2019/8/27

仙台荒浜ボラ記〜変わりゆく景色  東北のためできること

土曜日の夜から深夜バスで仙台に向かう。目的は荒浜でのボランティア。
学生ボランティア団体ReRoots主催の「おいもプロジェクト」第2弾に参加のため。
嫁@パンダは山形帰省で月曜日に帰ってくる。ボクも月曜日に東京に戻る予定。
ヨモちゃん、独りでお留守番ダイジョウブかい?しっかり頼むぜ。
クリックすると元のサイズで表示します

仙台に着いて先ずは荒浜海岸見学。此処に来るのは実に1年ぶり。
津波の高さを示す碑そして、津波で亡くなった方の慰霊碑にお参りする。
8年前は津波と地震で荒れ果てた場所も整地されてキレイになった。
ここはいずれ、公園やその他施設が出来るらしい。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

脇道に入ると破壊された家屋の基礎部分が残されている。遺構として保存してるらしい。
それを見た途端、8年前に見たあの光景がフラッシュバックした。
破壊され尽くした家屋、歯抜けとなった松林。あの時、感じた恐怖と怒り。
8年経っても消えない。・・・遺構の写真撮ろうかと思ったけど・・やめた。
此処は個人の家だ。知らない奴に写真なんて撮られたくないだろう。

ReRootsに向かう途中、荒浜小学校の前の道路に上下の傾斜があることに気付いた。
以前は真っ平の道路だったのに・・・盛り土をして津波が来た時逃げやすくしてるんだ。
それを見たとき・・・何故だか声を挙げて泣いていた。何故泣く?
自分の知ってる荒浜の景色が変わったのが悲しかったのか?
でも、景色を変えたのは防災強化のためだ。余所者のオレに口出しする権利は無い。
クリックすると元のサイズで表示します

ReRoots到着。学生とヤギのミカンちゃんとレモンちゃんが歓迎してくれた(^_^;
このヤギさんはつい最近迎えたそう。オマエら、カワイイな♪
クリックすると元のサイズで表示します

今日の枝豆の収穫とミッションは芋の蔓返し。ReRootsが借りている畑で作業開始。
知合いのボランティアさんや子供たちと一緒に作業する。
取れたての枝豆旨い!ビール呑みたい!お土産に貰ったのでウチで酒のツマミにしよう♪
芋の蔓返しも大勢でやると直ぐ片付いた。
途中で暑さに負けそうになったけど子供たちの笑顔と涼しい風に何とかやりぬいたV(^^)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

午後は地元の野菜を使ったランチを食べながら農家さんのお話を聞く。
カレー旨くてお代わりしちゃったよ♪トマトのシャーベットも美味い!
学生さんが芋を使ったお店を出そうと頑張ってるのを聞いて感心。
オレ、大学生のときにこんな事やってたっけ?ホントいい加減で何も考えてなかった。

地元の農家さんに震災当時のお話を聞いたり取組んでいるメダカ養殖の話を伺う。
荒浜、若林区は何度も来ているが意外と地元の文化の事を知らないので勉強になった。
こういう地元の方の頑張りが復旧と復興を進めたのだ。
そして当然、ReRootsの皆の頑張りもそこには或る。
真面目な話の途中で農家さんが猫自慢をしたのでボクもヨモちゃんの写真を出す(笑)。
他の方も我も我もと猫写真を取り出し猫話に花が咲いた(T▽T)
ヨモちゃん、皆さんキミのことカワイイって言ってたよ♪♪
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ここで皆さんとお別れ。ReRootsに戻ってミカンとレモンに別れを告げる。
10月のイベントは日程的にムリかな?でも、絶対また来る。この空を見に。
ReRootsのみんなに会いに。それまで、元気でな。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

夜は独りで寂しく飲む(^_^; 以前から気になっていた炉地Bar「八兵衛」に入る。
これが大当たり。店員さんはキビキビ動き酒も肉も美味い!
チーズと燻りがっこが絶品!仙台来るときは、またこのお店に来よう♪
クリックすると元のサイズで表示します

食事の後、地元の友人が以前連れて行ってくれたロックバーに行く事も考えたがやめた。
暑さや午前中の作業の影響で疲労困憊。眠い。下手に遊んでバスに乗り遅れるのが怖い。
落着いたブックカフェで時間を潰して帰りのバスに無事搭乗。バスの中でひたすら寝た。

帰宅。玄関開けてボクの声聞いたらヨモちゃんの「にゃ〜ん」という鳴き声が聞こえた。
ヨシヨシ、寂しかったかい?\(T▽T)/
ヨモちゃんボクのズボンにスリスリしてズボンがヨモ毛だらけに(T▽T)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ヨモちゃんはボクが居るのに都度「にゃ〜〜ん」と鳴く。
なんだよ、パンダちゃんが居なくて寂しいのか?
お昼過ぎに嫁が帰ってくるとヨモちゃん落着く。
嫁が山形パインサイダーをお土産に買ってきてくれた。嬉しい。
クリックすると元のサイズで表示します

家族3人揃って落着いた。やっぱりウチが一番♪
今後もボラは当然行く。次は山元町に行こうかな?
東北に行くのはオレのライフワークだ。ムリせず頑張り過ぎずに続けて行こう。
な、ヨモちゃん☆
クリックすると元のサイズで表示します
 
0

2019/5/21

識るということ、伝えるということ〜荒浜ボランティア記  東北のためできること

日曜日は仙台荒浜でボランティアに参加。恒例ReRoots主催行事。
日曜日開催は翌日仕事を考えていつも行く事を諦めてた。
でも、今回月曜日は定期検査で会社はお休み。その気になれば行けなくね?
いつもは高速深夜バスで早朝に東京に戻るが検査なので当日中に帰りたい。
色々検討して、帰りは新幹線を使う事に。偶にはこういう贅沢もイイよね?(^_^;

土曜日の夜、新宿バスタからバスに乗り仙台に向かう。ゆっくり眠れた。
仙台着後、いつも通り荒浜海岸を見学。ここに来るのは昨年8月以来。
津波の高さを示す碑と津波で亡くなった方の慰霊碑をお参りした。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

この人達のことをオレは識らない。逢えることはなかった。
でも、此処には人が住んだいたのだ。確かに暮らしがあったのだ。
そんな人たちを「被災者・死者」なんて記号で十羽一括りに呼びたくない。
慰霊碑に刻んである名前を1つ1つ読み上げた。すぐ忘れるかも知れない。
それでも、此処に確かに貴方たちが居た事を刻んだ。
また来ます。また逢いに来ます。

海岸から歩いてReRootsに向かう。色んな場所で工事が進んでる。
将来的には、果樹園や公園やスポーツ施設になるらしい。
ボクが此処に来たのは2011年9月。震災後9カ月、でも傷痕が生々しく残ってた。
あの日視た破壊され尽くした大地、荒れ果てた住居、歯抜けとなった松林。
怖かった。恐怖を憶えた。あの日視た光景と感じた恐怖は絶対忘れまい。
忘れちゃ・・・ダメだ。
クリックすると元のサイズで表示します

ReRoots到着。学生、参加者で賑わってる。今回の参加者は何と40人!
顔見知りも居て心強い。
とある農家さんの畑に移動して作業開始。今日の作業は芋の苗を植えること。
以前は収穫したお芋をそのまま販売していたが今年はスィートポテトを売ることも
考えているらしい。学生のアイディア。毎回来るたびに感嘆する。
ReROotsの学生や参加者皆さんと話しながら和気藹々と作業を進める。
海岸から吹く風が気持ちイイ。2時間ほど作業して植え付けは終了。
クリックすると元のサイズで表示します

お昼は市民公会堂で学生たちが作ったランチをいただく。
地元の野菜を使ったスープやちらし寿司。旨しV(^^)
午後は廃校となった小学校の運動場でレクリエーション。子供達は楽しそう。
ランチやリクリエーションの間、学生さんと色々話す。
彼等は311を最早経験していない。東北外から来た学生も居る。
ボクは顔見知りのボランティアさんから8年前、震災後の状況について聞きたがった。
東北人で無い余所者(東京人)のオレが東北の学生に311について語る。
イイのか?でも・・自分で視たことを伝えるのは大切だ。
あの夏の日、海岸を視て感じたことを率直に伝えた。
一方で8年間この地に何度も来て・・・実は若林区・荒浜について何も知らない。
今後は、此処がどんな場所か、もっと知りたい。そのことも伝えた。

とある学生さんからは今後の展開について相談を受ける。
まだ二十歳そこそこの若者がこの地区の農業を背負って立とうとしている。
オレ大学生のとき、何も考えていなかった。
地域にどんな貢献が出来るかなんてアタマになかった。恥ずかしい(^_^;
「現代(いま)の若者は批判精神が無い」とか非難する大人が居るが違うと思う。
彼等は他人の悪口を言ってる暇があったら、自分に何ができるか考え行動してる。
もし、現在(いま)の世の中が悪い方向に行ってるとして・・・
それは大人の責任だ。大人がチャンとして無かったからおかしな方向に行ってる。
そのダメな大人(勿論オレも含まれる)が自分の責任を棚に上げて若者をディスる、
なんてカッコ悪い。現在(いま)の若者は素晴らしい!
今回学生と色々話せて有意義だった。良い時間を過ごせた。Thanks☆

学生に別れを告げて東京に戻る。おいもイベントは8月と10月にまたある。
当然来ます。今度はもっとゆっくりと・・。学生みんなとまた話したい。

仙台やっぱりイイな。ボランティアだけで無く、もっと行かなくちゃな。
仙台、若林区、荒浜・・・もっと識らなくちゃ、な☆

帰宅したら、ヨモちゃんが愉快なことを。ボクも嫁@パンダも爆笑しました(T▽T)
ヨモちゃん、キミも素晴らしいよ。イイ子イイ子🎵
やっぱりウチが一番☆

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/4/3

山元町ボラと花見  東北のためできること

先週末は宮城県山元町にボランティアに行ってきました。
昨年秋から何度かツアーに申し込んでいたけど人が集まらず中止が続いてた。
やっと行けた。

到着後、先ずは中浜小学校を見学。
バスで向かう途中、新たに出来た避難道路や様々な設備を見た。
6年前に来た時は震災や津波の傷痕が残っていたこの街もすっかり復旧が進んだ。
中浜小学校で語り部さんの話を伺う。津波に耐えて死者が出なかったこの場所。
災害に備えた事前の綿密な準備には唯々感銘を受ける。
クリックすると元のサイズで表示します
一方で・・・この町でも矢張り多くの犠牲者が出ている。
無事だった人も色々抱えてる。8年経って出てきたココロの傷・悲しみ。
家族を喪ったのに他人に云えず酒に溺れた人。親を喪った悲しみをずっと我慢してた子供。
親が亡くなり学費をバイトで稼ぐ学生。中には不登校になった子も居る。
それを聞いてコトバが出なかった。
ココロの復興はそんな簡単に進まない。いや、何を以て復興と言うのか。言えるのか。
残念ながら、外から来たオレにココロの問題のお手伝いは出来ない。
クリックすると元のサイズで表示します

この日の作業はある農家さんのお宅の畑に生えた樹木の撤去。
数十本ある樹を20人掛かりで引っこ抜いて片づける。
この日のメンバーは大学生が多い。東北ボランティアに初参加の人も居る。
大学生になって、ようやくボラに来たとの話。
決して忘れてない、こういう若者が居るのは心強い。

ボクは年長と言う事もあって指示したり仕切った。何リーダーやってんだ?オレ(^_^;
沢山有った木も大勢で作業したら全部片付いた。
クリックすると元のサイズで表示します

ボラが終ったあとは農家さんの好意でイチゴ狩り。そう山元町はイチゴが名物♪
このイチゴが甘くて美味い!折角なので詰め合わせをお土産に購入した。
クリックすると元のサイズで表示します

前回の福島ボラは反省だらけだったが今回はそこそこ出来たかな?
5月は荒浜でお芋プロジェクトが始まるだろう。日程が合えば行こう。

オレに出来る事は・・多寡が知れている。ホント限られたことしかできない。
現地の傷ついた方のココロを癒すなんてできない。オレと話しても愉しくないだろう。
自分が出来る事は・・ごく限られている。ホント僅かのことしかできない。
せいぜい樹を抜いたり草を刈ったりお芋を植えたり・・・そんな作業しかできない。
それでも・・それが東北の役に立つのなら・・続けていくしかないだろう。

翌日は嫁@パンダとお花見。地元の自然公園や山谷堀公園や隅田公園。
川辺で、桜を見ながら嫁お手製のお弁当と途中で調達した酒とツマミを堪能。
昼から呑む酒はなんで、こんなに旨いんだろう(゚゜)\バキ☆
嗚呼、ホント楽しかった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

写真は山元町行った際に嫁@パンダが送ってくれたヨモちゃん写真。
うーん、男前。お目目がキラキラしてます(T▽T)
ヨモちゃんのアタマの中はきっとお花がイッパイ咲いてるんだね☆
クリックすると元のサイズで表示します

今週から新年度。仕事は年度末対応で面倒事が山ほど待ってる。
あたらしいウスノロ共も手ぐすね引いて待ってる。
笑いとばしながら1匹1匹ずつ、やっつけていこうV(^^)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/3/11

この日〜8年  東北のためできること

昨日の日曜日は、嫁@パンダの誘いで日本橋・銀座の東北アンテナショップを巡った。
土曜日、嫁は一人で池袋の宮城プラザに行ってたらしい。
どのショップも大勢の人で賑わっていた。
TVやネットで311関連番組・ニュースを見て「祈る」もイイ、「想う」もイイ。
でも、東京(ここ)に住んでいれば、東北のために他にも出来ることがあるのだ。
ならば、それを・・した方がイイ。
それこそが、東京人(オレ)の存在価値だ。
クリックすると元のサイズで表示します

今日で8年。東日本大震災発生から8年が経った。
「追悼する」とか「祈る」とか「想う」とか「忘れない」とか・・・・
そういうのをネット上に書くのはなんか違う・・・絶対違う。
「満月の夕」を鳴らすのも・・・オレ的には絶対違う。

言いたいことは、たったひとつだけ。
 ´I LOVE YOU & I NEED YOU 東北´ 
ソレダケ、だ。

大好きだよ東北。また逢いに行くぜ☆
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ