画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

結局世襲かぁ...

2008/9/28 | 投稿者: おいら

 
小泉さんが引退宣言したけど、後任には次男が立候補するとか...。

これには残念、というかガッカリ。



小泉改革の負の結果について現在問題が出て色々と叩かれているけど、

改革の進め方や着地点に誤りがあったのは確かだろうが、

方向感は間違っていなかったと思っているので、

個人的には小泉さんは好きな政治家だったんだけど、

最後の身の引き方がこういう形とは。



「自民党をぶっ壊す」と言っていた人が結局世襲して終えるとは。

これじゃ、昔ながらの自民党と同じだ。

人材的には問題なくても、逆に全く縁もゆかりもない選挙区から

立候補させた方が小泉さんらしいしカッコいいと思うのに。

票田だけでなく政治資金も引き継げるらしいから、

これだけでも物凄いアドバンテージだし、

そもそも元首相の次男という血筋なのだから。



また総理の任期満了後には既に引退を決めていたらしいけど、

それから今までの間で「やる気のあるふりをするのが大変だった」

なんて事も言っていたし、これもおかしいんじゃないのかな。

精一杯の活動をしていなかったのなら税金泥棒じゃないか!



そもそも、自らが強く推進してきた改革路線の結果(現状)に

これだけの問題が生じているのだから、自分の思い描いていた社会と

かけ離れているんじゃないのかなぁ。

道路公団も形だけの民営化に姿を変えたし、郵政民営化も実現はしたが

その後のサービスは低下し、コストのつけも国民に回っている。

そんな現状に問題意識をもっているなら

ここで引退するというのはやはり無責任という気もする。

党を越えて若手議員などを束ねて新党を立ち上げて

実現できなかった(邪魔された)ことに対して再度立ち上がらないかなぁと

密かに期待していたのに。



やっぱり国民第一の政治家ではなかったのかって感じ。

なんだかなー・・・・・

  
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ