2007/1/18

No Way,No Place & My Home8「どこにもかえらない」  ショートストーリー


あの場所には戻らない どこにもかえらない
鈴木祥子「どこにもかえらない」

ドアが開き、ホームに降りた。
何処からか土の香りがする。駅の裏にある山の匂いだろう。

5年ぶりの帰省。妹は「ひさしぶり」と少し怒った顔で出迎えた。
「ずいぶんなご無沙汰ね。」「忙しかった」「でも正月くらいは」「まあな」
妹の言うとおりだ。
これまでも、何度か帰って来いと親や兄弟から誘いはあったのだが
何か帰る気になれなかった。その気になれなかった。・・・どうしてだろう。

窓の外に景色が流れている。ここも随分変わった。
何だか・・・知らない街に来たようだ。たった5年なのに・・・。
いや・・もう5年も経っているのか・・・。

家に着くと、両親、近くに住んでいる兄、妹のダンナが出迎えてくれた。
久しぶりに口にする母親の手料理も美味い。色々と話して笑った。

翌日、街を歩いてみた。何だかこの街が小さく道が狭く感じた。
地元の友人と会ってみた。飲んで楽しかった。仕事の話、家庭の話。
を聞いて「みんな頑張ってるんだな」と嬉しかったし励まされた。
だけど。。少し違和感を感じた。友人の話にどこかで入り込めない自分がいた。

それから家でゴロゴロしたり街を歩いたり最初はよかった。楽だった。心地よかった。
しかし・・・そのうちイライラし出した。ウチにいるのが・・苦痛になってきた。
「5年」は長かった。「ここ」でのボクの過ごした時間は5年前に終っている。
でも、家族も友人の「ここ」での時間は5年分進んでいる。

僕と彼らの「生活」には「5年間」という「壁」が出来てしまった。
違う場所で過ごした時間、共有の時間はもはや無い。
その壁は・・空き間は・・きっと埋められない、埋らない。

家族は暖かい・・でもそれは短期間一緒に過ごしているから。
ホンの数日だから・・・穏やかに仲良く過ごせるのだ。
一緒に住みだしたら・・以前の様な諍いや口論が耐えないだろう。
0

2006/11/9

No Way,No Place & My Home7「忘却」  ショートストーリー


あたし、誰を愛してたんだっけ?―忘れた―忘れた。
鈴木祥子「忘却」

病室のドアを開けた。・・・部屋の中は白い陽光(ひかり)に包まれてた。
彼女は・・今目覚めたようだ。眩しそうに僕を見た。。
「今日、仕事でしょ?大丈夫?」「いいの、どーせヒマだから。」
30分くらい話した。仕事のこと、共通の友人のこと、適当に「話を作って」。

彼女を見舞うのは今日で何度目だろう?見舞いの数だけ僕は彼女にウソをついている。
見舞いの後、廊下で看護婦とすれ違った。「あれ?先生、今日は奥さんの見舞いですか?」
その後気付いたように言い直した。「奥さん・・ってどっちの奥さん?」「馬鹿殴るぞ」
僕が睨むと、看護婦は慌てて逃げてった。溜息をつくと、僕は階段を下りてった。

特別治療室で僕の「妻」は眠ってる。その体には沢山のチュ−ブが繋がってる。
あれから・・半年、「妻」は未だに意識が戻らない。
この病院には僕の「妻」と呼ばれる女性が二人いる。一人は本当の妻、もう一人は赤の他人。

僕は市内病院に勤める医者。半年前バスの横転事故があって多くの患者が運び込まれた。
その中に僕の妻と、若い夫婦がいた。ご主人は即死。奥さんは昏睡状態。
そして妻は二度と目を覚まさなかった。生きてはいるが、ただ息をしてる。それだけだった。
2ヵ月後奥さんが意識を取り戻した。そして僕を死んだご主人と思い込んでしまった。
事故のショックで記憶が混乱したらしい。奥さんのご両親の依頼で僕はご主人を演じる羽目になってしまった。以来、僕はご主人のフリをして奥さん−「彼女」を見舞ってる。

「これって浮気じゃないよな?人助けだよな?」僕は妻に話し掛けた。勿論、妻は答えない。
妻が目覚めて僕の名前を呼ぶ事はもうないだろう。それについては、とうの昔にあきらめる。

その日は急患続きで疲れてた。知らずに僕は彼女の病室を訪ねていた。
彼女は起きてた。僕は仕事のグチを彼女にぶちまけてた。彼女は黙って聞いてた。
それから、妻を見舞う事が減った。彼女を見舞う事が増えていった。
僕は話さない妻に会うのが億劫になってたのだ。そして誰かと話す事に飢えてたのだ。
0

2006/10/15

「No Way,No Place & My Home6「ひとりぼっちのコーラス」」   ショートストーリー

だから今は ひとりがいいの ひとりきりがいいの
鈴木祥子「ひとりぼっちのコーラス」

カフェのドアが開き少女が入ってくる。挨拶し席に着く。インタビュー開始。

はじめまして、6月1日無人島レコードからCDデビューしました。
よろしくお願いします。「ロッキンアウト」学生時代よく読んでました。
Q1.デビューしてすぐって言うのに凄い人気ですね。
   ハイそうらしいですね。スタッフは凄く売れてるって言うんですけど。
   正直ワタシの何を皆そんなに気に入ったのかよく分らないです。
Q2.そうですか?同世代の心を丁寧に描いてるって評判ですよ。
   そうなんだ、へぇ。ワタシ別に同世代の為に歌ってる訳じゃないけど。
Q3.どんな子供だった?
   いつも教室の隅にいて本読んでる地味でおとなしいコでした。
   トモダチもいなかったな。
Q4.イジメられてたの?
   別に..ただ「フツーじゃない」ってよく言われました。
   後「気取ってる」とか「カッコつけてる」って。
Q5.なんで?
   ワタシお掃除好きで教室の床の隅から隅までピカピカに磨くんです。
   皆掃除サボっててワタシ一人で一生懸命掃除してるの見て皆に
   に「フツーじゃない、おかしい、変わってる」って云われました。
   後、テストで1位取ったことあって。また皆、「カッコつけてる」って。
Q6.自分で自分が変わってるって思う?
   わかりません。でもみんなそう云うから。やっぱそうなのかな?
   変わってるのかな?ワタシ、変わってますか?
Q7.イヤァわかんないけど。音楽との出会いは何時?
   大学入って、はじめて彼氏できて音楽詳しくて色々教えてくれました。
Q8.どんなの聴いてたの?
   色々、ビートルズ、U2、パティ・スミス、佐野元春、ブランキー、
   ナンバガ、ミシェル、Coccoも聴いた。
Q9.特にお気に入りはあった?
   パティ・スミスとCoccoはスキでした。憧れです・・フフフ。
Q10.歌い出したきっかけは?
   聴いてる内に自分でも歌いたくなって。それまで詩は沢山書いてて。
   その詩に自分でピアノ弾いて彼にギターで伴奏つけてもらって。
   路上で歌ってたらレコード会社のヒトにデビュー誘われました。
0

2006/9/30

No Way,No Place & My Home5「paingiver」  ショートストーリー


誰かのインクで、書くのはやめてね。明日からせめて責任をもってね。
鈴木祥子「paingiver」

事務所のドアを開けた。やっぱり「カミサマ」はいた。資料を作ってた。
ワタシに気付くと、いつもの笑顔を向けた。
「カミサマ」−神明(ジンアキラ)さんは北斗銀行羅王支店総務課長だ。
事務を一人で切り回してる。前は本社の人事部長だったけど、リストラで
この店に来たとの噂だ。優しくソフトな語り口に女性社員は皆「カミサマ」と
呼んで慕ってる。ただし、男性社員にウケは悪い様だ。
面倒な仕事ばかり押し付ける。本社指示で辞めさせようとしてるらしい。

その週、カミサマは3日位支店にいなかった。本社に呼び出されたらしい。
仕事は大きく滞った。事務処理はミスだらけクレームも多かった。
4日目カミサマはやっと出社し席に付くとトラブルを次から次へと処理した。

1ヶ月後、本社から内部調査室が抜き打ちで来て監査が始まった。
支店長や副支店長が何度も呼び出され、真っ青になってた。
監査が終って直ぐ、支店長が解雇された。新支店長が説明してくれた。
本社の営業本部長の指示でウチの支店長が不正をしていたこと。
お客様のお金を不正に使い政治家やヤクザと癒着してた事。
内部告発があって、その事実が発覚した事。
不正はいろんな店であって多くの幹部が解雇されたと。
ワタシ等はワケ分からず、お客様にお詫びの挨拶訪問を続けた。

事の発端がカミサマにあった事を知ったのは、すぐだった。
内部告発したのはカミサマだったらしい。
カミサマが営業マンに問い詰められたり殴られたりしてるのを見た。
とめたかったが怖くて出来なかった。
それからのカミサマへの嫌がらせは酷い物だった。それはイジメだった。
でも、カミサマは毎日出てきた。誰もカミサマに話しかけようとしなかった。
カミサマはただ目の前の仕事を淡々とこなしていた。

しばらくして・・・カミサマが会社を辞めた。
退職の日、カミサマは挨拶回りしたが、誰もが無視してた。
ワタシの席にも挨拶に来てくれた。何か言いかけたワタシを制し、
カミサマは笑って手を振った。

0

2006/8/19

No Way,No Place & My Home4「モノクロームの夏」  ショートストーリー


夏を止めて 永遠のなかに 会えなくなる前に
モノクロームの夏が逝く
鈴木祥子「モノクロームの夏」

エレベーターのドアが開き、タラップから関西空港に降り立った。
空港の外に出た・・ムッとした熱気と湿気が襲いかかる・・。
汗を拭うと僕はナツキに電話した。ナツキの眠そうな声が聞こえた。

「今、関空に着いた。これから行くよ・・・夕方までには着くと思う。」
お義父さんは寄合で帰りは夜になるらしい。来るのは夜でイイらしい。
電車で奈良に向かう。・・窓の外の景色が懐かしい・・・。
考えてみれば奈良に来るのって・・・実に15年ぶり・・結婚式以来だ。

僕とナツキは奈良の旧市街の産まれ・・幼馴染だった・・・・
中学校のとき、幼馴染がガールフレンドに変わり、高校時代に僕が引っ越しても
その付き合いは続いた。彼女も東京の大学に進学。卒業後、すぐ結婚した。
あれからもう15年・・いやまだ15年というべきか。その15年も、もうすぐ・・

奈良駅前で降りた。駅前はヒトでイッパイだ。よく一緒に遊びにきたな。
僕は時計を見た。まだ昼すぎだ。夜まで、どう時間を潰そうか。
ふと・・・どこからか土と草の匂いがした。懐かしい匂い。
東京の暮らしでは有り得ない。子供の頃、僕はこの匂いの中で暮らしてた。

ひさしぶりに「なら」を歩いてみよう。昔、一緒に遊んだ場所を訪ねてみよう。
駅前の「噴水広場」は相変わらずにぎやかだ。待ち合わせによく使ったな。
「東向き商店街」を歩いてみる。携帯電話の店が多いな・・・。
確か・・この辺に・・・あった、あった。懐かしのカフェ。
僕は甘いモノが好きで、ここでチョコカフェをよく食ったな。
ナツキは美味そうに食べる僕を見て、笑い転げてた。
元興寺にも行ってみた。奈良の夏の風物詩「万燈会」。
二人で見た無数の灯火・・・。今でも想い出す。

結婚して・・・シアワセだった。毎日楽しかった、すべてうまくいってる。
そう思ってた。そう信じて疑わなかった。仕事はふたりとも順調だった。
お互い忙しかったけど、ヒマを見つけて一緒に温泉やライブに行った。
トシを取るごとに仕事は益々忙しくなった。楽になんかならなかった。
仕事なんかより・・ナツキを大事にしたかったのに。
0



AutoPage最新お知らせ