2019/6/1

父13回忌と「ソレダケ」復活上映  Bloodthirsty Butchers(ブッチャ―ズ)

今年は父の13回忌。父の命日は5月4日だけど諸事情で法事は5/26の日曜日に行う事に。
法事は日曜朝に有るので前日の土曜日より嫁@パンダと京都に乗込む。
ヨモちゃんは一人でお留守番♪

宿はJR京都駅近く。東寺の前のホステル。とても快適に過ごせました。
クリックすると元のサイズで表示します
晩御飯はエキナカの「京とんちん亭」で。
https://kyotonchintei.gorp.jp/
お料理もお酒も美味し!スミノフがお好み焼きに合う〜!串焼きやチヂミも美味い!
京都の味をたっぷり堪能しました。
クリックすると元のサイズで表示します
すっかり満腹。歩いてホステルに帰る。夜の東寺がキレイ♪今度来るときはゆっくり見たい。
クリックすると元のサイズで表示します

翌日日曜日は快晴。霊園で待ち合わせ。
久しぶりに会う母は小さくなってた。姪も甥っ子も大きくなってるのにビックリ。
滅多にこちらに来ないので未だに小さいイメージしかない。(ダメな叔父(^_^;)
家族でお墓参り。焼香のとき、父に話しかける。
「オレは嫁とヨモちゃんとヘラヘラ笑って生きてるよ」って。
そしたら、「オマエはバカだ」という声が聞こえた。
ハイ、オレはバカです。いつまで経ってもアンタには追いつけない。
また・・・逢いに来ますV(^^)

ランチは亀岡にある英国風レストラン「ポントオーク」で。
店員さんのケアのおかげで食事もデザートもゆったり楽しめました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ボク等は此処で退出。京都駅に送ってもらって家族とお別れ。
新幹線で東京に戻る。窓の外には富士山。
クリックすると元のサイズで表示します
あわただしい1日だった。今度はもう少しゆっくり来よう。母も心配だし。

帰宅して玄関を開けるとヨモちゃんが「ふぇえ〜ん」と泣く。
よしよし、嫁@パンダがいなくて寂しかったのか?(T▽T)
ヨモちゃんと会えて一息。やっぱりウチは落ち着く。
クリックすると元のサイズで表示します


翌日は出社。日帰り旅行の疲れでカラダが痛い(^_^;何とか仕事をやり過ごし夜は新宿へ。
この日はbloodthirsty butchers吉村秀樹さんの命日!そして映画「ソレダケ」復活上映会!
このポスター見ただけで気分がアガる♪
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
会場には渋川清彦さんと石井岳龍監督が来てる。
友人と渋川さんに話しかけたら気さくに答えてくれた♪

石井監督も渋川さんも映画館スタッフが特に呼ばなかったのに来てくれたとのこと。
お馴染シネマート営業宮森さんの司会で先ずはトークイベント(写真撮影&SNS掲載OK)。
クリックすると元のサイズで表示します
1度上映が終わった映画をこんな風に何度も復活上映するのは珍しいとのこと。
宮森さん「毎年最後の積りでやってるけど翌年やると大勢集まってくれるので止められない」
との事。ずーっと続けて下さいね。

映画開始。何度も見てるが、オープニングの爆音ギターにのけ反る(T▽T)
オト去年よりデカくなってないか?色キレイになってないか?そんなことあるワケないのに。
ブッチャーズファンの自分は曲が鳴るたびに「あ、ここであの曲か!」と気分がアガる♬
劇中、吉村さんが映るシーンが一瞬だけあるんだけど・・・グッと来た。

ラスト。当然変わらない(笑)。でも感じ方は毎回変わる。
大黒が手術室で千手を倒して死ぬのが多分「現実」なんだろう。でも映画は『そこ』で終わらない。
晴れた日、ビルの屋上で阿弥が歌い大黒が目醒めるシーンで終わった。
多分・・・多分大黒は・・新しく生まれ変われたんだ。先に行ったんだ。行けたんだ。
そう想うと何だか嬉しくなった。

映画上映の後はブッチャーズ「デストロイヤー」のPVが流れた。
最後に鳴り響く吉村さんのギターにまたまたグッと来た。最後に吉村さんを視れてよかった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
上映後、宮森さんにお礼が言えた。そして来年の上映をお願いしたら笑ってた。
「ソレダケ」初体験の友人も楽しんだ様子。良かった。

来年?当然、行くに決まってる。ブッチャーズLIVE未体験のオレにとって
「ソレダケ復活上映」は年1回あるブッチャーズの復活ライブだ。行かなくてどうする?
クリックすると元のサイズで表示します
劇場で貰った「ソレダケ缶バッジ」と「千手シール」を見ながらニヤニヤしてる(^_^;

父の13回忌、ソレダケの復活上映と同じタイミングで迎えることができてよかった。
ブッチャーズの曲は毎日聴いてる。
吉村さんが旅立って、もう6年。
その間にブッチャーズの曲はオレにとって無くてはならないモノになった。
こんなに熱くて面倒くさくて優しい音楽は他にない。絶対ない。
吉村さんの歌もソレダケもオレのトモダチだ。ずっと追いかけるぜ☆

クリックすると元のサイズで表示します
(オマエの方が吉村さんより面倒くさいニャ)
0

2018/5/28

「ソレダケ」復活上映会  Bloodthirsty Butchers(ブッチャ―ズ)

5月27日はbloodthirsty butchers吉村秀樹さんの命日。今年で5年目。
毎年、この日はシネマート新宿で映画「ソレダケ」の上映会がある。
映画監督石井岳龍がブッチャーズの音楽にインスパイアされて制作した映画。
去年はオールナイト上映と言う事で行けませんでしたが今年は夕方から上映!
これは行く!絶対行く!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
当日券で入ったら結構席が埋まっている。
来月石井監督の新作「パンク侍、斬られて候」が公開される関係もあるのかな?

会場のあちこちに吉村さんが居る。
場内で「いいちこ」を振舞ってたが翌日検査なのでガマン(^_^;
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


この映画を映画館で見るのは実に4回目。ケーブルTVで放映したのを録画してる。
でも、この作品はやっぱり映画館で見たい!
初っ端から大音量。吉村さんのエレキギターが響き思わずのけ反った。
ストーリー展開も台詞も頭に入ってる。でも何度見てもオモシロい。
千手の最初の演説、モノクロからカラーに変わるシーン。
「イッポ」が鳴り響く中の戦闘シーン。そして2つのラストシーン。
モノクロが現実でカラーのシーンが夢?大黒は死んだのか?生きのびたのか?
・・・そんなのどうでもイイ。阿弥が「襟がゆれてる」を歌い最後大黒が目醒める。
最後の最後、暗闇に吉村さんの歌声とギターに響く。来て良かった。
クリックすると元のサイズで表示します

上映後は石井監督、村上淳、渋川清彦によるトークイベント。
何と撮影&ネット掲載Ok!太っ腹!
しかもシネマート新宿では「パンク侍」の上映無いし(T▽T)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
話題は「ソレダケ」より主に「パンク侍」の事。「ソレダケ」の出演者が新作に総出演。
村上淳が仕切る。ムラジュンって初めて見たけど、こんなオモシロいヒトなんだ。
石井監督も渋川さんもムラジュンも毎年復活上映することがホント嬉しそうだった。
こういう上映方法って珍しいんじゃないだろうか?
日本映画ダメ!っていうヒトも居るけど一方で1つの映画をこれだけ愛して大切にする
映画館やスタッフも居る。見てて清々しかった。
「パンク侍」。原作町田康、脚本宮藤官九郎、監督石井岳龍、主演綾野剛。
予告編見たけど凄くオモシロそう。是非見ようと思う。

普段好きなアーティストのLIVE行ってもTシャツは絶対買わない。似合わないし(^_^;
でも今回は買った。ソレダケに登場するデストロイヤーTシャツ。
ヨモちゃんは興味津々。
ブッチャーズ、吉村さんの歌、オト。時間を掛けて大切な存在になってる。
最近ブッチャーズと共演した+/−のアルバム聴いたら素晴らしくて一気にハマった!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
来年の復活上映は月曜日。仕事のある日・・・でも行くしかないだろう!
毎年の吉村復活祭。会社休んでも行くぞ(をい)。
ブッチャーズのLIVEを見れなかったオレ。
1年に1回くらい、吉村さんに逢いに行かなくっちゃ、な。ヨモちゃん☆
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2016/5/29

「ソレダケ」「ネコライオン」ふたたび  Bloodthirsty Butchers(ブッチャ―ズ)

金曜日はbloodthirsty butchers吉村秀樹さんの3回目の命日。
去年公開された映画「ソレダケ」がこの日だけ新宿シネマートで復活上映。当然行きます。
朝、嫁@パンダを誘ったら「どんな映画?」と聴くので
「拷問シーンがイッパイあってギターがギャンギャン鳴る映画」
と言ったら嫁は「・・・やめとく」とのこと(^_^;

ブッチャーズの音楽にインスパイアされて奇才石井岳龍監督が撮ったこの映画。
昨年の吉村さんの2回目の命日に公開された。本上映のとき、ボクは2回観に行った。
今回で3回目。同じ映画を映画館で3回観るなんて今まで無かった。
bluelayも発売されているけど、この映画は絶対映画館で見たかった。
映画館に入ると「ポスター」の横に「覚えてますか 5月27日」とある。勿論覚えてますよ。
クリックすると元のサイズで表示します
吉村さんが好きだったという「いいちこのウーロンハイ」は振る舞われる。

映画は当然サイコー。吉村さんの歌とギターが爆音で響く中、音楽と同じ位爆発した物語が進む。
過去2回観たときはバックで掛かるブッチャーズの曲で知らないのが沢山あった。
でも、この1年でブッチャーズのアルバムを集めて、曲はバッチリ自分の中に入ってる。
「10月」「アンニュイ」「襟がゆれてる」・・名曲が実に良いシーンで鳴り響く。
中でも「イッポ」が鳴る中で繰り広げられる戦闘シーンは鳥肌モノだった。
大黒と阿弥が銃で敵を撃ち殺すシーンにテンションがアガる。拳を突き上げ叫びたくなる。
ラスト主人公が生き残ったのか死んだのか、よくワカンナイ終わり方も吉村さんらしくてイイ。
上映の後、客席から拍手が起こる。オレも拍手した。サイコーのLIVEだった。
クリックすると元のサイズで表示します
映画上映の後、ブッチャーズの秘蔵LIVE映像の上映。
そして最後は何と石井監督とブッチャーズ射守矢さんと小松さんが登壇!
劇場スタッフに石井監督が「来年もこの日復活上映やるよね?まだ死んでない!」と迫り(笑)
射守矢さんと小松さんも「吉村はしつこいんですよ。粘り強い」と煽る。
スタッフ少し困った様子で「来年も上映します」と約束。でもスタッフさん嬉しそう。
また場内は拍手に包まれる。愛に溢れた瞬間だった。

そう、来年も此処でまた会いたい。大黒たちに。そして、吉村さんに。
オレはブッチャーズは最後の2年間チラと聴いただけ。
本格的に聴き出したのは吉村さんが逝ってから、だ。
この映画を通じて、オレは吉村さんと逢えたのだ。

吉村さんも、この映画も死んでない。まだ、つづいているんだ。
世間的には終わっても、オレが「つづいてる・」と思えば終わらない。
神様とか世の中のルールなんて関係ない。思うのは自由だ。
オマエらに、オレのアタマの中はいじらせない。ざまぁ見ろV(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は午前中はゴミ拾い。ウォークマンでブッチャーズの曲を大音量で流しながらゴミ退治。
午後から嫁@パンダと日本橋岩合光昭さんの「ネコライオン」写真展を観に行く。
この写真展、3年前恵比寿に見に行った。
http://blue.ap.teacup.com/nagawa/809.html
日本橋まで歩いて行く。風が涼しくてキモチよく歩ける。道中、色んな猫さんに遭遇。
会場は三越。本館・新館のあちこちに猫のオブジェがある。何となく岩合さんに似てる(T▽T)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
写真展は盛況。前回と違う写真もあって楽しめた。
ネコとライオン。同じ「ネコ科」だけど並べて観ると全然違う。
ライオンの眼つきの獰猛さ、筋肉のつき方は猫とは全く違う。

展覧会の後は、旨い餃子を食す。嗚呼、楽しい1日だった。
嫁@パンダも「今日は楽しかったな」と満足そう。
ウン、こういう「良い1日」があるから生きていける♪
クリックすると元のサイズで表示します

今日は1日、家でノンビリ過ごしてます。明日からゴタゴタのバーゲンセール。
休んで備えよう。

我が家のヨモちゃん。このコは・・ライオン?猫?
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ライオンは大変そう。甘えっ子のにゃにゃんでイイさ。な、ヨモちゃん☆
0

2015/6/18

『ソレダケ / that's it』  Bloodthirsty Butchers(ブッチャ―ズ)

現在、「ソレダケ」という映画が公開され話題を呼んでいる。
監督は石井岳龍(ex:石井聰互)、染谷将太、水野絵梨奈、渋川清彦、村上淳 / 綾野剛。
そして・・音楽はbloodthirsty butchers、ブッチャ―ズ!
http://soredake.jp/
元々は2年前にブッチャ―ズがアルバム「youth(青春)」を製作している段階で
石井監督にアルバムをモチーフにした映像制作を依頼していたが、吉村さんの急逝で中断。
その後石井監督が当初の企画と内容を変えて映画化にこぎつけたもの。
タイトルはブッチャ―ズの曲(アルバム「未完成」収録)から取られた。
作中の音楽、ノイズは全てブッチャ―ズの手に成るもの。吉村さんも少しだけ映ってる。

ブッチャ―ズの音楽を使用ということでこの映画興味があった。
昨夜仕事の後に行ってきました。会場は新宿シネマート。客層は若い女性が多い。
クリックすると元のサイズで表示します
写真は入口に飾ってあったギターと酒樽。オープニングパーティでギターで酒樽を割ったとか。
イイね!V(^^)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

開始早々、いきなりの爆音。音・・デカイ。デカ過ぎ。スクリーン上に吉村さんの轟音ギターが響く。
音が大きすぎて台詞が聴き取れない。思い切り笑わせてもらった(T▽T)
親に捨てられ戸籍も売り飛ばされ底辺で生きる青年大黒(染谷君)風俗嬢として生きる阿美(水野さん)
大黒がある機密情報を手に入れたことで2人はギャング千手(綾野クン)に狙われる羽目になる。

ストーリーはあって無いようなモン。設定も展開もメチャクチャ。でも、そんなのどうでもイイ。
ブッチャ―ズの爆音に乗って疾走する男たち。繰り返される暴力。流される血。
どいつもこいつも狂ってる。吉村さんの歌とギターに煽られ暴走する映像。カッコいい。
後半、大黒が未来を手に入れるために銃を手にするシーンに「10月」「アンニュイ」が
重なるシーンは戦慄が走った。
銃をぶっ放し闘う大黒の姿に「もっと行け!やれ!」「ナメられてんじゃねーぞ!」
「殺っちまえ!」とココロの中でエールを送ってた。r(^^;

ラスト・・も凄かった。「死んでも生きる」「死んでも負けない」。
大黒の意地、しかと見せて貰った。そして、それはそのまま吉村さんのスピリッツだった。

終わった後、爽快な気分で劇場を出た。凄い映画だった。過剰、激烈、騒々しい。
まるでライブを見たあとみたいにカラダ中が痛い。でも何かニヤニヤしてる。
オレは残念ながらブッチャ―ズのLIVEをナマで見たことは無い。
でも、今日、別の形で体験できた。満足。

帰りはウォークマンでブッチャ―ズを大音量で聴いた。そして考えた。
大黒も阿美も千手もみんな自力で立って生きてた。
運命だの神様だのを当てにせず、諦めずに立ち向かってた。オレはそれに撃たれた。

先日の日記で、悲しみや痛みと共に生きていくことを誓った。それ自体はイイ。
もう会えないのは仕方ない、それは変えようがない。

でも、でもさ、ホントに居なくなったのか?消えたのか?
オヤジも、友人も、キヨシローも、どんとも、佐藤クンも。
そんなの誰が決めた?世間か?神様か?
よせよ。神様なんて唯のペテン師だ。信用できん。
キヨシローやどんとや佐藤クンの歌は色んな場所で聴けるし、
オレはオヤジと友人と毎日話してる。(返事は無いが^^;)

カラダは確かに消えた。でも、オヤジも友人も「居る」のだ。確かに。
「オレのココロの中で生きてる」とかそんなロマンチックな話じゃない。
オレが「居る」と思えば、それが「事実」なんだ。それを決めるのは「オレ」だ。
「消えても無くならない」「喪っても終わらない」。アタマの中では何だって出来るんだ。
神様も世の中の決まりもオレのアタマの中は変えられない。ザマぁ見やがれ。V(^^)
オヤジも友人も何処かに居る。ただ「会えない」だけだ。オレはそう信じてる。

この映画、現在(いま)このタイミングで見れて良かった。
石井監督&カッコイイ役者の皆さん、スタッフ皆さん、活かした映画をありがとう。
そして・・ブッチャ―ズ、吉村さん、サイコーだぜ。これからも、ずっと聴くよ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ