席も踊って歌いました。勿論、オレも。

直枝さんは最後「30周年!まだまだ色々やるからね」と言って笑顔で去っていった。
ハイ、期待してます。毎回「サイコー」を更新するバンド。
だから「NEXT」がまた見たくなる。

写真は会場で買った「30周年記念てぬぐい」。大田さん似てる!\(T▽T)/
これ買うときスタッフの人が「いつもありがとうございます」とお礼を言ってくれた。
オレの顔憶えてくれてるんだ(ま、体型が目立つからね(^^;)ゞ)
カネにハマって8年位かな?すっかり常連になってしまいました。これからも行くよ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
咳はまだ出るけど体調は大分良くなった。直枝さんのギター聴いて邪気が跳んだ。
さ、明日はチャンと出社して仕事しなくっちゃ。
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ