2019/5/5

とくべつなうた〜七尾旅人「「Stray Dogsの冒険」@恵比寿ガーデンホール  七尾旅人

4/29は百段階段の後、恵比寿に七尾旅人のLIVEを観に行く。
昨年末に出たアルバム「Stray Dogs」は珠玉の傑作。発売以来ずーっと聴いてる。
あのアルバムの曲がライブでどう歌われるか、楽しみにしていた。
しかも今回のライブはバンドで!七尾クンがバンドを率いてのツアーはデビュー以来初めて。
しかも、オールスタンディング!期待せざるを得ません。

場所は恵比寿ガーデンホール。恵比寿ガーデンはGWで賑わっていた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

入場。連休中の開催の所為か、会場入り口にも場内にもポスターが貼ってないのが残念。
七尾クンが犬と並んでるあのポスター見たかったなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
予定通りスタート。七尾クンは満員の場内を見て嬉しそう。毒づきながら満面の笑顔。
最初は「星に願いを」を七尾クンとKeybpardカンサノと2人で開始。
間奏で他のバンドメンバーを呼び入れ、演奏がノイジーに展開。
このバンドのオトを聴いた時、笑顔になる自分が居た。力強く優しい歌と演奏。
「Stray Dogs」の歌にピッタリ。今日のライブ、絶対よくなる!


以下セットリスト。
1.星に願いを、2.はぐれ犬 そら(未発表曲)、3.Leaving Heaven、4.迷子犬を探して、
5.スロウ・スロウ・トレイン、6.DAVID BOWIE ON THE MOON、7.Almost Blue、
8.崖の家、9.Across Africa、10.きみはうつくしい、11.蒼い魚、12.Memory Lane、
13.どんどん季節は流れて、14.Rollin' Rollin' 、15.サーカスナイト(客席突入!)、
16.Confused baby、17.天まで飛ばそ、18.いつか、
(アンコール)
19.虹(電気グルーヴcover)、20.バスドライバー・ブルース(未発表曲)、
21.この素晴らしき世界(サッチモカバー:七尾旅人訳)

メンバー:七尾旅人(Vo、Guitar)、Shingo Suzuki(Bass)、小川翔(Guitar)、
     Kan Sano(Key)、山本達久(Drums)
クリックすると元のサイズで表示します

先ずは未発表曲から。七尾クンの実家で飼ってた犬についての歌。
ポエトリーリーディング風の語りから「そら、そら、そら」と歌う。
アルバム「Stray Dogs」の作品に通じる優しい肌触りの歌。
この日のライブは全編通じて「優しい感じ」が貫かれていた。

七尾クンが「フツーNewアルバム出した後のLIVEってアルバム収録曲演るんだな。
そうすればお客さんも皆で一緒に歌えるし。20年続けてて去年ようやくわかった(笑)」
と言ったのには笑った。確かに七尾クンのライブって新曲・未発表曲を歌うのが多くて
その時の最新アルバムの曲を歌うって殆ど無い。
「このアルバムには皆で一緒に歌える歌も入れました。一緒に歌ってください!」と
「迷子犬探して」「スロウ・スロウ・トレイン」ではお客さんを煽って歌わせる。
2曲ともユーミンや桑田さんの曲に通じるポップでメロウなメロディ。
客席から自然に歌声が上がる。ボクも歌ってた。七尾クン満面の笑顔。
ま・さ・か、七尾旅人のライブでお客さんが一斉に歌う光景が見れるなんて!なんか感動。
そして、何度も書くがバンドの演奏がサイコーだった。
ただ巧いだけでなく七尾クンの歌世界をチャンと描きながら個性的プレイを見せる。
カンサノ君は時々Keyを弾き倒し小川クンのエレキギターの変幻自在の音色に目が眩む。
バンド演奏があるため、独り弾語りの時の様な収集つかない展開も無く(笑)
ライブをスムーズに楽しめた。

「DAVID BOWIE…」「崖の家」はアルバムでは打ち込みを多用したEDMナンバー。
でも、LIVEではバンドの生演奏でチャンと・・いやアルバム以上に力強い演奏だった。
「崖の家」では故郷でずっと暮らしていた主人公が最後、家を飛び出て旅に出る。
故郷から遠く離れて・・・別の場所で暮らした自分には、この歌は刺さる。

「Across Africa」は元春の「約束の橋」に通じる疾走感溢れるロックナンバー。
中盤のコーラス部分では、お客さんも一緒に叫ぶ。
それは、あたかも元春のライブで「約束の橋」が鳴ったときの一体感を思わせる。
ボクも叫ぶ!この歌、アルバムで聴いて以来一緒に歌いたかった!叫びたかった!
続いての「きみはうつくしい」。力強く響く歌とメロディ。聴き手を鼓舞する歌。
インタビューで七尾クンはこの歌は実は2012〜2013年ごろに出来ていたけど、
震災直後の復興ままならない東北でこのパワフルな曲を歌えなかったと言ってた。
東北のライブで歌わなくてもCDに収録して他の場所で歌ってもイイだろうに。
七尾クンのこの歌に込めた想いの強さ、歌に向かう真摯な姿勢がライブでも感じた。

その後の「蒼い魚」「Memory Lane」で一旦クールダウン。
「蒼い魚」は七尾クンが沖縄高江で見た光景を元に歌っている。
「Memory Lane」は七尾クンが震災で傷ついた東北で出逢った少女について歌ってる。
どちらも傷ついた魂(ソウル)に寄り添う歌。
単純なイデオロギーやアタマでっかちの政治観からは、遥か遠くに或る歌。
正しい、とか間違ってるとかどうでもイイ。
目の前に傷ついた人が居るから寄り添う。歌う。ソレダケ、だ。
七尾クンは「明日また」「いつかまた」と歌う。
彼は歌うだけでなく・・・絶対彼の地を訪れるだろう。その覚悟を歌から感じた。
「Memory Lane」のラスト、七尾クンは叫びオレも叫んだ。
この叫びを聴きたかった・・・・ここに来て良かった。来た甲斐があった。

クライマックス「Rollin' Rollin' 」「サーカスナイト」が鳴った。
いつもの打ち込みで無くバンドの生演奏で。
「Rollin' Rollin' 」のイントロが生ピアノで鳴った瞬間、オレ泣いてた(^_^;
客席は当然大声で歌う。延々続くコール&レスポンス。
「サーカスナイト」では七尾クンが客席突入!お客さんに担がれて場内練り歩く。
客席はヒートアップ!七尾クンは担がれながらメンバー紹介。
熱いエネルギーが渦巻いてる。毎回、このヒトが創る熱い場には圧倒される。

本編最後。七尾クンはバンドの楽しさを何度も話す。
ソロで演るときは客席のウケが悪く独り孤独に打上げをした話。
今回でバンドは一旦解散、次のLIVEからはまたソロに戻る。名残惜しそうだった。
カン君が「またバンドでやろうよ」と言って七尾クン「フジロック、バンドで参加する!」
この瞬間、場内拍手喝采。
勿論、七尾クンの独り弾語りも素晴らしい。
でも、この日のバンドでのLIVEの素晴らしさを見ると・・またバンドで観たい。

アンコール。楽しいバンドメンバー紹介。メンバー間のツッコミ合いが楽しい。
電気グルーヴの「虹」のcoverに客席は湧き上がる。
そう「イイ歌」はどんどん歌えばイイ。鳴らせばイイ。
自粛とか制限するなんて悲しすぎる(勿論、血を流す覚悟での「自粛」も有ってイイ)。
「虹」が鳴った瞬間、客席を包んだ安心感・温かいムード。あれはサイコーだった。
最後はサッチモ「この素晴らしき世界」のcoverで終わった。
終演後、バンドメンバーと一列に並んで手を繋いで挨拶する七尾クン。
「これ1度やりたかったんだ」とホントに嬉しそうだった。
客席は大きな拍手で応える。素晴らしい眺めだった。
クリックすると元のサイズで表示します


愉しい・・・ホント愉しいLIVEだったな。
ボクが彼の作品に触れLIVEに行き出したのは311以降。元春のTV番組が切っ掛けだった。
彼のアルバムは毎回、色あいが違う。「911Fantasia」は正直難解で聴いた当時引いた。
ライブも新曲・未発表曲ばかりで難解だったりヘヴィーだったり。
でも、難解と思った作品群もチャンと聴けば奥にある優しさや熱に気付くことが出来る。
七尾クンの歌は簡単に答えを出さない。コトバにならない感情を歌いあげる。
素晴らしいと想う。現在(いま)ではオレは、すっかり七尾ジャンキーだV(^^)

そして・・・七尾クンのLIVEに行って毎回思うのはお客さんの素晴らしさ。
上に書いた通り、彼の作品やライブは難解だったりヘヴィーだったりする。
でも、若いお客さんは彼の歌を軽々と受け止め楽しんでる。
場内に子供の泣き声や叫び声が響こうが気にせず七尾クンの歌を楽しんでる。
その若いお客さんの柔らかい感性・・・ホントに素晴らしいと思う。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

七尾クンライブ。終わったばかりなのに、また行きたくなったな(笑)。
年内にまたライブやらんかな?
今回はバンド形式だったので普段弾語りで歌ってる曲は演奏されなかった。
今度は弾語りライブ見てみたい。
「兵士Åくん」「ストリッパーのおねえさん」「誰も知らない」また聴いてみたいな。
贅沢な悩みですね(^_^;

こんな歌うたい、他にはいない。また「とくべつ」なライブ期待してるぜ☆
次回ソロライブがあったら絶対行こう。
クリックすると元のサイズで表示します
(↑ 我が家の「とくべつ」。ヨモちゃん☆)
2

2017/1/10

七尾旅人「歌の大事故ワンマンツアー」@東京キネマ倶楽部  七尾旅人

仕事始めと思ったら直ぐ3連休。真ん中の日曜日に今年初めてのライブに参加。
鴬谷東京キネマ倶楽部で七尾旅人のワンマンライブを見た。
クリックすると元のサイズで表示します
七尾クンのライブは2年前の「兵士A」以来。
昨年その映像を収めたDVDが発売となり注目を集めた。その効果か超満員。
予定より少し遅れて七尾クン登場。弾語りで未発表曲を演奏。
クリックすると元のサイズで表示します
ライブは何と4時間の長尺!弾語り+梅津和時さんのSAXのみの構成だけど全然ダレなかった。
ボクが近年見たライブは「総解散」や「兵士A」の緊張感溢れるライブばかりだったが、
この日のライブはリラックスムードで最期まで楽しく見れた。

客席は親子連れが多くライブ中、子供が騒いだり泣いたりする。
でも七尾クンは「気にしなくてイイ、親御さんも出なくてイイから」と意に介さない。
七尾クンのライブでは恒例の事だが、「排除しない」その姿勢には好感を持った。
「排除しない」だけで無く途中から客席に居た小学生の男の子をステージに挙げてセッション。
子供扱いせず、あくまで一緒にセッションするプレイヤーとして扱う姿勢にまた好感を持った。

それは中盤に演奏されたシリアスな曲にも感じた。
上京仕立ての頃優しい声をかけてくれた隣のおねーさんを歌った「ストリッパ―のおねーさん」。
「兵士A」で歌われた「ショッピングモール」「兵士Aくんのうた」「Love In Wartime」。
アフリカモザンビークで戦火から逃れた友人を歌った「アクロスアフリカ」。
沖縄高江の基地反対運動を訪れて見た海を描いた「蒼い魚」。
311の後、東北で逢った女の子を歌った「Memory Lane」。
どれもシリアスな内容だけど「戦争反対!」だの「○×倒せ!」と言った単純な政治観は描かない。
描くのはあくまで日常、そこに生きる小さな生命(いのち)。
七尾クンが実際に見た景色、逢った人を描いたうたたち。だから優しく美しい。
彼の歌は世界の片隅に息づく小さな生命(いのち)に対する優しさに満ちている。
そう、この「優しさ」こそがボクが七尾クンが好きな理由だ。

後半は客席とコール&レスポンスし大盛り上がり。
「どんどん季節は流れて」「Happy Talk」「Rollin,Rollin」「Future Running」とグルーブある曲を連発。
先出の子供をまたステージに挙げて一緒に歌い踊る。客席は立ち上がり一緒に歌い狂乱状態。
嘗てみた七尾クンのライブで一番盛り上がった!
アンコールでは客席のリクエストに応えて「サーカスナイト」を歌う。
途中で客の男衆に担ぎあげられて2階によじ昇る。スゲぇ!
熱狂のうち、ライブは終了。
クリックすると元のサイズで表示します

いやぁホントに素晴らしいライブだった。色んな意味で解放がされていた。
七尾クンもお客さんも。あの場が素晴らしく熱く自由なグル―ヴに包まれていた。
七尾クンがやったのは基本弾語り、ロックバンドで轟音を鳴らしたワケじゃない。
アコギとサックスとサウンドマシーンだけであそこまで熱い場を作れる。
ロックってまだまだ色んなことが出来るんだ。そう想わせてくれた。

珠玉の名作「リトルメロディ」から既に5年。
そろそろニューアルバムを聴きたい気もするが・・・・
それ以前に彼のライブは毎回予想がつかない展開をする。見る度に衝撃がある。
ライブ自体が1つの作品だ。
次回はどんなLIVEを、どんな歌を見せてくれるのか・・楽しみで仕方がない。
こんなシンガー他にいない、ぜ☆


連休中は散歩して色んな街猫さんと遭遇。でも、一番はやっぱりこのコです♪
(親バカ。(゚゜)\バキ☆)
クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/11/20

七尾旅人 / 映像:ひらのりょう「特殊ワンマン・兵士A」@渋谷WWW  七尾旅人

木曜日の夜、渋谷WWWに七尾旅人のLIVEに行ってきた。
LIVE名は「特殊ワンマン・兵士A」。
現在、七尾クン「第二次世界大戦〜現在〜2020年オリンピック」
を「未来の視点」から描いたアルバムを制作中。
同時に七尾クンは現在の日本を「戦後でなく戦前」の意識で捉えている。
今回はそのコンセプトを活かしたLIVE。
クリックすると元のサイズで表示します
会場WWWは映画館を改造したライブハウス。
入場早々、プログラムが配られる。本日演奏曲目を掲載。
今回LIVEは全曲目、継ぎ目なしで演奏しMCの曲目説明も無いため予めプログラム
を配布したとの事。既存曲2曲、カバー2曲以外は全て未発表曲。

ステージの後ろのスクリーンには映像作家ひらのりょうによる映像が映っている。
七尾クン登場。軍服を着て坊主頭。手元のサンプリングマシンからノイズが溢れる。
アルバム「911FANTASIA」収録の「戦前世代」から開始。
立続けに歌われ映像とノイズが流れる。MCも拍手も歓声もなし。
観客はひたすらステージ上で起こっていることを目撃。
最初は少々つらかったが、直ぐに惹きこまれた。

「ぼくらのひかり」はある一家の一生と時代の流れを描いた大作。
第二次世界大戦、炭鉱、石油、原発、911、311。時代に翻弄される小さな家族。
やがて世界は戦争となり、息子は少年兵として参加。戦時下の様々な光景が紡ぎ出される。
戦時中の恋愛、サイクリング、ショッピングモールの買い物、平和な光景。
同時に軍隊の行進、無人ロボットによる殺戮が併存する世界。
アトムの愛らしい足音、それが殺人マシンのけたたましい機械音に変容する。
2020年東京オリンピックで湧く世界、歓声。その歓声はやがて銃声と悲鳴に変わる。
七尾クンは異国の言語を叫びエアガンを客席に向け鉄パイプでドラム缶を殴打する。
渋谷の中に出現した架空の戦場、暴力と狂気。
客席にいるオレも「第三者」でいられなくなる状況。恐怖感、戦慄と共に興奮を覚える。

後半、アルバム「911FANTASIA」収録の「airplane」が奏でられる。
NY世界貿易センタービルに突っ込む飛行機に乗るパイロットを描いた歌。
響き渡る飛行機の飛び交う音。七尾クンの叫び。不気味だけど美しい。
最後は「誰もしらない」。障碍、貧困、戦争、差別、無関心。
「誰もしらない」というフレーズが何度も何度も繰り返される。
この曲で壮大且つ実験的なこのLIVEは終わった。

時計を見たら何と10時45分。実に4時間。途中から時間の経過を忘れていた。
客席からは惜しみない拍手が続いていた。
クリックすると元のサイズで表示します
何とも挑戦的なライブだった。いや、ライブと言うよりは演劇、アート。
視ている間、ずっと苦しかった。楽しさ・開放感ゼロ。でも、視てよかった。

先週の「うたのありか」では「愛と自由と相互理解」が高らかに謳われた。
それは素晴らしく勇気を貰えた。
一方、七尾クンが表現したのは「暴力、憎悪、無関心、平和の儚さ」だった。
軍服を着て銃を客席に向け鉄パイプを振り回すパフォーマンスについて、
「悪趣味」と眉をひそめる人がいるかも知れない。
でも、「戦争・暴力」って悪趣味でイヤなモンだ。それを描くのは大切な事だ。
ロックやアートは「平和」を謳いあげるだけでなく暴力や憎悪に
正面から向かい合う役割もあるのだ。
そこに真正面から取っ組み合った七尾クンには拍手を送りたい。

このライブ、東京で1回きりの開催なんて勿体ない。
是非ライブ音源か映像をパッケージにして発売してほしい。
若しくは、この内容で全国各地を巡回して公演してほしい。
これは多くの人が目撃すべき「問題作」だ。

七尾旅人・・やっぱり凄い。凄すぎる。
次のアルバム・・・絶対聴こう。聴かなくちゃ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/9/28

七尾旅人ワンマンライブ歌の大事故スペシャル〜解散総選挙〜  七尾旅人

昨日は日本青年館に七尾旅人のライブを見に行ってきました。
元春の「ソングライターズ」出演が切っ掛けで彼の表現に興味を持った。
前衛でアートでポップ。作品ごとに表現が変わる幅の広さ。
独特の世界観、表現に惹かれ何度かライブに行った。
昨年見た渋谷ワンマンは矢鱈トークが長く進行もグダグダ。
でも、七尾クンから放たれる熱量がハンパ無くオモシロかった。

今回はなぜか「解散総選挙」と銘打ったライブ。ソロなのに「解散」???
日本青年館は初めて。客は若い女性が多い。
イベントで共演した小林幸子から花が届いてた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ライブは基本七尾クンの弾き語り。曲の終わりもハッキリせず。トークも長い。
「をいをい、もうちょっとまとめろよ」とツッコミたくなる。
でも、ともかく声とメロディが素晴らしい。
あの表現の凄さの前には「ライブ進行の完成度」なんぞどうでも良くなる。
「完成度」は大事だが、その外にも大切なことはある筈だ。
若いお客さんは心得たもので彼の歌を楽しんでいた。
手拍子だの総立ちだのは無かったが彼の歌をジッと聴き大きな拍手で応えていた。

総決算といいつつ旧い曲は殆どやらず。未発表の新曲ばかり。
「サーカスナイト」「湘南が遠くなってゆく」のヒット曲も早目にやった。
原爆・原発に翻弄される家族を歌った「ぼくらのひかり」は鳥肌が立った。
サポート石橋英子との即興パンクセッションも凄かった。

後半はヒットした「Rollin Rollin」(やけのはら参加!)で盛り上がり客も歌う。
新曲だけど、客とのコール&レスポンスが延々続いた「HAPPY TALK」でクライマックス。

七尾クン、ここでようやく「解散」について赤裸々に話す。
「音楽業界への絶望、自分のやってる音楽が伝わっていない事への失望」等を話していた。
痛々しかった。
アーティストがステージでこういった内輪の愚痴話を客に話すのは如何か?という意見もあろう。
でも、生身の人間を感じてオレは・・・良かったと思う。

ラスト2曲(新曲)は素晴らしい歌だった。
「鼻歌ラジオ」の中で歌われていた「誰も知らない」・・・
障碍・差別・誰にも分らない・・・といった歌詞・・・・簡素なメロディがズンと響いた。
オーラス「Farewell Kid」・・・尽き得ぬ音楽への愛情を真摯に歌う。
七尾クンは歌いながら、マイクで自分の体やアタマを叩き、何度も叫ぶ。
何とも悲しい・・でも一方で力に溢れた叫びだった。
最後、「ありがとう」と呟きマイクを床に置いて去って行った。
客席は熱い拍手で見送った。
そして、石橋さんの描いた美しいピアノで幕は閉じた。素晴らしい音像だった。

何とも凄まじいライブだった。いや、あれはライブだったのか?
演劇を見たような、或いは独りのアーティストのドキュメンタリーを見たような気分だ。

彼の言う「解散」の意味は今1つ分からない。
来月も大阪でライブを予定しているし音楽活動は止めないと思う。
(客席も「また言ってるよ」みたいにクスクス笑ってたし^^;)
ただ、彼が色んな絶望を抱えていることは分かった。
このまま続けるのがツラいなら「休む」のは全然有りだと思う。

でも、あれだけの歌が歌えるんだ。あれだけの表現ができるんだ。
こんな熱量を持ったシンガー他にはいない。
どんな形でもイイから歌い続けてほしい。やめないでほしい。
名前を変えても整形しても性転換してでもイイからまた聴きたい。

今朝は何か不調。七尾クンの叫びが耳に残って離れない。
今夜は川崎で元春&コヨーテバンドのツアー初日に参加。
七尾クンの歌に悪酔いした後で元春の歌がどう響くか不安もあり(^^;
でも、「前衛、アートなロック」の元祖は元春だ。
心配ないさ。
コヨーテの吼え声、たっぷり味わってきますV(^^)

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ