画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

意味あるのだろうか・・・

2013/5/12 | 投稿者: おいら@追楽

 
11日に福島第二原発でテロを想定した警察&海上保安庁による訓練があった。

だけど予めテロ集団がどうやって来るかを想定した内容なんだから、実際には役に立つのかどうか・・・。

万一そのような事態になれば、既に襲撃された後に動き出すんじゃないのかなぁ。

急襲された状況では、今回の訓練のように150人もの陣容を即座に確保できるとは思えないけど。

また、空から何か打ち込まれたりしたら・・・。



訓練終了後に、国家公安委員長が

「今後は警察、海保、自衛隊の三者による合同訓練が必要」

と述べ、早期に実施する考えを示したそうだが、

いつ、どのような想定で行うかを知らされない状態でやらなければ意味ないと思う。


結局は、常時本格的な体制(厳重な監視・警備と共に武装した部隊の常駐とか)で

警備していないと、後手に回るだけで手遅れではないかと。

こんな訓練で安心して大丈夫なのか?

 
  
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ