画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

インプレッション

2018/3/12 | 投稿者: おいら@追楽

約500km走行した時点でのファーストインプレッションを書いてみます。


クリックすると元のサイズで表示します


<エンジン>
・軽やかな吹き上がりで、いかにも高効率なエンジンという感じ(一言でいうと扱いやすくて快適なNA)
・まだべた踏みでのゼロ発進加速は試していないけど、車の性格からして高回転まで引っ張りたくはならないかもね、CVTだし

<足回り>
・最低地上高200mmという腰高な外観からは想像できない安定感あるコーナリング
・水平対向エンジン+新プラットフォーム(SGP)の組合せが素晴らしい
・225/55-18というタイヤだけど、結構よく転がってくれるし乗り心地が良い。長く45%扁平のタイヤだったが今回55%になり、まろやかで段差のショックも少ない(タイトコーナーでは前車のオンザレール感覚が素晴らしかったので、もう少しXVに慣れたら試してみようかと思ってます)

<ブレーキ>
・長くHV車の回生ブレーキに慣れていたので、なおさら素晴らしく思える感覚でした!

<アイサイト>
・もう感激しまくり!実に賢い!!
・クルコンは前車にも装備されていたが、速度制御が自然でプロのドライバーみたい
・レーンキープのアラームや先行車発進を知らせてくれたりいたせリ尽くせり
・自動ブレーキはまだ作動させたことが無いけど、クルコンでの停止までのプロセスは自然

<燃費>
・まだ満タン法で確認してないが、燃費計では信号の多い街中12km/L、郊外14〜16km/Lといった感じ
・2LのフルタイムAWDガソリン車としては及第点かな(レギュラー仕様というのも嬉しい)
・クルコンを設定するとかなり賢く制御してくれるので、高速では結構伸びそうな予感

<スペース>
・室内空間は広々した印象(後部座席に置いた荷物が取れないのが不便だけど…)
・視界が良く室内は明るい
・基本的にハッチバックなので、やはり荷室の奥行きが不足気味(前車が小さかったから、それよりも広いのでOK!)

<その他>
・歩行者用のエアバッグがボンネット上部(ウィンドウ付近)から出るというのも凄い!
・室内がとにかく静か
・アイドリングストップ中に節約したガソリン量をカウントしてくれるのは面白い
・心配なのはタイヤが高そうという事(18インチ)


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


あと数カ月のうちに現在のインプレッサに準じたマイナーチェンジがあるようだけど、7年前の車から乗り換えた事もあって、これだけの機能・装備であれば十分かな。

ツーリングアシストの速度域が広がったり助手席側ミラー部にカメラが付けられたり装備が充実するようだけど、現行モデルに比べ値引きがガクッと少ないだろうと考え、現行モデルの超破格の値引き&下取り上乗せで決めたからね。


技術の進歩ってすごいな!

2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ