2020/2/7

34年目の「月と専制君主」〜「SONGS & FRIENDS佐野元春CAFEBOHIMIA」  佐野元春

土曜日は渋公で開催の「SONGS & FRIENDS 佐野元春CAFE BOHEMIA」に行く。

「カフェボヘミア」はボクが初めて聴いた元春のアルバム。その再現LIVE。
しかも大勢のゲストを迎えての。
大好きなGlim Spankey他多くのゲスト(奴含む(笑))も参加。勇んで行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

渋公に行くのは改装以来初めて。エラくお洒落なビルになったんだな。
場内LIVEのポスターは一切貼って無くLINEのキャラが彼方此方に有った。
クリックすると元のサイズで表示します

我が家は2階4列目。ステージ全体を見渡せる好席でノンビリ見ました。
「Cafe Bohemia」のドキュメンタリーフィルムのさわりが流れ
今回イベントプロデューサー武部聡史さんの挨拶の後いよいよLIVEスタート。

トップバッターはGlim Spankey!曲は「ストレンジデイズ」!オレが好きな曲。
で此処で気づいた!
オレ、このLIVE元春とゲストがコラボしてアルバム曲を歌うと思ってたけど
ゲストがcoverする「RESPECT!清志郎」方式のLIVEだったのね(゚゜)\バキ☆
でもレミ嬢の声と亀クンのguitarで元春の歌が聴ける。それは感激だった。
しかも「Happy Man」まで演ってくれるとは!(最近この曲、元春LIVEでしないし)。
亀クンがホント楽しそうにギターを鳴らしてる。あれ見れただけで此処に来た甲斐があった。

続いてはGRAPEVINE田中和将。
曲は何と「月と専制君主」!オレが一番好きな曲が早々に歌われた(T▽T)
田中クン、独特の声で元春の曲の中でも異色なこの歌を歌った。それが見事にハマってた。
今回参加の他のアーティストは別の機会に見た事が有る。初めて見たのは田中クンだけ。
あたらしい声で自分の一番好きな歌を聴けた。
田中クンのあの声に逢えたこと・・・それは「収穫」と感じた。

1人1人書いてるとキリが無いので以下大まかにまとめますが、
どのアーティストの歌もMCも元春LOVEに溢れててステキでした。
山中さわおの「ボクは佐野さんの顔が好きです!」「佐野さんに今迄10回会えた!」
のMCには顔がほころんだし、堂島公平が歌い終わった後、ギターを高々と掲げてる姿
には爆笑した(元春の物真似^^;)。
ライムスターと小坂忠さん、山口洋だけが「Cafe Bohemia」から歌わなかったのも良かった。
ライムスターの現代風「コンプリ」は鳥肌が立った。
そして小坂さんの「ロックンロールハート」あの声でこの曲が聴けるとは!
しかもバックはホボキン!おまけに松任谷正隆さんも参加。これは嬉しかった。

ヒロシは「君を連れてゆく」を小坂さんと。ソロと違って借りてきた犬状態(T▽T)
ヒロシが一人で歌うと演奏がトンデモない方向に行くが(笑)
ホボキン、小坂さんと共演したことでまとまりのある良い演奏になったと思う。
そして「New Age」。意外な選曲。ルー・リードに同名の曲があるからこれにしたのかな?
意外とこの曲がヒロシに合ってた。唯ヒロシ折角歌うなら、元春のあのアクションもしようよ。
照れちゃダメだよ(笑)。
歌ってギターを鳴らすヒロシを見ながら・・・オレはある種の感慨に耽っていた。
ヒロシを生で見るのは久しぶり。改めて素晴らしいボーカリスト&ギタリストと感じた。
オレは個人的理由で彼の音楽を離れるが・・彼の活動自体は応援してる。
ヒロシ、キミの歌には世話になったな。ありがとな&あばよ。良い旅しろよV(^^)

最後のゲスト中村一義。溌剌とした歌で良かったけど。・・
何故「クリスマス・タイム・イン・ブルー」で女性ダンサーが登場したのか?
あの演出の意味が不明(T▽T)

ゲストの後はいよいよ元春登場!「お誕生日会みたいだね」のMCに笑った。
歌ったのは「99ブルース」「インディビジュアリスト」「ヤングブラッズ」。
アルバム中、最もロックな2曲と最もポップな曲を元春が歌う事にある種の意志を感じた。
「インディビ」はホボキンVer。長田さんのギターでこのVerを聴ける事にジンと来た。
本編最後はホボキン&武部さんで「Cafe Bohemiaのテーマ」を演奏し閉じた。

アンコールは1曲のみ。ゲストも参加して「約束の橋」。
「サムデイ」でなく「アンジェリーナ」でなく「約束の橋」を歌うというのが良かった。
元春が中央で歌い左右にゲストが並んで歌う。
右に居るKUMIちゃんやNAOKI、宇多丸さん、さわおクンが元春の横に来たがるのに対し
左に居るレミ、ヒロシ、亀クンが絶対元春の横に来ないのに笑った。
亀クンとヒロシ、ギター持たずにキョドってるし(T▽T)
大人しかった2階のお客さんもこの曲では立ち上がって一緒に歌った。
ボクも嫁も立ち上がりました(^_^;

LIVEはこれで終わり。元春の歌を別の人の声で聴くという滅多に出来ない体験。
正直、元春自身の声でもっと聴きたかった気もするが、それでも楽しかった。
クリックすると元のサイズで表示します

実はこのLIVE参加する前に思ってたのは、34年前初めて聴いたアルバムの曲を聴いても
「昔は良かった」だの「あの時代に帰りたい」だのは絶対思わないという自信があった。
元春の歌は旧い曲でもいつだって現在(リアル)。絶対リアルな歌として自分に響く。
だから「懐かしさなんぞ感じるワケがない」と思ってLIVEに参加した。
でも、元春をRESPECTするシンガーのcoverを聴くと「切なさ・ノスタルジー」を感じた。
それは彼等がボク同様、元春の歌のファンで彼ら自身の色んな想いを込めて歌っている、
その姿にシンパシーを感じたからだろうか?
我ながら自分の感情の動きにビックリした。
でも、最後元春が登場して歌い出したら、そのノスタルジーは見事に消えた(笑)。
元春が歌うとノスタルジーゼロになる。不思議だが、それが嬉しかったV(^^)


34年前、「月と専制君主」を聴いて「言葉に税はかからない」の歌詞に衝撃を受けた。
こんな歌詞表現がある事に驚いた。
最近、この歌の聴き方が変わっている。
以前は前半の「思いのたけ悪口をたたけよ 言葉に税はかからない」の歌詞を読んで
「大きな力に対する小さな命(個人)の抵抗」を描いた曲と思ってた。
でも、最近はこの曲の歌詞のキモは寧ろ後半にあるのではないかと考え始めた。
「夕べ君を悲しませた奴らを好きにさせとけばいい」「君は君 かけがえなく」
「しばらくは このまま歩いていこう」「やがて君の時がくる」
これらの歌詞を改めて読んで・・この歌は大きな力に対抗する歌でなく、
「君(個人)」に優しく向かい合う、そんな歌だと感じた。
そして・・・それは元春の現在の歌(COYOTE)と同じだ。
今回のLIVEで元春でなく別のシンガー(田中クン)の声でこの歌を聴いて
益々その想いを強くした。

元春の歌は変わらないけど・・変わっていく。その時、その瞬間で色んな色を放つ。
だから現在(リアル)なんだ。
34年経って・・・・・・オレはまた、この歌と出逢えた。
ヨモちゃん・・・元春・・・やっぱスゲェな。

クリックすると元のサイズで表示します
7

2019/12/17

元春「ソウルボーイへの伝言」@川崎と「ロッキンクリスマス」  佐野元春

今週は元春&COYOTEBANDのLIVEに2回行きました。
1つ目は10月延期になった川崎LIVEの振替公演。2つ目は毎年恒例ロッキンクリスマス。
金曜日はハンバートハンバート@中野サンプラザにも行ったので平日3LIVEという状態に(T▽T)。
元春のライブレポ、1つ1つ書くとまた長くなるのでザっと雑感を(笑)。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

それぞれのセットリスト(ロッキンクリスマスはツアー中なので要注意!)
○「ソウルボーイへの伝言」@川崎クラブチッタ12/16
1.ヤア ソウルボーイ、2.境界線、3.君が気高い孤独なら、4.ポーラスタア、5.私の太陽、
6.紅い月、7.いつかの君、8.La Vita E Valla、9.愛は分母、10.新曲、11.新しい雨、
12.純恋(すみれ)、13.禅ビート、14.優しい闇、
(アンコール1)
15.ガラスのジェネレーション(アコースティック)、16.インディビジュアリスト、
(アンコール2)
17.New Age

○ロッキンクリスマス@恵比寿ガーデンホール 12/18
1.世界は慈悲を待っている、2.ポーラスタア、3.バイ・ザ・シー、4.新しい雨、
5.純恋、6.境界線、7.愛が分母、8.みんなの願いがかなう日まで、9.純恋、
10.白夜飛行、11.君が気高い孤独なら、12.いつかの君、
13.太陽、14.レインボー・イン・マイソウル、15.クリスマスタイム・イン・ブルー、
16.La Vita E Vella、17.優しい闇、
(アンコール)
18.ヤングブラッズ、19.インディビジュアリスト、20.New Age、21.スターダストキッズ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
どちらのLIVEも本編はコヨーテバンドナンバー中心の選曲。
ただ、ツアーとロッキンクリスマスでは微妙に選曲を変えてるのが嬉しい。
それにコヨーテ曲がCDとはアレンジが変わってた。ホボキンみたいに大幅に変えてないけど
「La Vita E Bella」のイントロが長くなってたり「私の太陽」のKeyソロが変わってたり
何よりフカヌーとアッキー2匹のコヨーテの咆哮(ギター)がホントに素晴らしい。
フカヌーのギターが度々ノイジーに響きまたアッキーのギターは華やか。
2日間とも見ながら思ったが、このままのオトで直ぐ録音してほしい!
新曲でも、旧曲のセルフカバーでも良いのでコヨーテの現在(いま)のオトを焼きつけて欲しい!
何度もそう感じた(^_^;

バンドの調子がサイコーということもあってか元春は超ご機嫌。トークも滑らか。
2日とも「愛の分母」を演奏する前にお茶目なトークを繰り広げた。
クラブチッタでは「ライブハウスなので小さい人は見えづらい?仕方ないね。
大きい人は小さい人を持ち上げてほしい。それが愛だ!愛が分母!」
ロッキンクリスマスでは「このライブは水エネルギーで開発した電気を使ってる。
イベンターの愛を感じる。愛が分母!」
何とも無理矢理なトーク(T▽T)。でも元春のライブがそれが楽しい。

それは他の曲でもそうだった。
ロッキンで2曲のクリスマス曲を演るとき児童合唱団が入ったのだけど
都度元春は「こどもたち!」と言って歌わせた。
いや元春、合唱団の名前紹介しようよ(^_^;
「La Vita E Vella」を歌う時「今年は災害が多かった。この歌を復興に頑張る人に捧げます」
と言って歌った。「MANIJUツアー」の仙台ライブでも同様の事を言っていた。
ユーモアだけでなく・・そういった優しさも元春のLIVEならでは。
新曲も傷ついた魂(ソウル)に寄り添うロッカバラードだったし(早期音源化熱望)

個人的にはロッキン2日目の中盤「太陽」「レインボー・・」からの流れにグッと来た。
1つのLIVEの中で太陽が登り虹を空に掛けて子供たちと鐘を鳴らし・・
同時に荒れた海を想い野蛮な闇からも目をそらさない。
「太陽」と「La Vita」が同じLIVEで歌われることに・・・撃たれた。
「太陽」は多分911が生んだ残酷な景色を描いている。「La Vita」は311が生んだ悲しみを描いてる。
どちらもオレの勝手な想い。その勝手な想いをこの2曲に重ねて泣きそうになった。
此処に来て良かった。この歌を聴けて来た甲斐があった。

勿論、シリアスな場面ばかりじゃない。楽しく愉快な場面も盛り沢山。
「クリスマスタイムインブルー」で元春と高桑がケンケンパーみたいなステップ踏んだの大笑い。
「インディビジュアリスト」ではメンバーが並んで走り出す。
シュンスケも走り出しキーボードの位置から飛び出して元春が笑ってたシーンにこっちも爆笑。
「New Age」では元春がお馴染みのポーズをして都度客席は湧く。

ロッキンクリスマスは「New Age」で終わる筈がスパムが煽り客席が赦さず
特別にもう1曲「スターダストキッズ」で拍手喝采の中終了。
今年(ボクが行く)最後の元春ライブを「カンパイ」で終われてよかった。

LIVEが終わって、この2日のライブについて色々考えた。
元春のLIVEはシリアスとユーモアが交錯する。色々想いながらも笑って踊れる。
シリアスな曲を聴いても重苦しい気分にならない。
逆に明るい曲や優しい曲を聴いても色々考えこんでしまう場面がある。
決して単純なロックンロールパーティじゃない(勿論R&RパーティでもOK)。
でも、これは元春のLIVEならではの楽しみだ。
だから、元春のLIVEに行くと凄く安心感がある。
毎度お馴染みの内容だからじゃない。色々変わるから。色んな物を見せてくれるから。
だから安心できる。信頼できる。
それはファンの贔屓目なんだろうか?だとしても構わない。
だって、もう30年以上聴いて20年以上LIVEに行ってる。佐野元春は特別なんだから。

来年は元春デビュー40周年。色々楽しい企画があるみたい。
コヨーテでNewアルバムも予定してるみたいだし2月はカフェボヘミア再現LIVEがある。
個人的にはホボキンで全国ツアーを希望する(笑)。

60超えたアーティストの現在(いま)にこれだけ楽しめて今後にも期待できるって幸せな事なんだろう。
2019の元春は色々楽しませてくれてた。感謝♪
2020の元春もたっぷり楽しませて貰いますよ☆

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
4

2019/4/6

佐野元春&ザ・ホーボーキング・バンド『Smoke & Blue』@ビルボード東京  佐野元春

金曜日の夜は六本木に元春&ホボキンのLIVEを観に行ってきました。
ビルボード東京のLIVEは最初の3年位は行ってたけど、その後はトンと御無沙汰。
このライブのチケットは平日発売。会社員が仕事中に私用で席を外して電話はできない。
今回も行きたいと思いつつチケット取るのはムリと諦めてた。
でもTwitterのフォロワーさんがぴあでも取れると教えてくれたので何とかゲット。
元春@ビルボード東京に行くのは実に5年ぶり。ホボキンライブを見るのも同じく5年ぶり。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ボク等は第2部に参加。嫁と落ち合って入場。
ボク等の席は1階でシータカ側。丁度ステージを真横から見る位置。
この位置ではKyOnさんは全く見えない。でもステージの様子は十分分かるので贅沢言うまい(^_^;
時間になってメンバー入場。全員黒スーツ。LIVE開始。


(セットリスト)
1.ジュジュ、2.月と専制君主、3.日曜日の朝の憂鬱、4.君がいなければ、5.トーキョーシック、
6.クエスチョンズ、7.C´mon、8.コンプリケーションシェイクダウン、9.愛のシステム、
10.ハッピーエンド、11.僕にできることは、12.夜に揺れて、13.最新マシンを手にした子供達、
14.ナポレオンフィッシュと泳ぐ日

クリックすると元のサイズで表示します
演奏が始まった瞬間、自分が笑顔になっているのに気付いた。
元春、ホボキンが繰出すオトの豊かさ・・粋?洒脱?遊び心溢れたオトのダンスに酔う。
前半はセルフカバーアルバム「月と専制君主」の収録曲を中心に。
このアルバムをメインとしたツアーは結局開かれなかった。
今回このアルバムから沢山聴けたのは嬉しかった。特に「君がいなければ」にはグッと来た。
「トーキョーシック」。311の後に一番最初に発売された元春の新曲。
世間には元春に「原発を歌え、311について歌え」を煽る向きが居たが、
元春は「落込んでないで街に出かけよう 世の中いやな事ばかりじゃない」と軽やかに歌った。
勿論、元春がこの歌にどんな意味を込めてるかなんてワカンナイが、
あの暗く沈んだムードの世の中に、
こんなにも明るく楽しいポップソングを投げかけるスタンスは素敵だと思った。

演奏はアルバム通りでなく、新しいフレーズを入れてたりリピートがあったり。
元春とKyOnさんのWキーボードなんて普段のライブで見れないシーンにテンションが上がる。
シータカがコーラスを沢山歌ってるのも初めて知る(いつも元春の後ろで見えないので(笑))
そして長田さんのブルージーに唸るギターに聴き惚れた。やっぱこの人凄い。

中盤の「コンプリ」。結構久しぶりに聴いた気がする。COYOTEではあまり演奏して無い様な?
ブレークの箇所、KyOnさんとトミーのソロ。見せ場が沢山!
後半は「自由の岸辺」から。「ハッピーエンド」も「僕にできることは」も好きな曲。
それが新たな装いで演奏される。
「POP CHILDREN」ではKyOnさん、長田さんのツィンギター!此処はやっぱり盛上る。
大人のロックだけど、こういう弾けたシーンもチャンとある。
最後は「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」。ホボキン仕様のロングヴァージョン。
長田さんのギターがCDのサハシ君ギターをチャンと再現してるのが嬉しい。
オリジナルVerより演奏部分が増えて長くアレンジされたこの曲。
最初にこのVerに触れたのは確か2001年のロックンソウルツアー。以来色んな場所で聴いた。
激しく叩きつけるオリジナルも好きだが、穏やかだけど徐々にテンションを上げる
ホボキンヴァージョンもオレは好きだな。

演奏はここで終わり。1時間半。でも充実した内容で全然短いとは思わなかった。
最後に元春が「来年はデビューから40周年。沢山ライブをしたい」と言ったのも嬉しかった。
そう!ホボキンで是非全国ツアーをしてほしい!できれば大きいホールかライブハウスで。

最後は元春とメンバーが並んで挨拶・・・大団円のはずが・・・元春、なんとバンドを

「コヨーテ バ〜〜〜〜ンド⤴」と紹介。\(T▽T)/\(T▽T)/

一瞬、場内はシーン。そのうち客席からツッコミの声が(T▽T)。
佐野クン、自分のマチガイに「これはわざとじゃありません」「ホントにボケました」と釈明(^^;。
この日のライブの素晴らしい演奏も、最後のこの佐野クンの一言で全部吹っ飛んだ。
佐野クン・・・ホント・・・飽きさせないヒトだ(^_^;
クリックすると元のサイズで表示します

終演後、嫁と「ホント楽しかった。オモシロかった」と話しながら帰途についた。
ホボキン、やっぱ・・・イイな。
COYOTEの剛速球を投げ込んでくるようなライブも大好きだけど
ホボキンの変化球あり、佐野クンの暴投ありのライブもやっぱ好き。
今年・来年と元春&ホボキンのライブをもっと見たいなぁ。
(できればこの前の日に飛び入り参加した特別ゲストもメンバーに加えて)
クリックすると元のサイズで表示します

土曜日は日暮里周辺を散歩。とあるお店で探してた「TOKYO VOICE」をゲットできた!
写真も良いがインタビューの内容がまた素晴らしい。
「感情的にならず観察者に徹して描写」の姿勢はホント一貫してるな。
元春のそういうとこが好きだ。

ヨモちゃん、佐野クンはホント楽しいな☆
今年も色々オモシロがらせてくれそう。ワクワクするぜ☆
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

5

2018/12/26

佐野元春ロッキンクリスマス2018@昭和女子大学人見記念講堂  佐野元春

25日クリスマスは元春ロッキンクリスマスの日。
今年は例年の恵比寿ガーデンホールから三軒茶屋昭和女子大に場所を変えて開催。
入場するとメッセージカードを貰えた。スタッフさんも皆さんクリスマス仕様の服。
会場内もサンタ帽を被ったお客さんが多い。
クリックすると元のサイズで表示します
ライブ開始。セットリストは以下の通り。

(セットリスト)
1.白夜飛行、2.君が気高い孤独なら、3.バイ・ザ・シー、4.悟りの涙、5.新しい雨、
6.いつかの君、7.みんなの願いがかなう日まで、8.純恋(すみれ)、
9.世界は慈悲を待っている、10.君と往く道、11.詩人の恋、12.虹をつかむ人、
13.君の魂、大事な魂(Guestコーラス&ギター:KUMI)、
14.クリスマスタイム・イン・ブルー(with KUMI)、15.La Vita e Bella、16.優しい雨
(アンコール)
17.ストレンジデイズ、18.ヤングブラッズ、19.彼女はデリケート、
20.99ブルース、21.インディビジュアリスト

クリックすると元のサイズで表示します

このクリスマスライブは毎回スペシャルな内容になる。
「太陽」「水上バスに乗って」と通常のツアーでしない曲が演奏されたり、
演奏曲リクエストがあったり写真撮影OKだったりお客さんをコーラスにあげたり。
通常ツアーのダイジェスト+クリスマスソングの構成でも別に構わないのに、
ファンを驚かせたり喜ばせる仕掛が用意されている。
このイベント自体が元春からファンに贈るプレゼントの様な気がする。

この日のライブもスペシャルな内容だった。
コヨーテライブ定番の「境界線」「紅い月」「私の太陽」「ポーラスタア」は演奏されず
「Zooey」の曲をアコースティックセットで演奏されたり
KUMI嬢を呼び入れて「君の魂、大事な魂」「クリスマスタイムインブルー」を共演。
しかも元春おめでたい話を発表して、フカヌーを冷かしたりするし(^_^;
バンドの演奏も最高だった。アッキーが跳ねる様に動き回りフカヌーはここぞという場面で前に出る。
「バイザシー」他で謎のパーカッショ二ストも登場するし(T▽T)(T▽T)
高桑クンの服は光るし(T▽T)、
アンコールはアッキーが赤の上下でブルースリー(笑)みたいだったし。
魔法の様にキモチいい歌と演奏、ところどころに挟まれるネタにクスクス笑う。
この空間に居て唯々心地よかった。

ただ、クリスマスライブだけど「心地いい!楽しい!」だけのライブじゃない。
「悟りの涙」(ボクは勝手に沖縄基地問題で傷つく人を描いてると感じてる)を歌ったり、
楽しかった「クリスマスタイムインブルー」の後に
「La Vita e Bella」「優しい闇」を激しく叩きつける。
「La Vita e Bella」を聴くと荒れ果てた東北の海岸を想い出す。
「優しい闇」を聴くと昨今の荒れた空気を想い胸が痛くなる。
それはオレの勝手な感じ方。元春は何も言わない。何も煽らない。ただ歌うだけ。
でも、クリスマスライブなのにシリアスなテーマの歌を叩きつける・・
唯のお気楽パーティにしない(勿論するのも全然OK)・・その真摯な姿勢に感銘を受けた。

アンコールはもっと凄いことに!「ストレンジデイズ」に「ヤングブラッズ」!
「カフェボヘミア」で元春ファンになったワシには滅茶苦茶嬉しい並び。
久し振りに「へへへーイ」を歌ったよ。
しかもコヨーテでは恐らく初演奏の「彼女はデリケート」も軽く決めちゃうし。
最後はなんと「99ブルース〜インディビジュアリスト」で締める。
クリスマスライブをこんなアグレッシブな曲で終わるんだぁ・・スゲェ。
元春はクリスマス&ハッピーニューイヤーを言って最高の笑顔で去っていった。

クリスマスライブの定番「悲しきレイディオ」は今夜はなし。でもボクも嫁も大満足。
楽しかった・・・それだけでなく色々感じた。でもサイコーに楽しかった!
そう、元春のライブはどんなにシリアスな歌、ヘヴィーな歌を演っても最後は笑顔で終わる。
それはシリアスな歌もヘヴィーな歌も誰かに優しく寄り添う歌だから。
怒りや苛立ちの歌も全て自分のためじゃない。「誰かのため」。
だから聴いてて優しい気持ちになれる。
この日もそうだった。だから見終わった後、笑顔で帰れる。

今年最後に見るライブが元春のライブでホントによかった。
来年はホボキンのビルボードライブもあるみたい。久しぶりに行ってみるかな?
出来れば「自由の岸辺」を引っ提げて全国ホールツアーをしてほしいんだけど(^_^;


サイコーのライブだったが・・1つだけモヤモヤが残った。
謎のパーカショ二ストは結局紹介されず。キミは・・・一体誰だ?誰なんだ? 
まぁ、それも謎のままにしておいた方が良いのかも。ホボキンの「フルーターズ」みたいに。
クリックすると元のサイズで表示します

さぁ、あと少しで今年も終わる。ヨモちゃん、新しい歳を笑って迎えようぜ☆
クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ