画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

思案中

2018/1/25 | 投稿者: おいら@追楽

 
現在、愛車の乗り換えを検討中!です


今まではクイズ形式で発表していましたが(笑)

今回はその過程での発表というか・・・、現在進行中です。



CT200hも走行9万キロに近づき、
今年の4月に3度目の車検となるのですが、
前回の車検費用を参考に、
更に夏タイヤの新調などを加えると
恐らくは30万円台中盤以降の出費に
なりそうで頭を悩ましていたのです。

更には、下取り/買取価格を考えると
今回車検を通した後の価格低下も不安。
既に7年落ちになる過走行車なので。

そこで、年明け後に落ち着いてきたので
色々と調べ出し、車検前に乗り換えたら
どうなるか、ちょっと本腰を入れて
検討しているのです。

その結果絞り込んだのが
SUBARU XVMAZDA CX-3 の2モデル。



やっぱりSUBARUが好きなので
当然SUBARUからも検討。

でも恐らくXVは今年の夏以降には
MCが予想され、安全機能が現レヴォーグ並みに
なるだろうし更にはHVモデルの追加も。

ただMC後のXV(HVモデル)の価格を考えると、

現モデルでもトータルコストでは
十分ペイしそうな気がして候補に。

水平対向エンジンによる恩恵は経験済みだし、
最低地上高200mmとXモードが大きな魅力。

車のサイズは幅1800mmはやや不安だけど
全長が丁度いい。

懸念は燃費、今と比べると確実に
ランニングコスト増になる。

レギュラーガソリンで12〜13km/L位だと
8割増しくらいか。

その分、安価に購入できれば
十分候補でしょうという事で。



そしてマツダのCX-3。

クリーンディーゼルの1.5Lとターボの組合せで
低中速トルクが分厚いので魅力大!

軽油の安さと実用燃費 18〜20km/Lを考えると
ランニングコストは同等以上。

そしてスバルとは対照的な電子制御だけど
高評価なAWDもある。

ボディサイズはCT200hとほぼ同等で
車内装備も上質で良さそう。

でもナビが選べないとか、
収納が少ない(CTより更に少ない!)

デミオベースでデビューから3年目となるプラットフォーム。

ディーゼル特有の留意事項などなど 
ちょっと気になる点もある。



次ステップは試乗かな。

さて、結果はどうなる?


(つづく)

2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ