2019/5/19

高野寛・コラボレーションライブ「Spectra Harmony」  オトの記憶(CD、ライブ)

高野寛が昨年からデビュー30周年記念でツアーを行っている。
1月に日本橋三井ホールでライブがあったけど残念ながらチケットが取れず。
今回第2弾のLIVEが5/12に同じ三井ホールで開催。
しかもゲストが、おおはた雄一、坂本美雨、畠山美由紀、ハナレグミと超豪華。
今回は無事チケットもゲット。行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

開演は夕方4時開始。早い時間の開始は翌日仕事の会社員にはありがたい(^_^:
先ずは高野クンとバンド(Bass鈴木正人、Drums宮川剛)が登場。
以下セットリスト

クリックすると元のサイズで表示します
1.虹の都へ、2.相変わらずさ、
3.新しい珈琲、4.穏やかな暮らし、5.アナザープロテウス、
6.ハーツ・マルティネスのcover(曲名失念)(Guestおおはた雄一とセッション)
7,終わりの季節(Guest坂本美雨、おおはた)、8.The Other Side Mirror(坂本+おおはた)、
9.美しい星(坂本+おおはた)、10.ベステンダンク(坂本+おおはた)
10.500マイル(PPMcover。最初はHISキヨシロー歌詞で +畠山、おおはた)、
11.Dog Year、Good Year(+畠山、おおはた)、12.わが美しい故郷、13.君の友達、
14.僕は君の友達(+ハナレグミ)、15.HIBIKI、16.Wild Horses(ストーンズcover)、
17.明日天気になあれ、18.さよならカラー(全員)、
アンコール
19.夢の中で会えるでしょう(全員)、20.On & On(高野弾語り)

ヒット曲「虹の都へ」から始まったのにはビックリ(^_^;
今回のライブはタイトルどおりゲストとのコラボがテーマ。
高野クンのオリジナルも演奏したが、寧ろゲスト曲やcoverが多かった。
唯、高野クンとゲストは長年の付き合いで昔話も弾み和気藹々とLIVEは進んだ。
クリックすると元のサイズで表示します
先ず最初のゲストは、おおはた雄一。色んな処で名前は見るが実際にLIVE見るのは初めて。
「おだやかな暮らし」を聴けたのは嬉しかった。
メロウなギターを奏でる人と思いきや「アナザープロテウス」ではハードなギターを聴かせる。
おおはたクンは以降ずっとバンドメンバーで参加。
高野クンのLIVEでツィンギターというのは珍しい。いつものLIVEより音が豊かな印象。

2番目のゲスト坂本美雨。高野クンと初めて出会ったのは教授のツアー。子供の頃。
高野クン「姪っ子みたいなもん」と笑ってた。
美雨嬢の声、実に素晴らしい。SisterMの曲や細野さんcoverも良いが白眉は「美しい星」。
おおはたクンのguitarと美雨嬢の透明なコーラスが加わり、この歌の鮮烈さが際立つ。
ひたすら美しい。凄いモンを見た。
曲が終って出番が終了と美雨嬢が勘違いしたのも頷ける(^_^;

続いては畠山美由紀嬢。今回のライブに参加できることについてホントに嬉しそうだった。
先ずはPPMのcover「500マイル」を。
高野クン「さわりはHISヴァージョン、清志郎さんの付けた歌詞で!」と歌い出す。
キヨシローのユニットHISのアルバムに収録されたこの曲。
キヨシローが日本語歌詞を付けた。高野クンは「ソリトンB」や自分のLIVEでcoverしてる。
高野クンcoverをずっと聴きたかったけど過去参加したLIVEでは歌われず。やっと聴けた。
キヨシローの日本語詞はホントに最初だけで後はオリジナル英語詞で歌われたけど感無量。
畠山さんの名曲「わが美しき故郷」も聴けた。満足。

最後のゲスト永積タカシ・ハナレグミ!会場の温度が一気に上がる!
出逢ったのは2000年代初め。スーパーバタードッグのレコーディング。
2人は当時の想い出を楽しそうに話す。
ハナレグミがレコーディングに参加した曲ということで「hibiki」を一緒に演る。
これ、あまりLIVEで演奏しない曲なので聴けたのは嬉しかった。
唯「明日の空は」も聴きたかったな。
最後は他のゲストも参加して「さよならカラー」を。
高野クンはこの歌に3度係わった。Super Butter Dog、KYON2、そして映画版主題歌。
映画版主題歌では、この曲永積クンとキヨシローが一緒に歌っている。
高野クンはこの曲を歌うことに感慨深そうだった。
ボクは・・・この日、この歌を聴きながらキヨシローを想ってた。
キヨシローを想って涙が止まらなかった。
もし、キヨシローが現在(いま)もこっちに居たら、この場に参加していたかも。
このLIVEは高野クンの30周年記念LIVEだ。
オレのキヨシローへの想いを勝手に投影するのは高野クンにもバンドにもゲストにも、
そしてキヨシローにも失礼だろう。
それでも、この日HIS、さよならカラー・・キヨシローが係わった歌が聴けて嬉しかった。

アンコールは再び全員で。「夢の中で会えるでしょう」を一緒に。
歌う前に高野クンは「キングトーンズ内田正人さんに捧げます」と言った。
この曲は元々キングトーンズに提供したのを高野クンがセルフカバーした。
ラララララをステージとお客さんが一緒に歌う。ゲストもお客さんも楽しそう。
何より高野クン自身がホントに愉しそうだった。ステージも客席も明るく光ってた。

そして最後の最後は高野クン弾語りで。曲は「On & On」。
高野クンは曲に纏わるエピソードを紹介。
「お休み最後、明日から仕事で落ち込む。そんな時、元気になる様な歌を作りたかった」
「SMAPの『がんばりましょう』に影響を受けて書いた」
高野クンの口からまさかSMAPが出てくるとはビックリ!しかも曲作りで影響を受けてたとは!
この歌の「何気なく眺めていこう」の歌詞が大好き。
色々考えこんだり迷う事もあるけど、自分を突き放して眺めて行けば笑える。
ヘナヘナ顔で外へ行ける。
最後の最後に、この曲を聴けたのは良かった。しかもSMAPの話まで聴けて。
クリックすると元のサイズで表示します


この日のライブ。歌われた曲の大半はゲストの歌だったりcover。
正直、高野クンのオリジナルをもっと沢山聴きたかった気もする。
でも30年の中で大勢のミュージシャンと係わり色んな歌と係わった。
ゲストの4人は高野クンと一緒に歌うのがホントに愉しそうだった。
そして他人の曲を高野クンは満面の笑顔で歌っていた。
長年多くのアーティストと繋がり多くのリスペクトを得てきた。それは高野クンの勲章だろう。
何よりツィンギター、女性コーラスが入る高野クンのLIVEなんて相当レア。良いモンが見れた。

高野クンは30年活動して色んな収穫を得た。
オレはサラリーマンを30年以上やってるが何を得たんだろう?
仕事で得た繋がりなんて皆無だしリスペクト・・無いな。寧ろ嫌われてるな(^_^;
イヤ、その「嫌われてる」ことこそオレが長年積み上げた勲章だ。
人に好かれる仕事をやってどうする?オレがすべきは他人に嫌がられること・嫌われる事だ。
それこそオレが生まれてきた価値だ。これからもどんどん嫌われるぞ(゚゜)\バキ☆

オレは嫁@パンダとヨモちゃんにだけ仲良くして貰えばそれで十分。
ヨモちゃん、これからも仲よくしような☆
クリックすると元のサイズで表示します
(もう勘弁してくれニャ)
0

2018/11/5

「カランコエの花」再見&くるり×ハンバート ハンバート  オトの記憶(CD、ライブ)

映画「カランコエの花」の渋谷アップリンク上映は先週金曜日まで。
もう1度だけ見たいと思ったけど仕事で中々行けなかった。最終日上映に何とか間に合う。
最初視た時と2回目視た時では印象が変わった。
1回目視た時は「あの場にオレが居たら何ができる?」だった。
今回視た時思ったのは「彼女たちはどうすれば良かったのか?」だった。
主人公たちは色々間違えてる。善意の積りが相手を傷つけ庇う積りが相手を否定してる。
唯、それを責める気になれない。
10代の幼い彼女たちの対応が間違ったからって言って、誰が責められようか?
あの感情的混乱の中、最適な対応をするのは大人でも難しいと思う。
この映画は、LGBTに上手く対応できなかった人を断罪する映画じゃない筈だ。
大切な人の想いに応えられない。大切なのに傷つける。相手に想いを伝えられない。
それは属性関係なしにある筈。
主人公たちは間違えた。でも、描かれなかった未来の中でやり直せると信じたい。

やり直しを信じたい一方で、「彼女の気持ち」はどうなんだろう?とも想った。
あの子に笑って何も無かったことにしろ、とは言えない。気にするな、とも言えない。
もう4人の少女が学校帰りに、くだらない話をして笑ってすることは無いんだろうか。
許す許さない、は別として・・もう1度笑って話せる。そんな日がくればイイなと思う。
その時はLGBT探しを後悔してるだろう「彼」も仲間に入れて。

上映の後は、中川監督、手島美優さん、石本径代さん、イワゴウサトシさんの談話。
皆さん最終日で感極まった様子。
映画館を出るとき、中川監督に「お花の芽をいただいた。考え続けます」と御礼を言えた。
満足♪
クリックすると元のサイズで表示します
そう、この映画を見て自分の中に何かが芽吹いた。・・それが何なのか?ワカラナイ。
ただ、自分の「フツ―」で他人を斬らない。他人の「フツ―」の刃から上手く逃げる。
属性とかイデオロギーとか国とか性とか関係なしに、
目の前に居る人とどうしたら愉快に笑って過ごせるか・・・それを考えて行こう。


土曜日はZepp Diver Cityに「くるり&ハンバートハンバート」のライブを観に行く。
新宿タワレコ20周年アニバーサリー企画。因みにこの2組もデビュー20年との事。
クリックすると元のサイズで表示します

先ずはハンバートハンバートのライブ。想像通り2人での弾語り(笑)。
スペシャルなイベントなのに、いつも通り。遊穂嬢、延々雑談を展開(T▽T)
特別な事と言ったら、くるりの「言葉はさんかく」をcoverしたことと、
タワレコ店長のリクエストでキヨシローの「いけないルージュマジック」のcover。
これ、どっちも良かった!
最後は「国語〜おいらの船〜ホンマツテントウ虫」の怒涛の3連発!
ニルヴァーナの外道coverを披露し、遊穂嬢はステージを駆け巡りステップを踏む!
この流れ、ホント最強だわV(^^)
爆笑&拍手喝采の中、2人は朗らかに去っていきました。

そして「くるり」。
岸田クンはどんとイベントで数回視てるけど、くるり本体のライブは初めて。
ギター2人、Key、ドラムのサポート4名を加えた大所帯。

岸田クンと佐藤クンのゆるいトークを挟みながら今年出たアルバムを中心に演奏。
ライブは初めて見たけど、落着いて聴ける感じ。剛健な建築物みたいな印象。
ロック・非ロックの要素を絶妙にミックスして、でもPOPで聴き易い。
ロックなんだけど映画音楽を聴いてるような・・不思議な心地よさがあった。

派手なギターソロはあるけど、お客さんを煽ったり、けしかけたりはしない。
お客さんも大人しく聴いてる。騒いだり飛んだり跳ねたりしない。
バンドもお客さんも大人。
これがメジャー最前線で闘ってきたバンドの「格」と魅入ってしまった。
「東京」「ブレーメン」「ロックンロール」を聴けたのは嬉しかったし、
新曲「その線は水平線」も良かった。また機会があれば見てみたいバンドだ。

残念ながら、共演は無し。でも、ホント楽しかった。大満足。
写真は現地でゲットしたハンバートトートバッグ。何か映り込んでるな(T▽T)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

今年は後、カネ・コレ・元春のライブを行く予定。
11月の祥子さんのLIVEは中止。その他、今年はLIVE行くのを止めたシンガーも居る。
スタンディング、2時間、平日仕事帰りのライブ・・徐々にきつくなっている。
でも、くるりみたいな新しい出逢いもある。
この前、りんりんふぇすで出逢ったアーティスト達も素晴らしかった。

体力・気力は確実に落ちている。でも感性の芽は枯らしたくない。
一方で、惰性で聴いてる・ライブに行ってる、そんなシンガーからは離れよう。
オレは別に彼らの王国の臣民じゃない。信者でもない。
違うと思ったら距離を置く。オモシロそうと思ったらまた側に行く。

オンガクは自分にとって大切なモノ。
だからこそ、ココロに任せて思うままに向かい合おう。
ね、にゃにゃん☆
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/9/12

藝祭2018とハンバートハンバートLIVE@日比谷野音  オトの記憶(CD、ライブ)

毎年行っている東京藝大の藝祭、今年は2日行くことにした。
毎回1日では回り切れないため2日間、使って行くことに。
土曜日、藝大に向かう途中で嫁@パンダがボクの失言にツッコむ。
嫁は「言葉の卍固め」とのたまう。(^_^;。
「言葉の卍固め=相手の言葉尻を捉え締め上げる」意味だそう。
嫁、オモシロいな\(T▽T)/

藝大到着。先ずは藝祭名物学生制作の神輿を見る。
烏天狗、ガネーシャ、ワケの分らんモンスター。どれも素晴らしい。
ボクはモンスターの脇にチョコンと座ってるピンクのパンダが気に入った。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

その後はデザイン棟を中心に見る。色んな作品を楽しむ。
オモシロい!と思える物、ウーーンって感じの物。それも含めてそれぞれの個性を感じる。
ただ、階段の上がり降りが続いてボクはバテ気味(^_^;
途中でサンバ祭りが始まったので棟外に出る。
リズムと狂騒、そして熱。サンバ久し振りに見て愉しかった。
クリックすると元のサイズで表示します

藝祭はここで中座して、日比谷野音に。今日はハンバートハンバートのライブ。
デビュー20周年記念Newアルバム「Folk2」発売に伴うツアー。
1年前の同じ時期に矢張りハンバート@野音を視て愉しかったので今年も行くことに。
ナイツ、エゴラッピン、ハンバートがCMソングを歌ってるパリミキから花が届いてる。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ボク等の席は後方だけどステージ全体を見渡せる。場内は満員。開演と共に2人登場。
昨年はバックバンドを率いてのライブだったけど今回は2人。
野音を2人だけ。潔い。でも、2人だけのLIVEはハンバートにとっては日常なんだろう。
前半は「Folk2」からの選曲中心に。遊穂嬢の声が心地いい。
ユーミンの「ひこうき雲」は好きな曲なので演奏してくれたのは嬉しい。
途中でMCも。良成クンの投げやりレスポンスに笑う。
唯、前半、暑気あたりや仕事疲れと気持ちよさでウトウト(^_^;
気づいたら前半最後の曲陽水coverでした。(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示します

第2部は旧い曲も織り交ぜての展開。「おなじ話」を早い段階で演奏したのはビックリ。
良成クンがピアノで弾く「虎」は矢張り・・・グッとくる。
後半「がんばれ兄ちゃん」からは一気に盛り上がる。
メドレーをはさんで「国語」「おいらの船」と遊穂嬢はステージ上を駆け巡る。
歌って走ってハープ吹いてステップ踏んで、何気にこの人アクションが凄い。
最後は「ホンマツテントウ虫」。毎回ここは色んな曲coverをはさむのが楽しい。
今回はニルヴァーナ「Smells Like A Teens Sprit」の日本語cover!
でも原曲歌詞を全く無視したあんまりな歌詞。ボクも嫁も爆笑(T▽T)
そのまま「アルプス一万尺」に突入!去年は「1週間」で今年はコレかい!
遊穂嬢、客席に降りて中央にあるサブステージに行く!
そして事務所社長、友人の漫画家を呼び入れダンス共演、最後は又吉直樹!
場内はヒートアップ!「アルプス一万尺」で日比谷野音が盛り上がってる!
サイコーに愉快な眺めだった。

アンコール最後は「ぼくのお日さま」。
「音楽の様に現実は上手くいかない」の歌詞が胸にズンと来た。
そう、現実は歌みたいにキレイに行かない。それは自分自身もそう。
慌てふためき、みっともなく這いずり回り・・・美しく生きるなんてムリ。
でもハンバートの歌はそんなサイテーの屑みたいな奴の傍にも居てくれる。
寄り添うんじゃない。励ますんじゃない。
唯、並んで立ってる。遊穂嬢と良成クンが奏でるのはそんな歌たちだ。
LIVEはこれで終わり。でも最後の最後には何と撮影タイムが!
ボクの携帯ではピンボケ。ほとんど幽霊状態。でも嬉しかったな。
2人は満面の笑顔で去っていった。
ボクと嫁もお土産のハンバート手拭と一緒に意気揚々と帰りました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

翌日の日曜日も藝祭に行く。今度は絵画中心に見る。
次から次に広がる作品の熱に圧倒される。
8階まで階段を上がってボクはバテバテ。途中で休憩(^_^;
でもカワイイ猫さんのオブジェも見れて満足。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

嗚呼、愉しい週末だったな。仕事は早速ゴタゴタ続き。
しゃーないよ。世の中、歌みたいにキレイに出来てないんだから。
くだらないこと、失笑すること、ウンザリすることとも付き合わなくっちゃ。
でも、ちょっと脇道に入れば、オモシロいイモノとイッパイ出逢える。

ハンバートの二人、藝祭で逢った色んな奴ら、嫁、そしてヨモちゃん☆
みんなサイコーに愉快で楽しいぜ♪
ヨモちゃん。ウチは愉しいな♪キミも嫁@パンダも素晴らしく愉快だよ☆
クリックすると元のサイズで表示します

(オマエは笑えないニャ)
0

2018/7/30

マチルダロドリゲス@神田SHOJIMARU  オトの記憶(CD、ライブ)

今年は玉城宏志さん(玉ちゃん)率いるマチルダロドリゲス結成20年。
マチルダのライブは2013年アルバム「マルガリータ21」レコ発以来行っていない。
玉ちゃんも2013年10月のカーネーションゲスト以来見ていない。
直枝さんと並んで好きなギタリストなのにLIVEはサボりっぱなし(-_-;
先週神田SHOJIMARUでワンマンLIVEがあったので行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
SHOJIMARUはMOJOCLUBのドラマー杉山章二丸さんが経営するライブハウス。
場内は満員。ボクは比較的前の席に陣取る。なお今日のライブは録音されるらしい。
ほぼ時間通りに開演。玉ちゃんは帽子・紅いシャツ・サングラス。


以下セットリスト(曲名・曲順かなり怪しい(笑))
【第1部】
1.幸福論Z、2.すっとこどっこい節、3.アラブのばちかぶり、4.ぐるぐるワイン、
5.新曲1、6.新曲2、7.海の底から、
【第2部】
8.サーターアンダーギー、9.さらばジェームズ、10.ゴルバニア、
11.懺悔の値打ちも無い男の歌(新曲)、12.橋の下、13.曼荼羅の夜、
14.電気ブラン
【アンコール】
15.だけどジュリー
クリックすると元のサイズで表示します

先ずは「幸福論Z」からスタート。好きな曲!嬉しい!
そのまま「すっとこどっこい節」に突入。玉ちゃんのストラットが疾走する!
そう、このギターだよ!歌心溢れたサイケでハードな音色。
そのまま「アラブのばちかぶり」と思ったら玉ちゃん歌詞が飛んだ!(T▽T)
玉ちゃんの「やり直しちゃダメ」の言葉にベースのカッサーが「ダメ!」のお叱り。
でも、玉響楽団の「ぐるぐるワイン」では疾走感あふれる演奏を聴かせてくれた!
その後は新曲。老いや酒呑みをテーマにした自虐的な曲。
メロディ・演奏は滅茶苦茶カッコいいのに歌詞がコミカル・笑える。
因みに今日メンバー3人とも既に出来上がった状態。玉ちゃんのVOかなり怪しい(^_^;
第1部最後は「海の底から」。この曲はどうしても、どんとを思い出させる。
退場の時、ドラマーのこせやんが声を掛けてくれた。
5年ぶりなのにオレの事覚えてくれてたんだ。昔はライブに通い詰めだったしな。
クリックすると元のサイズで表示します
休憩の後、第2部開始。ここでは玉ちゃんの歌もギターもバッチリ!
「さらばジェームズ」は初代VO時代の曲だけど今の玉ちゃんの声、ギターにピッタリ!
その後の「ゴルバニア」。変幻自在のバンドの演奏にひたすら聞惚れる。
更に内省的な感情を歌った「懺悔の値打ちも無い・・」も素晴らしかった。
「海の底から」やこの曲みたいな少し悲しい感じの曲の方が玉ちゃんのギターが映える。
そして・・・久しぶりの「橋の下」。
ここ数年どんとイベントも行かなくなったので、この曲を聴くのもホント久しぶり。
玉ちゃんのストラットの音色がどんどん熱くなり爆発する。嗚呼、この瞬間!
アンコールではまたまたローザの「だけどジュリー」を演奏!
LIVEはここで終わり。久しぶりのマチルダ、サイコーに愉しかった!

写真は会場でゲットした玉ちゃん還暦記念タオル。メッセージは1個1個違うらしい。
玉ちゃん、もう60歳なんだ。オレが初めて見たのは18年前。もう、そんなに経つんだ。
やっぱ玉ちゃんは凄かった。!11月にまたライブあるみたい。行きたいな。
ここ数年サボってたけど・・・また行こう。必ず行こう。
クリックすると元のサイズで表示します

土曜日は大雨。日曜日は晴れたので昭和館に行く。
「この世界の片隅に」をモチーフに昭和を学ぶ展覧会。
戦中、戦後の日常生活を実物を見学しながら学ぶ形式。
特定の思想に染まった表現も無く淡々と実物を展示。
戦中の不自由な生活、それを一般市民に強制した政治の無能に怒りを覚える。
更に終戦後3ヶ月で「アメリカの民主主義に学ぼう!」なんて節操の無さにも呆れた。
だから・・・国とか政治とかは信じられない。疑いの眼を以て見るに限る。
まぁオレの思想的な部分はどうでも善いけど、有意義な時間でした。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

夜は隅田川花火大会をTVで楽しむ。第二会場の花火は我が家からも見える。
雨で中止にならず良かった。色とりどりの花火を堪能しました。
愉しい週末でした。さぁ来週のお休みは何して遊ぼうかな?(゚゜)\バキ☆

クリックすると元のサイズで表示します
(パンダちゃん、こいつ遊ぶことしか考えてないニャ。アホにゃ)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ